+ Life of Spice +
CAROL(きゃろ)



 

 ※試験を控えていらっしゃる方は>Throughしてネ☆
  なお、強行突破で読んで、なんぞごとあっても責任は取れませんので、
 そこだけご了承下さい(苦笑)

 


















































 天気予報で、「今朝は今期一番の冷え込み」と報じていた今日。
 叔母が自宅前の凍結ポイントで滑って転んだらしい・・・・・・・

 頭を打ったのと、身体を庇った右手首の腫れが異常で、即病院へ。

 

☆押すとSpiceがふりかけられるかもしれないボタン☆

 頭を打っていたので、念のため、輪切りにされてきたらしいのだけど、頭に異常は
なかったとのこと。 良かった('-';;;;;

 そして、一通り済んで、落ち着いたところで私に電話をくれて、ひとしきり報告を
してくれた。

 私の第一声は・・・・・

 
  。。
   \\
エ━━( Д ;;;;;;)━━!!!

 だったのは言うまでもなく(苦笑)

 そして、あまりの動揺で「ちょっ・・・どういうことなんか、姪っ子にわかるように
説明してもらってよろしい?」とか、発言がおかしかったと記しておく(苦笑)

 そして、用件は「しばらく運転禁止っていわれたから、きゃろちゃんがどこか出かける
時に、一緒に連れて行って」と「土曜日、一つ講習を申し込んでいるから、それだけは
連れて行って」のことだった。
 「わ、わかった('-';;;;; 急ぎの用事があるなら今すぐ行くけれど、ない?」
 「今のところないから大丈夫 ありがとう〜('-'」
 「お大事にです ('-';;」
 「は〜い ほな、またよろしくで〜す(^-^」

 居間へ行き、きゃろ母に報告。
 編み物をしていたきゃろ母、話を少々遠くで聞いていた。が、編みが一段落すると
すぐに叔母に電話・・・・・いやいや 今電話してたし、携帯持つのも辛いやろ・・・・・
と言う娘の話も聞かずに電話。ひでぇ義姉さんだぜ・・・・・そして、「何かあったらきゃろ
呼んで こき使ってやって☆」と電話を切ったきゃろ母でありました(==;;

 しばらく、孝行をしようと思います・・・・・・・・・・


2012年11月28日(水)



 「... 俺は今、猛烈に感動している!!」

 義姉とメイちゃんが遊びに来てくれていました。

 夕方、上の弟を迎えに行き、弟を家の前で下ろして、車を駐車場まで持って行って、
帰宅。弟を家で下ろした時にはまだ義姉の車はあったのだけど、私が帰宅した時には
もうなかった(´・ω・`)ショボ〜ン

 家の中に入ると、弟が喜びを噛み締めていた。

 「どうしたん?」と聞いてみた。


☆押すとSpiceがふりかけられるかもしれないボタン☆

 「ほぉ! 良かったなぁ('-'*」
 「長かった・・・・・!」

 メイちゃんが上の弟に慣れるまでになるのに、1年と10ヶ月。(ざっくり計算
 なお、きゃろ父は今月上旬に先にバイバイってしてもらい済み。


 残るは、下の兄と末っ子か。
 アイドルは大変だな(笑)

2010年11月23日(火) 噴いた。


2012年11月23日(金)



 長靴を履いたシゲキックス。

 午後、義姉のご両親がメイちゃんを連れて、野菜を持ってきてくださった。
 お父様が作られるお野菜は、とても美味しいです d('-'*

 まずご両親に挨拶をし、メイちゃんの目線の高さに合わせてメイちゃんにも挨拶。
 愛想笑いを返してもらいました・・・叔母ちゃんめげないよ!!(大人げない

 メイちゃんはポロシャツにジャンパースカート、そして絵柄入りの長靴。
 「最近、長靴ばかり履いて・・・・・」とお母様は困ったように笑ったが、座って履かなく
ても良いし、何より足を突っ込むだけで自分で履けるから「外に出るときは長靴1択!!」
かも?お気に入り、と言うレベルではまだない・・・と思う。

 きゃろ母に「メイちゃん、可愛い格好してるねぇ(^-^*」と言われて、メイちゃんが
不思議顔。きゃろ母に3回くらい「可愛いねぇ」と言われてやっと「かぁわい〜
(・.・;)」と。引き&言わされた感ハンパない(苦笑)あまりの強引さ?にお母様が
「さっきまで車の中で寝てましたので('-';;」とフォローするくらい(苦笑)

 その後、祖父母のお見舞いに行ってくださるとのことで、きゃろ母が口頭で説明を
しつつ地図を描いてお渡しをし、お見送りをして、中へ。

 「叔母さんに一報しといた方が良いかなぁ?」
 「しといた方が良いと思う でもまぁもう施設を出てるなら良いんじゃない?」
 と言うことで、私が叔母に電話。

 「きゃろですけど〜 今電話大丈夫ですか〜?」 「いいよ〜 どしたん?」
 「今、どこにいらっしゃるん?」 「きゃろちゃんちの近くで用事してる」 
 「えっ そうなん? Σ('-';;」 「うん ホントにすぐ近くにいるから、行くわ」
 「了解で〜す お待ちしてま〜す」と電話が切った。

 叔母のいた場所がウチの目と鼻の先の場所だったので、すぐ登場。
 あまりの登場の早さにびっくりした&笑ってしまった(笑)

 「で?どうしたん?」
 「今さっき、お義姉ちゃんのご両親がメイちゃんを連れて、野菜を持ってきて
下さって・・・で、今からお祖父ちゃんたちのお見舞いに行くっておっしゃって
たから、一応お知らせしとこうと思って」
 「ありがと〜う!! 道とか大丈夫なん?」
 「一応、お母さんが地図描いて説明して渡したんやけど・・・・・」
 「今、あの辺工事してるやろ?今日は通れなくなってて迂回せなあかんのやわ」
 「えっもう? 昨日は片側通行でも通れたのに、今日はもう通れんの? 不便やね」
 「そうなんやって」

 そんな会話をした後、叔母が少々考え込み、「わかった、ありがとう 行くわ」と、
きゃろ家を後にして施設に向かった。
 普段の叔母は割とどっしり構えていて、ワタワタしているということは滅多ないの
だけど、今日は珍しくワタワタしていたのが印象に残った。

 私は居間に戻って一息ついて15分ほどたったところに叔母から電話が。
 「まだいらっしゃらないんだけど、きゃろちゃんとこ、電話あった?」
 「えっ('-';; 電話はないわ もう着いててもおかしくない時間だとは思うんだけど?
  土地勘のないとこやし、工事の迂回で迷子になられてるかもしれんなぁ」

 結局、この30分ほど後に再び叔母から電話で一報あり。
 「家に寄ってお野菜を届けた後、施設に向かったのだけど、1本、道を間違えて、
 迷子になって辿り着いた」とのこと。無事に辿り着けて良かった('-';;

 叔母と両親とメイちゃんが祖父の所に行ったときには、祖父は夢の中にいたみたい
なのだが、部屋の中の空気が変わった?ことに敏感に反応して、目をパチッと開けて、
笑顔を見せてくれた模様。すかさず、お父様がメイちゃんを抱っこして祖父が見える
ようにもして下さったみたいだ。抱っこされた当のメイちゃんはきょと〜んと
していたとか。
 叔母が携帯で撮った写真も見せてもらったのだけれど、心なしか、祖父が嬉しそう
にしているように見えた。入院しているときは、話しかけても無表情&無反応に近い
感じだったのだけど、今いる施設に来たら、少々表情が出てきた気がする。ケアの
仕方によるんだろうなぁ・・・・・・・

 その後、祖母のところにも行って、メイちゃんと言う刺激を与えてきた模様。
 その時に撮った写真も見せてもらったけれど、祖母も嬉しそうな表情で写っていた。
 わかってるんだかわかってないんだかわかってないんだかわかってるんだかな
感じだけれど、表情が出るようになっただけでも嬉しいよ。

 
☆押すとSpiceがふりかけられるかもしれないボタン☆

 施設に、メイちゃんくらいの年齢の子が来ることは滅多ないようなので、かなり
喜んでいただけた模様。

 なお、施設内に入ったときのメイちゃんはとても挙動不審ぽくなっていたと叔母が
笑った。初めて&場所が場所だし・・・・・何か感じるものがあったのかも?
 何事も経験だ!!(ぇ

 ザックリと一部始終を報告した叔母は、「ありがとね〜 またよろしくね〜」と
慌ただしく帰って行った。

 祖父母を見舞ってくださったご両親とメイちゃんに感謝☆

2010年11月13日(土) Stopped。


2012年11月13日(火)



 1日、1日。

 祖父が退院して、施設に入所することになったので、顔を出してきた。
 元気になった、とは言えないけれど、ある程度、状態が安定したのだ。

 病院から施設への移動は介護タクシーで。
 祖父が起き上がれるような状態ではないので、ベッドに寝たままの移動。
 叔母が介護タクシーに付き添いで乗り、私は叔母の車に乗って施設まで。

 祖父に叔母が付き添い、診察を受ける間、祖母のところへ。
 私のことがわかるのかわからないのか、わからないけれど、笑顔が見られて
良かった。
 祖母はカラーリングをしてもらっていたので、15分ほどでシャンプーへ行ったため、
取り残された・・・周りに介護福祉士さんや看護婦さん、入所者さんがいらっしゃれど、
どうすればいいのかわからない感ハンパない(苦笑)

 その後、叔母が現れて、一緒に祖父のところへ。
 叔母が書類手続きに行っている間、祖父のそばに付いていた。

 そこへ、祖父のことを覚えていてくださった看護師さんが採血をしにいらっしゃり、
祖父がまだそこそこ元気で認知症も軽くて浅くて、自分で歩けていたときのことを
教えてくださった。「ダンディな方だったのよ」と。
 孫娘から見た祖父は、ダンディかどうかはともかく、とても几帳面で少々厳しめの
印象。 ウチの誰かにも流れているはずだが、見当たらない件(謎)

 叔母から診断内容を聞いた。
 CAROL的解釈だと「どこまで元気になれるのか、神のみぞ知る」みたいだ。
 食べられない、と言うのはやはり大きい。今より少々良くなる事はあっても、目を
見張るような回復は期待できないけれど、歩幅は小さい回復でも、積み重ねていけ
れば、点滴を外して食事ができるようになるかも知れない、とのことだった。
 時間はかかるだろうけど、状態が良くなることを祈るばかり。

 
☆押すとSpiceがふりかけられるかもしれないボタン☆

 一段落付いたところで帰宅。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 ♪『Asro Note』/The Gospellers
  『Bolero』/Def Tech
  『BRIDGE』/The Gospellers
  『タイトルのない唄』/情熱大陸10周年オールスターズ
  『ゆくてに』/The Gospellers


2012年11月12日(月)



 身に覚えがない。

 土曜日、義姉とメイちゃんが来訪。

 その2日後の今日、お約束の筋肉痛が来た。
 (そんな約束いらん・・・・・・・・ orz)

 
☆押すとSpiceがふりかけられるかもしれないボタン☆

 身に覚えのない場所に来ただけに、なんかショックだ・・・・・・・・
 ストレッチ、頑張って少し筋肉つけよう・・・・・・・

2011年11月05日(土) STARDUST REVUE 30th Anniversary Tour「30年30曲(リクエスト付)」


2012年11月05日(月)



 解禁。

 私は、雪国の端くれな地域で育ちました。
 でも、寒さには滅法弱いです。

 生足ハイソで闊歩していたあの頃の私カムバック(・・・・・・

 
☆押すとSpiceがふりかけられるかもしれないボタン☆

 文明の利器、最高!!

 設定温度は最高20℃までで、春まで耐えられるといいな☆(殴
 (たぶん無理。

2010年11月01日(月) 3・3・7拍子♪


2012年11月01日(木)
※my登録は「告知しない」にさせていただいております。
ご了承くださいませ m(_ _)m
← Past ← → Future → + Contents + + To CAROL(きゃろ) +