初日 最新 目次 MAIL HOME


セキララな思考。
安井 文
MAIL
HOME

2010年09月29日(水)
狂った朝日

『悪人』という作品を堪能した。

きっかけは9月頭に公開された映画版を見たことだった。

とにかくショッキングで深く心に残ってしまったので、その後、原作→メイキングDVD→シナリオ版→映画と違う媒体で、同じ物語をなぞってみた。

映画の鑑賞2回目で私の中では何かが腑に落ちたので、いったん作品に対する興味は落ち着いた。
何回か「悪人」について今考えてることを書いてみようと考えていて、まずは、映画と原作両方を堪能しての今の感想を書いてみる。

当然のことながら、物語の終わりについて言及した表現も出てくる可能性があるので、そのあたりは作品を体験するまで知りたくないという方は素通り願います。



原作はとある方とメールでやり取りしたときにお互いに好きな俳優の話題の中で、教えていただいた作品だった。
興味をそそられる題名だったので、頭の片隅に常にあった。

それが妻夫木聡で映画化されるという話題をインターネットのどこかで読んだので、だったらその映画を見てから原作を読んでも遅くないなと思い、そのまま忘れかけていた。

9月頭に公開になった映画『悪人』を見てから、原作「悪人」(吉田修一著)を読んだ。
その後、なんだか収まらないものがあって、メイキングDVD『妻夫木聡が悪人だった2ヶ月』を見た。
さらに、シナリオ版「悪人」(吉田修一、李相日)を読んで・・・、もう一度映画を見に行った。

あらすじは、ネット検索すればいろいろ出てくるので書かないこととする。

『悪人』という物語を誰かに紹介するとき、どんな感じでするのがいいのだろうというのが目下の私の興味のあるところだ。
もちろん、自分にとっては印象的で折に触れて何度も見たい作品となったので、たくさんの人が見るといいなと思っている。

映画と原作のどちらがいいかという話題をそこかしこで目にするんだけど、もしもまだ原作を読んでいないのなら先に映画を見ることを勧める。
映画版は原作の中で繰り広げられる物語をエピソードや設定に頼らずに充分に再現できていると感じる。
そこで感じたものを原作を読んでより深めるとこの作品を最低2度は楽しめる。

映画を作るにあたって、原作の細かい設定やエピソードが省略されるのは当たり前だし、原作そのままを映像にしたからといって面白くなるわけでもない。
小説ではうまい表現でも映像化すると陳腐になってしまうものがある。
その部分をどうやって映像化するかが肝なのだから"原作どおりじゃない!"と憤るほうがそもそもおかしいと私は思う。

この作品は、鑑賞者の普段の生活によって感想や見方がかなり変わるだろうなと感じた。
もちろんどんな作品だってそういう相違はあるだろうけど、この作品は、まず設定や状況を受け入れられるかどうかで楽しめるかどうか決まると思うのだ。
また、どの登場人物に感情移入したかによっても、物語を体験した後の感情も多種多様になるだろうな。
そういうものを私はいろいろ聴いてみたいなあ。

私は大まかな内容のみを知って劇場に足を運んだ。
設定が設定なので多少身構えていたと思うけど、余計な刷り込みがなかったので感覚的にこの作品世界を楽しめたと思う。

その感覚の中で、主人公である清水祐一(映画では妻夫木聡が演じている)は"もしかしたら、こう考えていたのかもしれない"と思う部分が2ヶ所あって、映画ではそこに言及するシーンやせりふが一切ない。
原作では、その2ヶ所についてはページを割いてあって、そこがなかったら清水祐一という人間の複雑な内面について思いが及ばない可能性がある。
そのくらい重要な2ヶ所で、原作を読んでから映画を見たという人たちの不満部分の筆頭に上がっている。

さらに、そのうちの1ヶ所はやっぱり映画の中にあったほうがよかったんじゃないかなと私も最近まで思っていた。

実はその部分に関しては、シナリオ版に原作とは違うエピソードとして書き加えられていたのだけど、映画版ではエピソードごとカットされているのだ。
そのくらい非常に重要なせりふで、小説では非常に生きているんだけど、おそらくそのせりふを映画の中で清水祐一がつぶやいてしまうと、それまでの物語がすべて陳腐なものに見えてしまう可能性があるなと思う。

正直に言うと、妻夫木聡の最新作なので見に行ったというのが一番の理由なんだけど、堪能し終わった今は、あまりそのことにはこだわりがないことに気が付いた。
彼は主人公で、彼がやってしまった殺人事件が発端ですべての事柄がおきるのだけど、全体を通してみると彼は物語の中に埋没していて、飛び切り目立つという感じではない。

殺された人がいてその人の家族がいる。
殺した人がいてその人の家族がいる。
そういったいろんな人のいろんな気持ちが映画の中では描かれている。

1回目に見たときは、清水祐一が不憫でならなかったのに、2回目に見たときには馬込光代(深津絵里)の中に自分を見たようで若干不快感を感じた。

この作品は、社会派のようであり、極端な状況下での純愛物語のようでもある。
作者も監督もそこのところははっきりと言及してないようなので、見た人、読んだ人が好きなように感じればいいってことなんだろう。
だから、自分の心の状態や興味の範囲によって、この作品にあるときは嫌悪感を感じ、あるときは共鳴したりするんじゃないかな。
少なくとも、私はそうなるような気がしている。

そう考えると、なんだかすごい作品だよなあ。

ぜひ、映画館に足を運んで見てほしい。

以後、気が向いたときに小説について、映画についてなど『悪人』について考えたことを書いていこうと思っています。




「狂った朝日」
WORDS & MUSIC BY 浅井健一、PLAY BY BLANKEY JET CITY



2010年09月26日(日)
デッドヒート

いろいろ書きたいことが溢れていて、いろいろ考えているにもかかわらず、やっぱり楽しかったことを優先してしまうんだよなあ。
おととい9月24日(金)広島のクラブクワトロでEGO-WRAPPIN'のライブがあったので、あわててチケットを入手して行ってきたわけなのさ。
だから今回はその話。

広島クラブクワトロでライブを聴くのは、ずいぶん久しぶりじゃないかと思う。
確認してないけど1年以上後無沙汰だったかもしれない。
久しぶりにフロアーに足を踏み込むと、なんだかすごくうれしくって浮き足立っていた。
もちろん、その間にもいろんなライブに行ってはいるけれど、この会場ほど踊りまくって楽しんでる場所は他にはないからね。
オールスタンディングのこの会場では、いつも大音量の中、回りを気にせず踊って叫びまくって、自分の中にあるいろんなものが開放されているのかもしれないな。

そんなわくわく気分でメンバーが登場するのを待つ。
15日に新しいアルバム『ないものねだりのデッドヒート』が発売されたばかりの彼らのツアータイトルはずばり『デッドヒートツアー』
彼らの音楽はいつもおしゃれでかっこいい。
ちょっとジャズのようでもあり、ロックでもあるし、パンクな精神もあるような気がする。
めちゃめちゃアナログで、生々しい。

私のお気に入りの音楽の中で唯一、歌詞の世界に囚われず純粋にサウンド全体をカラダで感じて楽しめるものなんだな。
歌詞は時にドラマチックで時にシュール。
いつも歌詞カードなしでほとんどの詞を覚えてしまうんだけど、EGO WRAPPIN'だけは何度聞いても詞が覚えられない。
イメージが言葉の形で頭に飛び込んでくるような感じで、それがのるリズムやギターやその他の楽器の鳴らす音の感じから、全体を想像させられているんだと思う。
もちろん物語のある作品もあって、よっちゃん(ヴォーカルの中納良恵さん)の歌がその情景を呼び起こす。
まあ、とにかくここ最近はそんなEGO WRAPPIN'の音楽が、私の単調な生活に色を与えてくれている。

彼らのライブに来るのは3回目。
一番最初は「色彩のブルース」をスペースシャワーTVで聴いて、インディーズで発売されたばかりだったミニアルバム『色彩のブルース』を手に入れてすぐだった。
広島の大学生の何かの会で呼ばれたらしかった。
当時はまだほとんど無名で、お客の中には運営担当の学生に頼まれてライブに来ていた人もちらほらいた。
かなり小さな会場で、ライブの後よっちゃんと握手したことをよく覚えている。
目の前に立った彼女は小さい人で、ステージでの存在感を考えるとそれにびっくりしたんだけど、握った手はとても強くてエネルギッシュだった。
とっても熱い人なんだろうなあとおもったんだよね。

2回目は3年位前で、これは今日と同じ場所。
2つか3つバンドが出たイベントで、博多のトラベラーズも出演していた。
この時は新幹線で行っていたので、最終に乗るためにアンコール途中で帰ったことしか残ってないな。

その間も彼らは広島を訪れているけど、チケットが取れなかったり、日時が合わなかったりでほんとに久しぶりのライブだったんだ。

SEの雰囲気が変わったなと思ってそれを隣の友人に話していたら、カウントなしで甲高いスネアドラムの音が響いた。
会場のほとんどの人が驚いていて、私もびっくりしたんだけど、それを合図にステージへはメンバーが次々出てきた。
一番最後にヴォーカルのよっちゃんが扇子で顔を隠して登場。
そのとたんに会場は割れるような拍手で包まれた。
グレーのかっちりしたパンツスーツで、白いブラウスのボタンを一番上まできっちりはめて、細い棒タイが見える。
背中にはもふもふした黒い羽を背負ってた。
ちょっとハードな感じに前髪は纏めてあって、一つに束ねた後ろの髪はしっかり後ろにピンと伸ばしてある。
『ないものねだりのデッドヒート』の初回限定版に同封されているDVD『東京キネマ倶楽部〜10年目の奇跡〜』でも同じ頭だった。
きっとお気に入りなんだね。
いつもはスーツで、でもなんとなくだらッとした感じだけど・・・決めている森君も蛍光グリーンのキャップをかぶって、極彩色のジャンパーを羽織って変な感じだったけど、最後は不思議に気にならなくなった。
1曲目は「デッドヒート」
新しいアルバムの1曲目。途中、よっちゃんの歌とドラムスが競うようにサウンドをたたき出す。
私はそれを生で聴けてとてもうれしかった。
ライブ前からCDを聴きながら、ものすごく楽しみにしていたのだ。

今回のアルバムは、全体的にやさしく明るい感じのイメージで、聴いているとほんとに楽しくなってくる。
EGO WRAPPIN'のサウンドはどこかちょっと物寂しくって、アンダーグラウンドな雰囲気が漂っている。
今回ももちろんそのイメージはあるけれど、でも、なんかちょっと前向きな気分になれる・・・そんな感じ。

ライブもそんな感じだった。
もしかしたら、それは私自身の気持ちのせいだったのかもしれないけどね。
次々に新しいアルバムの曲が繰り出される。
その中に時々一つ前のアルバムの曲が挟まったり、古い曲が挟まったりしていた。
とにかく時間を忘れて、楽しく踊ったのは本当の久しぶりだったなあ。

ステージの上には、7人。
EGO WRAPPIN'はよっちゃんと森くんの二人なんだけど、それ以外にいつもサポートしているメンバーで構成されるTHE GOSSIP OF JAXXの5人。
ドラムス、ベース、ピアノ&キーボード、サックス、トランペット
この7人が実に多彩で濃厚なサウンドを繰り出す。
特に私はリズム隊の繰り出すタイム感が大好きだもんで・・・ライブ中ほんっとご機嫌だったわけです。
「スカル」って曲では、よっちゃんとホーンセクションの2人が蛍光塗料で骸骨を描いた衣装を身に纏って、おそろいのダンスを披露してくれた。
歌詞もかなりシュールなので、この演出はものすごく会場で受けたなあ。
途中、その衣装は脱いでしまったけどね。
衣装の上に着てるもんだから、ものすごく熱かったと思うなあ。

アップテンポとスローテンポをうまく混ぜ合わせて、最後までデッドヒートなライブだったなあ。
とにかくずっと踊っていたかったけど、やっぱり終わりはきてしまう。

ほとんど新しいアルバムの曲順どおりにライブが終わって、アンコール。
登場してきた彼らは、鼓笛隊風味にスネアドラムのリズムに合わせて行進して再登場。
アルバム最後の曲「moment to moment」をそのまま演奏。
キーボードはちょっと大き目のピアニカで、そのちょっとチープな音色がどことなく郷愁を誘って懐かしい気分になった。
そして次は大サービス「色彩のブルース」
おお〜これを聴けるなんて!!
よっちゃんが曲名を告げたとたん、目の前でずっとゴーゴーノリで踊っていた年齢不詳のお姉さまたちが喜びの声を上げた。
やっぱり・・・そうだよね〜。
一転しっとりした大人のムードに会場は包まれ、その色に酔いしれているともう1曲。
出だしがアレンジしてあって最初分からなかったが・・・「サイコアナルシス」だ!
こりゃすごい〜この曲まで聴けるとは思わなかった!!
ミニアルバム『色彩のブルース』に入っている超アップテンポの曲。
会場はもう大騒ぎで、みんな飛び跳ねっぱなし。
怒涛のようにみんなで踊って歌って・・・・そしてライブは終わった。

名残惜しくていつまでも手を叩き続けていたけれど、彼らはもう出てこなかった。
でも、それでいいのさ〜。
また次、楽しく躍らせてね!

>>うろおぼえのセットリスト<<
1. デッドヒート
2. Bell 5 Motel
3.天国と白いピエロ
4.morning star
5.方舟
6.だるい
7. スカル
8.キリがない
9. Heart Beat
10.love scene
11.黒いセーター
12.Go Action
13.パラノイア
14. BRAND NEW DAY
--アンコール--
15. moment to moment
16. 色彩のブルース
17.サイコアナルシス



2010.9.24(FRI)EGO WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX『デッドヒートツアー』(at 広島クラブクワトロ)
「BRAND NEW DAY」
WORDS BY 中納良恵、MUSIC BY 中納良恵&森正樹、PLAY BY EGO WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX



2010年09月15日(水)
Feelin' the Same Way

8月はあまりの暑さにぼーっとすごしているうちに9月になってしまった。
頭が湯だって思考停止・・・だったのかもねえ。

7月あまりに猛スピードで本を読んだためか、8月に入ってがくっと読むスピードが落ちてしまった。
読んでないと言っても過言ではない。

でも、本当の理由は、8月に入って急に目の調子が悪くなっちゃったことだと思う。



飛蚊症という目の前に埃のようなものが飛んでいるように見える現象が出てきた。
それは前から時々起こっていて、瞬間的に消えていたので気にしなかった。
でも、8月に入ってからはずっと見えるようになっていたので、症状によっては網膜剥離になる可能性もあると知ったので、怖くなって眼科に行ってきた。

診断結果はこんな感じ。
目のかゆみはアレルギー性の結膜炎。
飛蚊症は水晶体がやせてきたせい・・・つまり老化現象なのでどうしようもない。
その状態に慣れてくださいとのこと。

そして、眼科の最新型の機械で測定してもらって、視力はあまり落ちていないのだけど、乱視が出ていることがわかった。
乱視というのは、つまり、目の筋肉が微調整できなくなるせいでピントが合わなくなる状態なんだそうで・・・つまり老眼が始まったんだな。

1時間以上本を読むようなら、100円ショップででも一番軽い老眼鏡をかけたらいいですよと、医者に言われてしまった。

私の仕事は小難しい書類を読んだり、字を書いたりすることが多いので、字がはっきり見えないのは正直とても不便なんだな。
それに、実はちょっと眼鏡には憧れていて・・・その足で眼鏡屋に直行した。

とりあえず、話だけ聞くつもりで行ったのだけど、"100円の老眼鏡はその人の目にあわないので、老眼が進みますよ"、"最近はパソコン用に弱い老視眼鏡を作る若い人が多いんですよ"・・・などなど、眼鏡屋のお兄ちゃんのセールストークにすっかり乗せられて、そのまま眼鏡購入。
1週間後に手元に届いた。

最初は視界の狭さに辟易していたのだけど、眼鏡をかけて文字を見ると確かに目が楽なんだよね。
朝と夜はもう眼鏡なしじゃ文庫本は読めなくて掛けてるんだけど、今までみたいに自由気ままに寝転んで本を読めなくなっちゃった。変な姿勢だと眼鏡が外れてしまうので・・・それで本を読む時間が減ったかも。

不思議なことに眼鏡を掛け出してから、逆に眼鏡なしで文字が見えるようにもなってる。
昼間は眼鏡なしで書類を読んでいるので、眼鏡を掛けたほうが老眼が進まないと言うのもあながち本当かもしれないな。

飛蚊症は、今はほとんど気にならなくなった。
集中していると見えない。
もともと自分の目の穴の中にある血管なんかの影が映っているそうなので、気持ちの悪いものでもないしねえ。
でも最初はいらいらして、絶望的な気分にもなったりした。

老眼鏡を買ったというと、みんなびっくりするし、なんかすごく後ろ向きの反応が多い気がする。
あと、笑われたりね。
それでなんだかちょっと腹が立つことがある。

年齢が進むと、肉体は絶対に老化するものだから誰だって若干の不具合が出てくるはずなんだ。
大切なのは、それとどうやって折り合いをつけるかでしょう。
そこをもっと考えてほしいよね。

目を使うことを無意識に避けてしまうのか、最近は再び音楽に気持ちが向いています。

自室のTVの地デジ化に伴い、システムコンポを処分して、PCで音楽を聴こうかようかとも考えたのだけど、やめにした。
とある映画を見に行ったことがきっかけで、かつて音楽に燃えていた自分を思い出したんだな。
その映画についてはまた別の日に。

極端ですが、MP3で音楽を聴くのもやめました。
壊れていたシステムコンポの別売りMDレコーダーをオークションで手に入れて、再びMDに録音して聴くようになってます。

そうそう、MDレコーダーを復活した日、友人にもらったMDを物色中にノラ・ジョーンズという人の音楽を発掘した。
いまさらながらそのすばらしさに酔いしれている今日この頃。
TUTAYAに行ってCDを借りて、MDに落としたり・・・なんかなつかしくて楽しい活動をしている。

取り急ぎ、近況報告。
そんなこんなで、何とか楽しくなるように過ごしてるってことで。

ここ数日、めっきり朝晩の気温が下がってきたので、皆さん、体調管理には注意しましょうね。




「Feelin' the Same Way 」
WORDS & MUSIC BY Lee Alexander、PLAY BY Norah Jones