某突起名の人生つぶやき日記

某突起名の独り言。
あくまで独り言ですので・・・まぁ、お気になさらず。

2019年04月05日(金) 死にたいってサ其の参。










うつ病で統合失調症で解離性同一性障害の某突起名に、

「まだ死にたい感じ。」と言う、うつ初心者のうちの母。

今日は前回の母の飛び込み通院の次の通常診察の日。





「こんなに死にたいことは人生初めて!」という母に、

すでにうつの診断から15年ほど経っており、

そういう経験が何度もある身としては、

そういう波に揉まれたりして、やっと慢性のうつ病というか、

マイナスの症状に自分が振り回されるのがうつなんですよねぇ。





S浦先生は、「いけないのは睡眠不足と希死念慮。」という

ポリシーの持ち主なので、母の薬はドーン!と、倍に増え、

「○○さん、お母さんの薬の管理してやってね。」とのこと。

「まだまだ全然、薬も出せるし、通院してきてくれれば話くらい聞くし。」

「○○さんも精神ヤバくなったらすぐ来てね。

 精神を患ってるのに家族の介護とか絶対に負荷がかかるから。」

「まあ、ちょっと愚痴を言いたい時に言えるケア・ハウスを
 
 見つけてありますんで、ちょっとした愚痴はそっちで解消しようかと。

 何か、なんでもしてていいハウスみたいなんで。」

「自分で見つけちゃった?○○さんは結構行動派なんだねえ。」

「そうですね、思った時にやらないと気が済まないと言いますか。」

「あの、か弱かった○○さんから成長したねぇ。」

「体重は此処に通い始めた頃の1.5倍ですしね(笑)」

「ああ〜、それは良かったねぇ。

 通い始めの○○さんって、触ると折れちゃうみたいな
 
 スレンダーだったもんね。あそこまで戻れとは言わない(笑)」





「ところで母なんですけど、もしかしたら私がうつが酷かった頃、

 してもらったら点滴がキマるかもなんですけど・・・。」

「うん、でもまあ、お母さんはまだ薬で対処できるでしょ。

 お母さんは薬に関してはちょっと怖いしね。
 
 本来はこんな言い方をしてはいけないけど、

 ○○さんが居るからね。」





「では、薬は倍に、三週間様子見ですね。」

「ちょっと待った、○○さんの診察がまだなんだけど(笑)」

「あ、そうでした。」

「で、どう?」

「あ〜〜〜〜〜。

 死にたいので、あちこちに助け求めてます。」

「首は切らなくなるだけ成長してるね。」

「成長・・・。」

「普通の人だったら発狂してるような環境で、

 プラスでプラスでって努力していて、

 それでさらにケア・ハウスまで見つけてきて。」

「まあ、しゃべることで発散するみたいなんで。

 話を聞いてほしいので、聞き手が不足してますね。」

「うん・・・うん。」

「そういえば先生、母を早く診てもらうっていうのもなんですけど、

 次回の通院、祝日にかぶってますよね?」

「そ・・・うだね。じゃあ、3週分出します〜。

 お母さんは大丈夫だよ。山ほど薬も出すし。

 逃げたかったら、例のケア・ハウスに逃げ込めば。」

「結局、○○さんの診察じゃなくなっちゃってごめんね。」

「や、死にたい・金無い、以外に特に悩み無いんで。」

「○○さんは薬も全部限界までだしてるからなぁ。」

「そう、後は気の持ちよう、みたいな結論になってる(笑)」

「気の持ちようで治る病気なら良いんだけどね〜。」

「骨折が気の持ちようで治るか!って感じですよね(笑)」





「はい、じゃあ、○○さんはいつもどおり。

 お母さんは、ドーンと倍にします。

 あ、後でお母さんのところに顔出しますね。

 お大事にしてください。」

「ありがとうございました〜。」





なんだか、待ち合いが辛くて座っていられない人のためのベッドで

母が横たわっていたので、様子見。

今度は座っていた方が楽なようで、ベッドに座っている。

「薬増やすってさ。

 あとでS浦先生くるから、このまま此処にいて。」

「お母さん〜、調子はどうですか〜。」

あくまで平和というか、柔和な態度のS浦先生が登場。



「ひと眠りしていたらしく。」

「うん、眠そうだけど、

 まあ、不眠よりはいいですよ。

イライラも収まってきたみたいだし。」




母もベッドまで回診してもらえるとは思っていなかったようで、

感動&興奮。なんか、S浦先生リスペクトなんだよね〜、母。

一番つらい時期かもしれないと思う時期だから、

お薬増やしたからまた娘さんの知恵を借りてでも、

一番安定するにはどの飲み方がいいのか模索してみてください、と、

言い残して、ベッドのカーテンの向こうに。





まあ、調剤もいつもどおり、母の調剤の説明は私が聞く。

母はその間、車の中でボヘ〜っとな。

調剤薬局の中に入ると居心地が悪いそうで。

確かに待ち合いが狭くて居心地悪いですけどね。





家に帰ったらふたりともばったり。

母に一言、「死にたい?」と、声をかけると、

「お腹が空いた・・・。」とのこと。

血糖値下がり過ぎかな?

まあ、まあ、「死にたい」が消えただけ良かった。

私の目標達成?(笑)





・・・と、雪平鍋にご飯を入れて、柔らかくして、

ガラスープとコショウで調味して、

最後にあらかじめ溶いてあった卵液をお鍋になるべく細く入れる。

そして一気に火の勢いを最強にして、ふわふわたまご粥が出来上がり。




なーんか、確かにおさんどんが仕事なのだけれど、

通院の日って疲れるんだよ〜(TT。





それでは、色々用事がありますので、こなせたらアデュー!






 < 過去  INDEX  



My追加。
ご感想をば。


某突起名 [MAIL] [HOMEPAGE] [BBS]