ランダムに画像を表示



←デザインカプチーノ・ラテアートのブログ







プレゼントしてくれると喜びます!私のamazonほしい物リスト


もくじ過去

2020年03月03日(火) Perfume 8th Tour 2020「P Cubed」in Dome



2月1日からスタートした『Perfume 8th Tour 2020「P Cubed」in Dome』が先週に終了しました。

終了しましたと言っても本当はまだ終わりを迎えていないのですが…

すでにご存知の方も多いと思われますが、

1月に中国武漢で発生し国内でも感染が急速に拡大している新型コロナウィルスの影響で

2月26日(水)の開演数時間前に発表された「感染拡大防止のための政府要請」のため、

当日に迎えるはずだった今ツアーの千秋楽公演がやむなく中止となってしまったのです。


新型ウイルス PerfumeやEXILEの公演も 急きょ中止 (NHKニュース 2020.02.26)

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、人気グループの「Perfume」や「EXILE」が、
26日夜の公演を急きょ中止するなど、音楽のイベントにも大きな影響が出始めています。

大規模な文化イベントの中止や延期などを政府が要請したことを受けて、
人気グループの「Perfume」は26日夜、予定していた東京ドームでの
公演を急きょ中止することを決めました。


前日のライブは無事に開催されていたんですよね。

Perfumeに「神対応」の声 公演決行も、キャンセル組には払い戻し...新型コロナ流行受け(J-CASTニュース 2020.02.25)

2020年2月25日と26日に開かれるテクノポップユニット「Perfume」の東京ドームコンサートについて大きな動きがあった。

24日22時台、同グループの公式サイトは、両日のコンサートについて、
場内での新型コロナウイルスへの感染症予防対策を十分に行いつつ開催するとした上で、

「新型コロナウイルス感染拡大の状況も踏まえ、残念ながらご来場が叶わないお客様におきましては、
払い戻し対応を実施することといたしました」と発表。
「払い戻しの詳細に関しましては、2/27(木)12:00頃までに改めて
Perfumeオフィシャルサイト・ツアー特設サイトにてお知らせいたします」としている。

発表を受け、ネット上ではツイッター上を中心にPerfumeファンの声が続々と上がっている。
あるアカウントは、「Perfumeライブ、コロナのことあって、
希望者に払戻ししてくれることになったんだ!!!優しい?」と、今回の措置を絶賛。
また、別のアカウントは、「Perfumeの神対応にも泣けるし、
今日のライブが楽しみすぎて泣ける。初めて東京ドームでPerfumeに会える」と、
コロナへの対応は称賛しつつも自らはコンサートに行くとしている。

開催への不安の声も散見されるが、
「不安なのもわかるけど神対応してくれてる運営にこれ以上を求めるのは間違ってるんじゃないかな」と擁護する声のほか、
「皆の予防エチケットで3姫をコロナウィルスから守ろう」と、
来場者だけでなく出演する3人への感染も防ごうと言った声も上がっている。


結成20周年メジャーデビュー15周年を記念するツアーの千秋楽が

当日の開演数時間前に中止が決定したために当日参戦することになっていた数万人のファン、

そして私のように当日のライブには参戦せずとも千秋楽が無事行われると信じて応援していた

全国全世界のファンにとってもショックが図りしれず落胆の声がSNSで広まりました。

でももっとショックを受けて悲しんで悔しい気持ちでいるのは

政府要請が発表されたことが会場のスタッフに伝わるまでリハーサルを行っていた

Perfumeとスタッフや開演準備をしていた関係者なんですよね。

だからこそ一番ショックを受けて悲しんでいる3人を励ましたいと、

ツイッターではすぐさま「Perfumeありがとう」のハッシュタグが生まれて、

多くの人がハッシュタグでツイートしてトレンド上位になるまでになりました。

それを受けてのPerfumeのツイートの写真が「ありがとう」になっている。



お互いの気遣いや感謝の気持ちのやり取りが表されており、

中止になってしまったことで逆に、

これまで以上にPerfumeとファンの絆や結束力より一層強まったことは間違いないと思います。

さてさて、千秋楽が行われなかったことである意味でツアーは終わってない状態なのですから、

セットリストを含めたネタバレが話せないとライブに行ったファンはみんな我慢していたのですが、

昨日、公式からセットリストが解禁され話して良いゴーサインが出たので、

ここからはライブの感想を書いていこうと思います。

Perfume 8th Tour 2020「P Cubed」in Dome 特設サイト

M1 Opera
M2 GAME
M3 Spending all my time
M4 Dream Fighter
M5 レーザービーム
MC
M6 Hurly Burly
M7 だいじょばない
M8 SEVENTH HEAVEN
M9 ナナナナナイロ
M10
P Cubed Medley
チョコレイト・ディスコ
ねぇ
コンピューターシティ
Spring of Life
Sweet Refrain
NIGHT FLIGHT
未来のミュージアム
STAR TRAIN
M11 Chrome
M12 edge
M13 Visualization
M14 再生
「P.T.A.」のコーナー
M15 Party Maker
M16 パーフェクトスター・パーフェクトスタイル
M17 TOKYO GIRL
M18 ポリリズム
M19 Challenger
MC
M20 MY COLOR

ちなみにメドレーは会場ごとに違っており2パターンありました。

M10 P Cubed Medley
チョコレイト・ディスコ
Baby cruising Love
ねぇ
love the world
Spring of Life
Sweet Refrain
NIGHT FLIGHT
未来のミュージアム
STAR TRAIN


私が参戦したのは2月1日京セラドーム大阪と

2020年02月03日(月) Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome ついにスタート

2月15日ナゴヤドームの2公演。



アリーナの6列目という神席を引き当てるものの、

でも、のっちサイドの一番端っこで中央のステージからは遠かったw









2月15日はあ〜ちゃんの誕生日でもあるので、

とても多幸感あふれるライブとなりました。

とくに最後のMCでのかしゆかのコメントが素晴らしかったのです。

ライブ前からあ〜ちゃんと出会ってからの道のり振り返りつつ、

決断するとき腹を括らなきゃいけないときに覚悟を決めてくれるのはいつもあ〜ちゃんで、

そんなあ〜ちゃんとだからこそ20年間も一緒にここまで歩んでこれたこと、

あ〜ちゃんがいなかったらPerfumeは誕生すらしていなかったと涙ながらに感謝していました。

この言葉を聞いたのっちが涙を目に浮かべながらも泣くまいと我慢して

一生懸命に言葉を選んで話している姿が印象的でした。

あ〜ちゃんもかしゆかも泣いているところに自分まで泣いてしまうと

3人とも号泣してしまい進行できないとの気持ちで泣くのを我慢していたのではないでしょうか。

この3人の気持ちに寄り添い支え合うバランスの良さもPerfumeの魅力のひとつですよね。

今回のツアーはなんといっても曲の構成がとても素晴らしい。

事前にベスト盤『P Cubed』に収録された52曲のなかから

ライブで披露してほしい5曲を選ぶアンケートを取っていたので

セットリストがその結果を反映したもので人気の曲しか披露されないという

誰でもが満足できるものだったと思います。

私は5曲のリクエストしたうちの3曲が選ばれていました。

ただ、私の中で一番披露してほしいSweet Refrainが選ばれたのは嬉しかったのですが、

またしてもメドレーに入ったショートバージョンになってしまいました。

Sweet Refrainのフルサイズをライブで観るまで死ねない!!

演出に関しては最初にPerfumeがステージに登場して披露されたGAMEは

1stツアーGAMEの冒頭を再現するようにヒールの足音が聞こえて3人が登場する演出で始まりました。

他にも過去のライブを彷彿とさせるような演出がてんこ盛りで、

Perfumeのライブに何度か行ったことのあるファンなら当時の思い出が

走馬灯みたいに溢れてくる演出でした。

セットもよく考えられていて素晴らしかったですね。

円形のドームを活かしてどの角度からでもステージが見えるように

観客席に対して対角で据えるようにアリーナのステージが組まれ

今回のアルバムコンセプトであるCUBEを上手く取り入れていました。

アリーナ正面のステージだけでなく、

中央や後方のお客さんにも十分楽しめるように

edgeから3人それぞれが離れた場所で巨大なCUBEに乗って登場。

このCUBEがゆっくりと移動して奥へと進んで行くなかを踊りながらパフォーマンス。

自走する巨大なCUBEはアリーナからだと見上げるほど高いのに柵もなにもないから

見ているこちらは踊っている最中に落ちやしないかヒヤヒヤ。

そして中央で巨大なCUBEは合体してひとつになる。

そこで披露される「再生」

edgeの誰だっていつかは死んでしまうでしょうからの再生である。

このツアーはReframeで解体し再構築したPerfumeの再生なんですね。

ポリリズムの過去ライブ映像を流す演出には泣かされました。

Perfumeがこれまでやったツアー映像だけでなくNHKの紅白などの番組や

サマソニなど野外フェスなどの映像も多数使われていたので、

Perfumeが真面目にやってきたからこその証として、

この演出に快く協力してくれた人たちの多さにも感動したのです。

今回のドームライブはここ最近のツアーに比べて演出がとても見やすかったです。

最先端テクノロジーを使った演出もその演出が前に出すぎて目立ちすぎている

これまでのライブよりもPerfumeの引き立て役として目立ちすぎずさりげなく支えている感じで。

FPツアーから引き算していった演出がさらに上手くまとまって成功していました。

ライブ最後は「MY COLOR」

歌う前に曲名を言わなくても、あ〜ちゃんの「せーの」の一声だけで

数万人の手がタイミングバッチリに一斉に上がる瞬間と光景はいつも感動します。

ずっとPerfumeを好きでいて良かったと思えた今回のツアー

それだけに千秋楽が行われず消化不良のまま終わってしまったことだけが、

誰も悪くはないとはいえ、やっぱり心のどこかにモヤモヤとして引っかかっていることは確かです。

でも、Perfumeそのものが終わったわけではないので、

次のライブでこのモヤモヤを発散させたいです!

だからこそ、一日でも早く新型コロナウイルスが終息して

日本を含めて世界全体が落ち着いてくれることを願うばかりです。




 

プレゼントしてくれると喜びます! 私のamazonほしい物リスト ←よろしくお願いします( ^ω^ )






名塚元哉 |←ホームページ