/ 目次 /
結晶 2011年11月20日(日)

白い息のかかる間に
私たちはどれくらいの距離を感じるだろう
愛という名の綺麗事の中で
しばらく私は目を閉じる

雪の結晶は六角形のひ弱さを私たちに降りかける
痛くもない
痒くもない
ただじんと
冷たい
体温で融ける

血の通わないような頬も
温かい

体内からの熱が目に見える
この季節ならまだいいけれど
私たちは本当に忘れてしまう
この体温

私は美しいと思う
何度も忘れるから
私たちの呼吸も体温も
綺麗事であっても





↑エンピツ投票ボタン
My追加

感想等、お願いします。




熊野ポーラ
mail home