酔いどれたけしの戯言日記
フフ・・戯れ言じゃ

2004年03月12日(金) 60年代後期から70年代初期におけるロックの草創を考察

私的音楽独り、戯言・・
第17回
AL KOOPER
超久しぶりの日記・・・・
THE WHOの新曲の入ったSINGLE BOXがでますねー。
買うかかわまいかかなり悩み中・・7000円ていうのがね・・・
来年ぐらいにNEW ALBUMでそうやしねー・・・まっこの話はさておき
最近の熱い人は、この方アル・クーパーです!!
あのNEWROCKの夜明けにふさわしいぃブームを呼んだ
BRASSROCK!!前回はシカゴ&タワーオブパワーを語りましたが、
あれから、かなり聞き込みましたね<笑>
鉄壁の四本トランペット率いるCHASE・カナダ発ヴァイオリン・チェロ等のストリングス部門も強化し万博にも来日したLIGHTHOUSE・
ブルームフィールド率いるブルースにブラスを導入し斬新な曲を提示した
ERECTRIC FLAG・ファンクキングのThe J.B.s・・・
ハマッテマスネ^^さて、アルの手持ち音源をいいますと・・・
BLOOD.SWEAT&TEARS[Child Is Father To The Man]
BLOOMFIELD.KOOPER.STILLS[Super Session]
AL KOOPER[I Stand Alone]
AL KOOPER[You Never Know Who Your Friends Are]
AL KOOPER[Easy Does It]
AL KOOPER[Naked Song]
と、以上です・・4th5thは近日購入予定!!!
BS&Tはなんといっても1Stですね!序曲からアルの世界が光ってます。
Steveもこのアルバムで唄ってる2曲は共に好きです!
スーパーセッションは両ギタリストの名演が光ります。でも闇に、
Harvey Brooks<Electric Flag>の作った曲
も好きですねーー<笑>ソロに入るとより一層のめりこみましたね!!
1・2・3・6と順々にきくほどに・・・「ジョリィ」で昇天!!!!!
2nd3rdもかなりの名盤ですよ!評価が低いのが納得いきませんね!
2ndはシカゴの後追う形となった第二期BS&Tを批難し、
シカゴを唯一無為のブラスロックバンドと賞賛してるかの一曲目・・圧巻っす
のりにのったままの状態で3rd・・・かなりクォリティが高い!!!
「カントリーロード」など逸品揃いですよ!是非聞いてみては・・如何?


 < 過去  INDEX  未来 >


たけし [独り言(BBS)] [酔いどれの体重グラフ(毎日更新)]


My追加