/ 目次 /
閃光 2013年03月24日(日)

どのぐらいの時間が経てば
人は変わった
とわかるのだろう
暮らす町の匂いも
空の色も
昨日咲いた沈丁花も
車の下を逃げる猫も
定時に下りる踏切の音も
あんまり変わっていないから
誰も彼も変わっていないように見えるけど

突然何かが変わったのなら
気付けるってことなのか

伝えたいことなんて何もない
誰かのために話す言葉なんて何もない
もう何にも変わっていない

それでも
ちょっとずつ変わっている
ちょっとずつ知っていく
ちょっとずつ ちょっとずつ
どうして今すぐにわからないのだろう

日差しの行方は日影で気付く
あまりにも強烈な閃光を
私は待っているのだろうか





↑エンピツ投票ボタン
My追加

感想等、お願いします。




熊野ポーラ
mail home