/ 目次 /
普通の生活 2009年10月10日(土)

明日が果てしなく長ければ
僕たちは待つことをしなくていいのに
夕暮れは恐ろしく残酷
繋いだ僕たちの腕は
細く長くはしごのように
揺れる
僕は思っているんだ
この影さえ僕たち自身さえ
赤く染められればいいと
すべてが実体のない色になって
僕たちは地球の体液と化すんだ
流れていく
僕の思い出が君に変わるたび
君の思い出が怖くなる
僕はここにいるのに君の中へ侵入する
許可のない僕たちの親交は
まるで戦争みたいだ
平和な日々を君が望まないでいてくれれば
僕はそう思っているんだ
夜が夜のように僕らを包む
僕が君を包む君が僕を包む
衰えることのない時間が
僕は怖い
どうか目が覚めたら永遠を





↑エンピツ投票ボタン
My追加

感想等、お願いします。




熊野ポーラ
mail home