初日 最新 目次 MAIL HOME


セキララな思考。
安井 文
MAIL
HOME

2007年03月27日(火)
ベリーベリーストロング 〜アイネクライネ〜

季節は巡ってまた春が来た。
何度同じことを書いただろう。
年々体感時間が短くなっていて本当に1年はあっという間だ。

数年前はもう少しぼんやり時を過ごしていたと思うのだが、今はとにかくせわしなく毎日が過ぎて行く。
目の前の日常を6割くらいの一生懸命さでもって暮らしていくのが私の目標なのだが、その生活を手に入れるためにはまだまだ修行が必要らしく毎日いっぱいいっぱいで生きている感じである。
ここ数ヶ月は特にゆっくりしようとしてもあれやこれや気になりだして休みの日もあたふたとしている。

少々つらいなあと思いつつもその状況を楽しみたいという気持ちも強いので、精神的にはわりと張り詰めているのだけど、気分的には充実している。

・・・と思っていたんだけど、やっぱりきつかったらしい。
昨日届いた音楽を聴いていたら涙が出てきてしまった。
染みた。

音楽は心の中からやってくる。
今このとき、聴こえて来た音楽、はたまた聴きたいと熱望する音楽が私にとって必要なもの。
その音楽はいつも聴いている大好きなものかもしれないし、好きになれずにいるものかもしれない。
または今日はじめて聴こえてきた音楽かもしれない。

でも、それが今私に必要な音楽であることに間違いはない。

その音楽に耳を澄ませば、きっと自分の心も見える。
今日もまた音楽に出逢う。

メールやコメント、ありがとうございます。
お返事もう少し待ってください。



「ベリーベリーストロング 〜アイネクライネ〜」
WORDS BY 斉藤和義、伊坂幸太郎、MUSIC & PLAY BY 斉藤和義