加藤のメモ的日記
DiaryINDEXpast


2023年01月22日(日) 55歳以上をご存じですか

バスや新幹線だけじゃない
これまで、日本のスーパーや百貨店は、毎日「25日」に合わせて
新商品の展開や特売セールを繰り広げてきた。もちろんこれは、サラリーマンンの給料をにらんでのことである。だが、ここ最近はやや状況が変わり、小売業界は「15日」に照準を定めている。その理由は明確で、偶数月の15日にやってくる年金支給日を意識しているからだ。

「年金支給日に、その月の生活費をまとめて銀行から降ろす人も少なくないはずです。小売業界やサービス業界は、そのお金を落としてもらおうと、さまざまな割引制度を15日付近に設けています。もちろん、消費者の側からすればこれを利用しない手はありません。また、最近はいわゆる『シニア割』の年齢の枠組みもどんどん広がっています。かっては60歳、または65歳を超えると適用されるイメージでしたが、最近では55歳くらいまで割引対象年齢が下げられていることも多い。お金を使うことが好きな、バブル世代を取り込もうとする意識もあるのだと思います」(ファイナンシャルプランナーの深野氏)

バスや新幹線といった交通機関の割引制度は何となくイメージできるかも知れない。「大人の休日俱楽部」など、JR各社が提供する旅行の優待プランも聞き覚えがあるだろう。だがそれ以外にも、55歳から、なかには50歳から利用できる割引制度は想像以上にたくさんある。一つずつ見ていこう。年金支給日のようにまとまった生活費が入ってくる日は、ひとまず食材や日用品を買う、という人が多い。実際、偶数日の15日になると、スーパーでレジを待つ列がいつもよりひときわ長いのに気づくことだろう。

どれだけ「特売」が行われるかは、もちろん小売店によってそれぞれだろうが、大手では毎月一律で割引を行っているケースが大半だ。その一例が、イオングループが毎月15日に実施している「G.G感謝デー」だ。「イオンの電子マネー『WAON』は、55歳以上になると『GO WAON』にアップグレードすることができます。このカードがクレジット機能付きのイオンカードで15日に買い物をするだけで、支払金額から5%引きになるので便利ですよね」(消費生活評論家の岩田氏)米や洗剤などをまとめ買いすると、軽く1万円を超える。その時に面倒な手続きなく500円相当が返ってくると考えれば、かなりお得なキャンペーンといえる。

面倒くさくない

イオンのように、大手スーパーでは15日を中心に、割引を実施しているところが多い。例えばスーパー「ライフ」では60歳以上なら、毎月1日、そして15日が5%引きになる。当日は発行される優待パスを提示する。また、四国を中心に展開するスーパー『フジ』でも、15〜17日は会計が5%オフになる。(こちらは65歳以上が対象)イトーヨーカドーなどで使える「nanaco」も、60歳以上はランクアップし、毎月15・20日は5%引きになる。「この他にも、イトーヨーカ堂には毎月3回、5%オフの『ハッピーデー』があり、月計5回の割引を受けることができます。『WAON』もそうですが、ポイントを貯めつつ割引も適用されるのがおいしい。イトーヨーカドーやイオンなら生活に必要なほとんどのものが手に入りますから割引額だけで年間3万〜4万円も得した人の話もよく聞きます。(岩田氏)

一方で、電子マネーやスマホアプリなどの登録は面倒だという人はこれだ「『東京靴流通センター』などを展開するチヨダがお得です。55歳以上なら、毎月14〜17日の4日間、1点1000円以上の商品が10%引きになります」(前出・深野氏)チヨダは郊外のロードサイドを中心に全国1000店舗を展開、近所で見かける見かける機会も多いだろう。

より親しみ深い例で言うと、スギ薬局やツルハドラッグ、ウエルシアといった全国チエーンのドラッグストアは、軒並み15日から数日間の割引を実施している。特に北九州を中心に展開する新星堂薬局では、偶数日の15〜17日は10%オフになる。(これらはいずれも60歳以上が対象)。日用品を買いだめするには絶好のタイミングだ。

このように、年齢に応じた割引がスーパーなどの小売店に多いのは事実だ。さらに最近は年金世代と現役世代、どちらにも身近なレジャーで、料金が安くなるケースが増えている。レジャーの場合、割引が聞くのは毎月15日に限らない。経済評論家の荻原博子氏が例を挙げる。「多くの映画館では、夫婦どちらか


『週刊現代』11.16


加藤  |MAIL