広島弁
DiaryINDEXpastwill


2003年06月30日(月) 親分と宗教

今日会社に宗教法人の方2名がお越しになった。

『人間のストレスとは・・・』と話始めた。

親分がその女性に対応した。

親分は固まって、めずらしくその話をじっと聞いていた。

女性が帰った後、

親分「ふーーんストレスで・・・そういう世界かぁ・・・」

何か心うたれる文句でもあったのだろうか( ノェ)コソーリ

神妙な顔つきで渡されたものを見ている。

親分「○○さん?一緒に宗教団体作る?」

まこ「儲かりますよねぇ。。。」

仕事をしながら呟いた。

親分「今加入したら、幹部よ!幹部にしてあげるけー!救済活動もせんでええよ」

親分「お布施を集めるのは、下々の民がすればいいのじゃぁあ」

がっはっはっは

親分は、大笑いしながらその場を去っていった。



宗教団体の彼女らも、くそ暑い中歩き回った果てに、とんでもない人に

説教をしてしまったらしい(- x -)ボソッ







2003年06月29日(日) 面白親分

日曜日だと言うのに、嬉しげに仕事に出てしまった(゚皿゚)ノ

今日は女の人2人とも休みなのにも関らず

ペーペーのわしがどうして出なあかんのや(゚皿゚)ノと思いながらも

楽しそうな顔をして(o・ェ・)ノおはようございますと行ってしまった。

家の集配所の上の人は何故だか超おもしろい。

いつもヘラヘラぎゃはぎゃは笑っている。

何気にトークも冴えている。

今日は、破損事故があった。

お客様からクレームがあったと、集配所に電話がかかってきた。

親分にそれを言うと、すぐに電話をかけてくれた。

なんて優しいんだ( ノェ)コソーリ

そしてドライバーさんに荷物の引き揚げに行ってもらった。

ドライバーさんがその破損した物体を持って帰ったら

「もしかして、蹴り回したんじゃないんねー」

「手で持たずに足使ったんじゃろーー」と・・・

そして、中身を取り出した。

中には古い急須が入っていた。

それを手に持ち固まった親分は、

笑いを超かみ殺しながら、

「んーーーんーーーー古いねーーーー」

「○○さん家にこんなんあるじゃろー?」と

あたしの家の急須を代用しようとしていた。

その顔とその言い方があたしのツボに入り、事務所で大笑いしてしまった。

とにかくこの親分のおかげで、事務所は本当に明るい。

ドライバーさんたちも笑顔が絶えないと言った具合だ。

意地悪な人もおらんし、超ラッキーだったかもしれない。

日曜日出勤じゃなければな( ノェ)コソーリ







2003年06月26日(木) お掃除人生の幕開け

あたしのお掃除人生はまた幕を明けました。

窓ガラスを前面清掃し、そして女子トイレ・・・

今日は換気扇と流しまわりを、持参した激オチ君を使い

3時間近くかけて掃除した。

何年も掃除してない事務所の埃は、あたしを振るい立たせるに充分すぎた。

明日は男子トイレにチャレンジする。

あたしは一体どこへ雇われたんだ?????(-"-)????







2003年06月25日(水) 件名「妖怪」

『妖怪』

と言う件名でメールが届いた。

送り先は、他でもない。。。我が父。

なにやら添付ファイルがついている。

メールを開いてみると、そこには、

我が母が、真っ赤なドレスに身を包んで立っていた。

あたしは恐怖に包まれた。。。。。。

こないだ結婚式を挙げた、式場で、

「60歳以上のミセスさん ドレスを着て写真を撮りませんか?」

と言うこの世のものとは思えないような、

恐ろしい企画に乗ってしまったものだった。

あたしは自分を棚に上げ、担当者に

「気分悪くなりませんか?」と問い合わせをした。

「止めとけ」の説得も空しく今回のような大惨事にまで発展。

きっと兄がこの写真を見たら、剣幕になって怒るに違いない。

冥土の土産になったと思って、許してやって欲しいと願うばかりだ。

あたしはとりあえず、腹の奥底から笑えたので、

ま・・・ありかもしれない。







2003年06月23日(月) 数回目の初出勤(///(エ)///)

パート生活が幕を明けました。

身内内で『いつまで続くか?』の賭けが開催されました(。-_-。)ポ

朝8時からと言うこともあり、少々朝がきびしくもありますが

昼1時には終わってしまうので、お茶の子サイサイです♪

女の人が数人いるので、少々ヤな感じはしたものの

苛めキャラもいないし、タバコも吸い放題で結構良い職場かもしれない。

上の人はお笑いキャラで、あたしが仕事場について3時間後ぐらいに

「そろそろ仕事には慣れましたか?」と聞いてきた (-ω-;)

「い・・・いえ」と答えると

「そりゃーそうよね。もう慣れたって言われたらどうしようかと思った〜」

と大笑いして去って行った (-ω-;)

わしを、からかう為に合格させたんか貴様(- x -)ボソッ

仕事は単なる電話受付と、荷物の受け取りのみ。

なんで採用したのかさえ、未だ不明だ????(-"-)????

暇すぎて、また掃除婦になりそうな予感だ。

あたしは希望職種を『掃除』に変えた方が良いのかもしれない(*ノェノ)







2003年06月21日(土) 超おせっかい。。。

いつも行くスーパーへ買い物へ行った。

あたしの前にお婆さんが並んでいた。

お婆さんはにんじんの袋ひとつを買い、店員さんに

「掃除機の袋はどこにありますか?」と聞いた。

レジのお姉さんはいつもの笑顔で

「1番レジのコーナーにございます^^」と答えていた。

お婆さんは「わかりました」と答え1番レジの方へ

マニュアル通りの対応だろう。

あたしの番がきて、レジを済ませ1番コーナーに向かった。

案の定婆さんは立ちすくんでいる(||´д`)o=3=3

掃除機のゴミ袋を見つけ出し、婆さんに手渡した。

婆さんは「ありがとう」と、とても喜んでくれた。

80以上の高齢者に、あんな隅っこにある商品なんぞ見つけられるわけもない。

だからと言って、買い物客であるあたしが口を出すのも。。。

と一瞬ためらいはしたが、耳に入ってしまった以上

ほおっておけない。

超おせっかいの血がうずうずした(。-_-。)ポ

一日1膳になったのかしら?(´△`)アァ-







2003年06月19日(木) 現実逃避

4日間相方は雨により、仕事がなかった。

このまま路頭に迷うのだろうか・・・と日々不安は増してきていた。

ましてや、あちゃらさんとの家族関係もうまく行ってない。

毎日ハイローに明け暮れて、現実逃避を図っていたのか・・・?

雨がザブザブ降っている。

ええ加減ダムも溢れるんちゃうけ?ぐらいの勢いだ。


傘をさして、買い物に出かけた。

ふと

長靴を履いて思いきり走りまわりたい

衝動にかられた。

自分ではどうしようもない現実。

変えられないもどかしさ。

あたしは、ボケていくお爺ちゃんお婆ちゃんの気持ちを痛感した。







2003年06月18日(水) 肛門から流れ出る膿

連日の相方の休み。。。

野タレ死にまっしぐらコースか!!!

あたしのパートも来月からになってしまった( ̄⊥ ̄lll

本当に殺す気か?(● ̄(エ) ̄●)

まぁいい。

とりあえず雨はしのげる屋根はある( ̄^ ̄)

とりあえず仕事がないので、実家に帰った。

相方はいつものごとく近所のパチ屋へ。。。


ももちゃんの肛門から、うん○の汁のようなものが出て悪臭を放ち、

赤く爛れていた。

消毒を3日続けたものの治る気配もないので、先生に見せに行った。

ももの寿命か・・・と心配になった。

父が「安楽死させてやれ〜♪」と言ったので

「じゃー貴様も安楽死じゃの(- x -)ボソッ」と呟いておいた。

先週の日曜は父の日だったので、プレゼントにちょうどいい。

病院に着くと閑古鳥が鳴いていた。

先生が出てきたので「先生肛門が・・・」と話し始めた(*ノωノ)

先生がテッシュを持って、ももの肛門を搾りたおした。

するとそこにはすごい量の茶色の汁。

「先生!重い病気ですか?」と聞いたら、先生は

「なんちゅうことないよ〜こりゃ〜ようあるんよ〜肛門膿って言って

みんななるんじゃけ〜」と笑いながら言っていた。楽しそうに(- x -)ボソッ

とりあえずももが死ななかったので、ほんまに安心したヽ(・∀・)ノ

診察の間中、怯えてあたしの体に爪を立てていたもも。

我慢してキャンとも声を発しなかったもも。

車に乗せ振り返ると、何事もなかったかのように、奴は笑っていやがった。←マジ

本当にラブリーな犬だ(うっとり)

そろそろももは死んでしまうかもしれない。

あいつが死んだ暁には、体の水分全部出てしまうほど、泣き続ける自信がある。

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

考えたくないいぃぃぃぃいぃい

じゃ・・・考えんようにしよっと(≧∇≦*)ぶぁっはっはっ!!







2003年06月16日(月) 大遊び?人生?

朝から産婦人科だったε-(ーдー)はぁ・・・

先生から人工授精をすすめられた。

そうまでして子供を作って、大きくなって

「くそババア(゚皿゚)ノ」なーんて言われた日にゃー目も当てられない。

あたしの子宮は殺菌作用が高く、何かが入ってくると

ばい菌と判断して、容赦なく殺してしまうらしい(-ι- ) クックック

今年いっぱい先生の言う治療をして、ダメだったらすっぱり男らしく

諦めようと思う(。-_-。)ポ

それから前の会社の友達が遊びに来た。

今日は雨だったので相方も休み。

3人で近所のバイキングへお昼を食べに行った。

980円で食い放題とあって、人がめっちゃ多かった。

焼肉、寿司、デザート、アイスクリーム、綿菓子

あたしはあんまり量が食べられないので、食い放題で元を取ることは出来ない。

でもそこには綿菓子があり、綿菓子を4個も食った。

子供が集中している綿菓子コーナーに何度も並び、綿菓子を作っては

食い作っては食い。。。と1人の世界を満喫した(。-_-。)ポ

あんまり味はいい方でもないが、よその食い放題と比べるとうまかったような

気がする。

お昼から鬼のようにおなかが膨れたので、眠気がすごかった。

友達が帰ったあと相方と2人爆睡した。

・・・って平日にこんなことでええんじゃろうか?( ̄⊥ ̄lll







2003年06月15日(日) 大負け(ノω;)

土曜日の夜から実家に泊まり、明朝からのパチに備えた。

母親を誘ったものの・・・これが裏目に出ようとは・・・(ノω;)

相方と2人でまた並んだ。

シャッターが開くと相方が「走れ!」と言ったので走った(。-_-。)ポ

新台狙いの婆さんを、とりあえず抜け!と言うことだった。

婆さんよりは若かったので難なく、抜けた。

母と自分の2台を取った。

母の台は2500円と言う小額で、10連( ̄ヘ ̄メ)

一方あたしの台は600回して単発2連だった。

頭から血を吹きそうな勢いで、次々突っ込み

かなーり負けちゃいました

今までの勝ちが・・・o(T(●●)T)o

今月はもう行かないぞ・・・

来月絶対パチ屋を泣かしてやるぞ( ̄‥ ̄)







2003年06月14日(土) 小銭収集か・・・(- x -)ボソッ

今日は実家に帰った。

元々あった持病が出てしまって、連日玉と戯れるだけ戯れて

実家近くの店であっても、顔も出さない日々が続いてましたので(。-_-。)ポ

今日は行かないぞ( ̄ヘ ̄メ)と心に決め、ラブリーももちゃんと共に

ビーチボールバレーをして遊んだ。←ちゃんと鼻で返す。

ももと遊んで疲れてあんま機に座り、日頃の疲れ←ハイローだろうと思う

を癒した。

なんだか眠たくなったので「家に帰るわ」と母に言ったところ

「(・ω・)?行かんの?」と言われ

一気に目が覚めたね(≧ω≦)b

それから新台の「祭りがあくまで打つな(゚皿゚)ノ」と母に指示し

その列に張り込ませておいてトイレへ行った。

戻ったら母が2台祭りをおさえていた。でかした(- x -)ボソッ

3500円で確変をひいたものの

夕方帰る時は6回かけて1200円の勝ちしかなかった(ノω;)

もうパチンコなんかやるもんか!( ̄ヘ ̄メ)嘘ぴょん(- x -)ボソッ







2003年06月13日(金) 電気工事屋さんと・・・

今日は相方が休みだった。

これで今週は2日目だ。

また放浪でもさせる気か・・・( ̄。 ̄ )ぼそっ

今日はそれと待ちに待った電気工事の日。

この建物は超古い為ブレーカーが1個しかなく

夏になって、エアコンと電子レンジをつけていると即『暗闇ご招待』状態だった。

朝8時30分に電気屋さんが来て、作業開始の報告を受けた。

「午前中は外の作業なんでどこへ行ってもいいですよ^^」

と言われたので、調子に乗ってパソコンをしていた。

「午後から1時間電気を止めます」と言われたので、ハイローが出来ないことに

悲しくなった(ノω;)

相方は整体へ行き、その後「パチへ行くヽ(・∀・)ノ」とあたしを残し

嬉しそうに出て行った。

暇やんけ( ̄ヘ ̄メ)

電気屋さんに・・・と思いジュースを買いに自販機へ出た所、

電気屋さんの奥さんと思わしき女性がいた。

その女性は退屈そうに外へ立ったままだった。

「ジュースどうぞ(ニコ)」と渡し、

「奥さんですか?」と聞いてみた。

すると電気屋さんが

「そうよねーー奥さん使ったら無料じゃけーねー」と笑いながら言った。

あたしも足場の2階部分になると急速にやることがなくなり

足場を運ぶ以外、突っ立っているしかなくなる。

「小汚いですけど、中にどうぞ(大笑顔)」

こうして奥さんを拉致し、1時間の退屈な時間を

楽しいお喋りで終わらせることが出来た。

「何座りこんどんや( ̄ヘ ̄メ) 」とご主人の方は怒っていたが

「無料じゃけーしょうがないですよΨ(`∀´)Ψヶヶヶ」と笑ってごまかしてみた。

工事は予定時間より1時間早く終わり、2時に終了した。

それから掃除を済ませ、相方がいるパチ屋まで行った。

結果は3時から10時30分までで、4000円の勝利しかなかった。

アホらしいとはこのことだ(ノ_-。)頭痛・・・







2003年06月11日(水) いやいや健康診断

パートにも関らず健康診断をして来いと言われた(・ω・)

広島市内の指定されたとこまで行った。

指定されたとこは、企業の指定診断病院として多く利用されているようだった。

あたしは受付時間の10分前について、順番は4番だった。

また無料週刊誌を読んでいて、顔を上げたら

かなーりの人人人になっていた。

早くついとってマジえかった。

ひと通りの検査を終えて待っていたら、最後に先生の診察です。

と言われ診察室に入った。

先生は血液などの数値を見て、

「うーんちょっとこれとこれと気になるね」

今まで健康診断でひっかかったことがなかったので、軽く驚いた。

でも先生は

「まっこれくらいなら・・・面倒くさいしええにしよっ♪」と

異常なしのハンコを押しまくっていた。

もちろんあたしも何も追及せんかった。

ってかこいつとは気が合うかも・・・と思った。

何はともあれ、病床の爺さんのような意見ではあると思うが

自分の体は自分が一番
よう知っとるんじゃ(- x -)ボソッ


・・・と・・・呟きながら帰路についた。







2003年06月10日(火) 異常嫁?( 。-(ェ)-。)ポッ♪

「あんた・・・咲いたじゃないのぉ〜えかったね〜〜〜」

大きな声で、身振り手振り・・・

振り向くとそこに相方が凍りついたように立っていた。

出ていったと思った相方が忘れ物を取りに帰ってきていた。

そう花と、朝からトークをしてたの( 。-(ェ)-。)ポッ♪

やっと奴は嫁の異常ぶりに気がついたに違いない(● ̄(エ) ̄●)







2003年06月08日(日) グロッキー農作業

12時間座りっぱなしだった為、足は筋肉痛、肩はこりまくり・・・と

散々な朝を迎えた。

年はとりたないのぅ・・・( ̄。 ̄ )ぼそっ

すんごい眠気の中、母との約束だった農作業へ向かった。

田植えまっさかりの今、今日田植えしたら軽く死ぬぞ・・・と思ったが

とうもろこしちゃんの草抜きで、命拾いをした(。-_-。)ポ

昼過ぎまで草を抜いて

「今日は帰るぞ(- x -)ボソッ」と言い残しグロッキーな調子で帰った。

もうお風呂に入って寝よう・・・と心に誓っていたが

ハイローの誘惑に負けてしまい、やっぱり気がつけばパソコンの前にいた。

あたしはきっとハイローとパチンコで日々寿命を縮めているに違いない。







2003年06月07日(土) うはうは日曜日゚+.(・∀・)゚+.゚

ひゃっほ〜〜〜〜ヾ(≧∇≦*)〃ヾ(*≧∇≦)〃

朝から噴いた噴いた。

5000円で18連荘ですぞ・・・( ̄。 ̄ )ぼそっ

必殺仕事人 万歳!

8時15分からアホみたいに並んだ甲斐ありました ええ(///(エ)///)

昨夜は兄夫婦と共に11時頃まで居酒屋で飲み食いし

少々グロッキーだったにも関らず、明朝6時に

耳元で「仕事人仕事人仕事人仕事人仕事人仕事人仕事人仕事人」と

連呼され叩き起こされたε-(ーдー)はぁ・・・

せっかく給料が入ったのに、速攻なくなるのはヤダなぁ・・・と思いながらも

気がつけばその気で用意をしていた(。-_-。)ポ←軽い病気

並ぶところに屋根はなく、朝からサンサンとさすクソ眩しい太陽に

こんな暑い思いまでして負けたら浮かばれんのぅと並んだおっさんと話しながら

開店を待った。

ほんまに、真夏の太陽に干からびていくミミズの気持ちを痛いほど知った。

連荘がはじまりヒマだったのでネット友達のともにメールした。

まこ『朝からミミズがひからびていく経験した甲斐あったぞー!

5000円で11連ゲッツだぁーヾ(≧∇≦*)〃』

返ってきたメールは

とも『景品でカニをゲットして送ってこい・・・( ̄。 ̄ )ぼそっ』

まこ『やだ・・・( ̄。 ̄ )ぼそっ』

とも『3000円送金しろ・・・( ̄。 ̄ )ぼそっ』←生活苦

まこ『お・こ・と・わ・り(照)』

とも『全部のまれてしまえ!』←貧乏人のジェラシーでしかない(- x -)ボソッ

ここでまた確変をひき忙しくなったのでほおっておいた。

とも『ジュースガノミタイ。120ソウキンモトム』←同情をひく為か半角カナ文字だった。

まこ『ナマミズノンデゲリデモシチャイナ』

とも『スデニノンデハラヲコワシタモヨリ』←最後のリが意味不明だった。。。

まこ『メデタスギ』

引き続く連荘とこのともからのメールに含み笑いが止まらないわしであった。

・・・が・・・その後、相方が20連荘し、本気で憎悪を抱いた( ̄ヘ ̄メ)







2003年06月05日(木) 朝から・・・踊るo( ̄・・ ̄o)))=3

ワイドショーを見ていて、

そろそろ『踊る大捜査線』ザ・ムービーが始ることを思い出した。

踊るフェチのあたしは絶対に劇場に見にくぞ====

朝からワクワクする←ほんまに安い女だ(- x -)ボソッ

相方に「犯人は岡村よ」と大威張りで言うと

「なんで最初にそんなこと言うん!!!」と怒られた。

「・・・ってか全国民がそんなこととうに知っとるがな( ̄ヘ ̄メ) 」

何はともあれ超楽しみであーる。

とりあえず何が何でも7月19日まではゾンビのように生き延びてやる( ̄‥ ̄)=3

あ!それとやっとパートが決まりましたよ〜〜〜〜ヽ(・∀・)ノ

ってか今回は1回で決定。

でも昨日の夜に派遣会社から電話があり、こないだ行ってた所から

仕事の依頼です。。。と言われた。

時既に遅しε-(ーдー)はぁ・・・

750円と900円・・・もったいねーーーーと思ったが

派遣はちょりっとで終わってしまうのでまいっかと言う感じだ。

それと不妊治療に行った。

卵管造影と言う検査だった。

痛いんじゃ!ドあほ!

まぁ痛いのはええ・・・

9時に言って12時30分に帰るってあーた・・・

ちょっとしたパート勤務じゃねーの〜〜〜〜〜

自分はこんな年にもなって『出来ちゃった結婚なんて絶対に嫌!』って思って

いたが、出来ちゃうんだから出来ちゃった結婚も捨てたもんじゃーないな

と考えが変わった(。-_-。)ポ

なんか今日は文章がぐちゃぐちゃだろうな・・・いつもか・・








2003年06月04日(水) パート面接

ちょっと忘れていたことが・・・

そう言えば近所の運送会社にパート面接に行きました( 。-(ェ)-。)ポッ♪

ほんに・・・軽い痴呆(- x -)ボソッ

たかがパート事務なのに、2時間くらい拘束され

計算など簡単な試験をさせられた。

肩はもげそうになるし、受からんでもええけー帰らせてくれ〜〜〜〜

と思った。

計算は鬼のようにあって、暗算しながら下一桁をアホみたいに書いていくと

言うものだった。

あまりにも疲れた為、何故だか途中から笑いながらやってしまった( ̄w ̄)ぷ

面接してもらい、落ちるのは構わないが←軽く慣れっこ

2時間も拘束の末、落とされた日にゃー死んでも死にきれない( ̄‥ ̄)=3







2003年06月03日(火) 先生ってば(● ̄(エ) ̄●)

去年通院してそのままになっていた不妊治療を再開した( 。-(ェ)-。)ポッ♪

ほったらかしにしていた為、先生に怒られるんだろうか・・・

はたまた飽きれられるんだろうか・・・と思いながら

病院へ行った。

その病院はすごく大盛況でいつも何時間も待たされる。

やっぱり2時間は待ったかな・・・( ; ̄ω ̄)ゞ

ここぞとばかりに無料週刊誌を読み漁ったぞ(- x -)ボソッ

順番が来て、

「いや〜結婚式も無事済んだし、ちょっと休憩してました(。-_-。)ポ」と

聞かれもしないのに言い訳をした( ̄w ̄)ぷ

いよいよ診察となり、診察台の上に上がったら

先生がやってきて

「いや〜〜〜よう来てくれたね〜〜〜」

「なんか知らんけどあなたのことはよく覚えとったんよ〜〜〜」

と・・・

うーーーん

1年も前なのに・・・患者がたくさんいるのに・・・

わしのどこをどう覚えとったんだ?

と声を大にして聞きたかった。







2003年06月01日(日) 裏日記・・・( ̄σ・・ ̄)

世間はすっかり6月に・・・

裏日記を作ったものの

や〜〜〜ん おしえて〜〜〜〜〜ヾ(≧∇≦*)〃

と言う奇特な人は1人もいなかった(ノω;)

まあいい

こっちもあっちも両方頑張って更新するのみさ(≧ω≦)

ってか結構ハマっちゃってるね・・・

書くのが楽しくてしょうがない。

やっぱり性悪がこんなところで爆発するってもんだろう( ̄‥ ̄)=3







まこ |MAILHomePage

My追加