ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ



島根県Web竹島問題研究所






もくじ過去

2016年12月06日(火) 安倍首相によって戦後がどんどん終結してゆく。

首相、オバマ氏と真珠湾訪問へ…犠牲者を慰霊(読売新聞 2016.12.05)

安倍首相は5日、今月26、27日に米ハワイを訪問し、
オバマ米大統領とともに真珠湾(パールハーバー)を訪れ、
日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊すると発表した。

 日本の首相が米大統領とともに真珠湾を訪れるのは初めて。
5月にはオバマ氏が現職大統領として初めて被爆地の広島を訪れており、
真珠湾訪問で未来志向の日米関係を強調したい考えだ。

 首相は首相官邸で記者団に対し、「犠牲者の慰霊のための訪問だ。
二度と戦争の惨禍を繰り返してはならないという未来に向けた決意を示したい」と強調した。
現地では来年1月で退任するオバマ氏と最後の首脳会談も行う。
首相は「(第2次安倍内閣発足以来の)4年間を総括し、
未来に向けてさらなる同盟の強化の意義を世界に発信する機会にしたい」と述べた。


菅官房長官「慰霊のため」 “謝罪行わない”と明言

安倍総理が今月26日と27日にアメリカ・ハワイを訪れ、
オバマ大統領と共に日米開戦の発端となった真珠湾で犠牲者を慰霊すると発表しました。

 「今回の訪問は戦没者の慰霊のためであって、
   謝罪のためではありません」(菅義偉官房長官)

 菅官房長官は、安倍総理の真珠湾訪問は戦没者への慰霊が目的であり、
謝罪は行なわないと明言しました。
また、「総理の訪問は、二度と戦争の惨禍を繰り返してはならないという決意を示すと同時に、
日米の和解を発信する機会になると思う」と述べました。



2007年第1次安倍内閣のときに戦後レジームの脱却を掲げていましたが、

病気による体調の悪化で辞任を余儀なくされ、その意志を断念せざるを得ませんでした。

そして、再び総理の座に返り咲き過去に達成できなかったことを

・戦後70年目の安倍談話
・米国議会演説
・安保法案成立
・慰安婦問題の日韓合意で解決
・伊勢志摩サミット
・現職の米国大統領広島訪問実現
・総理大臣として初の真珠湾訪問

着々と成し遂げていると思うわけですが、

これらのほとんどをこの1年間に達成しているのですから信じられない気もします。

ただ、北方領土交渉の進展だけが残念な結果になりそうですが・・・。

日本の真珠湾攻撃とアメリカによる原爆投下は

太平洋戦争における日米のお互いのトゲの部分であったわけですが、

ここに来て、そのトゲの部分を抜いて、

平和国家として新たな未来志向に進んでいくとてもすばらしいことだと思います。

ところで、安倍首相が真珠湾訪問することを批判している右と左や反安倍な人達。

あの人達こそ戦後に囚われすぎているのではないでしょうか。

反安倍の人たちが「トランプに会ってオバマに怒られたから

急にオバマにすり寄るために真珠湾訪問決めて誤魔化してる」とか言っていましたが、

あの人たち事前調整とか外交のついてのイロハ知らないのかなとも思いました。

野党含めあんなことばっかり言っているから支持者が増えず減る一方なんですよね。



トーイくんと私のamazonほしい物リスト

 





名塚元哉 |←ホームページ