V字成長請負人・酒井英之の4行日記
DiaryINDEXpast


2016年08月31日(水) 義足の作家少年に本田選手が伝えたこと

『愛は地球を救う』の中で、義足のサッカー少年が、サッカーの本田選手に質問した。「落ち込むことがあるのですが…」。これに対し本田選手は次のように応えた。「完璧主義者ちゃうんか?自分は下手やと思っている。まだまだ上手くなりたいと思っている。だから、落ち込んだりせぇへん」と応えた。それを観ていて、なんだか私も救われた。自分ももっともっと上手くなりたい。まだその途中で、下手にしかできないこともある。そう考えるようにしようと思う。


2016年08月30日(火) Google本社見学記OKR

グーグル本社の見学で最も印象に残った言葉のひとつがOKRだった。O=Object=目標物、対象物など。KR=Key Results=カギとなる結果。直訳すれば、目的達成のために、どんな結果を出したか、ということ。そこに不要なものはどんどん省いていく。スーツを着ないといけない、仕事にチャットを使ってはいけない…など皆、目的から逆算したら余分な固定概念。大事なことは「必要なときに、必要なものが、タイミングよく」出てくることである。この合理的な考え方にも感動した。


2016年08月29日(月) Google本社見学記Change Manegementの3要素

働き方改革にはいろんな考え方がある。新しい考え方に「反対する人」「受け入れないない人」「目を背ける人」「変化を楽しむ人」。最後の変化を楽しむ人のために、グーグル本社では、Change Managementを進めていた。Change Managementでは‘、▲泪ぅ鵐鼻↓9堝阿裡海弔鯤僂┐襪海箸納存修垢襦‘を変える=トップメッセージを伝える。▲泪ぅ鵐匹鯤僂┐襦瓠屬覆爾修譴鬚笋襪痢」をワークショップで考え、話し合いの中で気づく機会を増やす。9堝阿鯤僂┐襦畊堝阿魯肇譟璽縫鵐阿覆里埜修の機会を増やす。この中で、特に△亡郷瓦靴拭人は自分で「自分の改めるべき点」に気付いたとき、最もモチベーションが上がる。ワークショップが重視される理由がここにあった。


2016年08月28日(日) Google本社見学記挑戦する仲間に誘う

グーグル本社の説明のラストは、私たち見学者への「働き方を変える」ことの提案だった。情報は「必要なときに、必要なものが、必要なタイミング」で手に入るようにすること。そのように改革することを説明員は「働き方改革にチャレンジする仲間になりませんか?」という言葉でくくった。「これこそが最新のセールストークだ」と唸った。「共に***をする仲間になりませんか!」と、私がお客様に語り掛けるとしたらどうなるのだろう…。「V字成長にチャレンジする仲間になりませんか?」だろうか。素晴らしい気づきを頂いた。


2016年08月27日(土) Google本社見学記Ωて挑戦心が湧くブース

グーグルの社内にはGoogle Earthを利用できるブースがあった。操作すると世界中どこにでも行ける。アップして世界中どこでもストリートビューもできる。その写真が美しい。そしてその横に、360カメラを搭載した自転車が展示されていた。これで撮影したんだよ、というように。Google Earthw作ろう、というのはとんでもない発想だが、その実現は、カメラを積んだ自転車で路地を走る、とても地味な情報収集方法だった。そのギャップに、「イノベーションはThink Big Act Small から生まれる」という話を思い出した。文字通り「千里の道も一歩から」の成功事例を見せられて、勇気が湧いた。


2016年08月26日(金) Google本社見学記ザνを加速するツール

グーグルのイノベーションを生み出すコミュニケーションツールにも目を見張った。紙がほとんどない!皆、PCを持ち歩いている。情報は全部クラウド内。Officeなどのアプリもクラウド内だという。そのため、PCが壊れてもデータを失うことがない。メールではなくチャット機能を重視。検索機能があれば「分類」は不要だという。Google-Appsを用いて、その場で資料作成+情報共有しながら会議を進めていた。私がクライアントとのやり取りで一部利用している機能も紹介されていた。大企業勤務の仲間たちは一様に驚いていたが…ICTはB2Bよりも先にB2Cで発達し、その後B2Bに応用されつつあると感じた。


2016年08月25日(木) Google本社見学記こ弯稽呂鮴犬濬个攻間

グーグルのイノベーションへ空間づくりには、社内見学をして度肝を抜かれた。オフィスは人と人とが触れ合いやすく、会話が生まれやすいように工夫されていた。1.会議室はどこもTV会議機能があり、世界とつながっていた。また、見学時に3Sが整っていたのは驚いた。会議室には全部花の名前がついていた。2.食堂またはカフェが各フロアにあり、只で注文できる。食事は朝昼晩出る。食事は健康に配慮し、身体に良いモノしか出さないという。さらにカウンター席は一つもなく、ミーティングできるテーブルしかなかった。社内の3割強が外国人だが、非情に交わりやすい環境だと感じた。3.荷詰まった頭を一端解放するための音楽室、アスレチック、休憩室等があるのにも感動。廊下の壁には桜の絵、富士山の絵などなごむものが多い。開発コンセプトは「自分がいたいオフィスをつくりましょう」。紙がないとこんなにもスッキリするのかと驚いた。


2016年08月24日(水) Google本社見学記3弯稽呂魄飮する制度

グーグルのイノベーションへのモチベーションを継続するルールには、以下の3つがあった。1.ピアボーナス=仲間に助けを求める時は、スマホでお願いし、手伝いが終わったらスマホで完了報告をする。このとき、助けた人にポイントが加算され、賞与に反映される。ピア=仲間という意味。2.20%ルール=勤務時間の20%は本来業務以外のことをやっても良い。東北にボランティアで参加する人が多いようだ。3.ピアレビュー=同僚からのフィードバック。自分から「私を採点してください」とお願いし最低4人からもらう。1も3も上司ばかりではなく、仲間からの評価が励みになっているのだろう。人は、評価者を見て仕事をする。上司より仲間を見て仕事する風土は素晴らしい!


2016年08月23日(火) Google本社見学記革新を生む5つの原則

グーグルにイノベーションを生む出す風土を定着させているのが、「イノベーションを生み出す5つの原則」がある。1.最初から完璧を求めない=Google APPSも、一人のg-mailの発想からだんだん進化していった。2.不可能と決めつけない=月眼着陸だってできる、やるかやらないかを議論する前に、まずやってみよう。3.ユーザーに焦点を絞る=ユーザー第一で発想すれば利益は後からついてくる。4.共有はアイデアを生む=毎週金曜日の夜には創業者からメッセージが届く。それを見て、社員には自信が生まれる。5.データを元に考える=ES調査を行い、上司の戦略が会社の戦略とずれているのでは?という回答があれば、必ずそれを解消するプロジェクトが立ち上がる。この5つが原則だと言うが、自社のイノベーションの原則をまとめられるなんて凄いことだ。特に4.に感心した。共有したときの仲間の反応から、自分のアイデアに自信が生まれ、固定概念を打ち破ることができるのだろう。


2016年08月22日(月) Google本社見学記ヽ弯靴鮴犬爍瓦弔隆超整備

中部マーケティング協会の仲間とグーグルの東京本社の見学をした。説明してくれたのは31歳の女性社員。実にテキパキとお話下さださるので、多くのメンバーが感激していた。同社はイノベーションには環境が影響すると定義し、イノベーションを生み出す4つの環境を整備していた。.咼献腑鵝κ顕宗瓮ぅ離戞璽轡腑鵑魎新泙垢詆土 ∪度・プロセス=イノベーショへのモチベーションを持続する仕事のルール ファシリティ・設備=イノベーションが生まれやすい空間 ぅ帖璽襦畸膣屬醗娶交換しやすいコミュニケーションツール。そのひとつひとつを順を追って説明頂いた。数日に分けて記していこうと思う。


酒井英之 |MAILHomePage

My追加