舌の色はピンク
DiaryINDEXpastwill


2008年03月31日(月) 教室の隅でナイフ片手に一人鉛筆を削ろうじゃないか

ハァー ハァー ハァー

ハァー……


まばたきせずに口呼吸を続けているだけで
動転した人ごっこができる。という発見。


2008年03月29日(土) 「オマエこれ何の皮だよ…」「化けの皮だよ」

靖国神社で花見した あー喉痛い…。
笑いすぎて腹が痛くなる人がよくわかんなくて
僕は喉が痛くなる、むせる。

これまでに幾度となく雨男の蔑称をいただいてきた自分は
今日のためにてるてる坊主をつくってやって持参した。
首に巻かれたリボンが可愛らしいてる太くん。
恋人設定のてる子ちゃん(所持主別)は今日は来ていなかったけれど、
みごとに晴れ模様で満開の桜を彩ってくれた。
が、花見参加者のひとりであるタケシン氏が
なぜか串でてる太くんを突き刺し脳天まで貫通、
惨殺死体と化した彼をそのままゴミ袋に廃棄した。
げらげら笑っていた。鬼だと思った。
ちょっとはてる子ちゃんの気持ちも考えろと思った。


2008年03月28日(金) 21st century schizoidman!!

携帯で電話をしていると、たまに
「何を俺はこんな機械に話しかけているのだろう。部屋で一人で」
みたいな心持ちに見舞われて気恥ずかしくなる。

とくに恋人に甘ったるい言葉を放つときなんか
己で己が精神異常者にしか思えない。
なのだから他人ならばなお不気味だ。
考えてもみろ、あんなわけのわからない四角い機器に向かって
「愛してるよ」とかつぶやいてるんだぜ……。
およそ正気の沙汰じゃないだろう。

/

キングクリムゾンやらドアーズやら
いにしえのロックを聴きかえしてみてる。
色褪せないなぁ。あきらかに古くさいのにな。褪せない。
村上春樹なんかも言ってた気がするけど
ドアーズは訳してほしくない。
「ハートに火をつけて」は「Light my fire」だし
「まぼろしの世界」は「Strange days」だ。どうあっても。それは。
Peaple are strange when you're a stranger,
Face look ugly when you're alone.
こんな簡明な英文ですら、しかし訳した瞬間ぼろぼろに劣化する。名文だからか。

ユーチューブでガキの使いのトークなんかを
海外向けに字幕で英訳してある映像を見たりしていると
有志の労に拍手を送りたい反面吐き気もする。
伝わるわけないじゃんね。


2008年03月26日(水) 非戦闘民族

コモドオオトカゲの映像をユーチューブで見たけど、すごい。
でかくてごつい。シビアなビジュアル。
獲物定めたら何日間でも追跡する執念すさまじいな。
雌をめぐって雄同士が戦い合う様は迫力あって、
なんと双方立ち上がってがぶり寄る。相撲でいうと。
ただ流石に直立はできようはずもないため
観察してるとお互いに支えあってるみたいだった。
まさに「人という字は」だ。何がまさになのかわからないけど。
あと傍観してる雌の顔がかわいかった。
やめて! 私のために争わないで!

/

僕がひとり裸で闘技場に放り出されたとして、
どの動物になら勝てるだろうかシミュレーションしてみると、
なんともまぁほとんど勝てる気がせず恐ろしくなる。
例えばペンギンとVSになったとしても
殺害手段がとんと浮かばない。
勢い任せに蹴り上げたとて逆に攻撃した素足が痛みそうだ。
何らかの拍子に転んだだけでも
いかんせん生身ではダメージが痛々しい。
素肌が赤らんだり、ジャリついたり、
あと擦りむいた皮膚感覚とかも……あぁ考えただけで戦闘意欲なくす。

人間って服着てないだけで風邪ひくんですもの。


2008年03月25日(火) 地下鉄冒険記譚

車両内でイヤホンから明らかに音漏れしている
マザーファッカーにそうぐうした。
朝のラッシュ時につき満員で、これは注意するほかない。
とうとうこの時がきたか。
隣り合っているお洒落おきゃんのイヤホンを視認して決意を固めた。

僕は根が小心者なため今までに「音漏れ注意」をしたことがない。
というのは、単に敵意に臆するわけではなく、
「別の人だったらどうしよう」が怖すぎるためだ。
自分が勝手にターゲットと定めた人間が
騒音の発信源かは注意するまでわからない。

そうこう思案しているとターゲットがiPodを操作しだした。
自ずから音量調節するのか?
と思いきやそのまま仕舞われるiPod。
依然、音は漏れ続けている。
あ ああ あ あああ もう我慢ならねぇ!

おそるおそる肩をたたき、耳を差す。
「すいません、音もう少し…(下げてください)」
「??」
やっちまった!?
そら、見ろ…! ターゲットの怪訝そうな顔を…!
少なくとも悪びれる素振りはないようだぞ……!

結局、音漏れは相変わらずだった。
ターゲットが犯人だったのかはわからないし、
注意してすぐにイヤホンで会話遮断されたので
どちらにせよ詫びもかなわない。
どうするのが正解だったんだろう。
あぁぁ音漏れする人が悪いんだ…音漏れしてる人が悪いんだよ……。


2008年03月22日(土) 轟音狂い

よき友人であるしんくんのライブを見に幡ヶ谷へ。
アチかった。
MCの女々しさと演奏中の雄々しさのギャップが何ともセクシー。
バンド活動いいなー 楽しそうだな。

打ち上げでは新宿のお好み焼き屋にいって、
音と酒に酔ってた勢いで
たまたま会話に参加してくれた隣の席のおっちゃんと仲良くなった。
平日は超有名企業に勤めているかたわら、
副業としてアダルトビデオの男優やADをしているらしく、
お話がたいへん興味深かった。
台本とか見せてもらったりして。あれはすごい。
「M役の男優を演じたとき
自分のMの演技が良すぎたのか、
あまりに調子付いて鎖を背中に叩きつけてきたSの女王様に
うっかりブチギレてしまい
4歳から練磨してきた空手術を発動、失神させてしまった」話は、
ちょっとやりすぎだけど、フムと思った。


2008年03月21日(金) 解せる…解せる!?

紙パックしかり、コップ状の容器しかり、
ストローにはとかく恥ずかしさを覚える。
あのか細き小道具で飲料を吸い上げている間
こんなのは本当の自分じゃない。と思う。

人からすれば
「いや、あなたはストローですすってるイメージあるけど…。
お店でも自ら頼んじゃうくらいな」
だそうだ。
とんでもない。僕は銭湯に行けば冷えた飲料を腰に手を当て
仲介物なんて一切挟まず己の口のみでがぶ飲みする生粋のおっさん気質だ。

だいちストローなんて要りますかねぇまったく情けない!
飲み口がある、飲む口がある、それだけでしっかり飲めるでしょ!
患者か!
みたいにどんどん熱くなってたら女性から
「直接口付けると口紅が付着しちゃうからストロー助かるんだよ」
との意見をいただいた。
そいつぁ正解だと思った。
目からとめどなく鱗があふれた。
僕なんかよりもずっと女心わかってるストローにひざまずいた。


2008年03月14日(金) 当人以外にはきわめてどうでもいい話

昨日三田に行った。とくに目的なくだ。
何もない方へ向かって散歩してると住宅街にさしかかり、
途中いかにもな高級マンションがあった。
高層にある部屋からは東京タワーの眺めが綺麗だろう。
玄関周りには警備員の姿が散見される。
噴水を備えた広場には船を模したアスレチックなども設けてあり
子供に嬉しい遊び心も確保している。
外観からは煌びやかなロビーも伺えた。
隣のマンションも同建造らしく、ギャラリーを兼ねた渡り廊下で
ソファに座り本を読む男性のシルエットは格調高い。
かなり印象深い場所だったのでベンチに座って呆と眺めてたりした。

そんなブルジョア集合住宅はさておき、
実際は名前も知らん川沿いで懸垂とかして遊んでた。



今日朝電車に乗ったら珍しく顔見知りに会い
久しぶりの対面に会話が弾んだ。
「昨日懸垂してさ、もう今日腕痛いよ(笑)」
「はは、どこですんの懸垂なんて」
「いや昨日三田に行ってさ、そしたらよくわからん住宅の前に
まったく用途わからん器具があってさ、で懸垂」
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
「え、それって噴水あるとこじゃない?」
「……違うけど。川沿いのとこ」
「あっ違うか」
「…え? なんで?」
ガタンゴトーン ガタンゴトーン
「いまオレの彼女そこに住んでんの。だからオレも昨日三田に居たよ(笑)」
「ちょ、え? え、その彼女住んでんのって広場に船のアスレチックあるマンション…?」
ガタ ゴ トーン
「あ、そこだよそこ(笑)」
「え、警備員うろついてて一回には食品館の?」
ガタ ゴトトトト
「そうそう、あ、やべ着いたわ、じゃーまたね!」
プシュー

昨日の今日。偶然ってすごいねって話。
しかし当事者にしか強烈な印象を残さない。
ラプラスは死んだ。


2008年03月11日(火) 甘えるなユーザー

ネットが土曜から繋がらない。
年末に買ったPCの内臓無線LANの調子がどうやら悪いらしい。
仕方ないので親にUSB無線LANを借りて細々ネット。

…したらUSB端子の調子も悪い。
認識したりしなかったり。
せっかく久しぶりに絵描いたのにスキャナも使えない。

製造元に言うかあ。やだなあ。
「申し訳ございません」が聞きたくないんだよなあんまり。やだなあ……。
なんだかんだで根は小心者なので。
もうちょっと自力で試行錯誤し続けてみようか。


2008年03月10日(月) 指に未来を

指のレイアウトをかんがみた際
親指が異端児として扱われるのは
誰も否定せざるところと思うのだけど、
物を掴むときに
四指:一指で負担が分散する不均衡には
親指の労にいたたまれなくなり
いささか心痛する。親指かわいそう。

どうすればバランスとれるのだろう。
虚弱一位の小指と剛強一位の親指とで
タッグを組ませてみたらちょうどいいかもしれない。
しかしその3:2の新フォーメーションで物を掴むのは
実用的にも外観的にも至って珍奇だ。
……でも、もし、もしもの話だぜ?
小指だけ表裏逆だったらどうだぜ?
ワンダホオ!
理想的な布陣の実現に成功する……小指さえ表裏逆なら! 普段きもいけど!

この先あと2万年くらいしたら
進化パターンの一つとして小指だけひっくり返ってたりしないかな。しないか。


2008年03月09日(日) デリカシー魔人

公道を自転車で走ってるとき
前方に自分よりほぼ同じ、
しかしやや遅めか…くらいの速度で同じように自転車こいでる姿があると
追い越すか追い越すまいかひどく当惑する。

追い越さないと相手のやや遅めの速度に付き合わにゃならんし
ましてが対象がおなごならこの行為はストーカーまがいで
自分の存在は不気味な影に転化。できれば避けたい。
では追い越すとどうか?
今度は追い越したなりに速度を上げて距離を離さにゃならん。
元々よりもスピードを高める労力もさることながら
自分あなたよりチャリこぎ早いんで。のポーズを示すようでいけ好かない。

あと自分を追い越していった人間が
追い越した速度を維持せずに前方でとろとろしてる場合。
追い越し返すのは速度競争に負けじと必死に張り合ってるみたいで気が引ける。

10年くらい悩んでる。


2008年03月08日(土) ただのイヤミ…になっちゃったじゃん……

もやしもん面白い! 3巻まで読んだ。揃えようかな。
ていうかあぁぁー長谷川さん好き過ぎるのですアイラブ!
イケイケ姉ちゃんが白衣まとって研究家な設定は死角からの刺激だ。
あと主人公の菌が見えるという特質の存在感が
作中で絶妙なバランスだと思った。うまいなー。

/

人ひとり持ち上げてスクワットする無謀を試したら足がちょっといかれた。


2008年03月06日(木) (`人´)

あぁ火遊びがしたい。
花火でもキャンプファイヤーでも何でもいい。
火は好きだ。
火を知らない人間に火を説明する機会があったとして、
まったく説明しようもないあの不可思議なできごとっぷり。
その、物が発熱発光して、酸素とアレしてこう……赤かったり青かったり……
実態はないんだけどこう……な? 気体現象的な……な? 

「火気厳禁」にもときめく。
なかなか火の怖さをわかってるじゃないか。と思う。
ベテラン登山者が言う「山をなめるなよ」みたいに。プロ目線で。何も火に詳しくないけど。

そんな愛火家の僕からすると
カレンダーで度々見かける
じゅん34っていう書体の火(火曜)は
かなり火を馬鹿にしてるかたちをしているので愉快じゃない。
…いきなり字形に話題が飛び火する(←うまい!)のは軽い職業病かも、
あぁフォント作りたいなあ欧文だけなら挑めるかしら。

/

六畳人間っていうバンドがかっこよろしい。不気味で。
しばーらく音楽に新しい出会いがなかったから新鮮。
アルバム探してみようかな。


2008年03月04日(火) アナログメール

年賀状以外に郵便物出したことない自分が
もう2年も前に成人して現代社会をぬくぬく生きながらえてるげんじつに気づいた。
手紙ってどう送るかものなのか先輩にすごすご尋ねて
やさしくご教授伺うも世間一般の常識にいちいち感動だ。
郵便すごい! 料金に距離関係ないなんて!

でも先輩が「便箋と…」と説明しているとき
かくじつに「ヴィンセント」っつってた。
……ギャロ?
……FF察


2008年03月01日(土) RockShowに行くんだ今日

爆音で吹き飛ぶのかな 照明がどんどん暗くなる
さぁRockshowの始まりだ みんなは大騒ぎしだしたよ

と浅井健一が歌うショーのテンションのにおいは感じないけど
これからSyrup16gの解散ライブに行ってきます。

ライブ熱って薄いほうで、まぁ行けば情動盛んに湧き上がりがちとはいえ
なんかこう…チケットやら何やら、が、めんどうに感じるところあって
事前に自発的な動きがでけない。
しかし解散ともなるとさすがにはらはらどきどきする。
ここ数日聴きまくってたもんな。にわかファンですけど。

大好きな あの曲 やるのかな

/

で今日これから会う友達と
楳図トークのみならず円谷トークかわせるみたいで胸躍りき!
ウルトラマン関係面白すぎる。
あぁ、バルタン星人にまつわるエトセトラについて朝まで語り合えたら。

いや実際は詳しくもないし語るための素材も少ない。
だからウルトラマンは一度ちゃんと見ておきたいと思う。
とくにセブン。
怪獣のデザインやら設定やら秀逸だもの。
いきなりDVD揃えてしまいたい。
…揃えてしまうかも。


れどれ |MAIL