初日 最新 目次 MAIL HOME


セキララな思考。
安井 文
MAIL
HOME

2010年07月26日(月)
僕の踵はなかなか減らない

すっかり夏になった。
いい季節ではあるけれど、なんだか暑くて調子が出ない毎日である。
GW明けにのどを悪くしてからこっち体中の老化が一気に進んだんじゃないかと思うくらい・・・不調だ〜!

そんな私の今一番の楽しみは小説を読むことなんだけど、図書館をうまく利用できないので7月は書籍代がしこたま嵩んでいる。
こんなこといいわきゃないんだけど、とまらないのだ〜!

活字全般ではなく、小説というところがポイントで、まるで長編漫画を読んでいるような感覚で文章をさらさら読めてしまうという経験は、中学生以来である。
寝る間も惜しんで読み続けていて、まるで、読書し始めの中学生のようなテイラクである。

あまりに夢中になりすぎて、若干世の中から取り残されているような気分の今日この頃だったりもする。

何がそんなに私を夢中にさせているかというと、すでに大ベストセラー作家である海堂尊さんの小説なんだなあ。




きっかけは、春クールで放送されていたテレビドラマ「ジェネラルルージュの凱旋」だった。

これは「チーム・バチスタの栄光」というすでに放送されていたドラマの続編に当たる作品で、こちらのほうはまるで興味もわかなかったので見なかったし、その続編も当然、見る気はなかった。
「ジェネラルルージュの凱旋」には、あんまりドラマには出演していなかった西島秀俊さんがかっこいい医者で出演している。
こういう当たり前ないい男は私の好物なので、"西島秀俊の白衣"をとりあえず見てみようというほんの軽い気持ちで第1話を見てしまった。
白衣を着ててきぱきと指示を出す姿がそりゃかっこいいのよ!

・・・それがそもそもの始まりなのである。

私は極端に血が苦手で、心臓の規則正しい鼓動を聞くと気分が悪くなるという変な癖がある。
そんなわけで、手術シーンなどがたくさん出てくる医療物のドラマは昔から敬遠してきた。
だから、今回も見るつもりはなかった。

ただし、ひとつだけ医療もので結構楽しんでみていた作品があった。
それはアメリカのドラマ「ER」である。
緊急救命室を舞台に繰り広げられる人間ドラマで、そのテンポのよさについつい引き込まれたものだった。

「ジェネラルルージュの凱旋」は、とある大学病院の救急救命センターが舞台で「ER」のようにばだばだと人が行きかってくるくると状況が変わる。
西島秀俊さん演じる速水医師のわがまま振りがとにかく強烈で、周りの医者はみんな振り回されている。
しかも、運ばれてくる患者の状態がこれまた複雑で、毎回原因を突き止めるのにえらい時間がかかっていた。

ドラマを中盤まで見て、最後が知りたくなってしまったのですでにDVD化されていた同名作品を借りてみてしまったのだが、展開が微妙に違っていて、まるで参考にならなかった。
映画版の速水医師は堺雅人さんが演じていて、これまたまったく違ったイメージで楽しませてくれた。
結局、ドラマ版は何だがよくわからない終わり方をしたので消化不良を起こしてしまい・・・とうとう原作に手を出してしまった。

そしてそれがすべての始まりなのだ〜。

ちょっと調べてみたら、海堂尊さんはかなりの人気作家で、作品はシリーズ化されているようだった。
そんなわけで、いきなり「ジェネラル・・・」を読んでわかるのだろうかと若干不安があったのだけど、ええいままよ〜!ととりあえず、読み始めた。
ひとたびページをめくるとあっという間に引き込まれていった。

海堂さんの文章はとても読みやすい。
難しい専門的な説明や複雑な手術シーンもさくさくさくっと表現してあり、適度に読み飛ばしをしても問題ない。
すでにテレビドラマで情景を見ているので、建物の中や状況も想像しやすいし、なにより、人物設定がとてもうまいのでそちらに引き込まれてしまった。

原作の速水医師は、西島秀俊さんのほうに軍配が上がった。
堺雅人さんももちろんよかったけれど、"原作の"という意味で言えば、西島さんの持つ雰囲気のほうが近いと私は思った。
シリーズのメインキャラクターである田口医師と厚生労働省の役人である白鳥氏については、映画版もドラマ版もしっくりこなくて、いまだにイメージがころころ変わってしまう。

なにより、ドラマにも映画にもなかったかっこよさが原作にはある。
中盤で、速水医師が吼えまくる会議のくだりがあるのだけど、原作の緊迫感はすごいものがあった。
それを読んでドラマ版を見ると、中途半端にカットしてあるのがわかって、逆に腹が立ってしまったんだな。
そのシーンでの西島秀俊さんの演技は原作の速水医師を髣髴とさせるものがあっただけに、とても残念に感じた。

もちろん、原作と比べてドラマ、映画がつまらなかったとは言わない。
ドラマはドラマの盛り上がりを考えてあったし、映画でもそれは同じなので、それぞれは違う作品だと思っている。
その中で私は原作の世界観が一番好きだなというだけのことなんだ。

あっという間に「ジェネラル・・・」を読んでしまって、次は同時進行で事件が起こる「ナイチンゲールの沈黙」、速水医師の過去を描いた「ジェネラルルージュの伝説」それから、「ジェネラル・・・凱旋」でチラッと出てきた人物のその後が気になったので「螺鈿迷宮」を読み、落ち着いたところで(!)「チーム・バチスタの栄光」に戻り・・・あっという間にこれだけを読み終えた。その間2週間である。

読み始めると、それぞれの作品はひとつの大きな流れの中にあることがわかってきた。
ある作品で主役を務めた登場人物が別の作品では、通りすがりで出てきたり、ある作品で過去の出来事として語られる物語が、別の作品の物語だったり・・・とにかく枝葉がどんどん広がって、やめられないのだ!

「チーム・バチスタの栄光」を読んでいったん20年前の話「ブラックペアン1988」に飛んで、そのちょっと後の「ブレイズメス1990」に進んで、「ジェネラル・・・」より若干未来の「極北クレイマー」を今読んでいる最中である。

すでに文庫化されている作品でまだ読んでいない作品は「イノセント・ゲリラの祝祭」「ジーン・ワルツ」だけとなってしまい、自分なりの物語の追い方で読んでいった結果、なんと、文庫本派のこの私が単行本にまで手を出しているという異常事態となっている。

そして、あまりに足早に読み進めたため人物の把握が追いつかなくなってきたので、いったんすでによん差作品を読み直すことにしようかなあと思案中。
せっかくなので、図書館で改定前の単行本で読もうかな後も思ったりしている。

・・・う〜ん、海堂尊ファンでなければわからないような話の展開になっちゃったなあ。

とまあ、とにかく海堂尊作品にはまってます。

楽しいからいいっちゃいいんだけどねえ。



「僕の踵はなかなか減らない」
WORDS & MUSIC PLAY BY 斎藤和義



2010年07月04日(日)
母の手

鈴木雄大LIVE『母の手』3日目にして最終日。
大阪は南船場のペーニャに場所は移る。
泣いても笑っても、今夜が最後なので、悔いのないように楽しむのだ。

ペーニャは、いつだったか忘れたけどやっぱり雄大さんのライブで訪れたことがある。
それはライブハウス入り口付近に到着してすぐに感じて、お店の中に入ったら核心に変わった。
ドアをくぐると、所狭しと張られている年季の入ったポスターが私たちを迎えてくれる。
その中に入ったとたんに、そのときのことがよみがえり"ああ、前にも来たなあ"とうれしくなった。



見覚えのあるキーボードはこの前のライブのときにも設置されていた様な気がする・・・多分。
yudai0704-02

今夜はピアノじゃなくキーボードなんだなあ。
雄大さんの座るいすの斜め左後ろにギターが待っている。
昨日まではギターに持ち帰るときは、グランドピアノの後ろにセットされた座席までちょこっと移動をしていたのだった。・・・そういう重要なことを書き忘れてるんだなあ^^;
そんなわけで、今夜は場所移動しなくてもギターを抱えることができるようだ。

yudai0704-03
ペーニャは夕べの神戸よりもさらにアットホームな感じ。
集まっているお客さんの半分くらいは、おそらくお店の常連さんだったんじゃないかなあ・・・なんとなく、そう感じるような暖かさを感じた。
雄大さんのいでたちも、今夜はかなりくだけてる。
ジャケットはなしで、黄色いだぶっとしたTシャツにアディダスのスニーカー。
帽子だけはいつもと一緒だったな。
控え室がないのか、ステージの端っこの席が雄大さんの控え席になっていて、こっちからもあっちからも様子は丸見え。
そういう感じがますますアットホーム度を増していた。

照れくさそうないつもの笑みを浮かべて雄大さんはキーボードの前に鎮座して、ご挨拶。
1曲目のためのクラップハンドのお願いのため、植木等さんの往年の名曲をちょっくら口ずさむ。
みんながそのテンポで手を叩き始めたら、ころあいを見て1曲目「KNOCK ON YOUR DOOR」がスタート。
3日とも同じスタートだったのだけど、回を追うごとに雄大さんの手際もよくなって行ったような・・・。
今夜も雄大さんの指先から躍り出る音たちはキラキラ光りながら空を舞っている。

ライブは2部構成で、前半7曲・後半7曲で、後はお客さんの熱気と雄大さんしだい。
今夜もほぼ前日までと同じ流れで、同じ位置の曲が入れ替わっていた。
さすがに今夜は、それらと違う曲はないんじゃないかと思っていたのだけど・・・・今夜もあったんだなあ〜。
あとで、大阪の友人が気がついたのだけど、今回はアルバム『Jerryfishとラブソング』からの選曲が多かった。
残念ながら今は希少価値でなかなか手に入れることができないアルバムなんだけど、「母の手」をヒットさせて、再販したいですねなんてことを雄大さんは喋っていた。

ピアノとギター、数えてみたらほぼ半分ずつ弾いてたんだな。
前半はピアノを弾く曲が続くので、なんとなくピアノの比率のほうが多かったように感じていたのだけど、そうじゃなかったのね〜。

なんとなく印象として、最終日の今日が一番雄大さんらしい感じがした・・・私だけかもしれないけど。
リラックスして、リズムも歌もふわふわな感じ・・・それは私が酔っ払っていたからかもしれないけどね〜^^;

今夜、雄大さんの演奏を聴きながら、私は改めて、こういう気持ちを幸せな気持ちっていうのかなあと思っていた。
大好きな音楽を生で体験できるなんて、昔は考えたこともなかった。
どこかへ行けば、その人の歌を聴けると、想像できなかったんだよね。
今は、自分がちょっと勇気を出せば大抵の場所へはいけるし、大好きな音楽人にだって直接感謝の気持ちを伝えることもできることを私は知ったんだ。
今夜はそんなことをふと思い浮かべながら、よりいっそう自分の中ではいろんなモノがオーバーヒート気味でありました^^;

そんな気持ちも手伝って、自分の中では若干もてあましていた最後の曲「母の手」で感情が一気に噴出してしまった。
後半になると、少しずつさびしくなっていたんだよね、その最高潮が「母の手」だったんだろうか・・・きっと考えてもわからない。

それ以上に生で聴く雄大さんの歌が私の中のナニかを揺り動かすすんだろうなあ。

それでもまだまだ聞きたくて拍手を送っていたら、間髪をいれずにアンコールスタート。
夕べと同じ「in my way, Day by day, Make my day」
今夜も私は椅子の上でもんどり返って声を出さずに歌っていた。
大盛況のうちに曲が終わり、拍手はやまない。
そしてもう1曲。
名古屋と大阪のどちらでも一番最後に演奏したのは「黙示録」
雄大さんのセカンドアルバム『YUDAI』のB面最後の曲。A面3曲目であった^^;
ちょっとさびしい感じのこの曲は、でも不思議なことにいつもほんのちょっとの希望の予感がする。
それは初めて聴いたときからずっと感じている余韻。
きっと雄大さんの声がそう感じさせるんだと私は思ってる。

楽しい時間の終わりは、ほんのちょっぴり寂しくはあるけど、いつも雄大さんの声の余韻が私にほんのちょっとの勇気をくれる。
3日間同じ場所で雄大さんの歌を聴いた人たちには今度いつどこで会うか分からないけど、ほとんどの人には自分たちが気がつかなくてもどこかのライブハウスでまた同じ時間を過ごすことになるに違いない。
そう考えると、なんだかちょっとわくわくしてくるんだよね。

さて、お祭りは終わり。
明日からはまた日常に帰るけど、ほんのちょっとのわくわく感を携えて一歩を踏み出そう。
気分しだいで、どうにでもなるからね。
この3日に出逢ったすべての人や事柄やものにありがとう!!!
雄大さん、本当に楽しい時間をありがとう!!
そして、また、歌を聴きに行きますね〜♪

さて、公約どおり、3日間すべてのセットリストをアップします。
興味のある方は、それぞれのコラムでご確認を。

<セットリスト>
----第一部----
1.KNOCK ON YOUR DOOR[Piano]
2.飛び方を忘れた小さな鳥[Piano]
3.I wish I’m on my way [Piano]
4.白日夢の街[Piano]
5.君の上にある空[Piano]
6.愛の唄[Guitar]
7.レイニー・サマー[Guitar]
----第二部----
8.Ribbon In The Sky(Stevie Wonder)[Piano]
9.Thousand Night[Guitar]
10.太陽の匂い[Guitar]
11.Only One[Piano]
12.君と出逢いみたもの[Guitar]
13.Mother(John Lennon)[Guitar]
14.母の手[Piano]
----アンコール----
15.in my way, Day by day, Make my day[Piano]
16.黙示録[Piano]




2010.7.4(日)鈴木雄大LIVE『母の手』(at大阪ペーニャ)

「母の手」
WORDS & MUSIC & PLAY BY 鈴木雄大



2010年07月03日(土)
in my way, Day by day, Make my day

鈴木雄大 LIVE 『母の手』2日目は、神戸市は元町にあるカフェ萬屋宗兵衛。

今日はyudai0703-01雨が強く、できるだけ大きな荷物を持って移動したくなかったので、名古屋からハイウェイバスにて神戸に向かった。
幸い早めのチェックインができたので、夜に備えてだらだら過ごす。
今日のホテルは、無料でLAN接続できるのがうれしい。

今夜もセットリストはまだ内緒。
でもって、悩みに悩んで・・・今回はちょっとネタばれしてしまう。
セットリストの中で今の気分にぴったりなのはこの曲だなあと思ったから、タイトルはこれだ〜。


今回、私はかなりハイテンションで、あさって家に帰ったら抜け殻になるんじゃないかってほど、楽しい日々を過ごしてる。
日常をすっかり忘れていて、心から楽しませてもらっている。
神戸は何度か訪れたことがあるけど、元町を冷やかしたのは初めてだった。
やっと神戸って町に来た気分を味わったかな。

yudai0703-02 今夜のライブもグランドピアノがステージの中央にでんと構えていた。でも、今回は真っ白いピアノ。
雄大さんのいでたちもそれに合わせたんだろう白いジャケットの中に黒(紺?)にユニオンジャックのTシャツ。
なんかちょっとおしゃれだった。
いや、もちろん名古屋もおしゃれだったのだけど、ジャケットが白になるだけであんなに雰囲気が変わるんだなあと、妙な関心をしてしまったのだった。

今夜は夕べよりちょっと広い会場で、お客さんも倍以上の人数だった。
顔なじみのファンの方たちとも久しぶりに会えたり、初めて会った人と昔懐かしい企画もののLPレコードの話で盛り上がったりして、俄然テンションはあがるってもんです。
お店の照明は、昨日よりちょっと明るかったのかなあ。
雰囲気が割りとアットホームな感じがした。
今夜はちょっと後ろのほうでライブを楽しむことにした。
前のほうだと、あんまり踊ったりできないじゃないの・・・まあ、いすに座ったままですけどね^^;

セットリストは、基本的に昨日と流れは一緒だった。
ただし、昨日は聴けなかった"おおっ"、という曲がいくつかあって、その中の1曲は昨日も聴きたかったなあ。

私はあまりリクエストをしたことがない。
なぜかというと、聴きたい曲がたくさんあるからなんだけど、大抵の曲は他の誰かがリクエストしていて、思いがけず聴けたりするので、そういうのを結構楽しんでいるのだ。
でも、夕べ、名古屋のあとに思い切って1曲お願いしては見たけどね。
今回は無理だろうけど、いつどこかできっと聴けるはず!

yudai0703-03
今夜は若干ノリもアップテンポな感じで、雄大さんのリズムも夕べよりもさらに跳ねていた。
なんだか聴くたびにピアノのタッチが強くなっていると感じるのは気のせいではないと思う。
私はどちらかというと、ギター弾き鈴木雄大が聴きたいほうなんだけど、今回のピアノはすごく心が躍ります。
指のタッチの強弱とかリズムの緩急とか・・・なんかすごくわくわくする。
もちろん、ギターのほうも相変わらず力強くて惚れ惚れしてしまったけどね。
とにかく、指先からつむぎだされる音と歌のバランスがなんかすごくいいと感じる。
雄大さん声はとてもソウルフルでやさしい印象だけど、実は、ギターやピアノのタッチは結構強くてはっきりした音をたたき出すと思う。
歌だけじゃなく、そのあたりも楽しみたいので、私は大抵曲の途中で目をつぶってしまう。
目をつぶると、なんだか音が見えるような気がするんだよね。
飛び跳ねている音を全部見たい!って思っちゃうのだ。

お酒の力も手伝って、今夜は存分に椅子の上で踊っちゃった。
最後の最後、「in my way, Day by day, Make my day」では本当は椅子から立ち上がりたかったけど・・・意気地がないので、椅子の上でもんどり返っておりましたとさ。

今夜はここまで。

さて、明日のライブは何が待っているのかな〜♪

<セットリスト>
----第一部----
1.KNOCK ON YOUR DOOR[Piano]
2.飛び方を忘れた小さな鳥[Piano]
3.君のシアワセ[Piano]
4.白日夢の街[Piano]
5.君の上にある空[Piano]
6.愛の唄[Guitar]
7.レイニー・サマー[Guitar]
----第二部----
8.ハロー(心の扉)(Lionel Richie)[Piano]
9.Thousand Night[Guitar]
10.太陽の匂い[Guitar]
11.When I Cry[Piano]
12.君と出逢いみたもの[Guitar]
13.Mother(John Lennon)[Guitar]
14.母の手[Piano]
----アンコール----
15.in my way, Day by day, Make my day[Piano]
16.黙示録[Piano]

今夜もこの曲、なんてったってツアータイトル曲だから^^


2010.7.3(土)鈴木雄大 LIVE『母の手』(at 名古屋Live DOXY)
「in my way, Day by day, Make my day」
WORDS & MUSIC & PLAY BY 鈴木雄大



2010年07月02日(金)
君と出逢いみたもの

最近、自分のふがいなさに少々へこんでいたので、思い切って遠征した。
なんのことはない、鈴木雄大さんが名古屋でライブをするというので、それにかこつけて現実から逃げてきたのだった。
しかし、好きな音楽人のライブは今年これが初めてなんだよね。

今年前半は試験勉強をしていたし、その間不思議なことにいつも遠征してまでライブに行く音楽人たちにほとんど動きがなかった。
そんな時、雄大さんのライブの予定が知らされた。
雄大さんのライブでは、そこでしかあえない友人に久しぶりに会えるというおまけがついてくる。
だから、楽しみは倍増なんだな。

今回雄大さんは、新しい曲「母の手」を引っさげて、名古屋・神戸・大阪とツアーを組んでいた。
せっかく名古屋まで行くことにしたので、ついでに(!)全部行ってしまえ〜!と急遽予定を立てた。

やっぱりね、こういうことは勢いって大切だね。
来てよかった。第一夜を迎えてしみじみそう思ってる。


さて、今回雄大さんはひとりで演奏するそうだ。
名古屋ではピアノとアコースティックギターを持ち替えての演奏。
初めて足を向けた名古屋Live DOXYは、グランドピアノでんと置いてあって、そのすぐ近くで演奏を聴くことができた。

yudai0702-03 すごいね、やっぱりグランドピアノは迫力が違う。
今夜の雄大さんはとても饒舌で、MCも長めでいろいろいろいろ・・・話してくださった。
その内容は、ここでは書かないことにしよう。
あ、それから、セットリストも今回は大阪が終わってから全部をアップすることにします。
別にアップしてもいいんだろうけど、なんとなくね。

しかし、私のコラムは、曲名をタイトルにするというルールがあるので、どうしたものかと頭を悩ました。
今夜、一番私の胸の中に残ったこの1曲にします。
「母の手」のカップリングのこの曲なら、特にネタばれにもならないかと・・・勝手に判断します^^;

セットリストは、最近の雄大さんのライブに行っている人ならおなじみの曲から、あああ(涙)・・・うれしひ!といった曲まで、満足させてもらいました。
とある方のリクエストされた曲は、私にとって宝物のような思い出に直結している曲だったので、涙が落っこちちゃった。
今回結構涙が落っこちちゃったんだけど、それは酔っ払っていたせいなのか、自分の気持ちが不安定だったからなのか・・・よくわからない。

雄大さんは相変わらずうれしそうに歌っている。
その姿をあまり直視できないけど、でも、彼のうれしそうに歌う姿を見ていると、自分の殻がぽろぽろと剥がれ落ちていくような気分なんだ。
雄大さんの指先からつむぎだされるピアノやギターの音、彼の刻むリズムがね、体の芯まで届くと、全部ほぐれていくような気がする。

今夜本当に名古屋に来てよかった。
残り2日間も、しっかり雄大さんの音を体にしみこませて、しっかりほぐして帰ろうと思う。

今夜何度目かの「母の手」
初めて涙が落っこちそうになった。
それは、歌の前の雄大さんのお話の効果もあったと思う。
聞きながら唐突に我が家の母と祖母の姿が浮かんできたんだよね。
この曲を聴きながら、私は多分始めて、母の気持ちを考えた。
それはいつか、自分の気持ちになるものなんだよ、きっと。
そう考えると、なんかね・・・・切なくなってしまった。
自分の中のこだわりがすっと抜けたような・・・そんな気持ちになった。

今夜半年振りぐらいに出逢った友人たちとのおしゃべりもとても楽しかった。
ただ、私は酔っ払っていたので、なんかちょっとおかしいことも言ったかもしれない。
また、どこかのライブハウスでの再会まで、今夜の楽しい気持ちを忘れずにいようっと。

「君と出逢いみたもの」

この曲の詩が、今夜とてもしみこんだ。

こういう人に私もなりたいなあ。

<セットリスト>
----第一部----
1.KNOCK ON YOUR DOOR[Piano]
2.飛び方を忘れた小さな鳥[Piano]
3.君のシアワセ[Piano]
4.白日夢の街[Piano]
5.あなたに逢いたい[Piano]
6.愛の唄[Guitar]
7.レイニー・サマー[Guitar]
----第二部----
8.Human Nature(Michael Jackson)[Piano]
9.Thousand Night[Guitar]
10.太陽の匂い[Guitar]
11.Only One[Piano]
12.君と出逢いみたもの[Guitar]
13.Mother(John Lennon)[Guitar]
14.母の手[Piano]
----アンコール----
15.黙示録[Piano]


2010.7.2(金)鈴木雄大 LIVE『母の手』(at 名古屋Live DOXY)
「君と出逢いみたもの」
WORDS & MUSIC & PLAY BY 鈴木雄大