huukei

往時目譜近時


 2017年11月25日(土)   ピコ三郎 christmas


外食先、店内はクリスマス仕様、BGMもクリスマス。
もうクリスマスか。
街はクリスマス。
街はクリスマスやねん。
どこもかしこもクリスマス。
クリスマス クリスマス クリスマスばっかり!!!
せんぶクリスマス みんなクリスマス。
そういう我が家も、今日、ツリーの飾りを出した。
我が家ももれなくクリスマス。
嬉しい楽しいクリスマス。
嬉しい楽しい、特にそういう気持ちになる出来事は無いとしても、
なんとなくそれなりに気分のいいクリスマス。
人は喜ぶ。
人が喜んで 街も喜ぶ。
街が喜んで クリスマスも喜ぶ。
その中に生きていてああなんとなく幸せ と思う冬。 冬はよい。
春夏秋冬ぜんぶいいけど、冬いい。 冬ナイス。 冬グー。



クリスマス クリスマス
テクマクマヤコン テクマクマヤコン
テクノ関連…



 「Shape Up Love」    D&D
 https://www.youtube.com/watch?v=I3dFfU5qnvE

中学生の頃。 安室奈美平やSPEEDの流行を受けて、沖縄のアイドルが活性化した時期。
当時の僕はモーニング娘などのアイドルが好きだった。 コンサートにも行ったものだ。
この曲のメロディが好きだった。
先日カラオケで久し振りに歌った。 まあそんな気分もいいじゃないか と思いながら。



 「TOGETHER NOW」    小室哲哉
 https://www.youtube.com/watch?v=HJx68NcMAxg

これはワールドカップのテーマソングで、D&Dのボーカルの人が起用されていた。
小室哲哉というと、特にロックが好きな人達からは
「こんな商業主義の音楽は、音楽ではない」 と叩かれていた。
僕もその意見に賛同してもいたが、この曲が単純に好きだった。
 (若干異なるバージョン)https://www.youtube.com/watch?v=BXu79AoqmrU



 「Dance With The Wild Things」    千聖
 https://www.youtube.com/watch?v=JP3YlxxNSGM

ペニシリンというヴィジュアル系バンドの、
ギタリストの千聖(ちさと)という人がソロで出した曲。
サビのリズムが変則的になる事が新鮮に感じた。
歌詞や映像は、今の感覚で見ると惹かれないが、(当時はかっこいいと思っていたが)
しかし曲は今聴いても好きだ。




 - - - - -



僕は抽象画が好きだが、これに興味の無い人も多い。
スポーツ観戦が好きな人はたくさんいる、でも僕は昔からあんまり興味が無い。
顔の好みなども。 顔の好み自体が特に無い人もいる。
感動のポイント。 笑いのツボ。
人それぞれに、備わっている好み・ツボ・琴線がある。

そういうものは、生まれてから死ぬまでの間、多分ずっと変わらないのだろうと思う。
好み・ツボ・琴線という感覚・感性は、元々備わっている遺伝子の構造によって決まるものだと思うので、
つまり、身体的な、物理的なものだから変わらないのだと思う。

ただ、人間なので、
生きていく中での人間同士の触れ合いによって、心に何かしらの感情的な影響を受けた時、
好み・ツボ・琴線もまた変化していく。
広がったり、研がれたり、深まったり、それから、
元々は持っていなかったものがプラスされたりもする。
何かしらの情や想いと一緒にプラスされる。

人生という長い長い時間の川の流れの中で、
触れ合う者同士で良くも悪くも刺激し合い、研磨し合い、
化学反応するかのように、自分が、お互いが、形作られていく。

自分の内面が広がったり、研がれたり、深まったり、それから、
元々は持っていなかったものがプラスされたり、
そういう事は、誰とでも起こり得る事ではない。
けれど誰かと度々起こり得る事。
一人の相手とずっとしょっちゅう起こる事もあれば
お互いに一時的な場合もある。

忘れる事もあるが、どんな場合でもその時々で大切なものだ。

そうして 一人で過ごすときに 何かを見つめる。
遠い宙を見つめる。
近くの花や 木や風を見つめる。
見えない透明な道のようなものを見つめる。













 (鳥への文)

同じ気持ち。






往時目譜近時

watanabe keisuke