/ 目次 /
殺意 2001年09月30日(日)


どんどん残酷になっていく
可愛くなくなっていく
恐ろしくなっていく
誰かを殺しそうになる

ねえ
止められると思う?
君が被害者だというのに




呼吸 2001年09月28日(金)

僕の言うことを信じたもう
僕のことを信じたもう
僕の心を信じたもう

疑うなよ
息ができなくなるぞ




そういう風に生きるのです 2001年09月27日(木)

ときには傷つき
ときには悲しみ
ときには喜び
ときには嬉しく

そういう風に生きると
決めたのでした

だけど怒ってばかり
人間怒ってばかり
細胞分裂が激しいだけ激しく終わって
老化も激しいだけ激しく進んで
そんで死んじまう
忙しい人間

明日は今日と同じ
今日は昨日と同じ
そんな風に生かされている人間なのです




流れ 2001年09月26日(水)

ツマンナイとか
ダサイとか
いったい誰が決めんだか

格好良いとか
可愛いとか
いったい誰が思うんだか

始まりも
続きも
全部流れに乗っちゃってさあ
わかんなくなってんじゃん

すべて流行滑り
結局自分は何処なワケ?
自分の原初は何処なワケ?
あんた
本当に自分なワケ?




誕生日 2001年09月24日(月)

愛してるとか
甘ったれた上っ面だけの言葉なんて
いらん

ちゃんとした
言葉を
態度を
何でもいいのさ
どうにか僕を抑えてくれ

お金もない
地位もない
何もない
何も探せない

確かに今日は
僕の誕生日だっていうのに




疑問点 2001年09月17日(月)

大好きだと言ってんじゃないか
君だけだと言ってんじゃないか
永遠に永遠に永遠に
そう言ってんじゃないか

それしか僕の思いはないじゃないか

なのに
君は僕の気持ちを
真っ先に疑うばかりじゃないか




馬鹿 2001年09月15日(土)

他人に気をつかって
エンヤコラ
お疲れ様モード

今日も頑張りましょう
てめぇに声かけられても嬉しくないやい
つまんないジョークやめましょうや

でも
結構あんたのこと好きかもねー
なんて思い込み
溜め息でかくて
今日もやってけんでしょうかね

だけども
やっぱりこのまま過ごしていっちまうんでしょうね
頑張っちゃうんでしょうね
うん
人間みんな馬鹿者なのよ




たいふーん 2001年09月11日(火)

台風が近づいてきました
暴風
波浪
警報です

ニュースを聞いて
僕は学校の授業を受けていた

つまんねー
つまんねー
くそつまんねー
早く帰りてー

雨は嫌いだ
僕を受け止めてくれない
僕を振るんだ

今日は午前授業です

先生の
上っ面な優しい声
気をつけてねってなんだよ

合羽を着て帰るか
チャリこいで帰るか

嵐が僕にまとわりつく
雨雫が
涙みたいに頬を伝う




人間らしさ 2001年09月10日(月)

1人でも生きられる
大丈夫だと思った
だって実際
そういう風に人間はできてるし

だけどね
寂しいんだよね
だから
誰かと生きようとすんだよね

くだんないとか
馴れ馴れしいとか
はっきし言って
そっちのがガキっぽいよ

求めあえ
それが一番
人間らしいんだろう




何処 2001年09月09日(日)

幸せの反対コトバが
僕を責めたてる

原因はもう闇に埋もれたから
理由はもうすべて焼き尽くしたから
君を奪うこともないのだよ

さて何処へ行こうか
着いてくるか?
着いてこないか?
その泥だらけの足を
引っ張っていらっしゃい




待つ 2001年09月08日(土)

何か楽しいことはないかと
待ち続けていたんだ

この
クソつまらない人間たちに
期待しながら




永久 2001年09月06日(木)

例え其れが不味くても
私は其れを絶えず欲する

もっと近付けて
もっと近寄って

愛を垂れ流し合いましょ
寄り添いあって
永久に永久に永久に




夜中 2001年09月05日(水)

ムショウにムカツイテ
すべてをぶっ壊したくなって
どうでもいいから眠りにつきたくて

ごろごろごろごろと
自分をかき回す
舐め回す
甘やかして
どうにかしてくれと叫ぶ

丑三つ時をむかえても
僕はとり目
誰かとくっつきあってたくて
何かを探す

もうどうにでもしてくれ
どうか
僕を殺めてくれ




小春日和 2001年09月04日(火)

温かな日を与えましょう
いつか君が空に帰るように
地に僕が着くように

残酷な闇を葬りましょう
花を咲かせましょう
色を染めましょう

季節はずれの桜を咲かせて
僕を
君を
祝ってください





↑エンピツ投票ボタン
My追加

感想等、お願いします。




熊野ポーラ
mail home