たいした毎日じゃないよ

2021年11月12日(金) まあできた

論文はできたし、対面授業もこなしている。対面授業は始まってしまえば何のことはない。オンラインよりも緊張感が薄く、授業中も声が届いている感じがするし、終わった後の充実感というか疲労感も心地よい。やはり前時代の人間だからだろうか。

それよりも、何年もやってきたのと同じ手順でやるので、それに体が慣れてしまったいたのだろう。たった1年半の間のオンライン化では、その前の慣れが消えてしまうことはなく、オンラインに慣れることはなかったのだろう。

論文もまあできた。校正でいろいろ直さないといけないことは間違いない。今からめんどうだ。校正というのはたいてい忙しいときにやってくる。がんばらねば。



2021年11月04日(木) けっこう寒い

昨日は暖かかったけど、今朝は寒い。早起きして震えながら仕事をしている。

論文を書いているのだけど、ちょっといい文章が書けたり、ちょっといい分析ができたりすると、それで満足していて「今日はこれでいいだろう、後は明日にしよう」と思ってしまい、それ以上進まない。それに、論文に小さい山場みたいなところにさしかかると、「これは今日書くのはもったいない、明日にまわそう」と思って、そこで書くのをやめてしまう。これはいったいなんなのだ。どんどん書けばいいのに。

「このままぐいぐい進めるのはもったいない」というのは論文を書いているとよく感じる。たいした論文でもないし、もったいないほどいい分析ができているわけでもない。早く書き終わりたい。

そんわけで、今日もがんばろう。



2021年10月26日(火) 寒い

寒くなってきた。授業が、オンラインと対面が混ざっているので、寒くても学校に行かなければならない。電車はそこそこ混んでいる。コロナ前ほどではないにしても。もうコロナも終了するようなので、対面授業もどんどん増えてくる。がんばらなければならない。

対面でもオンラインでもどちらでもいいのだが、対面になったときに手間が増えるのは、授業資料の印刷だ。オンラインだとPDFにして配布すればいいだけ。しかし、対面になるといちいち印刷して配布しないといけない。300人の講義だと、300枚印刷しないといけない。今はそこまでの大人数をもっていないのだけど、曜日によっては2コマあわせて200人超ということもある。そういうわけで、対面授業になると30分は早めに学校に着いて印刷時間を取ることになるだろう。がんばらなければ。

それでもまだオンライン授業はある。論文を書いて、オンライン授業をして、論文を書いて、授業準備をして・・・、となると、パソコンの画面を見つめ続けている。目の奥が痛くなる。


 < 過去  INDEX  


に〜まん [MAIL]

My追加