空の青の何処か...あお

 

 

手紙 - 2011年01月24日(月)

人ごみの中、孤独を感じながら歩いている。
ここを歩く人々はみんな他人だ。
こんなに近くを歩いていても、とてもとても遠い距離を感じる。

この私の、こんな気持ちを知る人はだれもいない。
誰も、私がこんなことを考えながら歩いているなんて
思いもしないだろう。



一人になるとどこか自由になるようで。
一人、電車にゆられていると、
このままどこへでも行けるような気がしてくる。

どこへでも。



たとえば、このまま私が家に戻らなければ。
このまま私という人間が消えてしまったら。



でも、それで私は幸せになれるだろうか。
そんなこともないんだろうな、と思う。


たとえば明日死ぬとして。
たとえばあと5年後は生きていられないとして。
それでも私は選択するだろうか。


あのひとに手紙を書きたい。
いっぱいいっぱい手紙を書きたい。
そうして、私が死ぬ前か、あのひとが死ぬ前には
あのひとに手渡せるように。

昔は手紙ばっかり書いていた。
手紙を書きながら夜明けが来ることだって珍しいことじゃなかった。
あのひとの文字を手でなぞりながら。
馬鹿げた幼いやり取りもいっぱいしたけど。

手紙。

今もあの頃の手紙を読んでみたい。
きっと子どもじみすぎてて笑っちゃうだろうけど、
それでも読んでみたい。

もう読めない。


私がばらばらにした手紙たちも捨てた手紙たちも
あのひとが私に手渡す前にばらばらにして投げつけた手紙も


紙切れを手渡されるたび、どきどきした。

毎日毎日あんなにたくさんのエネルギーを使って。
それでも足りなかった。

誰もいない校舎の屋上。
体育館の裏。

あんなに近くにいたのに。
いつも触れようと思えば触れられたのに。

どうしてだろう。
どうしてこんなにもあのひとのことが心にこんなに
刻みつけられてしまっているんだろう。


...

苦しみ - 2011年01月22日(土)

情けないけど、まだどきどきしてて・・・。
こんな自分に泣きそうになる。


あのひとの声にもっと触れていたかった。
あのひとの空気をもっと感じていたかった。
自分から終わらせてしまいたくなかった。

私はばかだ。


どんなに反省したって
どんなに思い悩んだって



理性とか、本当は、もうどうでもいいと思ってる。
でも、もっともっと理性の強い人間だったらよかったのかと
どこかでは思っている。
できないわけじゃない。

そう、できないわけじゃない。


どんなに苦しくったって。


また、メールも電話もできない状態にもどって。
してはいけないんだと、そう言い聞かせて。
それをあのひとは望んじゃいないんだから、と納得させて。

でも、そこには戻りたくない自分がいるから。


言いたいこといっぱいあった。
言いたくても言えないこといっぱいあった。

本当は素直な自分でいたくて。
この気持ちを全部ぶつけてしまいたくって。



それでも。
それでも、まだ私はこの私の人生を歩んでいるから。
まだここからは離れられないんだから。

たとえ、明日死んでしまうとしても。



あのひとと過ごす未来は私には見えない、と。
ずっとそう思ってきた。
あのひとと一緒に暮らしたいとかは思わない、と。
ずっとずっとそう思ってきた。
それだけは確かだと思ってきた。


それなのに。。




一度でもいいから、愛想を尽かすとしても尽かされるとしても
あのひとと一緒に生活をしてみたくなったのです。
同じ家に帰り、同じお風呂に入り、同じ場所で寝て。
そして同じ場所で一日を迎えてみたいと。

美味しいものを一緒にいっぱい食べて
楽しいことも悲しいこともいっぱい共有して
綺麗なものを一緒にたくさん見て



でも、それをするには、今の私には捨てなければならないものが
たくさんありすぎてこわい。
ここまできてしまった。
ここまできてしまったからには、まだしなければならないこともある。


後悔はしないと思ってきた。
どんな道でも自分が選んだものであれば決して後悔はしないと。

ただ、今、気を許せば後悔してしまいそうな自分がいて、こわいと思う。



...

エネルギー不足 - 2011年01月15日(土)

いくつかブログとか日記とかもってる私だけど
ほんとに調子悪い時はいっつもここだな…。

気が付いたら、やる気が出ないことが多い。


いっぱいいっぱいやらなくちゃいけないことも
漠然とやりたいこともいっぱいあるけど
どれも手を出せない。

始めるだけのエネルギーが今の自分にはない。


なんだかこのままじゃ、つまらない人間。
つまらない生き方だな。


子どもの入園グッズ準備ついでに裁縫とか色々始めてみたいなぁって
気もするけど、入園グッズ準備にすらとりかかれず…。

前の職場で残してる仕事もあと一息頑張ればいいだけなのに
とりかかれず…。

家の片づけやら掃除やら洗濯やらもする気がおこらない。



最近見つけたブログを見て、また余計に考えることが増えた。
あのひとのこと。
私とあのひとの生き方のこと。
他にも選択肢がたくさんあるかもしれないこと。
いや、それはずっとずっと前から分かっていたことだけど。

あのひとと一緒にいるのはどんな感じだろうとか。
食べ物の好みのこととか、生活する上で見つかるような違いとか。
どれくらい違うだろうとか。

なんだろう。
あり得ないことなのに、考える必要もないことなのに
気がつけば、考えている。


私には今は選べない。分かっている。
でも、どこかの時点で思いきることもできる、ということも
分かっている。

そしてその未来があまりにも暗闇の中にありすぎてこわい。


そんなことを考えているからだろうか。
今の私の生活を頑張る気になれないのは。


あのひとと電話をしようかと思った。
用事はないけれど。どんな話をするのかも想像つかないけれど。
でも、今夜はあのひとの都合がつかないようなので。
どうしよう…。
またしばらくしたら、別の日に私は電話するんだろうか。
それすらも分からない。


...

気持ち - 2011年01月11日(火)

今日は寒い…。

数日前、珍しくあのひとからメールがきた。
それだけで、落ち着きをなくす心。
どんな事でもよかった。
なるべくメールのやり取りが続くようにと。


これは恋だろうか。
いまだ恋の形をしているだろうか。
それともすでにだいぶ前からその形をかえてしまっているのだろうか。

執着だろうか。
寂しさだろうか。


ただ、この気持ちをやっぱりコントロールはできない。


...



 

 

 

 

INDEX
past  will