サッカー観戦日記

2019年06月22日(土) 関西学生選手権準々決勝 びわこ大−大院大

関西学生選手権準々決勝
びわこ成蹊スポーツ大学−大阪学院大学
6月22日 11時 万博陸 ピッチ良 晴



びわこ大         大院大
−−−井上−−青山−−− −−−升岡−見野−−−
−−−−−−−−−−−− −−−−−−−−−−−−
泉〆粥耕據盜那−千川原 和田幸川O妥跳宗歃山
中濱−藤松◆歐広◆歉緡咫|翦生駒−−松岡−杉山
−−−−−田中−−−−− −−−−−中村 檗檗檗



びわこ大 監督:望月聡
GK  1 田中勘太  187/83 98/01/03 4年 ベガルタ仙台ユース
DF  4 上林聖矢  171/63 98/02/11 4年 草津東
    3 森昂大   183/70 99/04/27 2年 創造学園
    2 藤松航矢  178/70 99/09/10 2年 サガン鳥栖U−18
   13 中濱颯斗  170/68 97/05/28 4年 神戸弘陵学園
MF 14 千川原慎  164/62 97/12/30 4年 立正大淞南
   26 佐々木啓太 1年 ファジアーノ岡山U−18
    7 忽那喬司  173/64 97/08/20 4年 愛媛FC U−18
   22 泉柊揶   173/63 00/12/02 1年 ヴィッセル神戸U−18
FW 10 青山景昌  167/63 96/10/14 4年 名古屋グランパスU−18
   18 井上直輝  169/70 97/08/05 4年・主将 立正大淞南

GK 21 糸原紘史郎 185/85 98/02/25 4年 サンフレッチェ広島ユース
DF 24 右田楓   176/68 00/05/18 1年 ヴィッセル神戸U−18
   23 武内魂   1年 静岡学園
MF 11 上月翔聖  171/66 00/02/01 2年 神戸弘陵学園
   12 辻村拓夢  176/65 97/08/19 4年 作陽
    6 西田一翔  166/62 98/04/28 3年 ガンバ大阪ユース
    8 佐藤諒   169/63 97/09/24 4年 藤枝明誠
FW 30 作島佑亮  4年 京都学園
   19 小畑翔太郎 175/71 97/10/19 4年 広島工業大学高

大院大 監督:藤原義三
GK 91 中村龍音  1年 神戸弘陵学園
DF158 中尾真   166/68 3年 大阪学院大学高
    5 生駒稀生  182/68 4年・主将 鹿児島城西
    4 松岡秀平  175/68 4年 ガンバ大阪ユース
   11 杉山蒼太  172/62 4年 大阪産業大学高
MF  7 和田幸之佑 175/65 4年 久御山
    8 川健太郎 172/65 3年 名古屋グランパスU−18
   98 和田圭佑  165/60 2年 大阪学院高
  107 秋山駿   175/73 2年 ヴィッセル神戸ユース
FW 15 見野龍太郎 173/63 3年 東海大付属仰星
   56 升岡栄喜  166/63 3年 ヴィッセル神戸U−18

GK101 梅田陸空  1年 大阪学院大学高
DF 13 和田広矢  3年 和歌山北
    3 谷口穂高  181/73 4年 東海大付属仰星
MF  6 松井亮太  175/58 4年 野洲
   35 山田力也  1年 大阪学院大学高
   95 乾昴汰   167/60 2年 大阪学院大学高
   20 尾野匡佑  165/52 3年 聖和学園
FW 28 大辻優希  4年 福知山成美
   26 腰山竜平  172/61 3年 京都山城

注:大院大は2部リーグのため資料が足りない部分がある。



大院大は╂銷が左足ミドルパスで組み立てる。和田幸のドリブルは流石。ダ原陲亮虍力と高さ、ぞ床のラインコントロール、見野のいくらはね返されても身体を当てに行く闘志等、全体的に気迫にあふれている。一方びわこ大は㉖佐々木が球離れの速さと視野の広さでインサイドの中心に。岡山ユースではセンターバックだった選手だが、キック精度もいい。㉒泉は左足クロスとタテ突破はいいが左足しか使えない感がある。ぞ緡咾惑藁呂里△襯▲奪廛瀬Ε鵑いい。青山は素早く動かすタッチがいい。藤松は読みが良く完成度が高い選手。

さて開始早々にびわこ大が攻め込む。ぞ緡咾留Εロスがバーを叩き㉖佐々木のシュートは正面。そのカウンター56升岡右シュートは上に外れる。15分、びわこ大㉖佐々木から裏に走ったいい動き出しの屋羮紊世GKクリア。直後にも青山が高速で運んでシュートは右に外れる。青山はレフティーの高速ドリブラーだがトップスピードでタッチが乱れがちなのでプロは微妙かな?J2上位はない。セットプレーでも青山の左足など武器が多いが、大院大もしっかり集中して守る。34分には右45度25mFKに青山が入れ攻めなおすが跳ね返される。大院大も158中尾が一気に上がり右隅を襲うがセーブ。背番号が極端に大きいのは大院大の特徴である。和田幸のドリブルが鋭いから中尾が上がれる。中に切れ込めるのでサイドバックを活かせる。とは言え生駒も和田も大学で伸び悩んだ感もあるが。前半は0−0で終了。

後半びわこ大は屋羮紂複隠僑坑磽蹇砲ポストに入り青山を活かし始める。びわこ大は基本長身FWの少ないチームだが、小柄な2トップで何とかする動き出しの良さが素晴らしい。とは言え大院大のセンターバックコンビの連携も見事なので力比べは大院大に軍配が上がる。後半もスコアレスで10分ハーフの延長へ。

そして延長前半、びわこ大Ч那の左コーナーキックに┷監がヘッド。1−0とし、逃げ切る。

育成が得意なびわこ大としては森と藤松のセンターバックコンビ、そして攻守の中心㉖佐々木の成長に期待だ。藤松は上背がないからセンターバックでのプロはないと思うが、使い勝手の良さは感じる。佐々木もボランチにしたのは将来を考えてのことだろう。中濱も面白い左サイドバック。青山はミスでなければ一浪しているのかな?プロに行くならサイドでしょう。


 < 過去  INDEX  


T.K. [MAIL]