ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ







プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去未来

2005年12月27日(火) 「国を売ることはできない」 と自殺した外交官

上海総領事館員が昨年自殺、「中国が機密強要」と遺書

 中国・上海の在上海日本総領事館に勤務していた
40歳代の男性館員が昨年5月、中国側から外交機密に関連する
情報などの提供を強要されていたとする遺書を残し、
総領事館内で自殺していたことが分かった。
 外務省は館員が死亡したことは認めているが、
「遺族の意向があり、詳細については話せない」としている。
 複数の政府関係者らによると、館員は、総領事館と外務省本省との
間でやり取りされる公電の通信技術を担当する「電信官」だった。

 自殺後、総領事や家族などにあてた遺書が数通見つかっており、
このうち総領事あての遺書の中に、中国人の男から交友関係を問題視され、
総領事館の情報を提供するよう求められたという趣旨の内容が記されていたという。
 要求された項目は、総領事館に勤務する館員の氏名や、
外交機密に属する文書などを上海から日本に運ぶ際に
利用する航空便名――などだったといい、
男は情報機関関係者だった可能性が高いとみられている。

 遺書の中に、「国を売ることはできない」などとも書かれており、
館員は外交機密に関する情報は男に伝えなかったとみられる。

中国当局が脅迫か…上海総領事館員の首吊り自殺 ホステス使い色仕掛け

上海日本総領事館の領事(46)=当時=が中国当局が用意した色仕掛けにハメられ、
昨年5月に自殺していたことが分かった。27日発売の週刊文春によると、
亡くなった領事は外務省と領事館の暗号通信を担当。
領事の自殺は暗号解読をねらった中国当局の執拗(しつよう)な
恫喝(どうかつ)が原因だったとみられ、
中国政府の外交官に対する非道な工作活動に波紋が広がるのは必至だ。

 週刊文春によると、領事は昨年5月6日午前4時ごろ、
上海総領事館の宿直室で首をつって自殺した。領事は旧国鉄出身で、
分割民営化後に外務省に入省した。
米・アラスカのアンカレジやロシアに勤務した後、
平成14年3月に上海総領事館に単身赴任した。
 赴任後、領事は同僚に連れられ、外国企業が多く集まる
虹橋地区にあるカラオケクラブに足を踏み入れる。
そして、1人のホステスに魅せられ、足しげく出入りするようになった。

 クラブは事実上、個室で、ホステスが“接待”してくれる。
そのうち、ホステスは中国当局に摘発され、取り調べで上客だった
日本人の名を供述するよう強要された。
 供述の中に領事の名前があることに目を付けた当局は、
15年6月、このホステスを利用して
情報機関に所属する工作員の男に領事を接触させた。
 当初、工作員は機密レベルの低い情報提供を要求。
領事は昨年4月に外務省へ転属願を提出し、ロシアの総領事館に
転勤が決まったが、工作員の男は、ホステスとの関係を
「領事館だけでなく、本国にバラす」「(女性との)関係は
わが国の犯罪に該当する」と何度も脅迫した。
同年5月に入り、工作員の脅迫はエスカレートし、
転勤先のロシアの情報も提供するよう迫られた。

 きまじめだった領事は工作員と深い付き合いとなってしまったことに
責任を感じ、総領事や妻、同僚に計5通の遺書を残して自殺。
総領事あての遺書には「自分はどうしても国を売ることはできない」
などと記されていたという。

 領事は外務省と総領事館の衛星通信や情報伝達を担当する「電信官」で、
総領事しか知らない国家機密も把握。
特に衛星通信に使われる極めて複雑な暗号の解読方法を熟知していた。

 中国当局はこの暗号に強い関心を示し、
領事が転勤と決まるや何とかして暗号の解読を引き出そうと、
強い圧力をかけたものとみられる。

 冷戦さながらの色仕掛けによる諜報(ちょうほう)戦。
外務省は、国を守ろうと“殉職”した職員について
事実関係を一切、公表していない。 

--------------------------(引用終了)--------------------------------

>中国人の男から交友関係を問題視され、総領事館の情報を提供するよう
>求められたという趣旨の内容が記されていたという。

元総理の橋本龍太郎氏の愛人が中国人だったのと同じ手口ですね。

ただし橋本氏は愛人の言われるがままに国を売り、

この外交官は自ら命を絶ったわけですが。

この事案などは、氷山の一角に過ぎないでしょう。

既に外務省はおろか、大物政治家やマスコミ関係者の何人かは、

中国の過剰な接待攻勢で篭落され、

中国に有利な発言や行動をしている者ばかり。

渡部昇一氏の本『歴史の真実・日本の教訓』によると、

中国詣ができる国会議員は2000万円(地方議員で500万円)

貰えるという話があるそうです。(あくまでも噂だそうですが)

他にも、7月3日に放送された『たかじんのそこまで言って委員会』で、

勝谷さんが共産主義色仕掛け工作について話されてましたが、

中国に行くと、ミニスカートの美人な通訳が横につき、

耳元で通訳してくれながら、太ももをすりすり触りつつ、

耳に息を吹きかけてきたり、舐められたり、

耳たぶを軽く噛んできたりするそうで、

そして最後に「今晩、私の部屋に来てね」と誘惑されるそうです。

で、誘惑に負けて通訳の要るお部屋へ行った議員は、

恥ずかしい写真を撮られたりして弱みを握られると。

大金が貰えたり、弱味を握られ脅迫のネタにされりゃ、

そりゃ中国の忠実な下僕になるわな。

>「自分はどうしても国を売ることはできない」

野中、古賀、野田、河野、加藤ら政治家、

さらに朝日新聞や加藤工作員、本田勝一、筑紫哲也などなどと違って、

愛国心や恥を知っている人だったのでしょう。

この外交官のご冥福を心よりお祈りいたします。

しかし、できうることなら、死なずに真相を告白してほしかった。

どんなに弱味を握られていようと、雑誌社にリーク(告発)してほしかった。

それが国のため、日本国民のためにもなりました。

マスコミは、外務省に真相を迫ってほしいが、

例えば今日のテレ朝の『ワイドスクランブル』の

夕刊キャッチアップのコーナーでは予想に反して、

この件を取り上げていたのですが、

しかし、その後のテレビ朝日論説委員 川村氏のコメントは、

「日中関係がこういう時に中国はこんな国なんだよ。
 と日本側がリークしたではと思う。
何故今頃この情報が出たかの方が問題だ。」

と日本側に非があるかのように中国については奇麗事しか言わない。

朝日に限らずほとんどのマスコミは

日中記者交換協定遵守だから無理だろうなぁ・・・。


「脅迫あれば対応」上海総領事館員自殺で官房長官

 安倍官房長官は27日午前の閣議後の記者会見で、
在上海日本総領事館の男性館員が中国側から情報提供を強要されて
自殺したとされる問題について、「館員が死亡したことは事実だが、
遺族の強い意向でコメントは控える」と述べた。
 安倍長官は同時に、「一般論として、接受国は領事の身体の自由、
尊厳に対するいかなる侵害も防止するため、適当な措置を取ることが期待されている。
脅迫や不正な圧力はあってはならず、発生する場合には、
相手国への抗議を含め、適切な対応を取る」と語った。

---------------------(引用終了)------------------------

抗議してたとしても「知らないアル!」とか「日本の捏造アル!」

で済まされるのが落ちでしょう。早速、否定してるし。↓

中国、事実関係を否定 「情報提供強要」報道で

参考リンク:
ビジネスマン、留学生の肩書きで産業スパイ活動が横行!
中国・亡命工作員が暴露「日本で」暗躍する1000人のスパイ」

(週刊ポスト 2005年10月7日号)

一部抜粋

中国当局が必要とする個人情報一件につき、情報提供者となる
工作員には最低1万元(約14万円)ほどの報酬が与えられます。
最初からかなりの厚遇を受け、さらに女性を使って
性的な関係を作って取り込んでしまう場合もある。こうなるともう拒否できない。

------------------------------------------------------------------

中国の兵法書「六韜(りくとう)」の一節をご紹介します。

【第十五 文伐篇】
文王が呂尚にたずねた。
文王「武力を使わないで目的を達するには、どうすればよいか」
呂尚
第二は、敵国の寵臣を手なずけて、君主と権力を二分させるのです。
第三は、側近の者に賄賂を贈って、しっかりとかれらの心をとらえるのです。
第五は、相手国の忠臣を厚遇し、君主への贈物は減らして、
     相手の結束に楔を打ち込むのです。
第六は、相手国の内臣を懐柔し、外臣を離間するのです。
第七は、相手国の野心を封じこめるために、厚く賄賂を贈って寵臣を買収し、
     利益で釣って職責を怠るように仕向けるのです。
第八は、相手国の君主に重宝を贈って、わが方を信頼するようにさせ、
     わが方に協力させるように仕向けるのです。
第十一は、相手国の有能な臣下に、内密に高い地位を約束し、
       重宝を贈って手なずけ、わが方に肩入れする人間を増やすのです。
第十二は、相手国の乱臣を手なずけて君主の心を惑わし、
       美女や歌舞団を送って関心をそちらに向けさせるのです。


憲法9条改正も大事ですが、

日本も対海外の情報機関を設置してスパイ防止法を早く制定するべきでしょう。

日本ほどの国力がある国にこれらが無いのはまさに国際的に非常識。



←と思う方はクリックをお願いします。
↑エンピツ投票ボタンです。読んだら押してくださると嬉しいです。
エンピツ時事/社会ランキング エンピツ総合投票ランキング
Myエンピツ追加




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






名塚元哉 |←ホームページ