予防審美  
小林歯科クリニック  
 
〒150-0001  
東京都渋谷区神宮前4-7-1  
東京メトロ表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
 
とんかつまい泉の並び
Shiny Owl Cafe の2階
 
 
24時間 インターネット予約  
ご意見・お問い合わせ  
 03 5474 5884  
 発信者番号通知をお願いします  
 
トップ  
診療案内  
アクセス  
院長挨拶  
スタッフ紹介  
診療システム  
診療の流れ  
コラム  
ブログ  
リンク  
 
 
 
 
 
 
 
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
 

 

 

★予防と審美専門★【小林歯科クリニック】

2021年12月04日(土) 木で出来ている歯ブラシ

今夜放映のテレビ東京出没!アド街ック天国から・・・

代々木上原にある日本最大のイスラム教の礼拝堂 = 東京ジャーミイ隣接のハラールマーケットで売っていたのは、ぬぁんと、フッ素を含む木の枝。

この先端を少しナイフで削って歯の表面を擦り、礼拝前に、スッキリ&リラクゼーションするのだとか。



この木って、砂漠に生えているのだそうですよぉ〜♪



2021年12月03日(金) なんと読む?

TRILLによると・・・

やっぱり「歯」は大事にしたいもの。
毎日しっかり歯磨きするだけでなく、メンテナンスに定期的な通院して、虫歯や歯周病などにならないよう注意したいですよね。

さて、実は「歯」には、「は」や「し」以外にも読み方があることはご存知でしょうか?
人間なら誰しもが持っている、あるもののことですよ。

さぁ、当ててみてください!



「歯」の意外な読み方は・・・?
「歯」はよく見慣れた漢字ですよね。
でも、「は」や「し」以外の読み方はなにかと聞かれても、答えられる方はなかなかいないのではないでしょうか?

ヒントですが、「歯」が含まれている漢字を思い浮かべてみてください。
その中に、同じ読み方をするものがありますよ。

書くことは難しいけれど、どこかで目にすることもある「齟齬」。
ハツカネズミやリスは「齧歯類」に含まれています。
どれも「歯」が含まれていますが、残念ながら不正解!

それでは、正解を発表します。

正解は「よわい」でした!



2021年12月01日(水) 表参道イルミネーション2021

↑ が始まりました。

欅の幹と枝にも電球が付くのは2年振りですね♪



欅の点灯は12月26(日)まで
低木の点灯は、2022年1月5日(水)まで

日没〜22:00まで

テーマは「表参道は人々の幸せを願って感謝と希望のあかりを心に灯します」だそうです。



2021年11月29日(月) 親不知

一昨日NHKブラタモリから・・・



ココ ↑ は地名ですが、一般的には、第三大臼歯のことも称されます。

乳児の歯の生え始めとは違い、親がこの歯の生え始めを知ることはないため、親知らずという名が付いたことから、この呼称が付いたのだそうですが、、、

真っ直ぐ生えて咬むのに参加できることが少ないため、早めに抜歯することを勧められることが殆どです。

詳しくはコチラをど〜ぞ♪


118184



2021年11月28日(日) 歯が汚い件

歯はNHK有吉のお金発見 突撃!カネオくんを見ていたら・・・



エゴサーチで自身のことを調べたMCが「下の歯が汚い」と話題になっていると嘆いていました。

テレビに出ない人も、歯は綺麗に保ちたいものですね♪



2021年11月27日(土) 停泊中は歯科医の出番

岩手日報によると・・・



オーストラリア・フリマントルに寄港中の観測船しらせ内の犹科瓩如⊂莪の治療が行われている。

歯科長の高瀬雅大3等海佐(39)によると、揺れが収まる停泊中は、抜糸など繊細な作業を伴う治療が増える。

設備は一般的な医院レベルとのこと。

歯科医のいない越冬中の昭和基地で本格的な歯科治療は難しい。

ん〜ん、写真を見る限り、しらせ船内での治療は、右下臼歯部の抜歯のようですが。。。

出発前に何とかならなかったのでしょうか???



2021年11月26日(金) 治療から未病に

今夜受講した公演の内容が正にコレ。

Japan Forbes によると・・・

日本人が歯科医院へ行く理由を問われると、大半の人が「虫歯の治療」と答えるだろう。

厚生労働省の調査でも、歯科の受診理由の第1位が虫歯治療となっている。
痛みなど何らかの問題が起こってから病院に行くケースが今でも多いのだそう。
一方欧米では、虫歯や歯周病を未然に予防するための「予防歯科」を目的に通院することが多い。

口腔内の環境が人の健康に大きな影響を与えることは、多くの研究結果からもわかっている。
欧米では口腔内の状態を「健康管理の入り口」と考えることが多いようだ。


■「予防歯科」が普及していない日本

厚生労働省が2016年に発表した「歯科疾患実態調査結果の概要」によると、歯周病の診断指標にもつながる「歯周ポケットが4mm以上」の高齢者は、増加を続けている。
30歳以上から55歳未満で「歯茎から出血した経験がある人」も、実に4割を超えている。

「一度大きくなった歯周ポケットが回復することはありません。歯周病は歯を失うリスクを高めます。歯を失って噛むことができなくなることは、健康的な生活の質にも影響します。だからこそ口腔ケアは非常に重要なのです」

予防歯科で遅れをとっている日本の歯科業界に危機感を覚えている歯科医師も多い。


■12歳の虫歯保有率は10年で激減

課題となっているのが若年層の虫歯保有率の低下だ。

先の「歯科疾患実態調査結果の概要」によると、12歳の虫歯保有率は2005年に58.5%だったのが、2016年には10.3%まで減少している。

一見喜ばしいことのようにも思えるが、今後は、困った事象が発現したら受診すれば良いと勘違いした若者の通院がますます減ってしまうことになる。

欧米のように、口腔ケアによって健康を維持したり、病気になりにくい身体を手に入れたりすることを期待する患者が増えれば、歯科における体験そのものを治療からケア、未病へとトランスフォーメーションできる。

治療が完了した後も継続的に通院してもらえるようになることが目標になります♪



2021年11月25日(木) 新たな変異株

アフリカ大陸から??? ↑ が出回り始めているのだそう。

どんな奴なのか、得体が知れません。

そんな時に、マスクを着用しない議員が現れたり、お馬鹿タレントが鼻出しマスクを擁護する発言をしたり。。。

「まん延防止等重点措置」や「緊急事態宣言」の発出中に無意味に出歩く奴等も併せて、本当に腹立たしいものです。



2021年11月19日(金) “住居表示法”で消えた地名

昨夜のNHK日本人のおなまえを見ていたら・・・



・・・というパネルが。

私たち@小林歯科クリニックがあるのが、元「原宿2丁目」、現「神宮前4丁目」です。

今でも「原宿二丁目町会」「原二本通り」っていう名前で残っていますね♪



2021年11月18日(木) 口腔がん検診−1

受診者30名の募集に対し、100名近くが応募したことで、↑↑↑ に駆り出されました。

『−1』となっているのは、今日だけで拝見し終えることは到底無理で、追加日程が設定された為。



皆さまの健康のため、ますます頑張っていこうと心を新たにしました。


 < 過去  INDEX  


[MAIL] [HOMEPAGE]