日記
RECENT

2015年11月17日(火)

仕事で少しだけSDガンダムに関わったり、
パソコンのキーボードがぶっ壊れて外で使う時も外付けキーボードと一緒に持ち歩く羽目になったり、
暑いからと言い訳していた自衛丸二号機の製作が涼しくなってからも結局ダラダラしてたり、
用語辞典に「月光斬」の項目がない事に今気付いたり、色々ありました。


そのうち「寒いから」と言い訳する所になりそうだった二号機。
そうなる前に1週間くらいで終わらせました。
頭部変えただけですけど。
まぁ当時のガレキも頭部付け替えるだけだったしね。



左テンプルの旗と右テンプルの十手取付部は着脱式で、一号機と共用。
左テンプルのバルカンのためにMGMk-兇鯢品注文した一号機に比べると、手を加えた部分も少ないです。
ていうかどの辺がジェガンなんだ、これは(笑)。



一部のイラストでは眼が描かれているものもあるので、
頭部内のカメラパーツを差し替えで瞳ありに変更できるようにしています。
一つ目というのもどうかと思ったので、二つ目にしてますが。あえてね。
ゴーグルも本当は上辺がこんなに真一文字じゃないですけど、例によってクリアパーツなので改造とか無理なので。



アニメ版で二号機のみが持っている、槍。
刃にはゴールドミラーフィニッシュを貼りました。

ところで二号機は一号機の「弟」との事ですが、
ならば一号機は「兄」?それとも「姉」?
ジェガンも逆シャアで印象深い正規パイロットは女だよな・・・
と一瞬思ったけど、慈絵丸の「従兄弟」という記述もあるから、やっぱり兄かな。



一応ジェガン型のライフルも用意しましたが・・・・


「往生せいやぁー!!」
やっぱり、こっちの銃を持たせたくなってしまう(笑)。
レジェンドBBの肩関節のおかげで、ギリギリ何とか両手持ちも可能。


ちなみに上のポーズを取るために、ヒザは可動式にしています。
ガシャポン戦士NEXTの関節を使用。
ウェーブの関節パーツよりも全然丈夫で保持力もしっかりしているものが
2個も入っていて、フィギュアも付いて200円。これは安い。
(いや、関節用に買った場合フィギュアは関節をプラ棒とかに置き換えられた姿になりますが・・・)
ちなみに今は4個入りで300円なんですね・・・武者精太まだ買ってないや。



いかん、もう自衛丸のポーズじゃなくなってる(笑)。
なんか堂々とガンダムパクってましたけど、
よく考えたら25年も前にガンダムの方がパクってたんじゃないですか(笑)。
まぁ最初のOVAの時点で多少のガンダムネタはありましたけどね。

ディレクターズカット版は気が向いたら見ます。

次は慈絵丸…か?


さて、あさってはいよいよBB戦士No.400の発表か。
どうせファースト出すならパーフェクトガンダムとかにしてくれてもいいかも。
400が何になるにせよレジェンドBBは続いて欲しいなぁ。



2015年08月07日(金)



「御用でい!」

開き直ってデカ字で押し切る事が大事な出オチシリーズ。
最近、妙に自衛丸に似てる何かを見る機会が多かったせいで作りたくなったので、
一号機を作っちゃったよ。
何のキットをベースにしたかは内緒だよ。





読みは「じぇがん」説と「じえいがん」説があるようですが、最近はじえいがんが多いみたい。
10時間くらいぶっ続けで作業して手がズキズキに痛くなり目も見えなくなってぶっ倒れる感じのペースで作ってました。アホだから。
でも2ヶ月弱くらいで完成したのはそのおかげかも。

パッと見ではジェガンというよりハーディガンっぽくも見えますね。
SDガンダム公式カタログ2では「よーく見ると何かに似てるような・・・」
とありますので、公式には似てるだけみたいです。何かに。



製作開始後40日目くらいの姿。
ご覧の通り、色んなキットを取り混ぜて作っています。
実際の所、ベースというほど大部分を占めてるキットはないかも。
下半身などは、レジェンド体型のジェガンのキットがないため
デザインの近いνガンダムの脚などがベース。
あとは武者頑駄無のボディ等と何か。



左耳のブチ穴は、アニメを見る限りどちらの面から見ても穴が開いていますが
個人的に集音センサーか何かだと思っていたので貫通しているのもどうかと思ったのと
貫通してたら劇中どおりの黒丸にならないため、あえて内部を塞ぎました。
肩のブチ穴は貫通してますけど、まあこれは多分放熱板か何かなので。
ブチ穴の開いてる戦国伝キャラって、これと剣舞風荒くらいかな。

アニメの設定だと左腕にシールドはないらしきデザインですが、
劇中だとシールドがある様にも見えるため、暴留の盾を参考にアレンジしています。

「頑」の字は相変わらず自作デカールなど無理なので、MG真武者頑駄無用デカール。
ただ周りに炎のような模様があるのでそこを切り取ったり塗り潰したりするのが面倒でしたが。


提灯はこれ
大阪でしか売ってないと思って通販で買ったんですが、東京にも実店舗あったんですね…。
大きさはともかく形は気に入らなかったため、ワイヤーをコイル巻きにしてから
ホワイトフィニッシュを押し付けるように貼っています。
「自衛丸」の字は、「丸」はサムライデカールといういろんな漢字が揃っているデカールから。
いつの間にかこんな便利なものが出ていたんですね。
たださすがに「自衛」はないためハセガワのシーホーク(海上自衛隊)のプラモから。
一応は武者番長にも出てきたメカなので、デカールなしで作ってみるのも丁度いい。

腰のV字は本来のデザインにはないんですが、武者頑駄無もレジェンドでV字が追加されたし?と
腰フロントは基本的にジェガンのデザインに準拠しています。

ふんどしには元祖漫画だと「廿参」?とも「廿式」?とも読めるような字が書いてありますが
よく分からなかったため、別のイラストの「拾八」としました。
拾はサムライデカールにありましたが・・・八がない!難しい方の捌ならあるのに!
最悪手書きか!と思いましたが、よく見ると単純な字なのでやりようはある。
よって、一画目は同じサイズの「兵」の上の部分、二画目は1つ大きいサイズの「拾」の
右側の「合」の屋根の右側を切り取ってきてでっち上げました。

この拾八のデカールを貼る都合上、ドシフンは少し大きめにしたかったので
MGガンダムver2.0のものを使用しています。



ちなみにサムライデカールは號の字もあります。
キット付属の縁取り文字とは違った味わいがあるかと。
あっ!ブチ穴開いてる人ここにもいた(笑)!


顔の右側についている赤いものは、十手の柄が前に突き出していて
その先っちょの房では?と思ったので、信玄頑駄無の角飾りから切り出した房を
右写真のように柄に着脱式にし、頭や手に通す時はいったん外します。

肩のデザインは本来ガンダムのアンクルガードのようなものが付いているのですが
正直どういう形なのか今一つ形状解釈し辛かったのと
パトライトがDスタ(あ、言っちゃった)のクリアパーツをそのまま使う都合
どうせ同じデザインにはできないという事もあり、黒い部分は「たすき風」を「ダクト風」にアレンジしています。
BB戦士のAGE1の肩がベースですが、ほんとにベースにしかなってないですね。



頑駄無軍団足軽衆。
って暴留小さいな・・・
この写真を見ての通り、黒部分は本当に真っ黒に塗ると
写真では真っ黒な塊になってしまって形がよく見えないので
薄めのマットブラックにしています。
激暑のお天気のおかげで塗装もスムーズ。
というか、暑くなり出す頃に終わってよかったと思う。
もし今頃まだ作ってたら、暑さでやる気ゼロになってた気がする。
実際この文章もダラダラ書いてるし。
二号機も作りたいけど、もうちょっと涼しくなってからだな。

映画も見てきました。
同時上映で実写版SD戦国伝をやれよ…(笑)というのは置いといて、
何だかんだ言って一番面白かったのは第1章と長編映画だったような気がする。
凄いね。面白い回とつまんない回の差が。
いや、そこは当時のアニメもそんな感じだったけど(笑)。


ガンダム野郎も最終回をようやく読めた。
でも、かなりの割合が修正されてるので結局当時版が気になる(笑)。
個人的に飛天頑駄無はやまと版のバランスが一番カッコいいと思う。



SDX三代目も届いた。
戦ってるポーズで撮るつもりが、普通に脳天を叩き割ってしまった(笑)。

今回はカラーリングも当時のまんまだし、バトルマスクまで再現されてて文句なし。
デザイン、ギミックとも正にイメージ通りの三代目。
確かに胸の光の玉は上下逆になってたけど。

バンダイ側のミスとはいえ、わざわざ無償交換案内のメールを購入者全員に送るとは、責任ある対応してるね・・・。
でもこんなもんは自分で簡単に直せたし、どうしても直して貰わないと困るような問題じゃなかったよ。
この位の事で修正するんだったら、新紀元社の本の発売日リストのページの大雑把な記述もどうにかしてくれよ。



2015年02月04日(水)

中々サイト更新できないけど日記。


新装版ガンダム野郎、描き下ろしイラストとかは特になかったけど、
一番読みたかった小宮山指導員のインタビューが読めたのは良かった。

やはり、小宮山先生から小宮山指導員に、そして小宮山社長になっていたんですね・・・。
いや、バンダイの商品も作ってる会社のHPに社長として以前からお名前が載っていたので気になってはいたんですが。

ちなみに岡崎指導員は現在円谷プロのプロデューサー
(ウルトラマン列伝で毎週OPに製作統括としてクレジット)、
長谷川指導員は言うまでもなし。
あと、さり気に野中剛氏も出てたんですね(当時はガンクロを担当)。
ジバンとかと同時にやってたことになるが・・・。
川口名人も出てるし、改めて見るとそうそうたる顔ぶれが揃ってるのは凄いな。
プラモ漫画なのに毎回プラモ爆破しまくってるのも凄いが。


武者飛駆鳥も買って来た。
色はアレだが、造形の出来がものすごくいい。
レジェンドもコレクション性が出てきたし、ここで終わられたら中途半端すぎるな。

「後の嫁」には笑った。名前まで・・・
歴代大将軍の嫁の中でも一番適当な名前付けられちゃったガベ子ちゃんの事を思わずにいられないが。
塗装したり腰据えて作るのはメッキ版が出るまで待つかなぁ。


コンバージEXは今の所予約してない。
本当にあれで千円以上もするのか、アレは。
コンバージ普段買ってないしなぁ。

ビルドモデルガンダムもまだ買ってない。
消しゴム製ボディって、それ狂四郎版武者ガ・・・・。



2014年11月14日(金)

「「も」で始まる男性の名前をとにかく挙げろ」と執拗に迫られる夢を見た事ある人ってどのくらいいるんだろう。

夢の中の頭で必死に考えた結果、出た答えは「紋次郎」でした。


それはさておき、またサイトを更新。
武神輝羅鋼編の用語辞典をアップしました。
今回はいつにもまして説明書や外箱以外のBB戦士系資料を元にしているところが多いので(亡霊璽悪の通り名とか)、いずれ出典一覧のページも作る予定です。


先月末は魂ネイションにも行ってました。
いつもは行かないけど、今年は見に行かなければいけない気配を感じたので・・・。
事前情報とかは特に調べてなかったけど、予想通り、いや予想以上の情報があったのはまあ置いといて、
SDXはどこにあったのやら、全然見つけられませんでした。


二代目大将軍も予想以上の出来。
ここまで金部分がメッキになってれば、もう少なくともメッキにしただけの限定版はないな。
大農丸にリデコできるようなパーツ割りにもなってないし。
二代目のリデコだったら天下統一二代目の再販の方が欲しいけど・・・
大目牙砲の砲身にヒンジっぽいディティールが追加されて、
二つ折りにでもしそうなデザインにアレンジされてる所も面白いねー。
武者フォートレスのデザインが変わってるのが発売前から気になってたので、
当時式の武者フォートレスにもできるかどうか、買ったら試してやろうと思ってたら、そんな考えはとっくに見抜かれていた(笑)。


初代大将軍って、雷凰がそこそこの(物心つく)歳になるまで生きてたんだな。
でも、考えてみると今回のコミックでも雷凰はまだ「幼名」を使ってるんだな。
WEBコミックと今回の二代目の話って、実は初代が死んでからまだ10年くらいしか経ってない事になりはしないか。
それだと武者頑駄無たちもまだ相当若い、もしくは初代死亡のかなり前に既に生まれていた可能性が出てくるけど。
あと愚怖と摩羅砕がこんな時期に既にいるってことは、阻路門の乱で風神雷神像から復活したって言うのはコミックワールドの設定ではなかった事になってるのかな。とりあえず、そう思う事にしとこう。

しかし当時から何年も経ってSD戦国伝の設定がここまでアップデートされるとは思わなかったなぁ。
根本的に設定が書き換えられるような事は今の所ないけど。

銀河パトロールジャコを読んだ時の印象に似てる。
それまで出ていた情報から推測すれば、悟空は生まれてすぐ侵略目的で地球に送られたんだと当たり前のように思っていたけど、公式に「フリーザが来るのを察知してわざと地球に逃がしたんだよ」と言われれば、なるほど何も矛盾はない、そうだったのかという感じ。
SD戦国伝超事典には「地の鎧を身につける武者が見つからなかったため、初代大将軍は闇皇帝に殺された」とも確かに書かれてるけど、それはあくまで別メディアでの話。

そういえば初代大将軍が日輪剣を持ってるというのも、実は当時のイラストにもあったんだよな。
初出知らないけど、SDガンダムスーパー大図解111の表紙に載ってるやつ。(といってもその本の中では名前が天光剣になってましたが))
<追記・カードダスNEOバトルカードの2弾の初代が元かな?>

ところで超闘士激伝もだけど、公開が終わったWEBコミックはそのまま歴史の闇に埋もれてしまうんだろうか。


SDガンダムの常識新世代編は七人の超将軍編の魔殺駆のページで紛れもなく武神輝羅鋼編の魔殺駆の設定画を載せてたのは痛いが、超機動大将軍編のあのチラシが載ってるのは面白かった。
どうせならもっとはっきり読めるくらい大きく載せればいいのに。

ガンダム野郎は再来月なのになかなか予約始まらんなー。
大先生とかダルタニアン氏とか、かつてのSDスタッフが再集結したのをきっかけに何か新企画でも立ち上がれば面白いけど。



あぁ!「基樹」があった(笑)!!


 < 過去    


(武将髭・黄金武士メール用) [MAIL] [HOMEPAGE]