つぶやき連絡帳

田中 くうき。の伝言板。

2020年10月25日(日) 今夜のスープは。

…チャイニーズスープ、では、無いんだな(笑)

ちなみにこれに「ああ、松任谷由実ね」と言える人は少なくともアラフォーにはなってるんじゃないかなあ。だって私がこれを初めて聴いたのは、確か小学生の時でしたもの。その私が昨日で44歳ですからね。

( ゚д゚)ハッ!自分の歳をバラしてしまった!

まあ、今日のテーマはスープであって田中の年齢ではないので、スルーを推奨します。「知られたくなかったら消去しろ」?生憎、私はBackspaceキーとDeleteキーはなるべく使わないのをポリシーにしているので。

面倒くさい女?何とでも言え。
友達が「ごめん、今日コロナの陽性になっちゃって、これから隔離されるところなんだ」とか言いつつ他の友達と別の趣味でカフェで田中くうきって面倒くさいよね〜とか、語っていても、その数秒の会話の中で友達がお気に入りのカフェにいるっぽい音声とかを耳が拾ってしまっていて、しかもその友達が「会話が弾んでる時にいちいち電話とかしてくんなや〜」とか思っている事実とか、結構ヒアリングしてしまう、有能な耳と洞察力があるのを他の誰よりも田中自身が一番鬱陶しいと思っている事実とか、色々あるので、こういう、吐き出したい時に吐き出せる場所がどうしてもひとつ必要なのだ。

ちなみに握力は45kg(右手)背筋力は81kg、上体反らしは74cm、普通の100m走は恥ずかしい程遅いのに、ハードル走はいつも体育で5をもらっている子に並ぶし、高校の頃の垂直飛びに至っては72cmでありました。走り高跳びは120僂世辰燭な?125cmだったかな?

まあ、脱線は此処迄すれば充分でしょう。

今夜は田中くうき謹製クリームシチューを作りました。
小麦粉とバターと牛乳から練って作るヤツ。
具はタマネギとホタテの貝柱。
あんまりテルミさんががっつくので、ひとちゃんに回す分があるかどうかヒヤヒヤしているのだけれど、よく考えてみると、ひとちゃんちの分だけ別に取り分けておけば良いんだね。
テルミさんが寝ている間に取り分けておこう。
テルミさんが文句言わないのかって?

「いい?テルミさん。今日のシチューは私が買ってきたバターと冷蔵庫の小麦粉と私が買ってきた牛乳と、私が買ってきた塩胡椒と、私が買ってきたひき肉と、私が買ってきたホタテの貝柱しか入ってないの。この意味がお分かり?」とかなんとか理屈をつけてねじ伏せておけば「あの…シチューをもう一杯…いいですか…?」と、忖度(?)するようになるので問題ない!

寝る前にひとちゃんちのシチューだけ取り分けておこう。

…え?なんでそこまでひとちゃんに「だけ」甘いのか?
それは遡ると私たちが高校生の頃にまで話が延びてしまうので、今日のこの日記ではその回顧録の一片を書いたとしても一時間くいらい私が寝るのが予定より遅くなってしまうので、断る!

というワケで、今日のスープはホワイトクリームシチューなのです。
チャイニーズスープではないのです(←しつこい。)

明日も忙しい。

午前中はエンピツのこの日記は明日中に有料版を申し込むつもりだし、テルミさんはちょっと遠くの耳鼻咽喉科で睡眠時無呼吸症候群の精密検査を受けたので、午前12時に検査結果を聞きに行かなければいけないのだ。
睡眠時無呼吸症候群ではないかを調べる検査ではない。
睡眠時無呼吸症候群のレベルや程度や無呼吸時間とか脳波とか、睡眠時無呼吸症候群を前提として、どのアプローチから治療法を決めたりするのかとか、そういうことを考える検査なので、話は長くなりそうなので、おにぎりと飲み物は必須ですね。

( ゚д゚)ハッ!ごはん炊く準備してない!

おにぎりが作れなくなるので、この自慰的日記は今日はここまでにします。

おやすみなさい。



 < 過去  INDEX  未来 >



My追加。
あなたのご用件をどうぞ。


田中 くうき [長話派はこちら。]