ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ









もくじ過去未来

2005年02月05日(土) 至れり尽せりの『ゆとり懲役』

台湾トップモデル、泉田知事を表敬−−「新潟は人が温かい」

>海外にあまり知られていない日本の観光スポットを紹介する内容で、
>県内では佐渡と上越が主なロケ地に選ばれた。
> 泉田知事に新潟の印象を聞かれた林さんは
>「米や酒がおいしく、魚介類にも恵まれたグルメ天国。
>寒かったが、皆さん温かかった」と語った。
>泉田知事は「台湾と新潟は距離が離れておらず、
>より交流が進めばと思う」と応じた。

台湾親善大使が県庁訪問 ←すぐ変わるので注意

>林さんは、日本の観光地を紹介する
>台湾のテレビ番組にリポーターとして出演中。
>中越地震による風評被害に悩む新潟の関係者を支援しようと、
>急きょ新潟の観光地を紹介する特集を放送することになった。
>その取材のため一月二十七日に来日した。

> 林さんは「新潟は温かい人情味とおいしい食べ物が魅力。
>台湾地震の時に支援してもらったので、復興の力になれれば」と話していた。


新潟に行ってみたいなぁ。

関連リンク:
YOKOSO JAPANの番組制作会社のサイト(?)(各回ごとのチーリンさんの写真あり)
節目新聞 : 第十集「YOKOSO JAPAN」(9.24播出)
節目新聞 : 第十一集「YOKOSO JAPAN」(10.1播出)
去年の9月に神戸にも来てらしたんですね。


北朝鮮監督また激高、今度は投石

そりゃ、「撮影禁止」と言ってるのに、取材陣がルールを守らなかったら怒るわな。

こりゃ、9日の試合で北朝鮮が負けると、「取材陣のせいで、

練習に集中できなかったから負けたニダ。」とか必ず言い出す予感。


改変問題の番組ビデオ、NHKが市民集会での上映拒否

VAWW-NETジャパンのブログ

>NHKは著作権を盾に「すべてを見たい」という市民の声を封じたのです。
>NHKに再放送を求めて声をあげていきましょう!


入場料を取って集会を開くわけだから、

著作権や二次使用料の話が出てくるのは当たり前の話なんですが、

左巻きは、自分達がやっている事は正しいのだから良いだろうとばかりに、

最低限のルールすら平気で破ろうとしますよね。

ホント、「バカは死ななきゃ治らない。」ですよ。

(美輪明宏さん曰く「バカは死んでも治らない。」そうですが。)

ただ、僕もNHKに再放送を希望します。(集会ではなくTVでのね。)

できれば、編集前の映像を。そして、NHKは放送した後、

「この特集にクレームがある場合は、NHKではなくVAWW-NETジャパンまで。」と

バウネットの電話番号やメールアドレスを1分ほど静止画で

放送すればいいんじゃないでしょうか(笑)

関連リンク:
VAWW-NETは総連白山拠点に所在すとの確信を得た。
↑ついに殿下さんがバウネットの所在地を総連内と確信。

白痴集団・総連VAWW-NET tarochan.netさん
違和感を感じるVAWW-NETJapanの「上映中止の声明」 そもそも無題ですが何か?さん


翔馬ちゃん、1歳誕生日の目前…逮捕の男は先月出所

>氏家容疑者は2年ほど前、安城市や隣接する岡崎市内に住んでいたといい、
>空き巣目的の住居侵入と窃盗の罪で服役していた
>豊橋刑務支所(愛知県豊橋市)から先月末に出所したばかりだった。
>氏家容疑者はその後、名古屋市内で職探しをしたが見つからず、
>2日前から土地カンのある安城市内に来て、車の中で寝泊まりしていたという。

> 調べに対し、「暖を取るために(安城店へ)入った。
>ここ数日、『人を殺せ』『死ね』などというお告げが聞こえていた」などと話している。
>また、ナイフは現場近くの家庭用品売り場から盗んだと供述しており、
>裏付けを急いでいる。


こいつ狂ってるふりしてるだけなんじゃないの。

出所前に、精神鑑定とかしないものなのでしょうか?

それとも刑期を終えれば、どんな意挙動不審であっても

出所させてしまうものなの?

もし、精神病の振りをしていたのならば、

世の中の精神をわずらっている人を利用した悪質な犯罪ともいえます。

また、刑期を終えて出てくる人間は、出所後に身寄りがあるのかなど、

ある程度の生活ができるかどうか把握してから出所させるシステムにしないと、

刑務所を出たは良いが、帰る場所も無い、働く所も無い、

所持金も無いの無い無いづくしでは、ホームレスになって野宿生活をするより、

冷暖房完備で3食食事つきの刑務所に戻ったが楽だと、

再犯する奴が出てくるのもわかりますよ。

ただし、刑務所に戻ったほうが楽だと安易な発想で殺人を犯した殺人犯には、

もう同じような環境の刑務所は要らないとは思いますが。

殺人を犯して、人の人生や人権を奪った人間は、

自分の人生や人権も奪われるべき。

こういう点では、すぐ裁判すぐ死刑の中国を見習ってもいいと思うけどね。

オマケリンク:
怪奇大作戦 第24話「狂鬼人間」(欠番)
キチガイに子供を殺された女性の悲しい復讐劇・・・。(現在は放送禁止)


受刑者へのカウンセリング拡充=心理技官も増員、ストレス緩和図る−法務省

精神的にリラックスするとしたら受刑者は、

何のために刑務所に入り、何のために刑を受けているんでしょうか。

勘違い人権派が騒ぐおかげで、

日本の刑務所は移動の自由の制約があるだけで、

それ以外は世界中の刑務所の中で一番、心休まる場所になりそうですね。

ストレスだらけの世間とストレスの少ない刑務所。

今後、ますます刑務所のほうが楽だと犯罪を犯す人間に、

刑務所での楽な生活に戻ろうと再度犯罪を犯す刑務所リピーターと、

「日本の刑務所は、仕事を教えてくれて、病気も治療してくれるので天国のようだ」と

犯罪に来る外国人も要るぐらいですから、

安全で快適な刑務所を求めて世界中から人々が集まるでしょうね。

加害者天国の日本でしょうか。

ところで、被害者は一生、癒えることのない心の傷と闘い続けるわけですが、

被害者のストレスを軽減させる為に法務省はどんなことをやっているのでしょうか?

まさか“有料”のカウンセリングだけ?




↑良かったら押して下さいまし。
Myエンピツ追加

↑まつげの長さが約4センチ。







名塚元哉 |←ホームページ