V字経営研究所・酒井英之の4行日記
DiaryINDEXpastwill


2017年08月30日(水) 飛騨産業の魅力┣田社長が求める超スピード経営

飛騨職人学舎を立ち上げたときの同社のスピードは約半年。8月に「3月に間に合わせろ!」と指示し、それで間に合わせたという。カリキュラムは秋山木工というお手本があったとはいえ、高校を回っても生徒集めが大変だったという。社員は「開校準備には3年は必要」と言ったそうだが社長は「こんなものは走りながら考えてやるものだ」と一蹴した。完璧になるまで待って動かずに時代に乗り遅くれる人と、方向感だけ決めて走りながら考える人。飛騨職人学舎が飛騨産業の魅力のひとつになっていることから考えると、結果的に成功するのは後者だと思う。


酒井英之 |MAILHomePage

My追加