ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ









もくじ過去未来

2005年05月11日(水) 逆境を跳ね除けて頑張れ!つくる会!

7月2日から全国ロードショーされる映画

『逆境ナイン』のサイトに予告編第2弾がアップされました。

主人公・不屈闘志役の玉山鉄二さんもカッコ(・∀・)イイ!

マネージャ月田さん役の堀北真希ちゃんはカワ(・∀・)イイ!

藤岡弘、さん演じる校長の「廃部だ!」と

ココリコ田中さん演じる野球部顧問サカキバラ・ゴウの

「それはそれ!これはこれ!」だけでもシビレル!

ひたすらに熱く馬鹿を追求した映像も(・∀・)イイ!

映画のテーマソングとなった岡村孝子さんの「夢をあきらめないで」も(・∀・)イイ!

試写会に行った島本ファンじゃない人にも評判が良いので、

コレは期待できそうです。

早く映画館のスクリーンで観たいぞ!

では、公式サイトで予告編を見てください。

関連リンク:
羽住英一郎監督「逆境ナイン」完成披露(2005/5/6 読売新聞)
逆境ナイン:初代“仮面ライダー”も絶賛!完成披露試写(2005/4/21 毎日新聞)
> しかし、なんと言ってもこの映画の“熱さ”をうかがわせたのは、
>全力学園校長役の藤岡弘さんのコメント。
> 「芸能界という逆境を生き抜いてきた私を感動させた名セリフがある。
>それを喋らせてもらっただけで、この映画に出た意義がありました。
>笑いながら見ているうちに、最後は誰の心にも触れるものがる。
>こういう映画こそ、映画だと思う。本当にいい映画。
>ぜひ多くの若い人たちに見て欲しい」 
>初代仮面ライダーが語る言葉だけに、一層熱さが伝わる。

> 一方の羽住監督。そもそも、監督がこの漫画を映画化したいと思ったのは、
>「15年前の助監督時代、大好きだった作品で、困難にぶち当たったとき、
>『参ったなあ』と言ってしまうと後ろ向きになるが、
>『逆境だ!』と言うと根拠のない自信が沸いてきて、前向きになれた。
>それを、多くの人に共通言語として持ってもらいたかった」から。


つくる会 英訳で教科書説明 中韓記者ら100人に

>欧米や中国、韓国の記者ら約百人が出席。
>同社歴史教科書の近現代史部分の英訳が配布された。
>韓国人記者が「性奴隷(慰安婦)や誘拐(強制連行)について隠しているのはなぜか」
>と強い口調で質問したのに対し、
>藤岡副会長は(1)以前は韓国の教科書も慰安婦について書いていなかった
>(2)今回検定に合格した全社の教科書から「慰安婦」の文言がなくなった
>(3)それは「慰安婦の強制連行」に証拠がないことが明らかになったからだ−と説明した。
>英国人記者が「教育関係者はつくる会に感謝しているはずなのに、
>なぜ前回の採択でほとんど使われなかったのか」と尋ねると、
>八木会長は「皆さんには信じられないかもしれないが、
>日本の教育界ではマルクス・レーニン主義がいまだに力を持っていて、
>国民の感覚との間に大きなギャップがある」と述べた。
>「扶桑社教科書は南京事件を書いていない」など誤解に基づく質問も多く、
>八木会長は「海外に正確な広報を行うのは本来は文部科学省の仕事だ」と話した。
>つくる会は同日、扶桑社歴史教科書の中国関係部分の中国語訳をホームページに掲載。
>英語、韓国語についても順次掲載する。


この会見の様子は、ビデオニュース・ドットコムで見られます。

中韓以外の外国には、論理的に説明すれば分かってもらえると思うので、

「小さな事からコツコツと」とこういう地道な広報活動が必要です。

時間はかかるけど諦めてはいけません。

だけど、なんで「つくる会」がこんな作業までする必要があるのやら。

八木会長も会見で述べた通り、本来ならこういう当たり前のことは、

文部科学省や外務省=政府が行うべき仕事です。

中韓や日本の左巻きから中身を読まずに「右翼教科書」とレッテルを貼られている、

つくる会の教科書ですら戦争美化なんかしていません。

(これは、読んだ事のある方ならお分かりになられていると思います。)

ましてや、日本の大部分の教科書はどういうものか、

政府が世界にアピールするべきでしょう。

定義があいまいで、ろくに検証もされず真相も明らかでない問題が、

日本の教科書に載っていますが、

時代が変わり、今では、南京大虐殺のプロパガンダ写真などの

捏造も次々と明らかになってきています。

そういった捏造や不確かで検証をされていない事を載せるのを止めたり、

再検証しようというだけで、やれ日本人は反省していないだの、

戦争を美化するだの、右傾化してるだの。

と一方的に言われなければならないのでしょうか。

戦争を美化しているのは、こういうのを言うんじゃないでしょうか。

抗日勝利を徹底宣伝−「中国ほど旧日本軍を攻め立て、壊滅させた国はない」

関連リンク:
「つくる会」海外特派員クラブ記者会見の、歴史的意義 (酔夢 in voice さん)

◆ 追記:日記のアクセス数が200万を越えました。

1月に100万アクセスを突破したところだというのに、このペースに驚いております。

いつも読みに来てくださって、本当にありがとうございます。

アクセス数が増えるにつれ、嬉しい事に掲示板への書き込みが増え、

メールも多い日では数十通頂くようになりました。

メールは全ての人にお返事を書く事は、時間的に難しくなりました。

なるべくお返事できるように努力していますが、ご理解頂きたいと思います。

こんな僕ですが、これからもご意見ご感想や反論をお願いいたします。




↑良かったら押して下さいまし。
Myエンピツ追加







名塚元哉 |←ホームページ