広島弁
DiaryINDEXpastwill


2001年11月30日(金) 恋のはじまり( ̄m ̄*)

相方の高校の時の親友とくちゃん・・・

なんと相方のお姉ちゃん相手に恋をしたらしい(≧∇≦*)ぶぁっはっはっ!!

どうもこの間から怪しいのう(;¬_¬)と感じていたが

おっさんも伊達に31年も生きてはなかったと言うことだ。

とくちゃんにこないだの飲みの席で

「お姉ちゃんのこと好きなんじゃないん?( ̄  ̄メ)」←何故か怒り口調

とくちゃんは後で話す・・・と言ったきり

その後は訪れることがなかった(;-_-;)

ので・・・とくちゃんに緊急電話

まこ「言うてみんさいや( ̄  ̄メ)」

とく「わかるじゃろう?」

恋ですね?

まんまと2人は相方を通じ恋に落ちてしまったようだ。

相方ととくちゃんとお姉ちゃんが付き合えばいいね♪などと

他人事だと思い・・・軽い気持ちで言っていたことが本当になってしまった。

とは言えとくちゃんは房枝も太鼓判を押した良いコちゃん。

なのできっといい奴だろう( ̄ー ̄)(ー_ー)( ̄ー ̄)(ー_−)

もちろん自分とは8才も離れているので人見知りを散々繰り返す困った

あたしでも思いきりハナタレ小僧扱いが出来る( ̄ー ̄)ニヤリ

でももし2人が別れてしまったらどうするんだろう(;-_-;)

と考えずにはいられない今日この頃だった。





↑投票ボタンです。


2001年11月29日(木) えん罪の恐怖(;-_-;)

会社のNさんが完全に孤立(;-_-;)

お昼ご飯を食べる時にも一向に来る気配すらない。

自分の席に座って食べている・・・

寂しくないのですか?

と声を大にして聞いてみたい気はするが・・・

いかんせん彼女の根性の悪さも本格的に見えてきて

もう・・・

どうでもいい状態

本日また事件は起きた

FAXの送信の確認を電話でしているのだが

かけたら「え?さっき電話しましたけど・・・」と言われ

これは今回でもう3回目( ̄  ̄メ)

完全に

頭が噴火した( ̄  ̄メ)

怒りに震え電話を済ませ25才のKさんを拉致し

話しを聞いてもらった。

Kさんは

「ク〜ルダウン ク〜ルダウン」

と言ってあたしをかなりの勢いで冷やしてくれた(lll ̄人 ̄)

本当に良い人だ(しみじみ)

それだけでは気がまだおさまらず

トイレに行き

これでもか?ぐらいの勢いで煙を吸い込んだ( ̄^ ̄)

我に返ったあたしはちと待てよ・・・と・・・

電話をとった可能性がある人は全部で5名

犯人をつきとめる必要がある○Oo (9 ̄^ ̄)9

あたしは当たり捜査を開始した。

人見知りをするあたしはまだ男性とは必要以外口をきいてない( ̄m ̄*)

そこで刑事Sさんを派遣し男性人に尋問をしてもらった。

犯人は・・・

笑顔が可愛い
23才のあり坊


だった。

本当にごめんなさい(lll ̄人 ̄)Nさん

あなたを疑ったり・・・いえあなただと完璧に思っちゃったりして・・・

でもあなたの普段の素行が悪いのよ(;-_-;)





↑投票ボタンです。


2001年11月28日(水) 貧乏も板につき・・・


やっと我が家にもツリ〜を飾ることになったヾ(≧∇≦*)

このツリ〜はあたしが相方と付き合って

1回目のクリスマスプレゼントに

もらったもの(照)

って言うかそれは当時22才という若さだった金がない相方を

心配してのことだった。

「何がいい?」と聞かれ

超親切心からクリスマスツリ〜と答えた。

あたしってばなんて良い人なの?←恒例の自我自讃( ̄m ̄*)

今なら・・・

もっと・・・

何の躊躇もなく・・・

高価なものよこせ

と声を大にして言いたいところだ○Oo (9 ̄^ ̄)9

こないだ相方と2人で宝くじが5億円当ったら何をする?

という話題になった。

相方にまこは何買う?する?と聞かれ・・・

うかつにも・・・

「まこはね〜Gパンとトレ〜ナ〜買うヾ(≧∇≦)〃」

と答えてしまい・・・

なんとも自分自身が哀れに思えた瞬間を味わえた。





↑投票ボタンです。


2001年11月27日(火) ○高( ̄ー ̄)ニヤリ

会社のSさんが妊娠したヾ(≧∇≦)〃

なんともめでたいことだ( ̄ー ̄)(ー_ー)( ̄ー ̄)(ー_−)

ここのだんなさんも2才だが年下ボ〜イ

最近彼がめっきり優しくなってしまったそうだ。

「俺が茶碗洗っとくけ〜」

「1人の体じゃないんじゃけ〜の」

聞いていて・・・こっちが恥ずかしくなってくる(照)

もちろんあたしはSさんに

「アホか!」

・・・とだんなに言うておいてと伝言を頼んだ。

なんとも親切な友人を持ちSさんもだんなも幸せモンだな♪(しみじみ)

初診をすませたSさんから電話があった。

「まこ〜30過ぎての妊娠は子宮ガンの検査せんといけんのんよ(;-_-;) 」

30過ぎての妊娠は金がかかるよぉ〜

Sさんは30になったばかり・・・

一方わしはもうすぐ32・・・

妊娠の兆候すら見えない(≧∇≦*)ぶぁっはっはっ!!

(T.T )( T.T)

とりあえず・・・自分のことは棚に上げ・・・いや雲より高く上に上げ・・・

高齢出産め!!!

と言ってあげた♪





↑投票ボタンです。


2001年11月26日(月) 社内の噂・・・

会社の忘年会があった。

一応誘ってはくれたもののあたしは行かなかった( ̄m ̄*)

ここから30分もかけて広島市の中心街まで行って催すというのだ。

ド田舎会社が都会へなんの用事があるんじゃい。

近所に八剣伝という超高級な居酒屋があるやないかいヾ(≧∇≦)〃

遠くてたいぎいのに行けるか(-_-;と思い×印を迷うことなくつけた(照)

満男の言うそんな会への出席は

頭がおかしいのがバレる

・・・という言葉に動揺したのも正直あったがな(-。-;)

忘年会で

「彼女は仕事が速いと有名」だとか

「かなりおもしろい人なんとね〜」

だとかの話しが浮上したらしい。

おもしろいに関してはノ〜コメントだ・・・

仕事は確かに速い。←自我自讃

社内では一番のヒヨッ子ペ〜ペ〜ゆえ態度も小さい・・・

前の会社の人が見たらきっと別人と思うに違いないだろう(大きな自信)

前の会社では仕事は早いが態度が粗悪で有名だった為

今の会社は大きな良い拾いものをしたと思って頂きたいもんだ(しみじみ)

仕事が速いってことを噂にせんでもよろし・・・

時給をあげろ
誠意を見せろ 
金だけで表現してみろ





↑投票ボタンです。


2001年11月25日(日) 人間辛抱が必要

前に5日ほどだけ働いたパスタ屋でのおはなし・・・

あたしは結婚して第一のパ〜トとしてこの店を選んだ。

そこにいた山田というヘンテコな男に

山ちゃんって呼んでね3ヶ月たったら・・・( ̄  ̄メ)

そう思うんだったら3ヶ月たった時に山ちゃんって呼んでね♪と言え!!!

あたしはこの大勘違い野郎の存在があった為

その日で辞めた( ̄m ̄*)

それはデュ〜ク東郷にサクっと狙わすぞコラ(-_-;ぐらいの憤りだった。

今それを言われても・・・はぁ〜い♪ってなもんだが

当時は20歳という今思えばミラクルな年齢だった為か・・・

熱い女だったのだ(照)

って言うかそんな小さな理由で数々のバイトを止めたっけなぁ〜(遠い目)

本当に辛抱の「し」の字がない女とはあたしのことでした←過去形ここ重要

今は少々の嫌がらせなど屁とも思わないように心臓にボウボウ剛毛が生えそろって

きちゃっている(照)

・・・って言うかこれで良いのでしょうか?(永遠の謎)





↑投票ボタンです。


2001年11月24日(土) 目くそと鼻くその・・・

脳血栓という病気から立ち直った相方のお婆ちゃんが家に帰ったので

かなり遅いくはあるがお見舞い?に出かけた。

お婆ちゃんは左手は動かないものの立てるまでに回復し顔色も良かった。

あたし達が行くとかなりの勢いで喜んでくれた。

お昼ご飯を一緒に食べようと言ってくれお昼までごちそうになった。

お昼ご飯の片づけをして一緒に話しをしていた。

お爺ちゃんが前を横切る・・・

お婆ちゃんは

「まぁ〜ヨボヨボしてからぁ〜」と・・・一言・・・

申し訳ないが
完全にツボだったよ





↑投票ボタンです。


2001年11月23日(金) 演歌好き?

今日は朝早くに起き岡山県に日帰り小旅行と決め込んだ( ̄ー ̄)ニヤリ

岡山県?=児島ボ〜ト?

しかも豊 山川が訪れていると言うことで・・・行ってしまいました(照)

岡山まで行きボ〜トとは(;-_-;)とも微量に思ったが

そんな思いは速攻でぬぐい去り楽しくお舟にお金をかけた( ̄m ̄*)

がしかしあたしは貧乏・・・あたしは豊が目的ということで2000円しか

かけなかった( ̄  ̄メ)←小額の為不満だった。

豊とは前の会社にいた時に1度会っている。

写真も一緒に写ったほどのマブダチだ。

そんな豊がアメリカ橋を歌う。

ん〜〜〜〜〜んまいっっっっっ!!!

さすが日本の心ね(* ̄▽ ̄)y−〜〜〜〜〜ふぅ〜〜〜

生で聞く豊のアメリカ橋は最高だった。

競艇のおっちゃん達にまみれながら必死で豊を見た。

おっちゃんがやけに話しかけてくる。

「お姉ちゃんこっから見んさい」

親切にも灰皿の上に上らせてくれるおっちゃん。

ありが・・・たいやら・・・なんやら・・・(-_-; 

31才の今演歌が好きだと言っても人々に肯かれるだけであろう・・・

だがあたしは18才の免許を取った頃・・・いや16才の頃から演歌が大好きだった。

免許を取ってすぐに作ったテ〜プは演歌大全集(照)

もちろん最大のボリュ〜ム

で町を流してたもんです、はい(遠い目)

山川豊が会社に来た時も大喜びで携帯にサインをしてもらったのは

言うまでもないだろう・・・

が・・・

バ〜ブ佐竹

が来た時は携帯はおろか・・・

マジックさえも差し出さなかったのは言うまでもないだろう・・・





↑投票ボタンです。


2001年11月22日(木) 一票獲得♪

仕事から帰りメッセをつけたら・・・

そこには満男(父)がいた(;-_-;)

そこで満男を呼んでみる( ̄m ̄*)

まこ「何しよるん?」

応答はない・・・・・・・・・・・

やはりヒデキ還暦を迎えた老人には無理があったのだろうか(´△`)

とりあえずほっといて友達と話しをしていたら

にっきをみてをった

と返事が返ってきた・・・(;-_-;)

計算ですか?お父さん?

あたしは笑いに包まれた。

今度はト〜クの要請をしてきた。

メッセでマイクを使って話しが出来るということを教えてしまった為

キ〜操作が苦手な満男は楽な方に逃げてしまうのである(;-_-;)

とりあえず・・・親子だし・・・仕方ないので

承諾してあげた(;-_-;)

しかし話すこともあまりなく・・・

早急にメッセをキッタ・・・

以前からあたしが日記を書いていることを知っていた父は日記を見たいと

言っていたのでお気に入りにそっと入れてやっていたのである。

ここより私信・・

お父ちゃん!

日記を読み終わった後・・・

赤い線で囲ってある字をマウスでクリックしんさいよ( ̄  ̄メ)

一票まこに入るけ〜( ̄+ー ̄)キラーン

私信終了

これで毎日一票獲得したも同然だ





↑投票ボタンです。


2001年11月21日(水) 異常なほどの人見知り(;-_-;)

あたしはこう見えて・・・

かなりの人見知りをする(照)

前の会社に入社した時なんて1年以上も他の女子社員と口をきかなかった。

ので・・・めっきり根暗な人と思われていたヾ(≧∇≦*)ノ

プラス・・・ネット上でも結構緊張したりする特異体質(;-_-;)

そんなあたしは

新しく入った会社で人とうまくやっていけるのだろうか?

友達は出来るのだろうか?と・・・

とても心配だった・・・

がしかし・・・すっかり

意地悪キャラも定着し

めっきりお友達になってしまいました( ̄m ̄*)

1名を除いてなっ





↑投票ボタンです。


2001年11月20日(火) 感動の歌

あなたに会えて本当に良かった

嬉しくて嬉しくて言葉に出来ない

テレビのコマ〜シャルから流れていた歌。

小田和正の声だった。

心に染み入るもんがあった・・・

なんて言うか・・・

感動?

って言うか・・・

わしが言ってまうと・・・

超キモ?





↑投票ボタンです。


2001年11月19日(月) バカップル発見w(゚∇゚〃)w

会社にいる若い女の子F23才・・・

それはちょっとしたキャンペ〜ンガ〜ルかとも思えるほどの美人

だが・・・かなりのおもろキャラ( ̄m ̄*)

この美人なFさんについて今日は話してみよう・・・

Fさんは今会社に好きな人がいる。

今まさにあちゅあちゅ交際を繰り広げているのである(;-_-;)

もちろん社内では秘密

あたしとSさんしか知らないことだ(* ̄× ̄*)

メ〜ルの交換を当然のようにしているのだが・・・

内容には笑わせてもらったね

F「ふににっ☆風邪はなおりましたか?あたしのパワ〜をわけてあげようか?」

彼氏「パワ〜を送ってください(はあと)」

F「むににぃ〜☆むむむぅ〜☆」

彼氏「むにに むぎゅじゃないとパワ〜はこないよ(はあと)」

もぉ〜なんてラブラブメ〜ルの嵐なのぉ〜(/-\*)

































って言うかこいつら
完全なアホで(´△`)


昼休み中にこれを見せてもらったのだが・・・

本当になんて言って良いのやら・・・言葉が見つからず・・・

マジバカップルじゃね

と本当のことを言ってしまった(* ̄× ̄*)

きっと彼女は今・・・大病に侵されてるので・・・きっと・・・

何をされても怒らないでしょう。

彼女と彼が職場で話しをしているのを見ると・・・

あたしは真っ先に仕事の手を止め・・・

♪ふぅ〜たぁ〜りぃ〜のぉ〜ためぇ〜♪

♪せぇ〜かいはあるのぉぉぉぉぉおおお♪


と・・・両手を広げ歌いに行って差し上げた。←優しい心ゆえ・・・

走って逃げたあたしを追いかけ彼女はこう言った・・・

マジアホっすよね!

バカップルの片割れにアホっすとは・・・

世も末・・・いや・・・

あたしも末ですね(照)





↑投票ボタンです。


2001年11月18日(日) まこちゃんに魅せられて・・・


島根よりア○夫婦が帰ってきていた。

ア○ちゃんところの僕ちゃん祥太くん(/-\*)

良く笑い愛想もよく本当に可愛い。

とりあえず嬉しかったので画像をのせてみた( ̄m ̄*)

ある意味親ではないが親バカに近い行為と言えよう(しみじみ)

夕方からあちらのお義母さんからお呼びがかかり

養老の滝へ行った(;-_-;)

話しがあるから・・・と言われたものの

大した話しなどなかった

まあ無料で一食浮いたと思っておくしか他ないだろう・・・

相方のお姉ちゃんの子供 えりちゃん(3才)ももちろん来ていた。

えりちゃんはかなりあたしになついていて本当に可愛い♪

だが・・・大きく育ったえりちゃんは・・・

かなり重い

まこちゃん♪まこちゃん♪となつききっているえりちゃんは

ご飯をある程度食べ終わった後

ずっとあたしのひざの上にいた(´△`)

あたしは子供とて容赦はしない○Oo (9 ̄^ ̄)9 

赤ちゃん言葉など一切使わず

バリバリの広島弁でト〜クを続ける( ̄m ̄*)

えりちゃんも「やめんさいやぁ〜」など広島弁を真似して言っていた。

酒を飲まないあたしは食べ終わってからはずっとえりちゃんと遊んでいた。

おんぶしてぇ〜本読んでぇ〜とまるで大きなおもちゃ状態。

遊んでいる時もえりちゃんは「まこちゃんがいいよ〜まこちゃんがいいよぉ〜」

と呪文のように唱えている(´△`)

帰る時には・・・

「まこちゃんがいい まこちゃんがいい」と烈火のごとく泣き始めた(´△`)

もちろん人の子ゆえにあたしは一切怒らないからだろう・・・

いけないことをしてももちろん鬼のような顔をして

「いけんよ!( ̄  ̄メ)」としか言わない。

えりちゃんは鬼のような顔を見て大喜び(´△`)

って言うか・・・あたしが本当の親だったらお姉ちゃんなんかよりも

かなり恐怖なお母さんだと思うわよ(-。-;)





↑投票ボタンです。


2001年11月17日(土) 赤ちゃんの気持ち

今日は一日中家の中にいた・・・

あっ・・・おでんの材料を買いにイズミへは行ったがな・・・

最近ちょっとブル〜になっていたことがあった為

浮かない気分だった。

なんだか何をしても浮かない何をしてもムカつく

変だな・・・今日のあたし

と思っていたが・・・

お昼寝をしたら結構すっきり( ̄m ̄*)

ひょっとして・・・

ただの寝グジ?

ちょっとだけ赤ちゃんの気持ちがわかった瞬間だった(遠い目)





↑投票ボタンです。


2001年11月16日(金) 育児ストレス

夜パソコンをつけてみると友達が

イライラしていた

いつもはかなりの勢いで明るくそしてかなりのアホっぷりなもんで

心配だった・・・

花札をやめメッセで話しを聞いてみると

それは・・・

育児によるストレス

と判明( ̄ー ̄)(ー_ー)( ̄ー ̄)(ー_−)

あたしは育児はしたことないので気持ちはわかってはあげられないが

話しを聞くこと・・・紛らわすことぐらいは可能であろう・・・

そこへだんなさんが帰ってきたとのこと。

だんなさんに少し話を聞いてもらい

少しは気持ちも落ち着いた様子だった。

だんなさんはそんな友達の様子を察したのか

「カラオケに連れていってやる」と言ったそうだ。

心優しいだんなさんで本当に何より・・・

うらやましい限りである。

こういう気持ちをちゃんと理解してくれるだんなさんがそばにいると

きっと長い育児ストレスなんかはありえないんだと思った。

そこで・・・ふと・・・

あたしはどうなんだろう(;-_-;)

と考えた。

あたしが子育てで疲れ果ててストレスもピ〜クに達した時に

彼はあたしのことを包んでくれるのだろうか?と・・・

ふと横を見ると下半身だけ剥き出しになった相方が・・・(;-_-;)

ほふく前進したら
パンツ脱げたぁ〜


あたしはきっと多大な育児ストレスにやられることだろう(痛感)





↑投票ボタンです。


2001年11月15日(木) 終わってる事務所

仕事の方は順調に進んでいる・・・かのように見えるが

思いきりNさんとの大戦争が行われている(´△`)

女が4人で3対1

だが・・・Nさんはとっても強い

だから苛めてるとかそんなわけでもないのだが・・・

あたしは1対1のケンカなら大好きだが・・・(照)

人数対1って言うのは1番悪趣味で嫌いなことである( ̄  ̄メ)

この状況をなんとかしたいと思ってはいるのだが

そこで小事件勃発

朝FAXが届いてるかどうかの確認の電話をしているのだが

業者の人が会社に電話をしてきたらしい・・・のにもかかわらず

あたしには伝わっておらず

「あら?さっき電話したんですよ?」と業者の人に言われた。

単なる連絡ミスかなとも思ったが

Sさんに聞いてみると・・・

「話をしたくないけ〜言わんのんよ。あの人・・・」

○Oo (9 ̄^ ̄)9

もうひとつ嫌いなことがある。

自分たちのことでお客さんに迷惑をかけること。

なんかするんだったら直接わしにせんかいっ( ̄  ̄メ)

あたしの怒りはもちろんピ〜クに達していた。

Nさんが「○○にはもう電話しちゃった?」と笑顔で聞いてきた。

もちろんこっちは笑えない・・・

し( ̄  ̄メ)ま( ̄  ̄メ)し( ̄  ̄メ)た

思わず暴力的に答えてしまった。

これで戦争終結の日も遠のいたのかな(遠い目)





↑投票ボタンです。


2001年11月14日(水) 湘南ボ〜イになるYくん

夜遅くになり相方の電話が鳴った(;-_-;)

相手はあのYくん・・・(11/3の日記つぼりまくりなYくん)

Yくんの東京行きが晴れて決まったそうだ。

めでたいと言いたいところだが・・・

あの爆裂ト〜クが聞けなくなると思うと・・・

残念で仕方ない

今回は1年間という期限つきでの転勤の為

1年後の超ウルトラ勘違いト〜クが今から楽しみで仕方ない( ̄m ̄*)

Yくんは呼べばすぐに来ちゃうという特異体質だった(´△`)

片道1時間30分はかかるであろう距離なのに・・・もかかわらずだ。

それが・・・片道飛行機で東京から何時間かかるのかは知らないが

東京からも必ず速攻で飛んで来てくれることだろう(しみじみ)

でも東京にはYくんが大好きな女性がたくさんいる。

もしかしたらすぐには来てくれないかもしれない(寂)

Yくんは東京デビュ〜を果たしたらパソコンを買うと言っていた。

って言うかパソコンって・・・

出会い系サイトを思う
存分やるためのお道具
でしかないんでしょ?


Yくんは東京に行って・・・

湘南ボ〜イになるから 
これっ


と威張って言っていた・・・

あたしの記憶が正しければの話しだが・・・

湘南って・・・
たしか神奈川県?





↑投票ボタンです。


2001年11月13日(火) ちびってまう?

ガチンコファイトクラブを見た。

そこで国分太一が梅宮に大文句を言うシ〜ンがあった・・・

あたしはどうせスタッフがサクっと止めてくれると思って大文句たれとんの・・・

こいつ( ̄  ̄メ)と思っていた。

相方はひと味違った・・・

国分は絶対に3滴ぐらいはチビッとるで

更に国分が激しくつっかかっていく・・・

横で相方が・・・

パンツ見せてみいや〜〜

・・・と叫んでる(-。-;)

って言うか・・・

大人になってチビることがあるんでしょうか?

さては・・・

相方・・・

恐怖を感じると

チビってしまう体質なんだな





↑投票ボタンです。


2001年11月12日(月) 軽い夢遊病?

朝起きると・・・相方が・・・

まこ不良( ̄  ̄メ)

と怒っている・・・

夜は何もなかったはずなのに・・・(;-_-;)

訳を聞いてみると・・・どうやらまたやってしまったらしい

布団を何度も奪う

とり返すと今度はヒップアタックを何度もしたらしい・・・

って言うか・・・あたしって・・・なんで寝ていても

凶暴性が弱まらないのでしょう(;-_-;)





↑投票ボタンです。


2001年11月11日(日) 満男からのメ〜ル

【二文字届いたメールアイコンが2個出来たのはどうしてかのう?】

昭和14年生まれ・・・満男がよこしてきたメ〜ル(;-_-;)

メ〜ルが使えんなったで・・・という満男の訴えに

どおというメ〜ルをあたしが送り

・・・返ってきた答えだった。

って言うか・・・ニ文字届いた・・・まで良しとしよう・・・

意味もわかった。

メールアイコンが2個出来た・・・

これはわからんのでほっとこうと思った・・・

どうしてかのう・・・

満男の広島弁を活字で見てしまうのは初めてのことで

かなりの勢いで笑った・・・パソコンの前で(-。-;)

って言うか・・・「?」って・・・(;-_-;)

お前が一番「?」なんじゃ





↑投票ボタンです。


2001年11月10日(土) 業務妨害のお口?(* ̄× ̄*)

会社のSさんとギャルFさんが家に遊びに来た。

朝家の電話が鳴る・・・

電話に出てみると無言だった( ̄  ̄メ)

何も言わない為・・・

速攻切りました はい

またそれから数分後に電話が鳴る・・・

もちろん電話になど出てはやらない・・・ふふふ( ̄+ー ̄)キラーン←鬼化

それから朝のひとときを花札で楽しんでいたらまた電話が鳴った。

しつこいぞ( ̄  ̄メ)・・・と思い

電話に出た。

はいぃぃぃぃいい( ̄  ̄メ)←もちろん暴力的に

相手は無言

やだ?言っちゃってもいいってGOサイン???(照)

準備をすべく・・・思いきり息を吸い込んだ・・・

そこで「もしもし・・・」と・・・

朝っぱらからの不可解な電話の主はなんと会社の先輩Sさんだった。

しかも悪質な偽名まで使って(-。-;)

と言いますか・・・先輩に対し暴力的な言葉を使ったあたいって(;-_-;)

まっ・・・そんなこと忘れてしまえばいいわね・・・( ̄m ̄*)

遊びに来たSさんとFさんは部屋きっれ〜いと

一体どんな部屋に住んでると思ったんだ?(;-_-;)ぐらいの感激の仕方だった。

ある意味失礼じゃ?

それからもう1人会社に出入りしている業者の25才の女のコも遊びに合流した。

普段会社で話せないことだとか色んなことを話しした。

「まこが会社に来てから会社の空気がぜんぜん違うよ」←これは誉め言葉だろう

「まこが3時に帰ったら会社が静かになるよ」←まあまあ誉め言葉だろう・・?

「重要な仕事は3時以降にするんよ」

・・・・・・・・・・・・・・・貴様ら・・・・・一体・・・・

どういう意味を含んでおるんじゃ?





↑投票ボタンです。


2001年11月09日(金) MC相方

お昼休みに相方から電話・・・

相方「今日飲みに行ってくるけ〜」

まこ「ほうか」

会話はそのくらい・・・なんとも北極圏だ(;-_-;)

仕事が終わって相方不在の為実家へ行った。

我が家のラブリ〜ももは人間の話す言葉がわかる。

「おいでおいで」と言っておいてももをおびきよせ

「はいっええよ あっちいきんさい」

奴が振り向いてあっちへ行こうとした時にケツを叩く( ̄+ー ̄)キラーン

「( ̄д ̄*)))」という顔をしながらも・・・また

「おいで」という言葉に答えこっちへやってくる。

「はいっええよ あっちいきんさい」

またケツを叩く。

( ̄д ̄*)))

「おいでおいでぇ〜〜〜〜〜」

またアホがやってくる

3回目にケツをしばかれたラブリ〜ももは

思いきり歯茎を出しながら「あぅ〜あぅ〜( ̄  ̄メ)」と向かってきた。

それは・・・

鬼のように・・・
楽しいひとときでした


って言うか・・・

可愛すぎる(†∇†\)

あたしはきっとこの宝物ちゃんが死亡した時・・・あ〜恐ろしい・・・

夜になり相方が帰ってきた。

若い男の職人が2人いたとかで楽しかったということを何かに執りつかれたように

喋りまくる(;-_-;)

養老の滝でマインドコントロ〜ルでも受けてきたのですか?ぐらい

30才の職人さんがすっごくええ人でその人に

我が家の諸事情を話したそうだ。

その人は「結婚して子供が産まれたらどんどん嫁は強くなるで」と

って言いましょうか・・・

今から入籍するかもしれのにいらんこと入れ知恵するな(-。-;)

って言いましょうか・・・ええ人かなんか知りませんが・・・

貴様から先にやるぞ!
おら!





↑投票ボタンです。


2001年11月08日(木) 仕事の山( ̄m ̄*)

朝会社へ行ってみると・・・あたしの希望が叶って・・・

机には誰がやるんや?ぐらいの

仕事の山だった・・・

と言いましょうか・・・あるんなら早く出しなさい(-。-;)

しかも期限は1週間しかないと言いやがる・・・

あたしの中には

昨日会社を休むんじゃなかったわ(†∇†\)という後悔しかなかった。

だがあたしの中の仕事の虫が騒ぎ始めたO(≧∇≦)O

もぉ〜〜〜〜〜楽しいじゃにゃい( ̄m ̄*)

こんなに会社の中で忙しくしたのは・・・

初めてのことでしょう

本当に嬉しい悲鳴でございます・・・

それにかなり寒い空気を発していたお昼休憩の時も

ひきつった顔でSさんがNさんと話しをしてくれた(;-_-;)

明日から会社が楽しくなりそうな予感ヾ(≧∇≦)〃





↑投票ボタンです。


2001年11月07日(水) 女同志って・・・(;-_-;)

会社をまたもズル休みした・・・

これには深い訳があった・・・

会社のNさんとSさんの戦争が日増しにハ〜ド差を増していくので嫌気がさして

きたのだ・・・

食事中に4人で2人づつ向かいあって食べるのだが・・・

2人は目すら合わせようとしない(;-_-;)

まさに気温は零下何度を記録しているのでしょう?ぐらい

もう1人の美人の若い子もNさんのことを嫌っている・・・

が・・・なんとも無邪気なもの・・・Sさんとだけ楽しそうに話している。

年増のあたしは人間模様が手にとるようにわかる為心も痛いし

疲れる・・ってか超ウザ

Nさんは会社の誰からも恐がられている存在

「何かしたら何百倍にもなって返ってくるけ〜恐いんよ」

とSさん

会社の男性人もNさんには何も言えずにいるらしい

会社のトップでさえも・・・

恐るべしNさん

だがあたしが入って環境が違ったのかNさんのあたしへの対応は

素晴らしいものがある・・・(;-_-;)

Nさんの正体は会社に入って割りとすぐに気がついた。

だがあたしはNさんを憎む理由がない。

だから一緒になってシカトとかそんなくだらないことは出来ない

とSさんに言った。

狭い人数の少ない事務所でこんなのがあるのはうんざりする・・・とも

Sさんは今までの恨みがあるようで(;-_-;)←こんな表情だった

だがやられたことを同じようにやり返したら・・・

あんたも同じ人間だぞ

そんな人間関係が関係しているのかあたしに仕事もまわってこない

最悪な状況だったのだ。

仕事がないのに会社に行く・・・

そんな大層な理由により欠勤( ̄m ̄*)

あたしは悲しみをこらえ・・・

花札をして楽しんだ

お昼頃携帯が鳴る

Sさんだった

「お昼になんか買って行こうか?」

「食べるものある?」

お前はわしの母さんか?

風邪とは言ってみたが・・・

なんのこたぁ〜ない

めっちゃ楽しく花札中しておりまんがな( ̄+ー ̄)





↑投票ボタンです。


2001年11月06日(火) 係長の怒り

初の一件の抗議メ〜ルがあたくしの元へ・・・

そう・・・あたしが全部悪いのです。

彼はあたしの上司でした((((_ _|||))))

思えば22才の時前の会社へ入社して・・・

あたしが属する放送部の広島島根管理部の大親分・・・

そのお方を捕まえて初老・お爺ちゃんなどと暴言を吐いてしまいました。

彼はまだ・・・46才でした・・・(;-_-;)

彼の抗議メ〜ルとは・・・

1・初老ではなく年配に変更

2・夢は膨らまないが、あそこはまだ膨らむ

以上の2点でした・・・

って言うか・・・

膨らまないとは一言も言ってないぞ(´△`)





↑投票ボタンです。


2001年11月05日(月) ヘルプミ〜( ̄Σ ̄*)ノ"

仕事に行ってはみるが・・・

毎日決められた仕事はあたしにはない(†∇†\)

時間給700円で大した仕事もなければ本来ならパラダイスである(´△`)

だが・・・29才2人の女の戦い・・・(;-_-;)

最近になり事態はますます悪化

警察さん民事ですが介入して頂けませんか?ぐらい(;-_-;)

本当に困ったもんです・・・

仕事がないのは百歩譲ってよしとしよう・・・

だが何坪しかないせっまい事務所で戦争を繰り広げられるのは

ただただ・・・

ご勘弁( ̄  ̄メ)

流れ弾が思いきり当ってしまいます・・・

そんなことより・・・宝くじにでも当りたい気分です。

お後がよろしいようでm(_ _)m





↑投票ボタンです。


2001年11月04日(日) 長い休日( ̄m ̄*)

またも相方のみパチ○Oo (9 ̄^ ̄)9 

あたしは仕方ないので

花札をして遊んだ( ̄m ̄*)

また土曜日と同じメンバ〜

朝からあたしを一般人に戻そうと悪魔軍団が炎を燃やしている・・・

って言うかぁ〜

あたしに一般人は似合いません( ̄^ ̄)

お昼頃になって相方は滅多打ちにされて帰宅・・・

あたしを置いていった天罰がくだったのでしょう(-。-;)

それから2人で天罰とも言える大掃除をして

天下一品のラ〜メンを食いに行ったε=ε=ε= ((*≧∇)ノ゙

ここは玉子が食べ放題

相方と「持って帰るか?(;¬_¬) 」

「いや・・・ここは丸見えじゃい(;-_-;) 」

といつものように話し合ったがカウンタ〜席だった為

泣く泣くガマンした(†∇†\)

なので腹があまりすいていないにもかかわらず欲どうハゲのあたしは

2コも食ってしまった。

それから灯油を買いに行き・・・

以前働いていたビデオ屋へ行った。

あたしは「入りたくない( ̄  ̄メ) 」と言ってみたものの

無理やり拉致されビデオ屋へと連れ込まれてしまった(´△`)

店内でのあたしの動きはまるで・・・今から犯罪を犯しますよ♪ぐらいの

怪しさだったことだろう(しみじみ)

相方がエロビデオコ〜ナ〜に入って行った・・・

「3秒で決めてコイ!」

「わかった3秒ね( ̄m ̄*)」

もちろん待てど暮らせど相方の姿は見えてはこなかった・・・

結局あたしまでそのコ〜ナ〜に入り

遅い( ̄  ̄メ)

・・・ダメ出しをしてやった( ̄+ー ̄)キラーン

帰ってから2人で夕寝をして( >▽)ゞ ふぁ〜〜

・・・と言いますか・・・

日曜の夕方にちびまるこちゃんとサザエさんを見るのはどれくらいぶりだろう

と感じた今日この頃でした・・・(遠い目)





↑投票ボタンです。


2001年11月03日(土) ツボりまくりなYくん

本日は金がない為・・・相方だけがパチ屋へ行った( ̄  ̄メ)

がしかし実家にもパソコンが導入された為

実家の満男のパソコンからとものメッセを繋ぎ呼びかけた。

ともは本当に戸惑っている様子だった。

だって表示名は

満男ですもの(≧∇≦*)ぶぁっはっはっ!!

それからともの愛人かつきと3人で花札をした。

花札をしていると房枝がやってきてあたしよりも画面に近い位置まで近寄り

「大桜を取れ(* ̄д ̄)"b"」

などと激をトバサレル・・・

お前は総監督か・・・

なんとも邪魔くさかったので花札は終了してパチ屋へ悪魔でも様子を見に伺った。

・・・・・・・・←無言ですべてを察知してくださるように(lll ̄人 ̄)

今日は前の会社の初老のS係長・退職したSくん・山陰の波にもまれているYくんが

来る予定だった。

S係長はあたしたちが山陰に行った時でも遊びに来てくれる気さくなお爺ちゃん

SくんとYくんは我先に・・・と彼女を求めている青年だ(´△`)

このYくん・・・超勘違いト〜ク炸裂でいつしか飲み会にはかかせない

メンバ〜となってしまった(;-_-;)

自分はイケ面だと豪語する彼・・・

だが趣味は携帯の出会い系サイト(;-_-;)

真っ黒い髪にゴツゴツした自衛隊員のような体・・・黒ブチの眼鏡・・・

おまけにこともあろうかガンダムが好きとくる(;-_-;)

どこがイケ面なんですか?

と声を大にして直接聞いてしまうほどだった・・・

がしかし・・・

眼鏡を外したYくんを見て驚いた・・・

・・・まるで別人(;¬_¬)

本当にイケ面という称号をあなたにあげましょう・・・ぐらい

今Yくんは大きな岐路に立たされている

1年間ということで東京へ転勤するか否か・・・

Yくんはとても悩んでいる様子だった。

そこで先日1ヶ月間の出張で東京へ行ったS係長が・・・

「東京の女はすごいで!着とる服まるで下着やもん」

・・と・・言ってしまったのが運のツキ

女に餓えているYくんの心は固く決まったようだった。

東京・・・

夢も膨らむあそこも膨らむ

この言葉だけを我が家へ残し東京へと旅立って行くことでしょう。

残された我々はただただYくんが犯罪者になって広島に帰ってこないことを

祈るしか他ありません(lll ̄人 ̄)





↑投票ボタンです。


2001年11月02日(金) 気が合う2人((((((  ̄▽)人(▽ ̄ ))))))

ビデオを見た・・・その名は大津波(´△`)

めっちゃ古かったぞ(-。-;)

4人家族がいてお父さんが1人で救助ヘリに乗って去って行く。

残されたお母さんは自殺・・・

僕ちゃんは後で救助ヘリに助けられる・・・というシ〜ンがあった。

相方に聞かれた・・・

相方「まこがお父さんの立場だったらどうする?(;¬_¬) 」

まこ「迷わずヘリに乗るよ」

相方「俺が残されとったとしても?」

まこ「もし定員オ〜バ〜しとっても婆さんヒキズリ下ろしてでも乗る( ̄m ̄*)」

相方「堯福陰◆院叩叩叩 」

相方「気が合うね〜同じぃ〜〜〜〜( >▽<)ゞ」

どうやら家には不協和音が鳴り響いているようだ・・・

って言うかわしだけは何があっても助けろ!!!





↑投票ボタンです。


2001年11月01日(木) 大好きな人(照)

11月に突入してしまいました(†∇†\)

早いもんですね・・・どんどん確実に年をくっていくはずでございます(死)

会社のお友達からメ〜ルがきた。

「カップ出たままだったので洗ったよ。お礼は爆笑ト〜クで(* ̄◎ ̄*)」

会社で自分のカップは自分で洗うという習慣がある。

あたしは新人のペ〜ペ〜のくせにまんまと忘れて帰ってしまったのである(照)

それにしても爆笑ト〜クって・・・(;-_-;)

完全にあたしのことを勘違いしているとしか言いようがない。

話しは変わるが・・・あたしは今1番興味がある人がいる(照)

その人がテレビに出るとかぶりつき

ある意味恋???ぐらい・・・

「ウンナンのホントコ」の1コ〜ナ〜

ケチケチ生活

西口夫妻の千草さんだ・・・

会いたい・・・友達になりたい(lll ̄人 ̄)と願ってやまない・・・

最初キャッチボ〜ルのコ〜ナ〜で見た時は

「なんやこいつ(;-_-;) 」くらいだったんだが・・・

2度目からは大ハマリ

奥さんは数々の名言を残している。

千草さんを見ていると笑いのツボが何度も訪れる。

って言うか・・・何度反り返って笑えることか(しみじみ)

ありがとう(lll ̄人 ̄)としか・・・もはや言葉は残っていない。

「まこ千草さんのことが大好きなんじゃね」と相方が話しかける。

うんO(≧∇≦)O

まこ「だってネタも冴えとるし・・・でもすごい恐いよね(;-_-;)」

相方「まこは千草さんにぜんぜん負けてないよ( ̄m ̄*)」

まこ「まこはあんなに恐くないよぉ〜」と可愛さを演出して言ってみた。

相方「千草さんが100だとしたらまこは89くらい」

大好きな人にそっくりだと言われて喜んでいいのか悪いのか・・・(;-_-;)

今から冬にかけての大きな課題だ・・・





↑投票ボタンです。


まこ |MAILHomePage

My追加