武ニュースDiary


* このサイトはリンクフリーです。ご連絡はいりません。(下さっても結構です。^_^)
* 引用は、引用であるとわかる書き方なら、必ずしも引用元(ココ)を表示しなくても構いません。
* 携帯からのアドレスは、http://www.enpitu.ne.jp/m/v?id=23473 です。
* 下の検索窓(目次ページにもあり)からキーワードでDiaryの全記事が検索できます。
* バナーは世己さんから頂きました。
* Se inter ni estus samideanoj, kontaktu al mi. Mi elkore atendas vin, antauxdankon!


目次前の記事


2017年03月22日(水) 「喜欢你」中国・台湾同時上映か

先に台湾公開は5月1日とお伝えしましたが、
最新の台湾紙、聯合報と自由時報の記事では中国と同じ、
4月28日となっています。
これが正しいのではと思われます。
記事は → 聯合報 自由時報


   BBS   ネタバレDiary  0:45


2017年03月21日(火) 「喜欢你」予告憎いあん畜生編

ちょっと意訳し過ぎですが、予告編癸欧噺世辰討いい里任靴腓Δ?
楽しいムービーがアップされています。
主人公どちらも個性豊か過ぎ、で、釣り合わなすぎ。
面白い展開が待っていそうです。
これで見られますか?(土豆網)
またはこちらでも。




   BBS   ネタバレDiary  14:00


2017年03月14日(火) 「喜歓你」記者発表会

时间:2017年3月15日(明日!)14時〜15時半

出席:陈可辛、许月珍,许宏宇,金城武、周冬雨。
場所:北京四季酒店 五层宴会厅(朝阳区亮马桥路48号)

優酷動画で生中継あります。→ ​​​​ こちら


   BBS   ネタバレDiary 13:15


2017年03月12日(日) 「喜歓你」予告編

予告編癸嬰仂譴任后
雰囲気を感じてください。

  


   BBS   ネタバレDiary  21:30


2017年03月10日(金) 「侠隠」出演確定

状況証拠からは、ほぼ確実と思われながら、
なかなか確証の得られなかった姜文(チアン・ウェン)作品「侠隠」出演。

昨日、西安の撮影班に合流したとの報道が一斉に出ました。
共演となるエディ・ポンもこの日、西安に。
ビオテルム・コンビですね。
空港での写真が出ていますが、金城さんはキャッチされていません。

役は主人公の李天然。

記事はこちら

ウォン・カーウァイ プロデュース作品、
ピーター・チャン プロデュース作品、
そしてチアン・ウェン監督作品が、
連続して制作・公開されるという、金城ファンには夢のようなラインナップが
実現しました!
完成・公開を、ゆっくり待ちます。


   BBS   ネタバレDiary  17:20


2017年03月04日(土) 「男人手冊」→「喜歓・你」

……と、タイトルが正式決定され(喜歓は好き、の意味)、
公開日は中国語4月28日、台湾が5月1日。
どちらに行くにしても、我らがゴールデンウィークに完全にぶつかるので、
もし行けるなら、連休明けしかないかな……。

既に行われた試写会での評判は上々とのことで、
ピーター・チャンは監督ではないけれど、ほんとに期待しています。

可愛らしいポスターとスチールの一部はこちらに






   BBS   ネタバレDiary 19:30


2017年02月22日(水) 「男人手冊」公開は5月?●お知らせ

比較的小品であり、撮影も終了していることから、
公開は情人節(バレンタイン)の頃かとも言われましたが、
その後、一向に動きがなく、今日の台湾ニュース記事に、
公開情報が見えました。

ミラーメディアという台湾のニュースサイトで、
かつての四小天王が今も活躍している(このこと自体、結構驚きですよね)
ことを取り上げた記事の中で、何気なく書かれています。

記事はこちら

「この作品は5月1日、中国と台湾で公開される」
確定情報がほしいところです。

金城さんは、2月12日台北の街頭にいるところを目撃され、
しっかり写真と動画まで撮られました。
でも、この姿――

   


そりゃあ、誰だか聞かなきゃわからないけど
(キャッチした記者がすごい! という声多数)、
逆に目立ちませんかね。怪し過ぎる……



お知らせ

台湾在住の武ファン、Mihikaさんのブログ「にぃ はお たいわん」の
閲覧パスワードが変更になりました。
下の「ネタバレ武News Diary」の「リンク集のページ」をご覧ください。

このブログは台湾のこと、金城さんのこと、まめに更新してくださっていて、
面白いですし、台湾行きの役にも立ちますよ。


   BBS   ネタバレDiary 20:00


2017年02月15日(水) 「侠隠」本決まりか

新年のご挨拶もしておりませんでした!
1月は9日に台北で「摆渡人」を見ました。
1回しか見ていないし、字幕を読み切れず、
完全な理解には程遠いですが(しかも北京語と広東語が完全にちゃんぽん!)、
画面がきれいで、温かいお話で、
楽しく笑えて(観客はほとんど若い人でしたが、声をあげて笑っていました)
良かったと思います。

金城武は完全にコメディのキャラクターで、
現実離れした純情な男を演じていますが、
わざとらしさがなく、かわいいし、
特に若いときの長髪姿は、ほんとに若々しくてかっこいいです。
それと動きがとにかく切れが良くて、姿も良くて、
確かに年を取りましたし、それを取り繕ってもいませんが、
私は好きです。日本でぜひ公開してほしいものです。
大々的なのは無理としても、どこか中国ものに強い会社が
単館公開でいいから見せてくれないかな……。

中国大陸ではもう映画のDVDは作らないのでしょうか、
「太平輪」も台湾でしか発行されなかったし、
今回も、早くもネット上で公開です(会員登録は必要ですが)。
ちょっと寂しい。

さて、標題の話ですが、
姜文(チアン・ウェン)監督の新作「侠隠」出演はほぼ確実と見てよさそうです。
昨年秋、姜文の映画のスタッフや出演者の公募がネット上で行われたようで、
それにも金城武出演の映画とあったことから、
ファンは期待をふくらませていたのですが、
今日のニュースにチャン・イーモウと姜文、2人の大監督の新作に関する報道があり、
それにこの作品のことがありました。
関連の部分だけ訳出します。

文は「一歩之遥」の大コケの後、今年の目標を別の民国時代の物語に定めた。
すなわち、張北海の武侠小説『隠侠』で、
ある青年侠客が1936年に師の仇を討つため帰国する話である。
自作の主役を演じるのが大好きな姜文だが、今回は脇役に回り、
主役には金城武に出演をオファー、姜文の夫人の周韻がヒロイン役を務める。
興味深いのは、今作にある大監督に俳優として出演を依頼したことだ。
侯孝賢(ホウ・シャオシエン)である。
交渉役は周韻で、侯監督の「黒衣の刺客(聶隠娘)」への出演を終えた後、
依頼をしたとのことだ。
この作品は既に昨年末、ひそかに撮影が開始されているという。
(2017.2.15 新文化報)

右下の検索窓から「侠隠」で記事検索していただけるとわかりますが、
私がこの映画の話を最初に書いたのは2008年のことです。
もう9年(昨年クランクインしてるとすると、8年)も経ってるんですね〜。

もう1本、「摆渡人」の後に出演した「男人手冊」は、
原作者によると、今年前半公開予定と今のところは決まっている
(確定ではない)とのこと。



   BBS   ネタバレDiary 22:00


2016年12月23日(金) 「摆渡人」公開!

映画「摆渡人」が今日から中国で一斉公開、
台湾でも先行上映があるはず。

中国のファンの子たちは、今日、多くは夕方から見に行くようです。
まだいけない人、海外在住のファンも報告を首を長くして待っています。

早い回で見たファンが画面を少し撮影してアップしているので、1枚。
 
   

(Kaneshirokeigoさんの微博より)

周クンではありません。
これに先立ち、北京他と香港で記者会見があったわけですが
(全然お知らせしていない……)
香港でのインタビューで、ファンとの交流について、
質問に答えて、金城武がこのようなことを語っています。

くにはファンクラブのようなものはないので。
そういうものは必要ないとずっと思っているんです。
あまりぼくとの交流ということに気を遣わないでほしいと、
だって全ての人に何かしてあげられるわけではないんですから。
前に会ったことがある、と言われても、
でもぼくは本当にそうだったかどうかわからないでしょう?
結局、みんなあまり気持ちよいことにならない、
だからぼくは主に映画を撮って、いい演技をすることで、
自分を応援してくれる人に演技を見て喜んでもらう。
今はそれを中心にしようと思っています。

――つまりファンとの一番良い交流の仕方が、
良い作品を彼らに見せるということなんですね。


基本的にそういう気持ちでいます。


これを聞いた若いファンが、次のようにコメントしました。

らが繊細な青年よ。あなたは本当にいい人だ。
ファンが自分と交流したいと思い詰めても、
自分は全ての人に応えられるわけではないことに心を痛め、
だから作品で交流することを選んだんだね。
彼の答えの本質は、本当は私たちファンのことを気にかけている、ということなんだ。
(暗号1011さん)

ここだけ、記録しておきたくて。


   BBS   ネタバレDiary 17:30


2016年12月03日(土) 「摆渡人」台湾公開日変更に

ポスターは中国版、香港版、台湾版と3種類発表になりましたが、
出演者のフィーチャーの仕方が、土地によってそれぞれ異なります。
台湾版を見ると、12月29日公開と変わっています。
わかりやすいように大きいまま貼ります。

   


クリスマス口碑場が23〜25日とありますが、
口碑場とは、マスコミ試写などで評判が良かった映画の場合、
公開日より先行して上映し、プロモーションをはかるというものだそうです。


   BBS   ネタバレDiary  16:30


前の記事あさかぜ |MAIL

My追加