漫ろ日記
DiaryINDEX


2018年11月25日(日) 何と読めばいい? 〜日記、はじめました

「漫ろ」とタイトルに置いたけれど、何と読めばいいのか。
〈そぞろ〉でもいいし、〈すずろ〉でもいいし。
わたしなら、〈すずろ〉を選ぶがもしんない。
そんな(どんな?)日記をはじめる。


知り合いというほど近しくはないけど、少しご縁があった人(いや恋愛関係とかじゃなく仕事関係でもなく)が、noteというサービスで「超短編小説」を書くことにした、という。

はじめての小説だというから、あまり神経質になってはいけないかもしれないけれど、小説よりはエッセイという気がした。
それから、正確な日本語を書いたほうがいいと思う。この間亡くなった脚本家の橋本忍の言葉を贈ろう(きっと知っているだろうね)。正確には孫引きになっちゃうけど。

《「うまく書こうと思うな、正確に書け」と言われました。「赤ん坊を背負った女が」でなく「女が赤ん坊を背負って」。つまり観客の目に入る順番が重要だ、と。橋本脚本は構成だと言われるが、一つの文の中でも構成を考えていた。(脚本家・中島丈博)》

小説じゃなくたって、そんな簡単に書けるわけではない。応援するのはもちろん大切かもしれないけれど、〈スキ〉と押下されたボタンの数が才能ではない。

久しぶりのエンピツでの日記は、わりと辛口になっちゃったなあ。



↑エンピツ投票ボタン
My追加


nikolaschka |MAIL

My追加