白馬鹿日記

2018年12月09日(日) Robert McConnell・City of London

というワケで開缶。
いよいよ冬と言う気温になって参りました。実に迷惑。とは言えまだ先なのでありますよね本格的に寒くなるのは。ああ嫌だいやだ。あまりに寒くてバイクや自転車は春までお預け、と思いつつも足がそれしかありませんので実用範囲ではまだ乗っております。バイクは経験がそこそこ長いので防寒装備もある程度は揃っておりますしどういう状況なら何を着れば良いかの見当もつくのでありますが自転車の方はまだ良く分かっておりません。家を出る時に丁度良いとあっという間に汗だくになりますしやや涼しいくらいだと下り坂で凍えたりと中々丁度良い加減になりませんがまあ寒いよりは暑い方が良いワケでありますれば着ぶくれ気味を標準ラインとしております。

などと思いつつ東逗子のダイソーへ買い出しに。ううむ。顔が寒いとても寒い。寒さで鼻水が出て息が苦しいですよ。何か誂えにゃイカンですなこれは。鼻をすすりつつ息を切らして即ちズルズルハァハァと不気味な音を響かせながらおっさんがひた走ります。ペダルを踏みながら鼻をかめるところまではまだ走りを極めていないので仕方がありません。それでも何とか無事に到着。鼻汁まみれで酸欠で倒れるという最悪の事態は避けられた様であります。

買い物を済ませてついでに同じビルのヨークマートで弁当を購入。更に人工甘味飲料系は飲みたく無いけど甘みと水分を補給できるモノ、という事で蜜柑を選択。蜜柑もけっこう高いですな。貧乏なので一番安い380円のを選択。これに値札が付いていなかったらしくレジのオネーチャンが確認しに行くという商品管理不行届的状況もありましたが無事に会計を済ませて帰路に付きます。今日は北北東の風だから帰りは追い風かな、と思ったら往復共に向かい風。どういう現象なのでありますかねこれは。

帰宅し脳味噌まで噴き出す勢いで鼻をかみまくってから昼食。中華サイクルジャージは暖かいですが蒸れ放題という事が判明いたしまして汗だくでありますがシャワーだけだと寒いのでお風呂を沸かしつつ先に飯であります。電子レンジに弁当を入れつつ貼り付いたレシートを剥がして眺めると果物563の文字が。えっ。いつの間にそんなに消費税が。上がってませんなまだ。てことはボボボボボ。くそっ。ボッタクリやがったな7&i。140円返せ140円。はからずも巨大企業の利潤搾取の秘密を垣間見てしまったワケでありますが何もワシの様な貧乏人からボらなくても良さそうなモノを。悔し涙で塩をしながら弁当を胃に流し込み今や高級品と化した蜜柑で渇きを潤します。まあその場で確認しなかったワシもイカンのではありますが考えてみればああいう時は〇〇円でしたとひとこと言うよなあフツーは。別のスーパーでも過去何度かありましたが毎回言われていた気がするのでありますけどね。実に不愉快。と言うワケで7&i系のお店には当分行かんと心に誓った日曜の午後でありました。やれやれ。

強張った足と心をお風呂でほぐしてから一服いたします。モノはDunhillクローンとも言われるRobert McConnellのCity of Londonであります。プシュの儀を執り行い出て来たのはオリジナルより太めのリボンカットでありました。Dunhillは割と細切りでありましたからね。ああ過去形で語らにゃならんのが哀しい。ティン・ノートは仄かに酸味を伴ったラタキアの薫香でありますがあまり強い感じはいたしません。湿り気は程好い感じ。柔らかい葉っぱでボウルに詰め易いです。点火一発。ううむ。やっぱりオリジナルとは違いますな。

違いはしますがこれは中々に美味。強いて比較するとラタキア控えめでバージニア甘さがやや強めという感じでありましょうか。ターキッシュは良く分かりませんがワシの愚鼻が寒さで益々愚鈍化しているせいかも知れません。吸い口は程好いミディアム・ライト−。オリジナルからは気持ち弱めになりましょうか。違うけどやりたい事は分かるという気がする味と香りであります。正直ワシ的に冬にはやや弱過ぎ感もあったりいたしますが薫香で彩られたバージニアを楽しむという味わい方をすればけっこうイケるのでは無いかと思います。ワシの感覚ではロンミクというよりはEMPを思い出してしまいそうでありますよ実は。こうなるとEMPクローンがどういう味付けになっているのかが気になってしまいますですな。フレイク系も試してみたいし。ををを楽しみじゃ。



2018年11月22日(木) グラボ購入

というワケで本日到着。
AI花盛りの今日この頃であります。それホントにAIじゃないとダメなのと思われるプロジェクトもあったり無かったりいたしますがワシの知った事ではありません。お金になれば良いのであります。お金にするには仕事をせにゃならんという巨大なハードルがあるワケでありまして、仕事の効率を上げて少しでもハードルを下げようという試みのひとつとして最新のCUDAモジュールが動き処理速度も速いGPUの購入に至ったなどという事は全くありませんでただ単に新しいオモチャが欲しかっただけであります。てかGPUの進歩って速過ぎるだろ。買った途端に旧モデルになっちまうじゃん。CPUはもう行くトコまで行っちゃった感があったりもいたしますがGPUは実際に速くなっていたりするから欲しくなってしまうのでありますよね。実に迷惑千万な事でありますな特にワシみたいな貧乏人には。

などと不貞腐れつつ開封いたします。モノはASUSのPH−GTX1060−6Gというヤツでありましてせめて3万を切ったらと思っていたらあっさり切りやがったのでポチってしまいました。箱の中に箱が入っているという少々イラっとする構造ではありますが本体を取り出せば箱にはもう用はありません。開封しながらPCのドライバを削除しNVIDIA関係を全てアンインストールしてからシャットダウンいたします。久々にPCのケースを開けて現行の760GTXを取り出しPCの内外に掃除機を掛けてから取り付けをば。へえ。だいぶ小さいッスな。まあ小さい分には良いですけどね。補助電源を繋いで蓋をしてから起動。うむうむ。何も変わらん。当たり前じゃ。てかDVIがひとつしか付いて無いのでサブLCDが使えなかったりいたしますれば今のところデメリット優勢だったり。Display Portケーブル買わにゃ。

取り外した760君はもうひとつ前のPCで第2の人生を歩んでいただきます。こちらから外したのは260GTXという約10年前のシロモノ。処理速度は760の1/3なのにTDPは上という。時代を感じたりもいたしますが考えてみるとたった10年なんですよねえ。で、今回買った1060は760の2倍ちょっと速かったり。やれやれ。キリが無い。技術革新の無情さを嘆きつつ今やデータ倉庫と化しているもう1台のPCもついでに掃除を。あれ。グラボのファンが回って無いですよ。そんなに冷えてるのかな。使って無いからなあ。GPU−Zを起動すると87℃何じゃこりゃ。更にファンスピード100%なのに実際はゼロという事はぶち壊れたという事でありましょうか。って他に無いですな。慌ててシャットダウンしましたが実はいつから壊れていたのか分からないので慌てても仕方が無いワケではありますが心情的にはご理解いただける事と思います。グラボを外してファンを引っ張ると何か小さな部品がポロっと。あああああ。完全に崩壊済。やれやれ。こちらも新調でありますね。260が入れば良いのでありますがこヤツは馬鹿でかいのでミニタワーの倉庫君には収まらないのであります。価格.comで調べて一番安いGT710というヤツをポチっと。サイズが20cm未満でDVIが付いてりゃ何でも。あっ。一緒にDisplay Portケーブル頼めば良かった。慌てていたので忘れてしまいましたが馬鹿なので仕方がありません。こちらはもう到着までは電源を入れない事に決定して本日の作業は終了。やれやれ。ショボいとはいえ3日で2枚もグラボを買うとは。貧乏に益々拍車が掛かりそうでありますよ。



2018年11月11日(日) Robert McConnell・Majesty Elizabeth

というワケで開缶。
昨日は自転車屋。ブレーキシューを交換していただきました。手前でも出来るとは思うのでありますがバイクの癖で止まる方はプロに任せた方が良いのかなと思ったモンで。動かない分には諦めもつきますが動いていて止まらないのはそう簡単に諦めるワケにも行きません。とはいえ次はやっぱり手前でやります工賃掛かるし。貧乏人は移動するだけで命懸けであります。

本日はバイクで買い出し。横須賀のタバコ・フォンテへ。たまには着香モノが欲しいなと思いボルクムのバニラを選択。実に惨憺たるレビューを貰いまくっている一品でありますが何故か時々吸いたくなるのであります。年に1〜2回ですけどね。着香感とタバコ感が全然マッチしていないという辺りはワシも思うところなのでありますがもしかしたらその辺が逆に魅力になっているのかも知れません。どんな魅力じゃ。
他に何か、と物色すると何やら見慣れない缶が。ををDunhillのクローンというウワサのRobert McConnellでは無いですか。もう売っているのでありますね。知らんかった。実に素早い事であります。とりあえずVaPerとラタキア系をひとつずつ購入。楽しみでありますよ。

帰宅してさっさと昼食を済ませ、開缶の儀に取り掛かります。まずはMajesty Elizabethを開ける事に。プシュっとコジって開いた缶から出て来たのはオリジナルを彷彿とするやや細めのリボンカットであります。とても柔らかい葉っぱでちょい湿り気味でありましょうか。バージニアの甘い香りがいたします。なるべく味の分かり易いパイプを選んでボウルに詰めます。点火一発。ううむ。違うこれは違う。

オリジナルを期待したせいでありましょうか、やや違和感なども感じてしまいますがVaPerとしては普通に美味しいです。ペリクの効き具合は同じくらい。味はやや甘みとコクが及ばない気もいたしますが悪いモノではありません。吸い口は程好いミディアム・ライト。悪く無い。悪く無いのでありますがどうしてもコレジャナイ感が拭えないワシ的にはBayou Morningでいいかな、と。まあまだひとボウルしか吸っておりませんので例に拠って後々全然違う事を言い出すかも知れませんが第一印象としては悪く無いの域を出ないというのが正直な感想であります。なあに。まだまだ。まだまだ分かっとらんぞ。

一服しつつコーヒーなどを淹れたりもいたします。業務スーパーで多分新しく出た青い袋のグァテマラ・ブレンドというのを購入してまいりました。分からんのでいつも通りの濃さとやり方で淹れてみましたがこれ、中々に美味しいです。苦みのあまり好きで無いワシは普段はモカ風と言いつつモカが多分ひとつも入っていない赤袋を愛飲しておりますが、そういうワシでも美味しいと思うくらいの程好い苦みでありますね。酸味は赤よりずっと控え目でほんのりとチョコ風の香りもあったりいたします。うむ。これは結構好みでありますよ。赤と併用しましょうね。



2018年11月05日(月) Amphora・Virginia

というワケで開封。
オモチャを購入。中華ネットワークカメラであります。猫が来るのを仕事部屋から監視出来たらいいな、という算段でありますが貧乏なので馬鹿高い代物は買えません。中華カメラにしても安い$16.7というヤツを選択し、昨日届いたワケであります。一緒にタバコも届いたりいたしましたが考えてみると何で日曜日に配達してくれたのでありますかね。タバコ税の回収でありましょうか。カメラが国際書留だったせいかも知れませんですね。どちらにしても有り難い事であります。

早速、開封。見るからにオモチャであります。子供が描いたロボットみたいでありますがこの可愛らしいボディに潜むファームウエアには2重3重の罠が仕掛けられているというウワサもあったりいたしますので油断は出来ません。ホントかな。ホントだと困るので接続してIPが決まるなりルーターでWANとの出入りを拒否に設定。本当はMACアドレスでIP決め打ちに出来ると良いのでありますが我が家のルーター君にはそういう機能は無い様であります。使えねえなNTT。アップデートで対応しろや馬鹿たれ。iCseeというAndroidアプリをインスコすると一発で接続。ちなみに電話へのアクセス要求は却下でも動作いたします。起動する度に警告メッセージが出ますがキャンセルでOK。誰が中華アプリにンなモノを許すもんですか。

画角は720でフレームレートは6fpsと激遅でありますが監視カメラでありますれば充分でありましょう。映像も中々に綺麗です。しっかり首振りもリモートで操作出来るし。動態検知すると何故かカメラ本体だけアラームが鳴るというお馬鹿仕様もありますがこれはソフトの問題であります。ちゃんと映る事を確認し次はPC用のCMSというソフトをインスコ。こちらも一発で接続。機能は充分そうでありますがウィンドウを縮小出来ないのはワシ的には致命傷でありますればどうしましょうかね。手前で作りましょうかね。Wiresharkでパケットを拾い中を見るとどうやらrtspで映像を取得している様であります。試しにVLCにURLを入れるとこれまた一発で接続。イケますな。

で、本日。起きたら寝違えたのか首に激痛が。痛いとても痛い。くそっ。湿布を貼ってなるべく動かない様にしつつ久しぶりにOpenCVをアップデートしとりあえず表示するだけのアプリを作るとこちらも一発。ををすげぇ。まあすげぇのはWiresharkとかOpenCVなんですけどね。それでも自己満足するには充分な成果。動態監視ルーチンを書きつつ一服する事にいたします。モノは昨日届いたAmphoraのVirginiaであります。相変わらずレディ・ラブドとブロークン・フレイクの区別が付きませんが別にどちらでも構いません。気持ち甘い香りのする葉っぱはやや湿り気味でありましょうか。とりあえずそのままボウルに詰めます。点火一発。ふむ。ヘイ・タイプでありながら甘みも良い具合にあったりいたします。酸味はほとんど無いですけどね。味と香りがややチグハグでありますが気になる程ではありません。気持ち舌に当たる感もありますがこれは吸い方のせいかも知れませんです。吸い口は程好いミディアム・ライト。特筆する部分こそありませんが実に無難なブレンドの様であります。あまり味の変化が無いので後半がやや退屈かも知れませんが常喫には充分でありましょう。他のと同じお値段で日本に入って来ると良いですけどね。てか入って来るのかしらん。入って来るといいなあ。

まだ微調整が必要ながら動態監視もまずまずの動作。ふっふっふ。やっぱりワシは天才だった。などと思いつつ夜間の赤外線モードを試していると画面に何やら動きが。しかしアラームは無反応。何じゃこりゃ。黒猫じゃ。こいつ目と輪郭しか映ってねえ。くそっ。どうすりゃええのじゃこれは。全然分からんですよ。馬鹿が己惚れるとこのザマでありますが実際どうしたら良いのでありますかねこういう場合は。何か考えませんと。やれやれ。



2018年10月20日(土) Dunhill復活?

というワケで買い出し@横浜。
良い天気の土曜日。バイク日和であります。着る物にはちょと困りますけどね。厚着には早いし薄着だと寒いし。春秋向けの服と言うモノをほとんど持っていない貧乏人の哀れでありますれば貧乏臭く薄着を選びます。寒くても薄着が粋なちょい悪オヤジを気取りつつ実は貧乏なちょい頭悪オヤジ。大きなお世話じゃ。
まず目指すのは横浜の鈴栄でありまして少なくとも神奈川東部ではワシはここ以外には考えられませんです。スギシマとかもありますけどね。バイクが置けないモンで。などと思いつつ高速へ。横横がもう少し安くならんかなあ。バイクなんか半額でええと思うのでありますけどねえ。そうなるともっと買い出しに行き易くなるのでありますがンな事を考えるのもまた貧乏人ならではなのかも知れません。

少々冷え込みつつ到着。下半身方面からのトイレの要求を聞き流しつつ店内へ。ををまだDunhillがあるじゃん。バージニア系を中心にまだけっこうな在庫がありますよ。もしかしたら現時点では世界一在庫してるお店なのでは無いでしょうか。FlakeEMPを確保し、久々に何か着香モノをとRolandのBDを選択。「Dunhillの在庫凄いですねえ」と言うと「Robert McConnellブランドで似た様なのが出る予定ですよ」とのお言葉が。へえ。スモコレの画像でありましょうか、スマホで見せていただきましたが似た様な色にモジった様な名前の缶がずらずらと。ちょと笑いそうになってしまいましたがうっかり笑うとチビってしまいそうな状況でありましたのでここは我慢。「ただ、味も似ているかどうかは分かりません」とはご尤もでありますがコールハスなら良いモノを作ってくれそうな気もいたしますのでこれは期待出来そうな。全く同じじゃ無くても美味しければ良いですからね。ローンチが楽しみであります。ローンチとは言わんのかな。まあいいや。

ホームセンターとスーパーとガソリンスタンドに寄ってから帰宅。燃料高いですな。どうなっとるのよ。ハイオクで169円/ℓも取られましたが三浦という事で観光地価格なのでありましょうか。173円/ℓというところもあったですよ。困ったモンだ。買って来たモノを整理しながら週末ブレンドのLNFで一服。風邪引いたかなあ。頭痛えなあ。やはり寒いよりは暑い方が良かった様であります。そろそろヒートテックを出さないと。夜も冷えはじめましたしね。電気毛布も出しましょうかね。25℃を切ったらもう冬同然という低体温生物でありますればこれからの半年くらいは毎日が憂鬱であります。あ〜早く夏にならねえかなあ。


 < 過去  もくじ  


うるま [MAIL]

My追加