てくてくミーハー道場

もくじ前回てくてく次回てくてく


2016年04月10日(日) スパニッシュ!スパニッシュ!!

あーガスパチョ(但しレトルト)がおいしい。





・・・またふざけてしまった。

日本(どころか関東圏)から一歩も出ずに暮らしているにもかかわらず、またもやスペインづくしのてくてくをしております(昨日は江戸だったけど)

宝塚歌劇団月組全国ツアー『激情−ホセとカルメン−』『Apasionado!!掘(市川市文化会館)

総武線に乗って()セビリア市川へ行ってまいりました。

まだまさお(龍真咲)のサヨナラ公演自体始まってもいませんが、月組の次期トップ珠城りょうの“プレ”おひろめ公演ツアーであります。

ここんとこ、よほど興味がある公演でないとバウものを観ていないので、たまきち主演作は今回初めて観させていただきました。

で、『舞音』の感想にも書いたように、『PUCK』でボビーをやってたことをうっすら覚えてた程度のうすらバカな客ですので、あれこれ申す資格などないのですが、今回じっくりと主演ぶりを拝見させていただいて(へりくだりすぎは慇懃無礼ですぞ?)正直な感想を申し上げます。

初めて歌をしっかり聴いたところ、いわゆる、カチャ(凪七瑠海)みたいな強い声じゃなく、さらさらとしたクセのない声で耳にやさしく中高音の伸びも良い。

逆に言えば「男役の声になってない」んだけど、ヅカ色が強い生徒にアレルギーがある人には好まれると思う。

芝居もそんな感じで、良く言えば“ナチュラル”(月組で早期抜擢された某先輩にどこか似てますねえ)、悪く言えば“タカラヅカっぽくない”

歌劇団が久々に押してきた研10未満トップらしさ満載であります。

ただ、演劇的に助かったというか、今回、娘役トップオブトップのちゃぴ(愛希れいか)が手加減のないカルメンでごりごり圧倒していたこともあって、女に翻弄されまくる初心な男を素でやれてたから良かったのかも。わざとこの作品を選んだなプロデューサー(今誰がやってるかここ十年ぐらい『歌劇』を読んでないので知らないけど)。やりおるな(←)

でも、後半部分でまで初心じゃ困るんだけどなホセは。そこんとこがちょっと残念だった。



あと、ショーで思ったのは、やっぱ“下級生体型”だなと。(←まっ、厳しいわね)

もちろん決して太ってはいないし、『Apasionado!』初演のあさこ(瀬奈じゅん)も、決してほっそりした男役ではなかったのだが、プロローグでの、ペチコートみたいなふさふさフリルをつけたあの衣裳、あさこのときはあんなにもっさ○してなかった記憶があるだぞ。体型というよりも、“着こなし技術”の問題なのだろうか。

まあ、たまきちも、本当にトップになったら、これまでの上級生たちのように、“トップになったとたんに激務と心労で激やせ”するかもしれん。

そういうのを望むのも残酷なことだが、きっとそうなるような気がする。

だがそうなったら、歴代娘役トップ最高のタッパを誇るちゃぴを軽々とリフトしたあの腕力体力も失せてしまうのだろうか。それは悲しいな。

何とかうまくバランスをとってほしい。マリコ(麻路さき)のようにね。





ところで、初心っつったら、ホセ以上に「そ、そこまでやるの月組?!」と少し心配になったのが、エスカミリオに大抜擢の暁千星である。まあ、この子の場合、すでに『1789』でびっくりさせられてたので、今回も「ああそうか、推されてんのね」とぬるい目で見させていただいたのだが、子供っぽいエスカミリオはともかく(ズバリ言うのね・・・)、ショーでの(ショーでは一応カチャが二番手ポジションだったので、アリちゃんは三番手ポジであったのだが)若手スター感はとってもかわいらしく好感を持った。

彼女もあっさり塩味な口跡なのだが、歌が上手なのがとても良い(歌ウマ生徒は無条件に贔屓)

だがしかし、今んとこ「女子高のステキな生徒会長」レベルの魅力であって、ザ・男役になれるまでにはまだ時間が必要だと思いますぞ。

“若さの月組”を今後展開したいらしいことは十分察しがつくのだが、“若い”だけで客が満足すると思うなよ(まっ、怖い・・・←)

はっきり言って、ショーはカチャが出てくると「ホッ」、たまきちやアリちゃんが出てくると「よ〜し、がんばれぇ・・・」みたいな心境でした。

まあ、二人とも体がデカい分(もちろん上手くもある)、ダンスは迫力があって良かったし。



そいえば『Apasionado!』名物(というか、藤井ちゃんショー名物)のハゲしい二丁目シーンですが、今回ぼくの席は二階上段でありまして、市川市文化会館の二階席っていうのは、行ったことがある方はご存じと思いますが、舞台までものすごい距離がある。

全体を観たいぼくはオペラグラスを使わないので、例によってまったく生徒の顔が判別できず。

本編では役で誰だか見分けてたんだけど、ショーだと、歌わない限り誰だか判んないという状態。

なので、今回の二丁目シーンは、面白さ半減(←身勝手)

でもやっぱり、遠目で見ても見事に“男役でしかない”方(特にとしさ/略)がチラリホラリ見受けられたので、そういうところはさすが()だなあと。

たまきち、アリちゃん、今後、こういう男役を目指すんだよ。分かったね?←


中日劇場で観た宙組バージョンでは、オルキデアを(野々)すみ花がやってたので「なぁんだ」()と思ってたのだが、今回は初演に準じて二番手男役のカチャ。

ところが、このカチャが普通に美女であった(なぜがっかりするんだ?!)

いやあ、カチャはバンピロ伯爵といい、オルキデアといい、水も血も滴るような色香で大変けっこうでした。

本編でも、非常に魅力あるメリメ。ただし、ガルシアはホセよりすんごく弱そうで(こ、こらっ)、あっという間にやられた感(^^;)まじで、「ガルシアって、こんなに出番少なかったっけ?」と思った。




なんか、まとまりのないゴチャゴチャした感想で申し訳ない。

さて今後の月組、ユリちゃん時代の体制を目指すのかしらね。

すると、ミヤ様(美弥るりか)とカチャの、どっちがみつえちゃん(若央りさ)でどっちがのんちゃん(久世星佳)になるのかしら?と、そんなことが気になってしまいます(そういう目で見るの、やだなあ)

まあ、そんなことは、実際そのときになってから感想を述べましょう。

さて、次回(星組)はウィーンか。

ぼくのド真ん中だわあ(*´∀`*)♪←幸せなお方だ・・・












おっと、大事なことを忘れてた。

『情熱大陸』☆ヽ(−ー;)

・・・ごめん。

もちろんこの番組も後にじっくり語りたいんだけど、今日のところはこちら。

われらがクルクルパーマさん(←)、37歳おめでとうございます。

インフルに罹ったと知ったときには心配しました。ホンマ、声帯は強いくせに粘膜が弱いねえ。

『突撃!はじめましてバラエティ〜イチゲンさん』は録画でちょっとがっかりしたけど、画面のこちら側から「おめでとう」を言わせていただきました。

ていうか、ライブしようよー二人で。

5万人でお祝いしたいよ。

今年はそういう年じゃなかったの?(実は、本当には来年なのだが)

年寄りは気が長いのでまだ待てますが、その間浮気もたっぷりしちゃいますぞ←

ピーヒャラピーヒャラ♪(すごーく分かる人にだけ分かるネタでごめん)


もくじ前回てくてく次回てくてく
ておどる 【昔書いていた日記はこちら】Kin-SMA放言