MOTOYANの日々題
DiaryINDEXpast


2020年06月02日(火) 赤のレインボーブリッジ

ユーチューバーの増加や巣ごもり生活でPCやスマホでYouTubeを見る機会が多くなった。リアルタイムで実況ライブを行っている場合は、同時にチャットが行われていて、見ている人同士が語り合っている。
興味が多少なりあって、そのライブを見ている人の会話だから、専門的なワードや知らなかった情報が手に入ることも多い。
空港、電車、野鳥、風景など多くのチャンネルがあり、画質もかなり良いので時間つぶしにはもってこいだ。朝は、軽井沢の山小屋にやってくる野鳥や動物に癒され、昼は、那覇空港やその他の空港での離着陸の様子、夜は夜景を眺めている。
今夜は、レインボーブリッジの照明が、東京のアラート宣言でレインボーから赤に切り替わる瞬間をみた。一つのチャンネルだけで5000人くらいの人が同時にみていて、チャットも盛り上がっていた。
チャットに参加することはないが、読んでいると人それぞれ性格が出てしまうチャットにヒューマンウォッチが面白い。流れをしっかり把握してから発言する人、入ってきてすぐに思ったことを発言する人、クレクレさんの如くしつこくなんでも聞く人、誹謗中傷とまでも行かなくても不平不満を吐き出す人などいろいろで以前存在した、2ちゃんねる掲示板のようなサイトもある。
そのチャンネルを開設している主様とチャットを管理できるモデレーターが、常に「荒れない」ように監視いるだろうが、9割以上の発言は理性的に行われている。時々イエローカードが出る。顔が見えない発言には、顔を合わせている以上に慎重さが必要だし、情報を一方的にクレクレではなく、ギブアンドテイクの精神を持てない人は、参加しない方が無難な気がする。
赤色のレインボーブリッジは、巨大な鳥居みたいであり、赤色への怖いというイメージなのか、信号の赤なのか、美しいとは言えない。一日も早くレインボーに戻ってほしい。


MOTOYAN |MAILHomePage