空の青の何処か...あお

 

 

遠い存在 - 2009年07月29日(水)

あんまりすっきり晴れた日がない今日この頃。
私の気分もいまいち…。

ぼんやり天井を見上げて考えるのは
私とあのひとのこと。

今の生活とあのひととはとってもかけ離れたところに
あるような気がする。
たとえば、こどもが病気になって数日大変だったりなんかして
私の中で、普段の生活が占める割合が急に増えると
あのひとの存在はとっても遠い。

当たり前か…。


私はこれからどんな風にバランスをとってやっていくんだろう。
いや、バランスなんて、もう既にとれてないのかもしれない。


あのひとに気持ちを伝えることはバランスを崩すことだと、
そう思っていた、と前にも書いたけど
多分それは本当のことなんだと思う。
でも。

それが分かった上で、私は伝えたんだ。
甘い考えであったとしてもなんであったとしても
あの時の私にはそれ以外の選択肢は見えなかった。

そして。

どんなことも、後悔はしないと決めた私だから。
決して後悔はしない。してない。

その上で私はまた道を選択していくんだから。


...

欲張り - 2009年07月20日(月)

電話をしていると、時間を忘れてしまう。
あのひとの空気に包まれている感覚。

不思議。

どうしてこんな気持ちになるんだろう。


こんな気持ちが本当に愛する気持ちなんだとしたら
私が今まで生きてきた中で、愛した、そして愛している人は
たった一人、あのひとだけだ。



よく分からなくなる。


あのひとは、私のことを好きなのは色々なものに
影響されてのことかもしれないけど、と言った。
それは例えばどんなことだろう。

私も、何かに影響を受けてあのひとを愛しているのかも
しれないんだろうか・・・。

でも。
たしかに、実際そうだったとしても、
この気持ちが存在することには変わりないのだから
どうでもいいことなのかもしれない。


私とあのひとはこれからどんな道を歩いていくんだろう。

今まで来た道を振り返っても、これから先はまるで想像できない。

今までのことなんて、うまく思い出せない。
あのひとからメールが来ないとか、電話できないとか
長い間会えないとか、
そんなことがもう想像できない。

今までだって、私はあのひとの言葉を求めて生きてきた。
昔のあのひとの詩だとか言葉とかに触れながら
毎日生きてきた。
だけど、それだって、今ではそれだけでは生きていけないと思う。

ほんとに欲張りになった。


今度会える日をまた指折り数えて待っている。
またそんな毎日だ。


...

遠い日々 - 2009年07月18日(土)

蝉がないてる。

夏の匂いがする。

こんな時、蝉の声が響き渡っていた
あの坂道を思い出す。
緑に囲まれた狭い坂道をゆっくりと
のぼっていく。
あの夏を思い出す。

なぜだろう。
なぜ、あの夏なんだろう。


私はあの日々の中でたくさんの大事な
物たちを落としてきてしまったような
気がする。

それは、たとえば私に向けられたあの子の
笑顔とか、だろうか。


私は本当はあそこからまだ先に進めてない
のかもしれない。






...

いのちのおわり - 2009年07月09日(木)

人を愛するってどういうことだろう。
私はあのひとを愛せてるかな。

昔は全然だめだった。自分のことだけでいつだって
精一杯で。
余裕がなくて傷つけてばかり。


私はあのひとを愛してる。


どんなにそれが罪深いことでも許されないことでも。


私はこれから先の人生をなんのために生きていくんだろう。
何を大事にして生きていくんだろう。
何を考えて何を選択して何を求めて生きていくんだろう。

よく、わからない。


ふと、自分は長生きはしないだろうな、という気がすることがある。


毎日を大事に生きていく。
明日がこの命の終わりかもしれないと思いながら。

でも、そう思ったら、私が今日大事にするべきものが
分からなくなってくるのです。


...



 

 

 

 

INDEX
past  will