/ 目次 /
光と闇 2019年12月31日(火)

夜の帳は優しいか
木兎さえも鳴かぬなら
音もなく闇はやってくる

孤独を抱えることは簡単だ
たたかわぬこと
逃げぬこと
拒まぬこと

それでも君は否定するか
声を出さずに叫びつづけるか
誰かを攻撃するか
瘡蓋を剥がすのが好きか

こうして森の中で眠る人を
君は朝の光を浴びて笑うのだろう





↑エンピツ投票ボタン
My追加

感想等、お願いします。




熊野ポーラ
mail home