BECKの徒然草

BECK

My追加


2022年08月15日(月)

蝉が鳴いている
コップの中は空になった



2022年07月12日(火)

人間同士がどう接するかが重要な局面
政治的なこともでてきて、どうでるか、どう返すかという戦略も必要になる

AがSを嫌悪しているから、
Sは表面的には登場しないほうがいい
そのことをA本人に伝えてよかったのか

私はAに隠しながら進むことが悪いと感じたから伝えた

前にも同じようなことがあって、本人に伝えたら、
それは良くないと思うと他人から言われた

私は完全には悪くないと思うし、
むしろ進めていくうえでは必要なことだと思うから伝えたのだ

人間関係を抜きにした仕事というものは存在するのだろうか
技術としては成立するのかもしれないが
ビジネス上は人間関係が不可避である

その力を鍛える時なのだと思う
色々な人に相談して、最善の解決策をさぐりたい


立ち止まって考える
2022年02月04日(金)

これから環境が大きく変わるのだ。

なぜ変わるのか。

もちろん自分の力だけでこうなったのではなく、今までの出会いや状況が導いてくれた部分も大きいが、自分の心と直感に従った結果だと思いたい。最終的に引越屋に連絡したり新居を整えたりしているのは自分なので、その理由を今一度確認してみたい。

なぜ変えるのか。

今の仕事をはじめたきっかけ、染織品の奥にある生活と芸術の直結した力強さ。それに惹かれて、学芸というフィールドから何かを学ぶことができたらと考えた。展示をすることでそのものの魅力を伝え、維持管理していくことで次世代につなげる。

そのなかで学芸的に学ぶことはたくさんあると感じるいっぽうで、自分の手を動かしてみないと「わからないこと」もたくさんあるということを感じた。(「わからないこと」というのは、「生活と芸術の直結」をよりリアリテイーをもって実感できない、ということだ。)

手を動かすことを仕事にするのは大変だ。そのなかでも私のやろうとしている手仕事は、産業革命以降の技術革新とは逆行する極めて原始的なことなのだから、効率という天秤にかければ必ず淘汰されてしまう。だから別の天秤を探さなければいけない。

学芸員として染織を研究してきたキャリアを生かすのであれば、そのような「製造業」的な考え方ではなく、新たな価値観の提案という意味での「教育」のコンテクストからアプローチしていくべきだと考えている。

・手を動かすということが精神的な安定をもたらすということ。
・人間は太古から自然にある素材をどのように利用してきたのかを知ること。
・さまざまな技法を知ることで人の手のもつ技を発見すること。
・つまるところ人の手は如何にして、最小限の資源(素材と道具)を最大の効果(衣服などの染織品)で生み出せるのかを知ること。
・創造する喜びを感じること。

これらを学ぶことは、現代社会の課題である

・日本国内の高齢者ほか人々の生きる力の創造
・大量生産大量消費による環境への負荷の低減

の解決の道しるべとなるであろう。



2020年09月27日(日)

人を不快にさせるな。わたしはわたしの能力を発揮したいのに、それを阻止するな。この野郎!



2020年05月30日(土)

「守るもの」は
いつも個人的な心得のようなものです。
個人的な信仰っていうか。
それはときにジンクスに堕しますし、
鰯の頭かも知れません。
その上で申しあげるなら、
「その目的は何か」
「いまそう思った原因はなにか」を
情け容赦なく自分に問い、
その答えをつらくても直視することです。
今度のことでそれがより露わになったように思います。

「守るもの」:周囲の機微を察知し、反応すること。
「いまそう思った原因はなにか」:それが自己反復ではなく共生になるから。あからさまに評価をこうでもなく、あからさまに啓蒙するでもなく、でも何かを表現して相手と繋がる。それが私なりの生きる道。


新年の抱負
2020年01月02日(木)

・地球温暖化や相次ぐ自然災害のなかで

3.11地震、超大型の台風など、自然と人間の関係が変化している。
3.11の地震で、自然と共生するための思想を考え直さなければと感じ、
昨年の台風での各地の被害を見て、思想だけではなく、実際の生活を変えなければいけないという危機感を感じた。
生きていくうえで自然を脅威と感じることが日に日に増してくるが、
原因をたどっていくと、産業革命以降の大量消費での二酸化炭素排出の増加による地球温暖化などの、
人間の暮らし方、豊かさの追求が自然の摂理と適合していないことが根本にはある。

このままの暮らし方では間違いなく自然災害は増え続け、見て見ぬ振りをしていても、
ブーメランのように私たちの暮らしを揺るがす脅威となって身にふりかかってくる。

高度経済成長、バブル経済という上昇志向の流れと、その後のロストジェネレーションや私たちのようなゆとり世代の集合的無意識裡にある虚無感や諦念。そのどうにもならないギャップを思うと嫌気が指してくるが、それでも前を向いて生きていかなければならない。

私にできることは何なのか。
そして、私たちにできることは何なのか。

偶然出会った好きな事を10年続けてきて、ようやく「私にできること」がハッキリしてきた。
これからの10年は、それを周りの人たちも巻き込み、「私たちにできること」として、
渦を巻くように少しづつ大きな運動にできたらいいと思っている。


・制作の目標
目標は立てずに、今できることをしっかりやるだけだ。
目前のことでいうと、ガラ紡の平織り布巾を白、赤、黄の3色の製品化を目指す。
それを4月を目処に流通する体制をつくる(ネット、できれば岩立ミュージアムでの販売)。
夏は昨年講習会で習った天然灰汁建発酵での藍染で青を染めたい。


・他人を巻き込む運動としての活動の目標
腰機でガラ紡の平織り布巾を織ることができるように、まず自分がなる。
製品化が一度できてから(4月以降)
今の所、吉祥寺の手織り工房SOXで腰機フリーレッスンがあるので、それに集中して行く。
そこで、高機で織っているものを腰機に移して織る方法を学び、
また腰機道具の制作も学び、自分で制作できるようになりたい。


備忘録
2019年03月02日(土)

今月のプレイリスト
2019年3月2日放送
01. Pinball Wizard / The Who // The Singles
02. Como Me Quieres / Khruangbin // Con Todo El Mundo
03. August 10 / Khruangbin // Con Todo El Mundo
04. Aung Min Ga La / U Tin // Music Of Burma - Burmese Guitar
05. I Wish / Kent Nishimura // My Favorite Songs
06. Takin’ It To The Streets / Kent Nishimura // My Favorite Songs
07. On The Banks Of The Old Kishwaukee / Ryley Walker // Mojo Presents Black Mountain Sides (free with Mojo Dec. 2018)
08. After The Storm / John Hulburt // Mojo Presents Black Mountain Sides (free with Mojo Dec. 2018)
09. Sketch From Life / Nathan Salsburg // Mojo Presents Black Mountain Sides (free with Mojo Dec. 2018)
10. Cloud Corner / Marisa Anderson // Mojo Presents Black Mountain Sides (free with Mojo Dec. 2018)
11. Lightning Field / Steve Gunn // The Unseen In Between
12. Sumpin’ Funky Going On / Donnie Fritts // Prone To Lean
13. Lonely Just Like Me / Donnie Fritts // June
14. June / Donnie Fritts // June
15. Go Home Girl / Arthur Alexander // Lonely Just Like Me: The Final Chapter
16. This Little Light Of Mine / Gee's Bend Quilters // This Little Light Of Mine
17. No Time For Cryin’ / Mavis Staples // Live In London



2019年01月20日(日)

数字のことだけではない

実際の苦しさ
他メンバーとの不平等

私は言いたい



2018年11月18日(日)

まず確認しなくてはならないのは、「アンチ機械文明としての手仕事」ではなく、作り手の生産・創作意欲を阻害する因子としての行き過ぎたマスプロダクション社会、経済優先社会への対抗として、手仕事を見直す、ということ。作る側の人間がもっと自由に発想して、愛をもって仕事に打ち込めるような、ものづくりと人間の関係性を見つめ直す場をつくりたい。また、そのような場が実際に社会へのアンチテーゼ(価値の変更の申し入れ)となるように、リアルに繋がる必要がある。(『つまり、制度とか、現存する社会がこうなっている仕組み自体は、それは、無意識としては受け入れているところを前提としたうえで、しかし、教育のほんとうの目的は何なのかっていったら、やっぱりぼくは、価値の変更ってことにあるんだよっていうふうに思えてならないところがあります。』吉本隆明「私と生涯学習」講演日時:1993年10月3日/主催:文京区教育委員会/場所:文京区女性センター/収載書誌:弓立社『人生とは何か』(2004年))
だから、現在の日本の市場で販売し、収益を上げてはじめて、責任をもって上記のメッセージを伝達することができる。



2018年09月11日(火)

周りのこと全体のこと考えないで着実に整備してきた人たちの決定権を迫害して最終的には自分の気分で判断する人。内実を知ろうとしないのでイラっとする。細かいところ、ぜんっぜんわかってない。しかし、めぐりめぐってその細かい所、自分たちの追われている雑務の大変さが周囲に理解されていないことが問題であって、それが一番問題?あるいは、このような組織が働きにくい環境を作り上げてしまっている体制が問題なのではないか?

以上のことを悶々としながら考えているが、本当に考えぬきたいことはそんなことではなく、どういうふうに生きていくかとか、なにをしたいか、とかもっと創造的なことである。組織に属することで生じる、本当にどうでもいい問題に直面しなければいけないことがとても面倒くさい。こんなことをずっと考えながら生きていくなんて滅法御免なので、そのうち組織から独立して生活していきたい。



BACK   
目次ページ