ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所





プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2017年01月26日(木) 「窃盗を司法が合法化」呆れを通り越す判決が出た。

対馬の仏像 韓国の寺に所有権 大田地裁判決(毎日新聞 2017.01.26)

2012年に長崎県対馬市の観音寺から盗まれ、
韓国内に運び込まれた長崎県指定文化財「観世音菩薩坐像」の所有権を主張する
韓国の浮石寺(プソクサ)が、仏像を保管している韓国政府に対して引き渡しを求めた訴訟で、
大田地方裁判所は26日、原告側の主張を全面的に認め、
韓国政府に対して仏像を浮石寺側に引き渡すよう命じる判決を言い渡した。

 日本政府は対馬市の観音寺への早期返還を継続して働きかけており、
判決を受けて韓国政府が控訴せずに浮石寺に引き渡せば、
日韓関係をさらに悪化させる要因になりそうだ。

 大田地裁は判決理由として「仏像が浮石寺の所有であると十分に推定される。
また、過去に贈与や売買といった正常な方法ではない形で対馬へ搬出されたと見るのが相当だ」と述べた。

 「観世音菩薩坐像」は、像内にあった記録物に高麗時代の1330年を示す年号や
「高麗国瑞州浮石寺」などと記されており、日本から韓国内に持ち込まれた後に、
韓国中部・瑞山(ソサン)にある浮石寺が「数百年前に日本に略奪された」と所有権を主張。
その立証を試みていた。これに対し、韓国政府の代理人弁護士は
「製作の過程や日本に渡った経緯などが不明確だ」と述べ、
原告側の所有権の主張は根拠が不足していると主張していた。

 大田地裁は昨年4月から約9カ月の審理過程で3回にわたって証人から聞き取り、
大田の国立文化財研究所で保管されている仏像の現状を確認するなどした。
判決文によると、像内で発見された記録物に売買や贈与などの過程が記されていないことや、
仏像に一部焼けた痕跡があることが「略奪された根拠と見ることができる」という。

 12年には対馬市内で2体の仏像が盗まれて韓国内に持ち込まれ、
うち1体は15年7月に返還されたが、観世音菩薩坐像については
大田地裁が13年2月に日本への返還を差し止める仮処分決定を出していた。

品格を疑う判決

 観音寺の前住職、田中節孝(せっこう)さん(70)は
「韓国の国家としての品格を疑う判決としかいいようがないが、今後の韓国政府の動きを見守りたい。
判決が確定すれば、韓国と日本との争いの種を生むことになる」と話した。


仏像が強奪されたものでないことを対馬の観音寺が証明しない限り、

所有権は韓国の浮石寺側にあるということになってしまいますが、

証拠がないものを証明するのは悪魔の証明を強いるものですよ。

日韓合意したのに慰安婦像を増やしただけでなく、

知事が竹島に不法上陸し、

和冦に行われていたことを近代法によって裁き

韓国司法がユネスコ条約を無視し「過去に略奪されたもの」と

推定さえすれば窃盗も合法と見なされるなんて、

さすがに対日になると常識などが通じなくなる国ですね。

ホント、韓国の司法とか言論の自由度とか見てると先進国とは思えないことが多々。

首相「訂正でんでん」 「云云」を誤読か(東京新聞 2017.01.25)

安倍晋三首相が24日の参院本会議で、民進党の蓮舫代表の代表質問に対し
「訂正でんでんという指摘は全く当たりません」と答弁したことが
インターネット上などで話題になっている。
官邸関係者は「答弁原稿にあった『云云(うんぬん)』を誤読したのではないか」としている。

 蓮舫氏は、首相が施政方針演説で「批判に明け暮れ、
国会でプラカードを掲げても何も生まれない」と野党の対応を皮肉ったことに対し
「われわれが批判に明け暮れているという言い方は訂正してほしい」と迫った。

 これに対し、首相は「民進党の皆さんだとは一言も言っていない。
訂正でんでんとの指摘は当たらない」と反論した。


昨日から野党の一部議員や反自民や反安倍な人達が

昨日からツイッターで専用のタグまで作ったりしてバカにして盛り上がっているわけですが、



確かに云々を「でんでん」と読んでしまったのはちょっと恥ずかしいとは思いますが、

漢字の読み間違いや読みを勘違いしたまま覚えていたということは誰しもあることなので、

これで批判すると自分がうっかり読み間違いなんてした日には

「お前も人のこと言えないだろう」と跳ね返ってきたときが恥ずかしいので、

漢字の読み間違いで批判やバカにするのは止めておいたほうがいいと思うのですが、

野党や一部メディアは2009年政権交代実現の成功体験を再びで頑張っておられるんでしょうけど、

麻生氏が漢字が読めないで次に政権を渡したのが経済の数字も先行きも読めない

世界情勢も読めない空気も読めない党だったことは記憶に留めておきたいところです。

多くの有権者もそのことが分かっているので、

野党と反安倍の人たちが頑張ってもそれに乗せられずに「だからどうした」となっていて

ニュースワイドショー新聞までが漢字が読めないとバカにし批判していた

麻生氏のときのようにはこの話題で盛り上がっていないのでしょう。



 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )









名塚元哉 |←ホームページ