MOTOYANの日々題
DiaryINDEXpastwill


2017年08月30日(水) 第5ステージ

夏の終わりになるとやぶ蚊が必死になって吸血活動を行う。皮膚にとまると同時に針を刺す。
ここ2年ほど蚊に刺されてかゆくなったことがない。しかし、昨夜家の中でチクリと感じたので手を見るとやぶ蚊が止まっていた。久しぶりだ!と変に感激した。

ところが、時間が経過してもかゆくもならないし、赤くもならない。もしかして?と思い調べてみると、ステージ5の身体に突入していた?癌のステージは機銑犬世、これは1〜5段階。

この2年間刺されていたのに身体が反応しなかったわけで2年前から「老齢期」だった。トータルとして刺された回数がマックスを超えたらしい。
アマゾンでは、蚊の多さから若者でも反応しなくなるとのこと。
安心していいのか、悲しむべきか微妙な状況だ。
血は余っているから、かゆくならないなら吸わせてあげるよ。


MOTOYAN |MAILHomePage