V字経営研究所・酒井英之の4行日記
DiaryINDEXpast


2020年12月31日(木) 成功体験の振り返りД咼献腑鵑魴任欧匿覆牴礎佑鯊慮

成功体験その7。今年は久しぶりに経営者向けの講演会が多い年だった。全員が危機意識を持っている時に呼ばれるのは、2000年以降一貫した私の特徴だ。世の中が安定しているときは辛い講演会も、ピンチの時にこうして呼ばれるのは大変にありがたい。その中でビジョンのある会社とそうじゃない会社の違いが浮き彫りになった1年でもあった。ビジョンを作った会社はこんな状況でも逞しく前に進んでいる。自分が進むべき方向性が明示されていることは、経営者をぶれさせない、貴重な軸なのだ。


2020年12月30日(水) 成功体験の振り返りΕ侫ードバックが人を育てるを体現

成功体験その6。アフターフォローの重要性である。「人はフィードバックで育つ」というのを、その昔土井英司先生に教えていただいた。土井先生に教えていただいたことはほとんど忘れてしまったが、これだけは自分の中でずっと残っていて、信条になっている。それを仕組み化した研修商品を開発したが、受講生一人一人の成長は手に取るようにわかった。安く大量に供給する E ラーニングが多い中で、反骨精神のような商品が出来上がった。地味でも丁寧に売っていこうと思う。


2020年12月29日(火) 成功体験の振り返りサ畤肝呂鮴犬爛ーワードの創出を体現

成功体験その5。たったひとつのキーワードを全員が共有することで、会社の雰囲気がガラリと変わることを目の当たりにした。これまで何度もビジョンを作ってきたが、そのビジョンに向けて全社が一体になれる会社となかなかそれに時間のかかる会社がある。その違いが何かよくわからなかったが、簡単なことだった。ビジョンがキーワードとして全員に落ちるか、経営者だけに留まるかの違いである。全員が共感し共有するようなキーワードを探すことはブランディングの基本だと分かった。


2020年12月28日(月) 成功体験の振り返りぅ灰潺絅縫院璽轡腑鵐好織ぅ襪粒萢

成功体験その4。今年は要所要所でコミュニケーションタイプの違いを有効活用した。コンサルタントの仕事の重要なところは、人に自分から動いてもらうことである。それには慌てずゆっくりとその人と向き合うことが大事だが、苦手だと感じる人ほどこのソーシャルタイプを活用してコミュニケーションすることを心がけた。そうしたところ、皆自分から進んで動いてくれるようになり、結果的に大きな成果を得ることができた。


2020年12月27日(日) 成功体験の振り返り人が変わる3つの条件の体現

成功体験その3。人は、どんな時に変わるのか?という問いに、「時間の使い方が変わるとき」「付き合う人が変わるとき」「居場所が変わるとき」という解がある。そのすべてを体験し、実感した年だった。あるクライアントで月曜日の朝一の時間帯の使い方を変えたら、生産性が大きく飛躍した。また、先輩がメンター役になって若手を教える研修を行った会社や、階層別研修で二階層がお互いに感謝と期待を伝え合う研修を行った会社では、「付き合う人が変わる」という成果が出た。さらにビジョンを掲げた会社は、とても熱い集団へと進化した。生産性を飛躍させる方法は一つは AI の導入だが、もう一つは企業のエンゲージメントを上げることだ。これを理論だけでなく、実例で証明できた一年だった。


2020年12月26日(土) 成功体験の振り返り▲▲Ε肇廛奪箸悗瞭さ弔良現牴

成功体験その2。去年まではクライアントのビジョン会議において、ディスカッション時間に制約を設けることなく自由に行っていた。合宿も当たり前だった。が、今年は時間内にアウトプットしなければいけないという制約が強かった。しかしそれゆえに一つ一つのテーマをよく分解し、それをブロックのように積み上げるように組み立てたら、納得がいくアウトプットが得られた。これを活用すれば、遠隔・オンライン化して、より効率よくアウトプットは出せることが分かった。


2020年12月25日(金) 成功体験振り返りV字回復できる人の条件

今年は激動の1年だったが、成功体験の多い年であった。それをシリーズで振り返ってみたい。第1は50歳を過ぎた人がほぼ全員再生するのを目の当たりにしたことだ。再生した人に共通していたことは、過去の自分にダメ出しをしたこと。そして、これからを生きていく希望となるような技術を、自ら身に着けたことだ。この二つで人の意識も行動もガラリと変わる。逆に言えば、自分にダメ出しができない人=プライドの高い人、ダメな自分をしっかりと認識できていない人は再生しない。これが明確になったことも収穫だった。


2020年12月24日(木) 脱下請けメーカーの矜持┠弍勅圓悗離▲疋丱ぅ

I社のI会長に脱下請けを目指す人へのアドバイスを伺った。「脱下請けで「やりたい!」と思っている人は、どうせ我慢ができなくなるのだから、アンテナを高くし、スピードとタイミングを見計らってやればいいという。ただし、無駄な努力にしないことが重要で、勢いに任せるのではなく、一度石橋を叩いてからやるといい」。この『どうせ我慢できなくなる』の言葉に共感した。我慢できないことを我慢することが経営ではない。理解し合える人だけを相手にする。I会長にはその踏ん切りこそが経営だと教えられた。


2020年12月23日(水) 脱下請けメーカーの矜持Ъ勸を癒す本格キッチン

I社の社内は大変アットホームな雰囲気がした。2階の食堂は、業務用のキッチンをそのまま導入し、ランチタイムの食事はすべてここで作っている。料理教室を主宰している「べっぴん食堂」の経営者に来てもらい、無農薬野菜を用いた料理をスタッフが作ってくれるのだ。コストは全然合わないが、健康を思いやる経営者の気持ちだという。また、その持ち出し分に見合うだけのリクルーティング上の効果があるという。学生が集まるのがわかる気がした。


2020年12月22日(火) 脱下請けメーカーの矜持差別化5つのポイント

床材の競争は1)意匠性 2)耐久性 3)安心安全にある。この安心安全に関して、アレルギー対策や消臭、ウイルス対策など施した商品を2015年から発売した。ただ当初なかなか売れなかった。目に見えないものに金を出す習慣が日本人にはないからだ。そこで、それを全て含んだ商品を特別品ではなく標準化したところ、拡販につながった。さらに4)針葉樹を使ったレジリエンス(社会貢献)。5)には、納期遵守。同社は今後も床材に特化し、グレードアップをしつつ徹底的に差別化を図っていく方針だ。


酒井英之 |MAILHomePage

My追加