初日 最新 目次 MAIL HOME


セキララな思考。
安井 文
MAIL
HOME

2014年12月25日(木)
老いぼれ犬のセレナーデ

今朝の風景。


冬の朝。

信号待ちの車の中。
ふと見ると、一匹の野良犬が道路の反対側からこちらに渡ろうとしている。

しきりに地べたをかぎまわりつつ、ゆっくりと対向車線を渡っている。

2車線分渡った真ん中には花壇になっている中央分離帯。
こちら側の車線は渋滞一歩手前の車の列。

あまりにゆったりとした足取り。
その犬は、左の後ろ足が少し動きにくい様で。

もうすぐ信号が変わるはず、私は心配になる。

斜め前の車で犬の様子が見えなくなり、一層あせる。

やっと見えた犬は、何かを察知したのか、足早に歩道まで駆け抜けた。

そしてまた、地べたをしきりにかぎまわる。
あまりに熱心で、ゆったりと向かってくる自転車にも気づいていない。

すぐそばまでやってきた自転車に驚き、犬は飛び上がる。
後ろ足での着地がうまくいかずよろけて、踏ん張る。

そしてまた、熱心に地べたをかぎまわる。
一つ所を熱心にかいでいる。

そして、ついさっきまでいたあちら側を少し不安げに見つめた。

もしかして、探している匂いが途切れたのか。

しかし、思い直したかのように犬はまた地べたをかぎまわる。
尻尾をぴんとあげて、犬は私に背を向け、地べたをかぎまわりながら、足を引きづりながら、向こうへ行った。

誰かを探しているのか。
何かを追っているのか。

もしかしたら、それさえも、もう忘れているかもしれないけど。

「老いぼれ犬のセレナーデ」
WORDS BY 中納良恵、MUSIC BY 森雅樹、中納良恵、PLAY BY EGO-WRAPPIN