YUCHIKOの音楽とおでかけキロク★
ゆちこが行ったライブレポート・舞台の感想・CDの感想・大好きなアーティストについて。そして映画の感想やあっちこっちにお出かけしたキロクなどを書きつづります。

ジャンルを問わず、今日もいろんなとこに行ってます!

2005年04月27日(水) 映画を観てきました〜オペラ座の怪人〜

オペラ座の怪人をやっと観ました。
観に行った人達からは「すっごいよかったよ!早く観な!」と言われていたのですが、
なかなか都合がつかずとうとう上映最終日になってしまった☆

劇団四季が地方ロングランというものを初めて開催したのが我が静岡で
その記念すべき第一回目の演目が『オペラ座の怪人』という縁もあり、
何気に静岡の人は『オペ怪』通(笑)。この映画の視聴率?も静岡は高かったはず(^.^)

で、映画ですが。
観てる最中、舞台版も観た他の人からもらった忠告が頭の中をぐるぐるぐる。

「ミュージカル部分、英語詞で歌ってるはずなのに“劇団四季ver.”(つまり日本語)で聞こえるんだよ!」
劇団四季のバージョンの歌はですね、なんというか歌詞が絶妙で。
妙に心に残り、何かにつけ口をついて出てくる恐ろしいウィルスのような強さを持っているのです。(笑)
そんな調子で忠告どおりこの四季ver、映画を見てる最中頭の中を流れる流れる。
映画は字幕で英語詞なのに!なぜか聞こえ来る
『むーねーにひーびく〜うたーごえ〜♪』や
『マスカレード!仮面舞踏会〜♪』(マスカレードはもともと仮面舞踏会だっちゅーに(笑)
おかしいな、私映画見てるのに!A(-o-;)
…としばしば失笑してしまう、なかなかおもしろい映画でした…って、そんな笑うとこじゃないですからー!(^.^)

ともあれ映画はですね、劇団四季で見た舞台版で描き切れなかった
細かい感情のうつろいなどがキチンと描かれていて解りやすく。
舞台版だと怪人にけっこう感情移入してたんだけど映画だと
怪人の孤独な狂気には同情できなかったり。
しかしクリスティーヌとラウルにはな〜、映画でも舞台でも
あんまり感情移入できなかったです☆
なんかコイツら自分達ばっか盛り上がってんなー(-_-)みたいな感じで。
舞台版を見た限りだと、ラウルとクリスティーヌはあの後結婚したものの結婚生活は長くはなく
若くして死別したのかと勝手に思っていたんですが
(なぜそう思うかというとOPオークションの場面で老人となったラウルが
あまりに寂しげで、あまりに懐かしげにクリスティーヌの事を話してたので)
映画のラストでは二人は長いこと連れ添って、しかも彼女が死んだのはつい最近じゃん!なーんだあ!(+_+)
と何となく肩透かしな気分になってしまった☆
美術、演出などは素晴らしい出来だと思ったけど見せ方が所々タイタニックを彷彿とさせるのうと思ったし
ちと話が軽く感じるかなあ??そこがハリウッドチック??とかも思えたです。

正直な話、この「オペラ座の怪人」、舞台版を観たときからどーも
話自体はとてもよくできていて、とても面白いテーマだとは思うんだけど
私の頭の中では3分の2くらい『スッキリしない感』があって。
どうも私にはここの登場人物たちには共感できるところがないらしいです。
だから感情移入ができないんだと思う。特に主要3人に。
どっちかというとクリスティーヌの親友とその母の方が人間として理解できる人物に思えるので
あの人たちに関しては映画の中でも親身に考えられた感じです(^.^)

結論!!う〜ん、映画は映画として大変面白かったし素晴らしい出来だったしストーリー的にもスッキリしたけど、
やっぱ舞台版として作られただけあって、舞台で見るほうが楽しい♪(^0^)
ミュージカルは映画じゃなくて生が良い、ってとこですかね!
今回映画を見て、「舞台版はよう出来てたんだなあ」とちょっと見直した私だったのでした。

それにしても怪人の胸毛はすごかったねー・・・(笑)



2005年04月19日(火) 2004年総括〜こんなん行ってました〜舞台篇

■舞台■

●3/4 Studio Life公演「MOON CHILD〜月の子〜」(天王洲アートスフィア)
知る人ぞ知る「男性のみで構成された劇団」Studio Lifeの公演。
この作品の原作は白泉社LaLa掲載:清水玲子さんの人気漫画。
原作も知ってるし、見たい俳優さんも出るし、ということで行ってまいりました。
この劇団の公演は今まで何回か見ているんだけど男性のみで構成されている
という特徴のほかに、取り上げる題材が漫画原作が多い・・・ということで
観客は結構オタクが多い?(笑)
ちなみに今までこの劇団の公演で見たものは「トーマの心臓」「OZ」などです。
正直、なんていうか、あんまり演劇を見ない私に言われたくないでしょうけど
『公演の完成度』から言うと、…どうなの??(=.=;)って見てて疑問に思ったので
普段から演劇を良く見に行ってる、今回一緒に行った友人に聞いてみたんですが
やっぱ二人の意見として「こう言っちゃ何だけど劇団のレベルとしてさあ…」
みたいな話になりまして(しかも休憩時間中に・笑)
まー彼女いわく「演出は金銭的な問題もあるだろうからねー」とのことでしたが
いくら魅力的な俳優さんがいたとしても公演の内容が今ひとつだとダメよね★
この劇団に関してはまだまだ成長過程だと思うので、
ここはひとつ暖かく見守りたいなみたいな!(^.^)
オタク的には漫画原作作品が劇団に取り上げられるのは嬉しいので♪
あ、ちなみに私は『トーマの心臓』はとてもよかったと思います。
原作の熱烈FANの方はどういう意見をもたれるかわかりませんが…。

●3/4 ピカ☆☆ンチダブル<嵐の映画>(グローブ座)
嵐が好きっ!相葉ちゃんが好きっっ!!!(>v<)
…しかし今時はアイドル映画見るのにも普通の映画館で見られないんだのう。
私が小さい頃はた○き○映画とかシブ○き隊映画とか、バンバン映画館で
見れたもんでしたが…(=.=)
とにかく今回グローブ座でわざわざ予約制でチケットを買って見た
嵐の映画「ピカ☆☆ンチダブル」。
前作の「ピカ☆ンチ」の出来が、もんのすごっく良かった!!(^o^)
という映画・舞台方面通の友人Tの言葉もあって、前作は見てないけど行ってきました。
いやーー、結論から言うと、よかったです!
普通に、作品として、見やすく楽しくしかもアイドル。
嵐の5人の個性がちゃんと生かされてたし♪
映像も脚本も素晴らしかった〜〜(^.^)特にカメラワークが好みでした。
後日渋谷で開催されていたこの映画の衣装やらセットやらの展示を
わざわざ一人で見に行っちゃいました〜。
限定発売のTシャツも買ったんだけど、、、ちょっとした汚れを落とそうと
漂白剤につけたら、漂白剤が濃すぎたらしく白い部分が焼けちゃって(涙)
…1回しか着てないのにもう着れない…(号泣)すっごいカワイイのに〜〜

●8/8 ミュージカル「ふたり」(全労済ホール)
どうも今までに出演者換えつつ何回も上演されているという、人気の作品らしいですね。
私が見に行ったのは…作品がどうと言うより出演俳優さんが塩谷瞬君だったからなんですが☆
しかも彼以外の出演者、総勢20名以上?は全て女性!
そのうえほとんどが女子高生役なので、現役からちょっと上の年の子まで
彼以外、舞台に乗っているのは全部女の子!!スゲー!!
正直「どんな舞台になるの?!私ミュージカル苦手なんだけど」(=.=;)
と思っていたのですが、これがまた素晴らしく良い出来で!!
女の子の元気いっぱいさ、ひたむきさをアピールするにはこの場合
ミュージカルという表現方法はピッタリだと感じました♪
選ばれた女の子達だけあってみんな歌うまいしかわいいし。
瞬ちん!!アンタ、アンタ歌…うんうん精一杯頑張ったのよね!!(TvT)o
みたいな場面もあったんですが(イヤあえて彼の名誉を守るために言わせてもらえばあの歌はプロの人手も歌いこなすには相当苦労するであろう難曲であると思いますよ!苦笑)
総じて舞台としてストーリーから音楽から展開から演出から衣装から
抜くとこ抜けてて解りやすく、見やすく。なんと言っても場面転換のタイミングが素晴らしく。
ミュージカル嫌いの私も最終的には感動して出てきました。
熱演の勝利!かな。後日CDを会場まで買いに行っちゃいました☆

はあ、しかし私、新宿という町が本当に苦手で☆
絶対迷うんです!!しかも半端なく迷うんです!方向音痴じゃないのに。
あの町には何か、仕掛けられているに違いない(=_=;)
真夏の都会を必死に右往左往したよ。おかげで間に合わなくなる寸前でした(苦)
いつかあの町を迷わずに歩けるようになりますように(TnT)

●2/27 SHOCK!(帝国劇場)
おなじみ堂本光一王子様主演、毎年冬に帝国劇場でロングラン公演されている
ジャニー喜多川製作の人気ジャニーズミュージカル(^.^)
去年初めて観させて頂いたんですが、いや〜これはね!
一度一般人の皆様に観てみて頂きたい代物ですよ。
いろんな意味でジャニーズ事務所&ジャニー喜多川のすごさを知る。

主演は言わずと知れたジャニーズの中でも王子様度1、2を争う堂本光一君。
その脇にミュージカルや舞台で鳴らしまくってるジャニーズ内の舞台班、ミュージカルアカデミー(グループ名)やら
売出し中ジャニーズJr.等のかわいこちゃんやらこれから上の世界を虎視眈々と狙うジャニーズ軍団の金の卵たちや客演の役者さんが舞台上下左右狭しと歌うわ回るわ飛ぶわでも〜〜大騒ぎ!
ストーリーは毎年違うんですね。私は毎年同じものを少しずつ手を加えてやっているのだと思っていたから2回目の今回、去年とストーリーが全然違うのでちょっとビックリ。
ジャニーさんが『観客にショックを与える舞台にする』と言っていた意味がわかったよ。だから毎年見ても飽きない。演じるほうもありゃ楽しいっしょ!

だって、さすが天下のジャニーズ事務所!
金のかけ方に糸目をつけないというかさ。
“これはエンターテインメイントですから!お客様に楽しんでもらうための、ショウですから!どうですか、お客様?!満足していただけましたか?!どう?どうよ!!!”
…というジャニーさんの意気込みがさ。これでもかこれでもか!!と迫ってくるわけですよ。

ジャニーさんが本場ラスベガスのショウに近いものを観客に見せたい、という意気込みで作っただけある。「1万円の料金に対して2万、3万の価値を感じさせる舞台を提供している」と言い切るだけある。
たかがアイドルの舞台でしょ?とあなどる方にこそぜひ一度観ていただきたいものです。いや私、別にそこまでジャニーズ信奉者じゃないですしジャニオタでもないですから割と一般人の感覚で舞台を観ていると思うんですよ。
しかしですね、最初見た時にも感じたんですが、この舞台は日本の伝統的ショウビジネスの伝承という点においてもかなり重要な役目を担っているんじゃないかと思うのですよ。昔からある例えばタカラヅカとか松竹とかのレビューを含んだショー。ああいうのを一度でも見に行った方は、あの場所にある「独特な空間の雰囲気」というのがわかると思うのですけど。
そう、“そこにいると異世界にいるような夢心地に浸れる”といったような陶酔感。それがね、この舞台では味わえるんですよ。古きよき「歌謡ロマンショウ」といったものの雰囲気をしっかり受け継いでいる、みたいな。
そしてそんなものを全く知らない今の世代の人たちに、策略なのか意図せずになのか解りませんがその時代の“ショウを観る時の礼儀作法”みたいなものを植え付けている役目を果たしている!(@0@;)なにこれ、この舞台、もっと一般に評価されていいんじゃないのっ?!!

おおげさでなく私はその位の事を思ったんですよ。この舞台を見て。
伝統ある帝国劇場なんて、私なんてこんな機会がないとなかなか入らないし
ああいう歴史ある舞台が持つ貫禄というか、着飾って舞台を見に行くという高揚感というか、普段着で気軽に見れる舞台ももちろんよいけど、こういった「ロマン」というものを味わえる機会を若者に与えていっているジャニーズ事務所の存在価値とすごさというものに、私は感じ入ったのでありました★

ジャニーズFCに入っている人たちの中でも争奪戦のプラチナチケットですから一般の人たちがこの舞台を見ることは奇跡に近いと思いますが、ぜひ私としては多くの人たちに見ていただきたいなーと思ったのでした。
どーもジャニーズ関連の舞台・コンサートは同じ人が何回も何回も同じ公演を見に行っていることが多いらしく、それでチケットがはけてしまい一般の人が彼らの公演を見ることは至難の業のようなんですが、ファンの人にあえて言わせてもらえれば「独り占めしないで、皆で彼らの応援しようよ!っていうか、もっと彼らの才能を世に広めようよ!」ってとこかな。
もったいないよ〜、ジャニーズ事務所は日本の宝ですよ!(^▽^)いや、マジでマジで。


●以上2004年舞台総括でしたー!
なんのかんので、やっぱほぼ毎回友人Tと行動を共にしていたわ・・・(=▽=;)
Tさん、2005年も多分いろいろご一緒すると思いますがどうかよろしくです〜★



2005年04月05日(火) 2004年総括〜こんなん行ってました〜

2004年度は、私のlive主軸であるB'zがLiveを行わなかったため(彼らのソロ活動はあまり興味なし)&見たいバンドが最近はやりのフェス中心に活動したため、見に行くのにちょっと躊躇したのもあり、全体的に例年の私のお出かけとはだいぶ違うラインナップになりました☆
最近大人気のフェス、一つのフェスに出演するバンドが大変多いので、見ようによっては一つの場所にいながらにしてたくさんのバンドのライブが見れる・・・ということでお得感があるんだけど、
見に行く側の意見としては会場がやたらへんぴな場所でやりがち、ということや同じフェスを見に行くにしても会場内にライブ会場が何カ所もあり、見たいバンドの演奏時間が重なったりして必ずしも出演バンドのライブが全部見れるわけではない…というのがちょっと二の足を踏む要因だったりします。
しかも最近私の友人達は皆、私生活がお忙しい年齢になってきたのでなかなか野外ライブとかフェスに行こうよ!!(^o^)って堂々と誘いにくくなってるんですよねえ。さすがの私でもフェスに一人で参加っていうのは、ちょっと…‥(=.=;)ライブ中は良いけど移動時間とか待ち時間寂しいもん。

・・・そんな私が2004年度に行ったライブ&舞台ラインナップをひとこと感想付きでご紹介でっす♪♪ある意味偏ってるような…A(^_^)


■Live■

●3/9 SPITZ FC限定ライブ(渋谷ON EAST)
読んで字の如し、FC限定ライブのため観客はほぼお一人様で来場。(^.^)
かといって積極的にファン同士コミュニケーションを取るでもない…
というのがSPITZのファンらしいというか(笑)
ネット上ではなじみなんだけど、今日初めてお会いしましたね!
みたいな会話もあちらこちらで聞かれました。
ライブはあらかじめファンによる人気投票があり、上位の曲を演奏する
などのサービス企画中心。普段は短いメンバーのトークも、
今回はたっぷりでとてもほのぼのムード満載の暖かいライブでした♪

●4/6 松浦亜弥(静岡市民文化会館)
客層の悪さに驚いたライブ。や・ヤ●ザ?(=.=;)みたいな兄ちゃんが
ただ警備員に嫌がらせしたいのか?みたいな態度でライブ観戦しており、
まわりの善良なファンに不快感をまき散らしているのを目の当たりにした
ので、2階から見ていた私は大変いやな気分になりました☆
しかししかしあややのアイドルっぷりはやっぱり堂に入ったもんでしたね!
歌も踊りもいつも全力投球。しかし「ライブとしても完成度」
という点ではもっとジャニーズを見習うべし。どうにも手抜き感が漂う。
エンターテインメントを追求していかなるライブでも観客を感心・感嘆
させるようでなければ一流のアーティスト、とはいえないな!
あややのキャラ&パフォーマンスの高さの割にライブが今一つ評価が
高くないのはこういったところか。もう行かない!(^.^)

●4/29 タッキー&翼 滝翼22才春魂(横浜アリーナ)
タッキー&翼というユニットの価値観が私的にはいまひとつ高くないので
(どっちかというとお互いピンで売った方が良いのでは?と
思っているので)思い入れ感は少ない。けど、今まで行った
ジャニーズのコンサートの中では群を抜いて“キワモノ率”高し。(爆笑)
滝翼を彩る、これでもか!これでもかっ!と配置されるおちびちゃん達。
「ど、どこ見たらいいの?!」ってくらいあっちこっちに
仕掛け&少年(笑)のオンパレード。これぞジャニーズ!
ジャニーズの原点!!って感じ?
しかしタッキー、演出頑張りすぎ?見てるこっちが失笑を禁じ得ない
シーンも多いのが事実。事務所期待の表れか、金のかかり具合は
半端ないんですが・・・・・;;

●8/4 嵐 いざッ、Now Tour!!(横浜アリーナ)
自分の中で嵐というグループ株が大変にUPしたので、ジャニーズ系
の中で見ていて一番楽しいライブ♪実は嵐は曲も好きなのが多いので、
普通に「ライブとしても楽しい」のでした♪
ジャニーズのライブで良いところは、メンバー等テレビで見慣れている&
メンバーの『素に近い状態』をテレビを通じて知っていることが
多いので、ライブでの彼らに対して感じる親近感がほかのアーティストに
比べて格段に大きい、というところです。
その証拠にトークの時間の楽しいことったら♪
普通に家でテレビ見てるのと変わらないですもん。
今回の嵐のライブでは「Dの嵐!」の収録がありました。私の見た回では
OP映像を収録。その後しばしTV見るのが楽しかったですよ♪
嵐の皆は誰も大好き♪一番はやっぱ、相葉ちゃんだけどねっ!!(^0^)

●8/21 関ジャニ8 2004サマースペシャル(大阪 松竹座)
今年初めて行ったジャニーズのグループ・初CD出版でアゲアゲムードの
関ジャニ8。正直、錦戸亮くんしか知らなんだ。(てるてる家族大好き)
でも今回のライブを見て彼らのエンターテインメント性の高さには
びっくりでした。さすがオール関西人!人を楽しませようとする
サービス精神は素晴らしい!しかも慣れてる!
漫才もトークも玄人はだし。
下手なお笑いよりよっぽど彼らの方が笑わせてくれますよ。
もちろん、本職の歌やダンスもバッチリっす。
悲しいかな『関西ジャニーズ』はそこまで芸達者でもなかなか東京進出
させてもらえないので、どーもメジャーになれないらしいのですが…。
今回のライブは前半は彼らの舞台、後半はライブという構成でした。
このライブで「浪速いろは節」が大変気に入った私は、2日後くらいに
関西限定発売される、と言うそのCDを予約して
地方発送してもらいましたよ。そのCDはその後全国発売されたけど、
そういったわけで私が持ってるのは関西限定バージョンなのでした♪

●12/23 関ジャニ8 X'masパーティ(大阪 松竹座)
8月のライブで彼らが気に入ったので、12月・暮れも押し迫って
忙しいというのにまたしても大阪へ。
「正直、また行くって言うと思わなかった」とジャニオタ友人Tに
言われましたが(笑)だって楽しかったんだもん。
今回は普通のライブでした。
前回も今回も席があんまり良くなかったのが惜しかったんだけど、
その辺はジャニーズ。ぬかりなくファンサービス。
2階にもお出ましになり、結構近くで顔が拝めるというシーンもあるので
あまり不満はたまりませんのでした(^.^)またあったら行きたいなっと。

●3/11 アヴリル・ラヴィーン(浜松アリーナ)
世界の歌姫・アヴリル。彼女が何と地元・浜松で見れるんですって!!
ならば行かなきゃ!!…ということで早々にチケットを入手。
先行の先行発売…な感じで手に入れたので、なんと席がアリーナ6列。
一緒に行った友人Tと「これは〜…」「う〜ん、これは〜…」(=_=;)
などと、普段こんな席で見たいもんよねえ、という声にならない叫びを
かみ殺しながら見ていました。
前座の盛り上がりが気に入らなかったのかどうだか知らないけどアヴ姫、
前座終了後30分ほど出てきてくださらず、正直ライブ中止?!と
気をもむ場面も。
やっと出てきた彼女はソツなくライブをこなし、近くで見た彼女はもちろん
ソーゼツにかわいかったんだけど、完全燃焼とはいかず。
彼女も一応「アイシテマス」とか「I Love Japan」みたいな言葉は
言うんだけど、どうにもから回ってた感じ。トーク無しだし。
『どうせ日本人は私が何かしゃべっても英語わからないんでしょ』
とか思ってそうな態度ではあった。その辺がまだ若いってとこかしら…
歌は良かったし、演奏も素晴らしかった。だけどライブとして楽しい、
とまではいかなかったなー。正直前座のNailpinの方が気に入った私でした。
ま、彼女には将来に期待、かな(^.^)
 
●3/31 TOKIO ACT競張◆疾藹楽(日本武道館)
行きたてほやほや!興奮冷めやらぬ一番最新のライブです♪
TOKIOには実はずーーっと前から行きたかったの!
でも、いつもジャニ系のチケットを取ってくれる友人が
「え〜TOKIO〜(=".=)他のならいいけど・・・」と
今ひとつ乗り気じゃなかったのでなかなか行く機会がなかったので、
今回やっとTOKIOに行けて嬉しかったです♪
誰が好き・・・っていうのはないんだけど、曲が聞きたいのが多くて(^.^)
一緒に行ったジャニーズデビューの友人Mは山口くんの大ファンで、
コンサートが始まってからマジ泣きっぱなし状態でした。
こういう人を見るのが久しぶりで、ちょっと新鮮(^.^;)
コンサートを見ていてびっくりしたのは、正直ここまでだとは思ってなかった
TOKIOの面々の演奏のしっかりしたところ!!
なんていうか、もう、普通に“バンド”じゃん!!!アイドルじゃないよ!!
もちろん、その他のジャニ系ライブの慣例とはだいぶ違って、
ジャニーズJrとかもっとちっさいのとか出てこないんですもん!!
フツーに『音楽で勝負!!』という姿勢が前面に出た、気持ちの入った
ライブを展開。余計なトークも無し!俺らの音楽を聞いてくれ!!
・・・こんな感じの非常に好感が持てたライブでしたねっ(^0^)
過剰な演出がなくても曲とパフォーマンスで聴かせられる。
たいしたアーティストだと思いました!!(^▽^)
ただし、『自分達はアイドルである』というツボはキッチリ押さえた
“魅せかた”も踏まえてる、ジャニーズならではのステージでしたねっ。
すっごい楽しかったからまた行きたいな〜〜♪

●○この他、下記に別途熱く語ってるトライセラのライブも行ってます♪○●






 < 過去  INDEX  未来 >


ゆちこ [MAIL] [HOMEPAGE]

My追加