/ 目次 /
幻に捧ぐ 2014年11月30日(日)

曇り空を駆け抜けていく

ああ 幻だ

嘘をついた
嘘だ
真実をついた
真実ばかり
それが君には嘘だった

温かい鼓動
許される呼吸
生きているのに
どうして僕らは別れてばかりいるのだろう

君は悲しみをぶら下げて歩いていく
僕は孤独を持て余して見ないふりをする

雨が降る
雨よ降れ
雪になれ
冷たい風が僕を刺す

永遠と永遠と永遠が繫がっていく
一部始終を覗き見て
短い生涯を幻に捧ぐ





↑エンピツ投票ボタン
My追加

感想等、お願いします。




熊野ポーラ
mail home