金色の夢を、ずっと見てる

2018年11月04日(日) ご無沙汰にもほどがありますが

前回から10ヶ月ぐらい空いちゃってますがそこはスルーでお願いします。
(…まぁ正直、もう見てる人もそれほどいないのではと思ってる)


2日と3日、2日連続でウツの25周年ツアー『thanatos』の福岡・広島公演に行って来ました。実は広島は初めてだったんですよね。広島は会場が小さいせいもあってか
「広島はよそと熱が違う」
とはよく聞いてて興味はあったんだけど、なんせほとんどのツアーで福岡と広島は連日なんですよ(笑)なんでですかね、最初から2DAYSだったら2日連続で行きたいと言えるんだけど、福岡と広島に2日続けて行きたいとは言えず。

しかしまぁウツも61歳になり、ぶっちゃけいつまで現役でいてくれるか判らない。後悔のないよう、見られるうちに見ておきたい。そう思ってたタイミングで、ツイッターで『都合で行けなくなってしまったのでチケット譲ります』というツイートが流れて来てこれはチャンスかなと。もしかしたら泊まりになるかもしれない点も含めて旦那の了解も取れたのでツイ主さんに交渉して、無事チケットを譲ってもらえたのです。


問題は移動手段ですよ。福岡に車で行くのはいつも通り。しかし広島はどうしよう?

最初は車で行くつもりで、旦那にも
「それだとライブ後に帰ってくるのがしんどいから、泊まってきてもいい?」
と話してたんだけど、ルート検索してみたら広島まで5時間以上かかるのね…さすがに遠いなそれ…。

ちょっと迷いましたが、結局新幹線で行きました。それだと泊まらずに帰ってこれるし。1人で外泊って滅多にないからちょっと楽しみではあったんだけど(笑)その結果、2日は車で福岡日帰り→3日は新幹線で広島日帰りという、それはそれで微妙にしんどいスケジュールになりました。


…正直言うと、2日に車で福岡→ライブ→福岡泊→3日に福岡から広島に移動→ライブ→広島泊→4日に車で帰ってくる、てのが行ったり来たりがなくて自分的には一番楽なんじゃないかと思ったんですが、それだと2泊になっちゃうじゃん。なんだろうねぇ、東京とか大阪2DAYSで2泊3日なら他にないからしょうがないよねって思うんだけど、福岡広島で2泊だと申し訳ない気持ちになるのはなんなんですかね(苦笑)遠さが中途半端なんだよな〜。


まぁなんだかんだ言いつつ、2日連続でウツを見れるってあんまりないので、内心すげぇ楽しみにしてました(笑)なんたって今年のツアーは土橋さん・大ちゃん・nishi-kenさんという3人のキーボードにギタリスト1人っていう初めて見る編成で、どんなライブになるのか全然予想がつかなくて。ツアーメンバーが発表された時には半ば本気で
「キーボードが日替わりだったらどうしよう?」
と思ったものです(笑)

しかも今回のツアーには、ライブ終了後に撮影OKタイムがあると。ツアータイトルのタグをつけてどんどんSNSで発信してね!と事務所のお許しが出てるもんだから、初日から結構な量の写真がツイッター上にあふれ、そりゃもう楽しみ感煽られまくりですよ。


という訳で、まずは2日の福岡。整理番号はそれほど前じゃなかったんだけど、上手いこと1段上がった最前列を確保できました。しかもちょうどnishi-kenさんの正面!よし!


多分ここにいる3人だけで今までのウツソロの半分ぐらいは作曲してるんじゃないかってメンツですから、その3人の曲が中心になるだろうとは思ってました。でもまさかそこにTMの曲も入れてくるなんて!TMのライブでも数えるほどしかやってない『IGNITION,SEQUENCE,START』と『OPEN YOUR HEART』が出てきたのは驚きました。キーボーディストが3人もいるから全ての曲がEDMっぽいアレンジになってたんですが、どれもカッコよかったー。

大ちゃん作曲の『NEXT STAGE』では大ちゃんの方に、nishi-kenさんの『CROSS』の時はnishi-kenさんの方に寄って歌う。バンマスの土橋さんはもちろんギターの西山さんにもちゃんとソロコーナーがあって、ウツは本当にバンドメンバーを大事にするな〜と見てて嬉しくなります。個人的には、『IGNITION,SEQUENCE,START』のイントロでバン!と両手を広げたnishi-kenさんのシルエットがカッコよかった…!あと、自作じゃない曲でもコーラスがあるわけでもない曲の時もnishi-kenさんが小さく歌ってる事が多くて、ウツへの愛がダダ漏れ!わかるよ!私達も好きだよ!と訳のわからない仲間意識も生まれる(笑)


途中、キーボードを4つ並べて『ウツの曲を弾いてみよう』のコーナーでは、ウツが弾こうとしたら音が出なくて両隣の大ちゃんと土橋さん大慌て。どうやら電源が入ってなかった様子。そしてウツと土橋さんはちょっとふざけるんだけど、大ちゃんとnishi-kenさんはガチで弾くんだよね(笑)nishi-kenさんが『1974』のイントロを引いて客席大盛り上がり。


キーボードソロのコーナーでは、次に弾く人がドラム(パッドドラムがステージにセッティング済み)でサポート。大ちゃんソロの後ろでドラム叩くnishi-kenさんカッコよかった〜。背が高くてガタイがいいから、大きい動きがステージで映えるんだよね。


アンコールでスペシャルゲストとして野村義男さんが出てきてビックリ。1曲終わったとこで帰ろうとするよっちゃんを
「まだあと1曲あるから!」
と身振り手振りで引き止めるウツ(笑)
「ご飯行くでしょ!?」
とこれまた身振り手振りで答えるよっちゃん。
「あと1曲だから!」
「だってもうご飯だよ?」
というやり取りを2回ぐらいして、しょうがないなーという顔で立ち位置に戻るよっちゃん(笑)

途中で、なんで来たのか教えてくれるかな〜と思ってたんだけど、まさかのトーク無しで帰っちゃってまたビックリでした(笑)

※ちなみに後日よっちゃんのブログで
「ツアーのどこかでギター弾きにおいでーと言われてて、この日時間が取れたので飛行機でびゅーんと行ってきました」
と書かれててマジで驚いた。あの2曲のためだけに福岡来てくれてたのね。


アンコールのラストで、ウツソロで1・2を争うぐらい好きな『ゼロよりも少ない始まり』をやってくれて涙目。Aメロの途中でドンドン!とリズムを取るところでサポメン全員が顔を見合わせてニコニコしながら体を揺らすとことか、あぁもう「尊い…!」ってこういう時に使うのねと。


終演後の撮影タイムは、いろんな人のツイートで予習してた通りあっという間でした(苦笑)最初の数秒はひたすら連写。たくさん撮っときゃどれか1枚ぐらいいいの撮れてるだろ作戦で。メンバーが退場するそぶりが見えたらすかさず動画モードに切り替え。しかし残念な事に、nishi-kenさん寄りの位置にいた私から見ると、客席に手を振ってくれるそのウツの手が邪魔でウツの顔が見えないというまさかの事態(笑)←いや笑えない。いいもん、皆が楽しそうだったから。ウツの顔がちゃんと見える写真は、ツイッターの『#thanatos2018 』タグでどかすか見つけて保存したし。ふふふ。


終わって外に出たら出待ち。しかし買ったグッズをバッグにまとめようとゴソゴソしてたら思いの他早くウツだけ先に出てきたようで、周囲のざわめきで「え?」と顔を上げたら、ウツが乗った(らしい)タクシーが走り出すとこでした…。


その後30分程待ったとこで他のメンバーも出てきました。しかしファンはちゃんとわきまえてますから、近所迷惑になるような大声は出しません。「きゃー♡」という密やかな歓声がさざ波のように広がり、「お疲れ様でしたー」と小声でお見送り。メンバーもわかってるから、車に乗り込む前にさらっと手を振ってくれます。土橋さんなんて乗ってからも窓を少し開けてそこから手を振ってくれました。


これを明日も見られるのね…とうっとりしながら帰宅。ここまでで予想外に長くなってしまったので、広島編はまた後日。



2018年01月15日(月) 着物を嫌いにならないでね。

成人式からすでに1週間経ってますが、やはりこれはちょっと黙ってられないので。

振り袖の販売・レンタル・着付けサービスなどをやってた会社『はれのひ』が成人式当日に営業停止して予約も何もかもぶっちぎってトンズラするという、あり得ない事態で大騒ぎになった今年の成人式。一口に被害者といっても
・レンタルの予約をして当日着付けとヘアメイクを予約してた人
・振り袖を買って、当日着せてもらう予定で預けてた人
・着付けとヘアメイクの予約だけして、着せてもらうために自前の振り袖を預けてた人
…等々、いろんなパターンがあったようで。


ツイッターとか見てると、結構利用者を批判してる人もいるんですよね。
『そんな高額な物を1年も2年も前に支払うなんて馬鹿げてる』
『自分で着付けもできない人間が着物を着ようとするからだ』
『成人式の本人はともかく母親や祖母も着付けできないのか』

断言してもいい。

こういう批判をしてる人の99%は自分で着付けなんてできないし、下手すりゃ着物と浴衣の区別もできないど素人だ。


まぁ1つ1つ反論しますけどね。まず
『そんな高額な物を1〜2年も前に払うなんて』
あのね、着物って1日や2日で作れる物じゃないんです。和裁用のミシンを使ったとしても数日かかります。手縫いで仕立ててもらうならもっとかかります。それが、全国でほぼ同じ日を納期として大量に発注されるわけですよ。

例えば、1つの呉服店で2018年1月8日に成人式を迎える人が100人振り袖をオーダーしたとしましょう。んでものすごく単純に、和裁用ミシンで1週間で振り袖が仕立てあがるとします。

100枚の振り袖を仕立てるために、100週間かかりますね?もちろんお店なら和裁用ミシン1台しか持ってないって事はないだろうから、まぁ仮にミシンが3台あったとしても33〜4週間かかります。そして、1年ってのは大体52週間しかないのです。つまり、お客様全員が手縫いじゃなくてミシン仕立てでいいと言ったとしても、1年の6割以上フル回転で作業しないと仕上げられないのです。

もちろん、ちょっと大きな店だとお客様は100人どころじゃないし、一生物だからミシンじゃなくてちゃんと和裁師さんに手縫いで仕立ててほしいって人もいるだろうし、1年以上前から準備を始める人もいれば3ヶ月前になって
「やっぱり振り袖着たい!」
と突然お店を訪れる人もいる。私が着物を買うのは主に2つのお店ですが、そのどちらも、成人式が終わったら即翌年の成人式に向けた営業が始まるそうです。お店の方も、早めに買ってくれればそれだけ納期まで時間があるから、早めに買ってくれる人にはちょっと割り引きしますよ〜なんてキャンペーンをしたりもします。

ただ、オーダーの場合はちゃんと採寸して本人のサイズで仕立てるので、出来上がってから『やっぱりいらない』と言われるのはお店としても困る。すると結局、振り袖が仕立て上がるのは数ヵ月後だけど契約した時点でお金は払う、という事態になる訳です。

出来上がってる物を買ったその場で持ち帰って着られる洋服と違って、注文→採寸→仕立て→納品、という手間がかかる着物(特に振り袖)は『1年前にお金を払う』のは不自然でもなんでもないのです。



そして
『自分で着付けできない人間が着ようとするから』
ここでまず言いたいのは、普通の着物と振り袖の着付けは全然違うという事です。

普通の訪問着なら私も着れます。正式に習った訳ではありませんが、人に着せる事もできます。でも振り袖は無理です。というかやった事がある訳じゃないので、もしかしたら、やってみたら着物は着せられるかもしれない。でも帯を結んであげるのは多分無理。自分が何度か着せてもらった時の事を思い出すと、大体2人がかりだったんですよね。特に帯結びは、こっちを持ってて、ここを輪ゴムで固定して、ここ押さえてて、と絶対1人じゃ無理な作業でした。

もちろん絶対にできないとは言いません。専門の人にきちんと時間をかけて教えてもらえば、自分で着られるようになります。でもそれは本当にごく一部の人で、現にツイッターでは
『日舞45年やってるけど、振り袖を自装なんて無理です』
『着付け師30年やってるけど、振り袖なんて自分で着れるか!』
『振り袖にしろウェディングドレスにしろ、和洋関係なく“人に着せてもらう事を前提とした衣装”ってのがあるんだよ』

等々、その業界の人達からたくさん声が上がってました。ちょっとでも着物を知ってる人なら『自分で着られないなら着るな』なんて意見、出るはずがないんです。

同じ理由で、『本人はともかく母親や祖母も着せられないのか』という意見も馬鹿馬鹿しいとしか言いようがない。じゃぁそう言ってるあんたの母親は振り袖の着付けができたのか?と。


いろんな呉服屋さんが無料貸し出しや着付けのサービスに名乗りをあげてくれて、福岡では『はれのひ』福岡店の従業員が、自分達も数ヵ月給料の支払いが滞っててその日で営業停止と本社から通知が来てたにも関わらずボランティアで着付けをしてくれたりと、大勢の人がなんとか被害者をフォローしようと手を尽くしてくれたというニュースも同時にたくさん流れました。

でもどこの救済の網にも引っ掛かれずに仕方なくスーツで出席したという人もいたし、テレビの取材に涙目で
「もう(家に)帰ります」
と言ってた子もいました。全員が救われたわけではないのです。




一番腹が立ったのは
『本来の目的は成人を祝う事であって、振り袖を着ることではない。振り袖がないならスーツや洋服で出席すればいい』
という意見でした。

そう言ったやつを目の前に正座させて聞いてみたい。


じゃぁ何かい?お前は1年前から用意してきた結婚式で当日いきなり衣装がありませんと言われて、でも披露宴の目的はお客様に日頃の感謝を述べてこれからもよろしくお願いしますとご挨拶する場だから、衣装なんてあるものでいいよねと言われて、普段出勤してるスーツや合コン用のワンピースで披露宴の高砂に立てるのか?



そりゃ確かに成人式の本来の目的は振り袖を着ることではありません。でも、レンタルにしろ購入にしろ、半年や1年2年前から用意してた人は、振り袖が着たくて用意してたのです。成人式というまさしく『ハレの日』に、親や友達と一緒に選んだ振り袖を着て懐かしい同級生に会う、それを楽しみにしてたんです。中には『もう亡くなったおばあちゃんが買ってくれた振り袖が、一度も手元に来ないまま行方不明になってしまった』という人や、『母が着た振り袖を着付けのために預けてたら戻ってこない』という人、『祖母・母・自分が着た振り袖をいとこに貸したら今回の騒ぎで、いとこが泣きながらごめんねごめんねと電話してきた』という人も。そういう人達に、どんな顔で
「じゃぁスーツで出たら?」
なんて言えるのか。


今回の騒動でもっとも許されないのは、お金や物の被害だけじゃない、そういう想いを踏みにじった事だと思うのです。


とにかく気の毒としか言いようがないけど、被害に遭った人はどうか着物を嫌いにならないでほしいなと、心から思います。一生に一度の成人式が酷い思い出になっちゃっただろうけど、悪いのはあくまでもあんな酷い計画倒産(だよね?)をした社長。トラウマになるのも仕方ないけど、それで着物自体を嫌いにならないでほしい。無料で振り袖を貸し出して記念写真を撮りますよって言ってくれてる写真屋さんや、レンタル着付け無料でもう1回記念式典をやろうと企画してる自治体や民間団体もあるそうです。そういうサービスを積極的に利用して、辛い思い出を上書きしてほしいです。

そして、まさかとは思うけど、そういった善意の声を悪用して『被害者じゃないけどただで振り袖着せてもらえるなら行っちゃおうかな♪』とバカな事を考える人が出ませんように。



2017年10月05日(木) 今度はお金絡みのトラブルって…

ちょっと前の日記に登場してるアイコちゃん。

あの日記の後、6月にちょっと学校でもゴタゴタしましてね。ユウも巻き込まれてちょっと問題を起こし、私が学校に呼び出されるはめにもなりました。その結果、娘に以下の通り通達しました。

「仲良くするなとは言わない。学校や外で遊ぶ事までは口出ししないけど、もううちには二度と連れて来ないで。嘘をついてお友達の親を騙して泊めてもらおうとしたり、そのためにユウや他の友達にも嘘をつかせたりするような人を、ママはあなたのお友達として受け入れられない。そんなずるいことを平気でするような人を、気持ち悪くて家に入れたくない。アイコちゃんは今後一切うちには入れません」


ユウもさすがにヤバイと思ったのか文句は言わず、それからしばらくアイコちゃんの名前は出なくなりました。夏休み中に私が仕事でいない間に何かやらかしはしないかと警戒してましたが、特に問題もなく終わり。私が言った事が結果的にユウの交遊関係に何かしらの制限を与えてしまったのなら、それはちょっと悪いことしたかな…とも思いましたが、でもそこでユウがアイコちゃんとの付き合いを考え直したのなら、それはユウが自発的に考えたわけだし。


…と、思ってたんですが、新学期が始まって学校で顔を合わせるようになったらまた交流が復活したようで、時々家での話題にもまた名前が出てくるようになりました。いや、それはしょうがない。学校で仲良くする事までは口出ししないと私が言ったんだし、仲良くするなと言った所でそれを守ってるかどうか確認のしようがないんだから、口出しなんてするだけ無意味。


そしたらある日、ユウが
「今度のお休みの日、アイコと買い物に行ってもいい?」
と言い出しました。話を聞くと、アイコちゃんがお母さんとショッピングモールに行く予定で、それに一緒に来ない?と誘われたと。

正直、アイコちゃんのお母さんにも不信感はあるのでちょっと迷ったんですが、『外で遊ぶのは構わない』って私が言ったんだしな。そう思って許可したんです。そしたら夕方ぐらいにアイコちゃんのお母さんから電話かかってきましてね。
「アイコからユウちゃんも誘ったって聞いて、うちはいいんですけどユウちゃんのお母さんはちゃんと聞かれてるのかなと思って〜」

…我が子がよそに泊まる時はほったらかしでも、自分とこによその子が来る時は連絡してくるのね。

と一瞬思いましたが、まぁ状況的にはこっちから連絡して挨拶しとくべきとこだったので
「あ、はい、さっき聞きました。お世話になります〜」
と返したら、ですよ。



「まぁ実際は、私はちょっと別の用事があるので、2人をショッピングモールにおろしたらそこから何時間か別行動になるんですけど(^^)」




……はい?





え、『連れて行く』ってそういう意味?それ、連れて行くんじゃなくて『送って行く』って言うんじゃないの?ショッピングモールに小学生2人置き去り?

いや、でも近所に住んでたら子供だけで行く事もあり得るか。買い物行った時に小学生〜中学生ぐらいの子供だけのグループも結構見るし…と思って結局そのまま行かせたんです。お金の貸し借りはしないこと。無駄遣いをしない。本当はこれに加えて『万引きなんてしてきたら許さないよ?』という事も言いたかったんですが、さすがにそれを言っちゃうと信用してないのがダダ漏れで子供なりに傷つくかな、とそこは飲み込んで。

細かい事を言えば、私もユウのお友達を預かって映画館に連れてって、映画は子供だけで見させた事はあります。でもその時も劇場の中まで一緒に行って座席を確認して座らせてから私は出たし、映画が終わって出てきたらすぐ合流して、そこからはずっと一緒にいましたよ。だから『ショッピングモールに子供だけで数時間ほったらかし』というアイコちゃんのお母さんに驚いたわけで。

で、その日は特にトラブルもなく、ちょっとしたアクセサリー(300円ぐらいのイヤリング)とかかわいい文房具買ったり、一緒にプリクラ撮ったりして機嫌よく帰ってきました。


それが楽しかったんでしょうね。また今度休みの日に別のショッピングモールに行くという話になったようです。でもそれはアイコちゃんのお母さんではなく、私に言うと断られると思ったんでしょう、旦那に頼んでました(笑)一応確認したら
「もちろん一緒に行動するよ。2人だけでほったらかしとか、そんな無責任なマネしないって。あっちの親とは違うんだから」
と言ったので一安心。



はい、長いですがここまでが前置きです(苦笑)本当長くてすみません。


今日の夕方、ユウが新しい修正テープがほしいと言うので、買いに行きました。そこでユウが女の子向けの漫画雑誌がほしいと言い出し
「自分のお金で買うならいいよ」
と答えたらわかったというので一緒に買ってあげました。帰宅後
「さっきの雑誌の分、払ってね」
と言うと素直に
「わかったー」
と財布を持ってきて払ってくれて、そのまま財布をそこに置きっぱなしにして部屋に戻ったんです。

開きっぱなしの財布を置きっぱなし。部屋に行くならついでに持って行けや…ととりあえず閉めてやろうと手に取り、ふと気になって中身をチェックしたんです。そしたら。




………なんで1万円札が入ってるの?




うちは月毎のお小遣い制にしてるんだけど、財布の中身がある程度以上になったら強制的に預けさせます。小学生が持つには分不相応な金額は持たせない。仮に使わずに貯め続けて私がチェックしそこねてその金額になったとしても、お小遣いは千円札で渡してるんだから1万円札が手元にあるのはおかしい。


そのまま部屋に持って行って、ストレートに訪ねました。
「このお金は何?」
「…………」
「なんで1万円札なんて持ってるの?」
「…アイコから預かった」


は?


「なんで預かったの?」
「わかんない」
「…なんでアイコちゃんはあなたにお金を預けたの?」
「この前一緒に買い物に行った時に、お母さんに知られたくないから預かっててって頼まれた」

親に知られたくないお金、って…もう不穏な気配しかしないんですけど。『なぜ親に知られたくないのかについては、聞かなかったからわからない』と。


あのね。まず、小学生が1万円札を持ってる事がおかしいと思わない?しかも、それを親に知られたくないっておかしいでしょ。もし万が一、この1万円がアイコちゃんがお母さんの財布からこっそり盗ったお金だとしたら、それを預かったあなたも泥棒に協力する事になるんだよ?もしかしたらアイコちゃんがお小遣いを貯めてたり、お盆やお正月にもらったお小遣いを残してたのかもしれないけど、それを自分の机とか家の中で隠すんじゃなくてユウに預ける理由は?親に知られたくないお金を、アイコちゃんはなんのために隠しておきたかったんだろうね。もし、またアイコちゃんが家出する時に使おうと思ってたらどうする?ユウは、このお金が悪いことをしたお金じゃない、悪いことに使うお金じゃないって自信もって言い切れる?


淡々とそう話すと、うなだれて
「…言い切れない」
と答えました。

「明日の夕方、一緒にアイコちゃんに返しに行くよ」
と言うと
「明日、学校で返す」
ダメです。前にも言ったけど、ママはアイコちゃんの事を信用してない。そしてこのお金に関しては、悪いけどユウの事も信用できない。ママが直接アイコちゃんに返して、今後はこういうふうにお金を預けたりしないでくれって言います。
「でもそうしたらアイコのママにもばれちゃう…今度一緒にお買い物に行った時に返すんじゃダメ?」
わかった。じゃぁこのお金はママが預かって、そのお買い物に行く時にパパに渡します。で、パパからアイコちゃんに返してもらう。それでいいね?
「…わかった」
ユウ、渋々承諾。


仕事で帰りが遅かった次郎くんにも全部話しました。
「そういうわけなんで、ショッピングモールに連れて行く時にこれ持ってって、アイコちゃんに返してもらえる?ついでに、こんな大金を友達に預けちゃダメだって言ってほしい」
そう言うと
「うん、わかった。しかしな〜…アイコちゃんな〜…なんでこう面倒事を…」
と軽く頭を抱えてしまいました(苦笑)

しかし問題は、本当にこの事をアイコちゃんのお母さんに黙ってていいのか、という事。もしこれが本当にお母さんの財布から抜いたお金だったとしたら、むしろアイコちゃんじゃなくてお母さんに返すべきだし。お母さんが了解の上で小学生にそんな大金持たせてるんならそれはもう家庭の方針だからどうでもいいけど、でも逆にお母さんが了解してるんなら、アイコちゃんが親に隠すためにユウに預ける必要もないわけだし。それを隠そうとするって事は、やっぱり親が了解してないって事だろうし…


ていうかね、もしこれが私がその立場だったらやっぱ教えてほしいですよ。聞いてそれを直接子供に聞くかどうかは別として、娘が親に隠して大金を持ってて、それを友達のお母さんが知ってたら教えてほしい。でもねぇ、アイコちゃんのお母さんがどう思うか、それがわかるほどの関係はまだ築けてないし、正直、そこまでの関係を築くつもりもないんですよ。


とりあえず、次郎くんがお金をアイコちゃんに返すまでは様子見ようって事になりました。その時のアイコちゃんの態度次第で考えます。


つーかなー、もうさー、仲良くするのやめてくれないかなー(泣)『あの子と仲良くしちゃいけません』的な事言いたくないから『うちに連れてくるのだけ禁止』に止めたけど、本音を言えばもう仲良くしないでほしい…orz


 < 過去  INDEX  


咲良 [MAIL]

My追加