鷁里辰突戮譴觴臧悗淵轡Д嫺記鵝前藥録〜...カロリィ

 

 

今シーズン最後の鍋料理。 - 2023年03月14日(火)

昨日、食卓に久々に鍋が登場しました。
このところ暖かくなってきていたので、もう1回鍋やりたいなあと思いつつ
暑がり男子が半数を占める我が家では、卓上コンロを出せずにいたところです。

このシーズン、ついに土鍋を1つ買い足しました。
あとそれから、“鍋の素”みたいなものを使う場合は、2袋買うようにしました。

鍋が1つだけだと、1杯目をかっさらった後、おかわりをするまでに時間を
要してしまい、全員手持ち無沙汰になるっていう状況が毎回発生していたので
卓上のものを食べている間にキッチンでもう1つおかわりようを作っておき、
すぐに差し替えられるようにしておくという。

これでだいぶ鍋料理を食べるときの時短に繋がりましたし、鍋を目の前に
沸くのをじっと待つストレスからも解放されました(笑)

卓上コンロを買い足そうかな?とも思ったのですが、いや、ガスコンロは
あるからIHを買い足すか?とか色々迷っているうちにシーズンは終了して
しまいました。

鍋は2つに増やして正解だったかな。

もうね、とにかく食べる量がですね、っていう。

昨日、商店街でバッタリ出くわしたママ友と少し井戸端会議をしたんですが、
そのママ友っていうのは中学校の野球部の3年生(元エースで元キャプテン)
のママと、2年生エースのママ。

うち?うちは何のエースでもない(笑)

それまで彼らがエースだったことも何にも知らなかったわけですが、それぞれ
2人兄弟と4人兄弟だったんで、
「とにかく良く食べるから食事の準備ハンパない」
って話をしました(笑)

男の子のお母さんが集まると、まずもってその話題になりますよね。
何食べさせてるか、足りないって言われたら何出すか、それイイネ、それ
うちもやろう、とかそういう情報交換(笑)

昨日の鍋だって、鍋用に準備した豚バラ600gと魚介類とは別に、夫が
お惣菜で買ってきた牛肉のタタキ2パックをベロりですもんね。

あとはコメも食べるわ餅も食べるわ、シメにはラーメンも入れるわ。

おかげで鍋やると、冷蔵庫の中身が一掃されて気持ち良いほど。
とくに昨日は葉物野菜をありったけ鍋に突っ込んでやったので、野菜庫が
ほぼスッカラカンになりました。

まあ、それはそれで買い出しが大変なんですけどね(;´Д`)

今冷蔵庫にあるのはキャベツ3分の2玉と、大根が1.5本分くらいと、
きゅうりが7〜8本、人参はちょっと数えきれないくらいある…。

しかしハッキリ言って野菜なんて腹の足しにもならないので、とにかく
肉と魚を何とかしないとといった感じ。

この季節、頼んでもないのにパルシステムから人参が死ぬほど届くので、
最近『人参のチーズガレット』を作るようにしてる。

と言ってもせいぜい一度に1〜2本しか消費できないので、焼け石に水感。

人参の細切り(スライサー付属のやつでシャシャッとやる)とシュレッド
チーズと片栗粉、それから味付けはマキシマム(出た)をボウルで和えて、
それを多めのオリーブオイルで焼くっていう。

栄養価:人参

というお料理。
しかしマキシマムなかなか無くならん!!
味がかなりジャンキーなので、我が家にとっては用途が限られるせい。
もう買わないよ!(笑)

もうちょっと小さいボトルで売ってくれたら時々は買うかもね!

そうそう。
この季節はパルシステムはサツマイモも死ぬほど送ってきます。
頼んでも無いのに。(2回目)

毎年冬はサツマイモと人参の消費に追い立てられているカロリィです。
なのに東北から、頼んでも無いサツマイモが届くのです。

マジやめれ。

あーもう今日の夕飯何しようか!!



...

小6アウトレイジ。 - 2023年03月11日(土)

1週間ほど前か。
学校内で図書のボランティアをしているママ友から1通のLINEがありました。

「今日図書のボラ入ってさ、図書室にいたんだけどさ。途中、6年3組の
男の子がけたたましく笑いながら図書室に入ってきてさ」

というところまでで投稿が途切れ。

え、てか6年3組っていやぁ次男のクラスですよね分かります分かります
けたたましく笑いながら図書室に入って来たクソガキは、うちの息子だった
んですよねそれはどうも大変申し訳g…

と打つ気満々で待ち構えていたら、

「うるさいなあどうしようかなあ注意しようかなあと思っていたら、直後
『静かにしなさぁい!!』という声と共に、アウトレイジみたいな集団が
入って来てさ」

ん?
ふむ。

「アッというまに、そのけたたましく笑っていた男の子を首根っこつかんで
回収してったのが、次男くんだったんだよね。」

と言うではないですか。
当然、

「えっと、けたたましく笑っていたのがうちの息子だったのではなくて?」

と聞き返したら

「違うよ!『静かにしなさい!』と言いながら集団の先頭に立って図書室に
入ってきて、けたたましく笑っていた小柄な子をつまみ出してくれたのが、
次男くんだったんだよ!注意しようか迷ってたところだったから、ホント
助かったの。カッコ良かったよ!!次男くん!」

とのこと。
お、おおおぉ。
滅多と聞かない、次男の「良い方面の」お話ではないですか(笑)

「てかホントマジでアウトレイジだったから。次男くんは完全にビートたけし
の立ち位置で。めっちゃガタイの良い6年生ズラリ引き連れて先頭に立ってた」

お母さん啞然です(笑)

いやまあ立ち位置的にそういうポジションなんだろうなと思ってはいたけれど
実際に見た人から臨場感あふれる報告を聞きまして「ホンマだったんか」と
思ったくらいだから。

でもネタとしてむっちゃオモロイ話やんと思ったんで、当の次男に聞き取りを
行いました。

「誰引き連れて、誰を回収したの?」

「コータと、ヒロキと、ヒカルとユウで、ケイタを連れ戻した。」

それ聞いて私もう大笑いしちゃったよね。
マジもんの小6アウトレイジ集団だったから。
160cmを超える小6集団が、150cmも無いであろう小柄な同級生を
つまみ出していく姿想像したら、笑えてきちゃったわ。

てか小柄な同級生の子、ゴメンやで。
きっと普段からそういう扱いなのかもしれない。
でも次男いわく、「アイツずっとついてくるんだもん」とのことなので、
まあいじめられてるとか次男が虐げてるとか、そういう感じでもないらしい。

その辺はお母さんちょっと安心した。

そんな感じで6年間ずっとガキ大将だった次男。
褒められることよりは、怒られることのほうが多くて。

学校の先生は、良くないことで電話をかけてくることはあっても、わざわざ
電話かけてきて褒めてくれることってありませんからね。
ほぼほぼ、怒られてばっかだったと言っても過言ではありません。

そんな中でも長男を高く買ってくれていたのは、小2の頃の担任(教務主任
という大ベテランの男性)と小3の担任(当時新任だった23歳男性)、
それから小5・6年持ち上がりでお世話になった、これも新任の女性教員。

小4のときの女の先生とは、私から見ても相性が良くない感じでしたね。
とても生真面目で細やかな先生だったんだけど、ガキ大将からしたら
「うるさいババア」くらいに思っていたのかもしれない。

でもね。大事なことですもんね。
相性の良くない人なんて、この先いくらでも付き合っていかなきゃいけない
んだから。

概ね、大らかな先生方に寛大に見守られていた6年間だったと思っています。
あとほんの数日で卒業式。

どんな中学校生活が待っているのやら?
まあ安心せえよ。
既にお母さんが顔パス状態なので、何かと目立つお前もすぐに顔パス権が
ゲットできるだろうよ。

小学校の校長副校長にも、中学校の校長副校長にも、それからPTA役員
全員にも、うちの兄弟のことは知れ渡っている。
そんな強力なバックはあるまいよ。

ほどほどに頑張ってくれよな、新中1アウトレイジ。


...

ベイエリアの闇。 - 2023年03月10日(金)

ベイエリアのイタリアンに勤め始めてもうすぐ1年半になります。
少しずつ、少しずつ闇のようなものが見えて来始めてしまいました(笑)
なるべく深く関わることのないように、自分のやるべきことを粛々と進めて
参りたい所存です。

闇というのは。

私が入社した当初、20代の若い女性が店長を務めていました。
この店長、多分スタッフ全員から嫌われてるんちゃうかというくらい、色んな
人から嫌われていました。

新参者だった私にはそういう黒い面を見せてくることは無かったので、私は
特段彼女に対して不満はありませんでした。

付き合いも浅いし、結果的には1年間だけでしたしね。

最初のころ、私に仕事を教えてくれていた私より3歳年上のお姉さまが、
どうやらこの店長とバチバチにやり合っていたらしいです。
お互い大嫌いだったっぽい。

そして昨年の秋にこの店長が辞めていきましたので、これで平穏が訪れる
のかなと思っていたら、お姉さまは今度は遅刻魔ちゃんにあからさまに
イライラし始めました。

そりゃ私だって遅刻されるわノロノロされるわで、イライラしなかったかと
言えば噓になるけれど、しかしそういうタイプの子をまともに相手にしたって
仕方なかろうとも思っていたので、秘技「相手にしない」を発動して
やり過ごしていました。

でもお姉さまは、イライラしたことを全部口に出して彼女にぶつけていた
らしい(笑)

遅刻魔ちゃんはキッチンを独りで任されるところまでは行き着かなかった
ので、私もしくはお姉さまと一緒にシフトに入ることが多く。

お姉さまとシフトを二分している私は、今となってはお姉さまと一緒に働く
ことはほぼ無いという状況。

でもお姉さまの遅刻魔ちゃんに対する態度は、他のスタッフから漏れ聞こえて
きてはおりました。

なのでまあ、私のイライラもまとめてお姉さまが発散してくれてるんだと
思えたことで、私のイライラは最小限に食い止められたといっても過言では
ないので、逆にありがたいと思っていたくらい。

そうするうちに今度は遅刻魔ちゃんが辞め。
でも別にこれは、お姉さまがいじめたからとかそういうことではない。
そもそも、「朝昼の仕事には向かない」タイプの子だったというだけだと
思います。

そしたら今度は、お姉さまの刃がホールの契約社員の女性に向かっていると
いうではないですか。

ついこのあいだ、その契約社員の方がボロボロに泣きながら仕事をしていた
日があって。

私はてっきり花粉症か何かだと思って気に留めていなかったんだけど、どうも
様子がおかしいなと思って話しかけたら、

「もうヤダ話しかけないで。優しくされたら泣いちゃうからぁぁぁ」

と言いつつ涙を流すではないですか。
そうかよそうかよゴメンよと思って、それ以上話しかけるのは止めたさ。



少し日数が経って本人も落ち着き、且つ周囲から漏れ聞こえてきた情報を
総合すると、どうやら最近お姉さまの態度がかなり度を越えたものである
らしいというのです。

私はホントにシフトがかぶらないので、私にビシバシに仕事を教えてくれた
テキパキしたお姉さまの印象しかなく、とてもサバサバしたピリッとキリッ
とした女性というイメージを持っていたままだったのだけど、どうやら
そうではないらしいと。

お姉さま、多分仕事がデキない人、遅い人が嫌いなんだよな(笑)
私は多分お姉さまの「仕事がデキる基準」に達していたんだと思う。

元々が蓮っ葉な話し方をする人ではあったけれど、別にそれが厳しいとか
意地悪だとかイヤだとか思ったことはなく。

むしろ厳しくされたおかげで、私は最短スピードで仕上がった(←ポジション
を独りで任せられるという意味で)のだと思ってますし。

ただ、あの教え方でついて行ける人は果たしてどのくらいいるでしょうね?
とは思った。
教えてもらいながら、思ったことはある(笑)
「コレ、絶対誰にでもは務まんない!!」って。

私でさえ
「きちぃ!!(;´Д`)」
って思ってたから(笑)

お姉さま、他人に厳しく言うだけあって、ご自身の仕事もホントきちんと
こなしていらっしゃる。

二言目には「お客様が」「お客様のために」って言うし、ラクしようと
しないし、盛り付けは綺麗だし、食器を洗うのも速くて綺麗。

私はお姉さまから、ありとあらゆる仕事を盗みました。
彼女のおかげで今の私があると思ってます。

そういう面ではとても尊敬しているので、もうちょっと他のスタッフにも
優しく接してくんないかな〜と思ってる。

まあなんつーか、世の中ホント税制と同じなんだよな〜って思う。
払える人が払う、できる人がやる、っていう仕組み。

できない人、やる気のない人にヤイヤイヤイヤイ言うだけ、時間の無駄だと
感じるようになってきた今日この頃です。

それは、古巣の岩田くんから学んだことでもある。
それから遅刻魔ちゃんなんかもそう。
あと、今年度一緒にPTA副会長をやった人も。

やる気のある人は、他人から言われなくたってどんどこ吸収していくし、
できる人はそう意識しなくても勝手にできるようになっていくもんだと思う
ようになりました。

できない人って、ホントできないみたい。

知らんけど!てとこ。

「何か知らんけど、何にもでけへんみたいやで?知らんけど。」

ということです。
相手を変えるより自分が変わる方が早いしスムーズ。
病気なのか障害なのかは知る由もありませんけども、そこって素人は
立ち入れませんもんね。

みんな違ってみんないいらしいんで、それならそれでいいんじゃないですか?
と思います。

なので私は、岩田も遅刻魔もPTAに関しても、自分ができる範囲で自分の
やるべきことをやればそれでいい、と思えるメンタルを構築しました。

メンタルの再構築です。
そうだった。
私環境適応能力、バツグンにイイんだったわ。

お姉さまも、「私が私が」「私のやり方は」でオラオラするのではなくて、
せっかくお仕事がお出来になるのだから、もう一歩踏み込んで、相手に合わせ
てあげるところまでできるといいですよねと思います。

話は戻りますけど、別にその契約社員の方が仕事のできないタイプという
わけではないです全然。
まあ不器用だなと思うことはありますけど、お姉さまよりはよっぽど協調性
があるし、誰とでも気持ちよく仕事をしていける、とても真面目で素敵な
女性です。

なので、個人的には彼女には辞めて欲しくない。
お姉さまの圧に屈しないでほしいなと思っている今日この頃。

でも深入りしたら自分がめんどくさくなるので、その契約社員の方とシフトが
一緒になったら、私のできる限りを尽くして彼女が仕事をしやすいように
心がけております。

そんだけ。
みんな仲良く仕事しようよ〜



...




My追加

 

 

 

 

INDEX
past  will

Mail