加藤のメモ的日記
DiaryINDEXpast


2022年05月23日(月) 私が感染したら、この治療薬&ワクチンを選ぶ 

死亡率が36%下がった

もし罹患したらどんな薬を選べばいいか―。

その情報に最も接近しているのが治療現場でその効能とリスクを肌で感じた医師たちだ。彼らに「自分が感染したら投与を希望する薬」を聞いた。前出の後藤氏が語る。「日本では”国産”という安心感からアビガン
がよく使われますが、”ひょっとしたら効くかも”と試験的に使われているのが実情です。残念ながら効いている実感は得られていない。僕は患者になっても使わないですね。

同じ抗ウィルス薬でもレムデシビルは『重症患者に早めに投与すると効果がある』という海外の治験データがあるので、自分も重症化すれば投与を検討すると思います」レムデシビルと並ぶもう一つの承認薬「デキタメサゾン」を挙げる医師も多かった。新潟大学医学部名誉教授の岡田正彦医師が語る。「デキタメサゾンはオルベスコと同じくステロイド薬ですが、研究結果と実績が違う。オルベスコは”コロナにも効くかもしれない”というレベルですが、デキタメサゾン」は海外で重症者に使った場合、死亡率を36%下げられたという論文も発表されている。特に肺炎が進んだ場合は効果が期待できるので、私自身、重症化したら使いたいと考えています」

ただし、デキタメサゾンは軽症患者には投与できない。「この薬は免疫の暴走(サイトカインストーム)を抑えるため、あえて免疫力を低下させる働きがあり、軽症者に投与するとほかの感染症リスクが高まってしまう」(藤田氏)医療ガバナンス研究所前理事長の上昌広士医師もこういう。「軽症なら経過観察、食事を摂れず脱水になるようなら点滴などでた使用したいと考えています」ただし、デキタメタゾンは軽症者には投与できない。「この薬は免疫の暴走(サイトカインストーム)を抑えるため、せて免疫力を低下させる働きがあり、軽症者に投与するとほかの感染症リスクが高まってしまう」(藤田氏)

医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師もこういう。「軽症者なら経過観察、食事を摂れず脱水になるようなら点滴などで対症療法にします。効果が証明されていないアビガンやレムデシビルには期待しません。肺炎などで症状が悪化したデキタメタゾンの投与を希望します」

「すぐに気分が悪くなった」

もう一つ多くの医師がコロナ治療の”大本命”として挙げたのが米国のトランプ大統領が罹患した際に投与された「抗体カクテル」だ。これはコロナから回復した患者の血液に含まれるたんぱく質の抗体を活用して作られる薬でトランプ氏に投与されたのは二つの抗体を組み合わせているので「カクテル」と呼ばれる。74才のトランプ氏の症状を改善させ、入院からたった3日で退院したことで注目されたが、抗体医薬自体は、日本でもがんやリウマチなど免疫疾患の治療薬として60種類以上が承認されている。

大阪健康安全基盤研究所の奥野理事長(ウィルス学)が解説する。「新型コロナ治療薬の多くはほかの病気向けの転用ですが、抗体医薬は新型コロナに特化して新たに作られた薬です。抗体はもともと人が持っているたんぱく質なので、副作用はほとんどなく、ウィルスが肺などの細胞に感染するのを防ぐ働きがあるトランプ大統領はツィッターに投降した動画で、『抗体カクテルを投与されたらすぐに気分がよくなった』と語っており、即効性が期待できる。私も自分が感染したら抗体カクテルの投与を第一に考えます」

米国では11月、この抗体カクテルを含む2社の抗体医薬が


加藤  |MAIL