後悔日誌
From ND

きのう もくじ
写真サイト 航跡

2022年06月02日(木) 感無量


泣いていた。
久し振りのスクリーン。
たった二分で。

「おかえりなさい。」
たぶんわたしは、久しぶりに帰ってきた子供を迎える、お母さんのような、優しい気持ちになっていたと思う。


TOPGUN。
あの頃、間違いなく少年たち心を鷲掴みにして。
可変翼のF14も空母もフライトジャケットもコーヒーもオートバイも英語も俳優も何もかも。
あの映画に出てきた全てに憧れさせた。
そんな作品だったよね。

当時の気持ち、忘れてない?
ほら思い出せ、思い出せと突っつかれているような作品。
同窓会みたいなそんな時間は、駆け足で過ぎ去った。


エンドロールのあと、声も出ない瞬間。
感無量のまま、すっかり忘れていたビールを飲み干した。



My追加
MAIL】【HOME