武ニュースDiary


* このサイトはリンクフリーです。ご連絡はいりません。(下さっても結構です。^_^)
* 引用は、引用であるとわかる書き方なら、必ずしも引用元(ココ)を表示しなくても構いません。
* 携帯からのアドレスは、http://www.enpitu.ne.jp/m/v?id=23473 です。
* 下の検索窓(目次ページにもあり)からキーワードでDiaryの全記事が検索できます。
* バナーは世己さんから頂きました。
* Se inter ni estus samideanoj, kontaktu al mi. Mi elkore atendas vin, antauxdankon!


目次前の記事新しい日記


2009年02月14日(土) ピーター・チャン、涙を流す

前売り券が1枚残っていた「レッドクリフPart1」に行きました。
シネマート六本木。
80数席のスクリーンでに思ったより多い人が、
いい感じに入っていました。カップルが目立ちましたねえ。
どうしようかと思ったけれど、がんばってもう一度スクリーンで
見られてよかったです。

そうなると、あと1回! 「怪人」が見たいなあ……
上映館がかなり少なくなっているし、うーん、20日までに行けるだろうか?

香港の金像奨ノミネート。納得していません。
でも、言うとつらくなりますからねえ。
ファンとしてはお利口にならざるを得ません。が、やっぱり納得はできません。

これは、もう去年の記事なのですが、ピーター・チャンの話が興味深かったので、
長いけれど、やってみます。
特に武のことを言っているわけではないんですが。
ピーターさんの作品があまり好きでない人は読んでも面白くないと思います。
私は、なんか、ああ、そうなのかとわかった気のするところもあって、
大変面白かったです。



ピーター・チャン:
「あのときは、ただ1度だけ、涙をながしたときでもありました」


ピーター・チャン、唯一度、涙を流した経験を語る

大陸の多くの監督たちのように、ピーター・チャンもスタジオを
北京、東三環の万達広場付近に置いた。
今年初め、仕事の中心はすでに大陸に移したと公言していたけれども、
スタジオで仕事が行われている景色は相変わらずない。
午後4時の取材の約束のために3時半にスタジオに着いたとき、
彼はまだ大陸のプロデューサー、黄建新と脚本会議中だった。
4時ちょうど、取材を受けるため、部屋に入ってきた。
1時間の取材が終わると、彼はまた会議室に戻り、会議を続けた。
黄建新はその間、まるまる1時間半、ピーター・チャンを待っていたのである。

「投名状」からこの1年、ピーター・チャンは
香港と北京をひんぱんに行き来していたが、
彼にとって、2008年は思索の1年であった。

「この1年の成果はどうだったかというご質問ですが、
会社の今後3〜5年のきちんとした方針を立てることに
注いだようなものでしたね――1年間本当に何もせず、
じっくり考えるなんてことはめったにありませんよ。
今年の1月から5月までは、
会社の方向を決め、脚本に目を通すことに専念していました」

そして「如果・愛(ウィンター・ソング)」と「投名状(ウォーロード)」の成功と、
さらに香港の映画産業及び映画市場がどんどん先細りになっていったことが、
彼の、北京に大本営を設ける動きを加速したのだった。
「サンドラと娘がちょうど帰ったところです。2人はここに10日間いました。
将来必要になれば、サンドラと娘さえ構わないなら、
北京に引っ越してくることを考えています」

2006年11月25日、北京に初雪が降った。
その夜、ピーター・チャンは、収集した戦争に関する資料映画を
カメラマンの黄岳泰と一緒に見ていた。
次の作品「投名状」の中の戦争の場面の撮影準備のためである。

このとき、「投名状」の製作費は、目標だった1000万米ドルから、
3000万ドルへと膨らますことがもはや既定事実となっていた。
そして彼がジェット・リーのために設定した、従来のイメージを覆す役柄に、
出資者はまだ不安を捨て切れていなかった。
外部の疑惑の目と自分自身の恐れ、これにどんなプレッシャーが加わっても、
彼を徹底的に打ちのめしかねなかった。

このとき、まさに、サンドラ・ウーは、台北のビッグエッグで
第43回金馬奨授賞式に出席中だった。
最優秀監督賞発表までに、「如果・愛」は最優秀映画音楽賞と
最優秀撮影賞の2つしか獲得していなかった。
ピーター・チャンの携帯は、サンドラ・ウーからの短いメールでびっしりだった
――「終わった、終わった、望みなし」。  

ピーター・チャンは台北の会場には行かなかったのである。
1つには仕事があったからだが、もう1つの理由は、
受賞できる自信が全くなかったためである。
だが、今回、その判断は誤っていた。
サンドラ・ウーが電話をかけてきて、監督賞を獲ったと告げたとき、
ピーター・チャンはこらえきれず、はらはらと涙を流した。  (続く)
(音楽時空 2008.12.9)



 BBS   ネタバレDiary   23:00


2009年02月12日(木) ブログ散歩(K-20&RC1)

月刊「シナリオ」誌3月号(発売中)に
「k-20 怪人二十面相・伝」についての批評が載っているというのを読み、
書店で探しました。

    HPへ

↓これですね。

●連載
柏原寛司の映画館へ行こう ―創り手たちの映画評
<ゲスト>秋山豊(監督)
〜アニメ的作品を、見事に実写化〜

脚本家と監督の対談で、最後に取り上げられていますが、冒頭、
「すごく面白かったね」
「面白かったです」
で始まります。ぜひご覧ください。


もう1つ、「黒猫亭日乗」さんのブログで、
「レッドクリフPart1」を論じていらっしゃいますが、
まあ、すごいボリューム!
でも、ものすごく面白い。
映画表現としての「レッドクリフ」論は、楽しいし、刺激的です。m(_ _)m
赤壁はなぜ赫(あか)い」の項、4回連続。
プリントアウトしてお読みになることをおすすめします。


 BBS   ネタバレDiary  23:20


2009年02月08日(日) 最後の鑑賞?&金城孔明

「k-20 怪人二十面相・伝」、ロングランとはいえ、
昨日から上映回数が大幅に減り、どこで見ようか、映画館探しに苦労しました。
はい、1枚前売り券が残っていたのですよ。

この映画は大勢の観客と一緒にハラハラしたり、笑ったりしたくて、
すべて土日で見てきました。
ところが、どこに行こうかと調べてみると、きれいな映画館で
人が集まりそうだったところは、みなレイトショーになってるし、
日中ずっとやってくれるところは、結構寂しげなところだったり、
映画館の構造自体が、さけたいようなところだったり、で、
頭抱えてしまいました。

ローカルな話題ですみませんが、そうしたら、今まで便が悪いと思って
全くスルーだった、ユナイテッドシネマとしまえん、
これが、時間が1回のみなれど、14時半からといういい時間。
それに映画館の評判がすごくいい。
交通を調べると、なんと、1回乗り換えで1時間で行ける。
しかも駅から極近。
たとえ貸し切りでもいい、ひとつ、このいいと言われるところで
(多分)最後の鑑賞をしようと出かけて行きました。

 映画館の正面には……

112席のスクリーン、意外やほぼ埋まり(100人弱?)、
子ども連れも結構います。
地元のきれいすぎるシネコン、という感じなんですけどね。

上映が終わり、明かりがつくと、隣で見ていた若い女性2人が、早速、
「手に汗にぎったねえ」「最後、意外だった〜」「すっきりした」
「見にきてよかった」と言いあい、
前の座席では、小学生の女の子が「おもしろかった」
連れの父親が「すごかったねえ」と話していました。

売店では映画を見てきた男の子と父親がK-20グッズを物色、
私の前にチケットを買って入場した親子3人連れがパンフレットを買っていました。
もう1人、小学生の男の子が母親に「k-20のDVDないの?」と聞いて、
お母さんは「上映してるのはまだ出ないわよ」。

そういう反応を聞いているのも、本当に楽しい。
ほんとにこれで最後かな? 
大体、映画を見ている間はすべて忘れて別世界にいられるし、
その上、これは何度見ても後味いい映画なので、
ずうっと上映してくれていて、疲れたらときどき観に行っては
元気出す、というような役割をしてもらいたいくらい。


「赤壁2」のとりあえずの感想をネタバレに少し書きましたが、
「1」のとき、既に感じたのは、金城孔明は、諸葛孔明役の、
1つのスタンダードを作ったなということです。
今後、三国志の映画なりドラマなりが作られる時、
誰が諸葛亮を演じるにしても、役作りにあたって、
その路線を踏襲するのか、離れるのか、いずれであれ、
必ず避けて通れない存在になったなあと。

者として、金城武の賢さは諸葛亮とほとんど同じだと思います。
撮影現場で、彼の役柄に対する理解度にも演技にも目を開かされました。
クランクイン前、彼は「三国志」「三国演義」を読み、
中国のドラマ「三国演義」に目を通し、大変勉強していましたね。
ただ、本人は非常に物静かでまじめな人なのですが、
私が想像する諸葛亮は活発な人なんです。
そこで、彼には特に、肩のこらないセリフやシーンを与え、
彼自身も心楽しくあってほしいと思いました。
(申江服務導報 2009.1.14より)

監督の思いと指導、金城武の個性と俳優としての力、
それが全く新しい孔明像を生みだしました。
あっぱれ、です。


 BBS   ネタバレDiary  23:30


2009年02月05日(木) 「赤壁(下)」見てきました

今日は「レッドクリフPart2」のプレミアだったのですね。
日刊スポーツ
あちこちで写真が出始めています。
今回はたとえ当たったとしても初めからいけないのがわかっていたので、
なんだか遠い感じがします……




さて、やっと時間ができましたので、簡単にご報告を。
台湾の「赤壁/決選天下」、公開日から半月が経っていたので、
宣伝などはもう期待しないで行きましたが、
なんと! 西門町は、去年と同じくらい赤壁尽くし。

同じ場所に赤壁門が建ち、


近寄って見ると柱は船を模していて、わら人形が……


通りには、登場人物の柱(?)がずらーっと並んでいます。


のぼりも。


映画館で。


地下鉄の入口に。



ついでにオリンパス武も発見!


こんな足もとに……




写真を撮りそこないましたが、「怪人」バスを1度だけ目撃しました。
帰国の日は春節の休暇が明けて仕事始めの日でしたので、
オフィスの前にこんなようなお供えの壇がしつらえられ、
ちょうど映画のクランクインのときのように
従業員が拝み、その後爆竹が鳴らされていました。
あちこちから聞こえる爆竹の音を、初めてホテルの中で聞いたときは
シャッターを開ける音かと思いました。外に出て了解。

ここ↓はお菓子がほとんどだけど、果物のところも。




肝心の映画ですが、映画館は満員で、ときどき笑い声も起こり、楽しく鑑賞。
上映時間は1と同じくらいだと思いますが、1以上に時間を忘れました。
あっというまに終わった気がします。
ということで、まず安心して楽しめるでしょう。
ストーリーはかなりオリジナル部分が多いので、
ジョン・ウー版三国志、物語を楽しむべき映画ですね。

小喬の出番が多く比重が大きすぎるのではないか、という不安(?)も
あるかもしれませんが、多いことは多いけれど、それほど気になりませんでした。
(小喬という役そのものについては考えること少しあるけれど……
それはネタバレで)

ファンとしては当然、孔明の出番や見せ場が気になるわけですが、
何しろ、この映画で一番目立つのは何と言っても火攻めの戦いそのものですから。
矢だったり、投石だったり、次から次へと繰り出されて(敵味方ともに)、
呆然としているうちに話はどんどん進んでいきます。

この戦いに直接参加しない孔明は、
をの間は、2度ほどクローズアップがあるくらいですが、
それ以外のところでは、十分出番も見せ場もあったように感じました。
いやあ、今回も素敵です。(これもネタバレで)

とにかく安心して見に行ってください。
ネタバレで……と何度も叫びましたけれど、画像アップに手間取り、
今日は時間切れ。


 BBS   ネタバレDiary 23:30


2009年01月30日(金) 「投名状」公式サイト、オープン

お知らせいただきました。m(_ _)m
いよいよですね。
内容は、先日写真だけチラとご紹介したプレスシートと同じです。
一応、ウォーロード公式サイト


明日からごく短期間ですが、台湾に行ってきます。
15日に封切られた「赤壁2」ですが、まだまだ宣伝をしているとのことで、ほっ。
あれやこれやを忘れ、ひととき、三国志の世界に、再び遊んできます。
(このところ、気分は怪人、でしたから)


 BBS   ネタバレDiary   22:00


2009年01月29日(木) 爽やか画像

サッポロCMの写真宅配で今朝は起こしていただきました。さわやかな目覚め〜

サッポロHP→会社概要→ニュースリリース→冷製札幌新発売のお知らせ→拡大写真2
のルートで、爽やか画像が現れます。拡大するとかなり大きい!

みなさん、ご覧になったころ、ここに貼ろう!♪
(ただ、私はビール、ほとんど飲まないのよねえ…)


 BBS   ネタバレDiary    7:10


2009年01月28日(水) 新CM!

絶好のタイミングで新しいCMに出演!
今日は風邪のため早退し、湯たんぽを入れて寝ていたところに、
お友達からこのニュース速報!
というところで、確かめに起き出してしまいました。

3月25日発売のサッポロビールの新製品です。→ 日経プレスリリース
Dolphinさん情報ですので、いろいろリンクはそちらで。

いまや巷では「レッドクリフ」の金城武、ですし、
このCMもその効果の1つに違いないでしょう。
ピンチヒッターで出演することになった彼の運の強さを
お友達とも言い合いました。
(ひょっとして、日本での撮影って、このことだったとか……??
それとももっと早くに撮影するものかしら?)

確認したので、また寝ます……


 BBS   ネタバレDiary   22:50


2009年01月26日(月) ファッション誌の表紙を飾った男性スター

捜狐娯楽のサイトで、2008年の雑誌を振り返り、
誰が表紙に登場したかを見た記事があります。
男性誌では、「エスクァイア」「メンズ ウノ」「バザール」といったファッション誌が中心で、
中華芸能界の男性スターでは金城武が2008年はきわだっていた――とのこと。

こちら

金城武 2008年のファッション雑誌表紙王

単に回数だけで言うなら、金城武は、2008年のファッション雑誌の表紙を
最も多く飾った中華男性スターとは決して言えない。
しかし、もし登場した雑誌のグレードで言うと、右に出る者は一人としていない。
「VOGUE」「GQ」から「marie claire」まで、ことごとくトップクラスのファッション雑誌である。

映画では、2008年には「赤壁」「死神の精度」
「怪人二十面相・伝」など、多くの映画が公開された。
またCMキャラクターとして、エンポリオ・アルマーニの
初のアジア地区男性イメージキャラクターを務めたことで、
その名に恥じないファッション王となった。
エンポリオ・アルマーニをまとって大雑誌に登場すれば、そのままブランドの最良の宣伝だ。

雑誌の表紙への登場数がかくも少ない理由としては、
まず、金城武の雑誌グレードへの要求が非常に厳しいことがあげられる。
2つめに、専属のスタイリストとカメラマンによる日本での撮影でないと引き受けないからだ。
そのため、もし雑誌用に金城武の写真を撮りたいと思ったら、日本まで行ってやるしかない。
その費用は普通の雑誌社ではとても負担できない額である。
また、そのために毎年決まった金城武といつも仕事をしている、いくつかの雑誌だけが、
彼を表紙にすることになる。
数は多くはないが、品質は保証できる。


 BBS   ネタバレDiary   23:30


2009年01月25日(日) 外灘画報から赤壁関係

「赤壁2」はどうやら「1」よりも面白いと評判のようですね。
ストーリーはかなりオリジナルな要素が強くなっているようですが。

「2」関係で中国の雑誌や新聞にいろいろ記事が登場している、
その1つ、「外灘画報」という雑誌に結構長い記事が載っているそうです。
つい先日までサイトに表紙と記事がありましたが、今日見たら、
もう新しい号に変わってしまったみたいでした。
でもここで読めます。
写真は違うものでしたが。


     

内容は、これまでのいろいろな記事から抜粋して構成したようなもので、
あまり新味はありません。
インタビューもありますが、それも大体いつもの内容。
ただ、一部、読んだことのない部分もあり、そこだけ抜き書きします。

(前略)
ョン・ウーはもともと、諸葛亮のイメージを
演義とは全く違うものにしようと考えていた。
扇は持たず、神通力もなく、しかも甲冑を着て戦場に立つ。
特に、諸葛亮のトレードマークである鵞鳥の羽の扇は、
彼は本来周ユのものだと考えている。
というのは、史書には言及が一切なく、一方蘇東坡が「赤壁の賦」で、
周ユの描写に「羽扇綸巾」という言葉を使っているからだ。
そこで、初めのストーリーでは、赤壁の戦いの後に、
周ユが諸葛亮に記念として贈ることになっていたのである。

金城武は監督と何度も話し合った。
彼は扇は小道具として残しておくべきだと思った。
特に、南東の風を起こすとき、もし扇がなかったら、
その美的感じを画面として表現するのが非常に難しくなる。
結局、監督が金城武に説得されて、ガチョウの羽扇は残され、
諸葛亮が馬に乗って戦うシーンは削られた。

脚本の陳汗は、ある朝6時に金城武のアシスタントが、
金城武が脚本の役について少し話をしたがっているので、
来てはくれまいかと電話してきたことを今でも覚えている。
空はまだ暗かった。陳汗が金城武に会ったとき、
彼はすでに自分の車の中にいた。
そしてメイクの準備をしながら、自分の役について新しい考えを話し始めた。
「彼は本当に勉強家です。
朝早くから脚本のことを相談したいと言ってくる俳優はめったにいません。
今、この役は論理的にも、造形的にも、よりみんなに受け入れられやすいものになりました。
金城武自身がものすごく考えましたね」と陳汗は語った。(後略)


戦場に出ないと、自分の出番が減るのにね。

ところで「k-20」の上映が延長されたとはいえ、映画館は大きく変わってしまいそうなので、
まだ残っていた東宝の前売り券消化のため、日劇に行ってきました。
この映画、見た後が気持ちいいですね、何回見ても。
特にラスト近くに平吉と葉子の別れがあるのが大きいかも。
本当にベタで、次に何があってどうなるか、予想すればできるシーンなんだけど、
それを2人ともとてもうまく演じているから、心地よさになる。
ちょっと切なくて、でも悲しいとは言い切れなくて。
何度見ても新鮮です。
実は癒しの映画なのかも。



 BBS   ネタバレDiary   23:20


2009年01月23日(金) 「投名状」@日本 動き出す

マスコミ試写が始まっています。
プレスシートを同僚がくれました。
          










拡大できます。

折りたたんであり、開くと右のようになります。
もう一折り、裏に折り返してあり、
全面に写真の解説が印刷されています。


 BBS   ネタバレDiary 1:00



前の記事あさかぜ |MAIL

My追加