サッカー観戦日記

2017年06月24日(土) クラセン15関西大会代表決定戦 奈良YMCA−G大阪 京都−ジュネッス

クラセン関西予選、関西枠は7つで、ベスト4には既に代表権がある。敗者復活戦から第5・第6代表を決めるのがこの日のカード。敗者同士で最後の第7代表を争う。


クラブユース選手権(U−15)関西大会代表決定戦
奈良YMCAサッカークラブジュニアユース−ガンバ大阪ジュニアユース
6月24日 10時 堺S9 ピッチ人工芝 曇

奈良YMCA       G大阪
−−−−−森−−−−−− −−−唐山−−中村◆檗
−冨山−−森田−−吉沢− −−−−−−−−−−−−
−−−梅景−−大浦−−− 永川−平川◆櫺野−伊勢
加藤−田邉−−谷口−有動 寺本−當麻−−西−−大串
−−−−−川合◆檗檗檗檗 檗檗檗檗鬱叛遏檗檗檗檗



奈良YMCA 監督:上地信親
GK  1 川合雄大  162/50 2年
DF  3 谷口豪   182/72 3年
    5 田邉秀斗  181/66 3年
MF  2 大浦涼   175/59 3年
    6 有働夢叶  166/55 3年
    7 森田夏生  161/51 3年
    8 吉沢真輝  164/54 3年
   10 梅景俊輔  176/58 3年
   17 冨山悠佑  166/51 3年
FW  9 森圭    175/60 3年
   11 加藤大晟  180/64 3年

ガンバ大阪 監督:梅津博徳
GK  1 吉川直輝  185/74 3年
DF  2 大串昇平  166/53 3年
    3 西優人   166/60 3年
    4 寺本悠晟  159/50 3年
    5 當麻颯   180/67 3年
MF  6 平川拓斗  168/57 2年
    7 荻野元伸  175/63 3年
    8 伊勢航   169/59 3年
   10 中村仁郎  162/54 2年
   17 永川寛太  179/59 3年
FW 11 唐山翔自  171/58 3年



開始すぐ、奈良YMCAのセンターラインの堅さが分かる。C口君は長身でカバーが速く寄せも鋭い。ヅ廷儀は成長途中なのかな?鋭さは感じなかったが、やはり大柄でフィードのいいものを持つ。ν動君はいいキックやフィードがあり、運動量も豊富。大浦君は視野が広く展開力が素晴らしい。梅景君は多彩な技巧があり、タッチが柔らかい。特にいいと思ったのが何故か県トレに選ばれていないЭ硬跳で動き出しが素晴らしく、素早い判断で狭い局面でも捌き、ドリブルからシュートに持っていく力もある。加藤君は攻撃意識が高いしレフティーなのでダイレクトで左サイドから出せる。森君はそれほど大柄ではないが、身体を張って起点になる。とは言え、個人能力ではG大阪の優位は動かず。萩野君は確実に捌き飛び出せて中盤に変化をつける。U−15代表。唐山君は動き出しが素晴らしい。U−15代表。GKゝ叛邨は指示が的確でハイボールに強い。U−15代表。だが代表トリオよりも目立っていたのが、中村君で、左足で決定的なパスを出し、狭い局面を打開する。トップ脇としては完璧に近い。しかもまだ2年生で将来がかなり有望な選手だ。┛棒君もレフティー。カットインの突破力が素晴らしく、トップスピードでもタッチが乱れない。メ痛齋は激しい守備が持ち味で、奈良YMCA森君とのバチバチした当たり合いが楽しい。
8分、G大阪、左CKからニアにメ痛齋飛び込むがヘッドは外れる。8分、G大阪中村君、右シュートが決まり0−1。11分、右CK、中村君のキックは狙いすぎて上のネット。しかしキック精度は伝わる。13分、奈良YMCA、右からサイドチェンジ、栄攣碍、ドリブルシュートはブロック。G大阪も臼弊邨のスルーパスに唐山君飛び出し左シュートは正面。このスペース感覚は天性のものか、努力の成果か?24分、G大阪唐山君ポストで落とし臼弊邨へ、しかし完全に読んでいた奈良YMCAC口君カット。やはりいいセンターバックだ。24分、G大阪の右シュートが決まるがオフサイド。奈良YMCAも森君のポストプレーに梅景君ミドルは正面。33分、G大阪32m正面FK、萩野君(右足)、伊勢君(左足)で構え、伊勢君狙うも右に外れる。38分には奈良YMCA、正面30mFKは正面。結局前半は0−1。G大阪押し気味ながら奈良YMCAもよく対抗できていた。

前半シュート数3(3)対7(2)、CK数0対4、GK数6対1、オフサイド数0対1、クロス数1対2、ファウル数2対5、FK数1対2。奈良YMCAのシュートはことごとくブロックされていた。つまり崩しきれていない。思い切りがいいという言い方もできる。


ハーフタイム、奈良YMCA栄攣碍→な匯獲疑遊。左サイドバックに。加藤君が左ハーフに上がる。
後半開始。43分(後半3分)、G大阪中村君、右で仕掛け倒されPK。これを左足で右隅に。0−2。中村君も┛棒君もいいドリブルがあるので奈良YMCAの左は大変だ。そしてインサイドもパス回しがスムーズでサイドでの1対1を作りやすい。奈良YMCAはさらに┻搬君に代えて㉖畦地大志を入れ、いよいよ両サイドは走れるだけ走る方針なのを明確にする。G大阪中村君が小柄なのに走るストライドが大きくて、走り方の指導受けているのかと思った。この時間帯、奈良YMCAが攻勢に出てν動君の右クロスやセットプレーなどで形を作る。53分、森君のキープからν動君シュートはブロック、右CKへ。G大阪もスルーパスに抜けた┛棒君がループはバーを叩く。56分、G大阪カウンターから中村君が中にドリブル、┛棒君左足で決めて0−3。ここで難しい決断だと思った。つまり奈良YMCAとしてはここから追いつくのは相当厳しい。となると自慢のセンターラインを休ませ、明日の第7代表決定戦に備えることも考えられる。いっぽうでこのゲームを捨てることで士気の低下が翌日に悪影響をもたらしかねない。奈良YMCAはゲームを捨てない決断を下した。58分、G大阪唐山君右ドリブルシュートは上に外れる。60分、奈良YMCAν動君のキックは実らず。61分、奈良YMCA、コーナーの流れから右クロスを正面5mヅ廷儀がヘッド、しかしGK吉川君、超反応でスーパーセーブ。G大阪も中村君のスルーパスに唐山君左カットインシュートは上に外れる。決定機。この辺りから双方交代が続く。72分、奈良YMCA梅景君のスルーパスにЭ硬跳飛び出し切り返すもカット。74分、高めで奪ったG大阪萩野君がロングループ、GKの上を超えて決まる。0−4。78分、G大阪、ロングパスにオフサイドをかいくぐった唐山君が流し込み0−5。79分、G大阪菅澤烈君のクロスを唐山君ボレー。0−6。結局G大阪は大勝で全国を決めた。

後半シュート数5(2)対8(5)、CK数4対0、GK数3対3、オフサイドなし、クロス数0対1、ファウル数2対6、FK数2対1。

実力的には0−3くらいの差だったが、展開上大差がついた。奈良YMCAは消耗したと思うがポリシーだろう。選手の県外流出もあるだろうが、奈良の高校勢は全力でC口君、ヅ廷儀、大浦君、梅景君、Э硬跳、森君あたりを取りに行くべきだと思いました。ほかの選手を含めてタレントは十分いる。

公式記録




クラブユース選手権(U−15)関西大会代表決定戦
京都サンガF.C.U−15−大阪市ジュネッスフットボールクラブ
6月24日 12時 堺S9 ピッチ人工芝 曇


京都           ジュネッス
−−−−−日野−−−−− −−−森山−−田中−−−
−小川−−中野−−阪上− −−−−−谷村−−−−−
−−−遠山−−上野−−− 福瀧−奥田−−菅野−山口
川島−新谷−−山本−植田 −−亀崎−寺田−木邨−−
−−−−−小林−−−−− −−−−−田川−−−−−



京都 監督:手島和希
GK  1 小林大志郎 177/63
DF  2 山本大雅  166/57
    6 上野剛   165/60
    8 川島功奨  165/56
   19 植田陸斗  166/57
MF  4 新谷聖都  173/66
    7 中野桂太  166/60
   11 阪上天政  164/56
   20 遠山悠希  166/56
FW  9 日野歩   169/61
   10 小川麟   167/51

ジュネッス 監督:中西徹
GK  1 田川知樹  175/65
DF  2 山口功馬  168/58
    3 寺田勇心  165/55
    4 木邨優人  180/70
    5 亀崎奏汰  173/63
MF  6 奥田裕介  170/60
    7 菅野隆星  170/60
    8 谷村碧海  160/50
   11 福瀧臣吾  170/60
FW 10 森山一斗  165/55
   88 田中大智  168/58



京都は立ち上がりからゆっくり、そうゆっくり過ぎるくらいゆっくり後方で回しボランチに入れてようやくスイッチが入り、前線のドリブラーが仕掛ける。特にU−15代表レフティー中野君と右利きの小川君の突破は圧倒的で2人がかりでも危ない。ジュネッスは京都のバックラインを追わず、ボランチに入れさせない守備をしている。そして奪えばタテに速い攻め。割り切っている。特に森山君は速い。88田中君も高さがあり落としが正確だ。一つには京都のバックラインが高くないというのもある。3バックは幅広くカバーし、5バック状態にはならない。そして常にドリブラーを二人がかりで囲む。しかし京都の小川君は足元だけでなく裏にも飛び出すセンスがあり、なかなかマークしきれない。7分、京都小川君カットインドリブルシュート、左に外れる。決定機。10分、ジュネッス、森山君裏を取りGKを外す。0−1。16分、ジュネッス、ロングボール森山君に通るがGKカット。直後にもロングボールが森山君に、これも何とかカット。24分、京都日野君、左シュート、右に外れる。25分、ジュネッスЭ野君スルーパスに森山君突っ込むが届かず。菅野君はいいパスセンスしている。28分、京都左CK小川君左CK、誰かボレーも浮いてキャッチ。直後になぜか京都がペナ内間接FKを獲得する。これを動かし中野君シュートはGK‥沈邨スーパーセーブ。こぼれ右クロスを田川君ファンブルも何とか抑える。この時日野君が繰り返しのファウルで警告。39分、京都右シュートはバー。右CK中野君のキックはファーで合わず。前半終了。

前半シュート数10(5)対2(1)、CK数2対0、GK数2対3、オフサイド数1対0、クロス数2対0、ファウル数2対4。

43分(後半3分)、ジュネッス森山君左スペースを突きクロスは合わず。46分、ジュネッスΡ田君に警告。ラフプレー。正面30mFK、小川君(右足)中野君(左足)が構え、中野君が狙うが、中学生には難しい距離だ。焦っているのかなあ。47分、京都カウンター小川君から左╂酖膩に預けリターンを小川君左シュートはセーブ。決定機。その右CK中野君のキックは合わず。精度は高いのだが。50分、スルーパスに小川君飛び出すもオフサイド。直後にも╂酖膩の左クロスはGK高く触り右CKに。中野君のキックはGK‥沈邨高くナイスキャッチ。56分、京都ミドルは正面。57分、京都小川君の左クロスを阪上君落とすも誰もいない。阪上君のドリブラーだが、京都の攻撃が左に偏っている。59分、左CK、小川君のキック、こぼれを小川君左クロスにペナ内でジュネッスDFの手に当たるが手を身体につけており、ハンドでも、ましてやPKでもない。その後京都がデンジャラスプレー。直後ジュネッス、左裏88田中君左シュートは上に外れる。決定機。京都もバックラインから裏に出始め小川君飛び込むも触れず。給水になっても京都は一向にペースが上がらずかなりまずい展開だと思っていたら63分、左CKに小川君のキックにニアで上野君ヘッド、決まって1−1。更に小川君ミドル、左上に外れる。69分、京都小川君が左で仕掛け、倒されPK。このPKを小川君が自ら蹴るが、右に緩く蹴ったボールは読まれ、セーブ。逸機。超決定機。76分、京都官鷸碍ドリブルからシュートは右ポスト。超決定機。遠山君はスイッチを入れられる選手。というか、京都はバックラインのパス回しを早くしたほうがいい。ボランチ遠山君に入ってからスイッチを入れるというサッカーでは遅すぎる。80分、ジュネッス森山君シュートは上に外れる。決定機。81分、京都右クロス日野君触れず。決定機。結局80分間では決着つかず、」全国への出場権はPK戦に委ねられた。

ジュネッス:88田中君成功。京都控え選手の陰で見えず。
京都:中野君成功。見えず。

ここで主審がPK戦サイドの京都控え選手を移動させて見やすくなる。

ジュネッス:Э野君、失敗。セーブ。
京都:小川君、成功、左上。
ジュネッス:寺田君、成功。逆を突いて左。
京都:日野君。成功。右隅。
ジュネッス:ぬ晧祁。成功。逆を突いて右。
京都:上野君、成功。左。GK動かず。
ジュネッス:森山君、成功。右隅。
京都:た恵君成功。右隅。

京都は小川君が凄かった。試合中にPKを右に緩く蹴って失敗して、PK戦で難しい左上に普通蹴れるか?何というメンタルの強さだ。中野君もそうだがドリブルにこだわりすぎ小さなサッカーになっていたが、パスの味を覚えさせるのは後でもいいと言う考えか。左右のドリブラーは駒井・伊藤の時代を思い出させる。

公式記録


 < 過去  INDEX  


T.K. [MAIL]