今日のブルー
ALL INDEXINDEXBACKNEXT                          ※ゲバラ漫画出版しました※


 
2010年03月27日(土) 卒業というか落第というか



今日の一枚



真正面向いた絵を描こうと思ったらこう。
人さまに笑顔を向ける事は大事。

記念撮影終わったらまたケンカに戻る奴だけどw




                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2010年03月26日(金) 海のモジャ





鼻栓ってどなたか使ってみた方おられますか。
売ってて気になる。
下向いてデスクワークしてると鼻水が水道のポッタンの如く。

ずびずばーーー





オマケの一枚








                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2010年03月16日(火) ニッポニアニッポン

トキ襲撃のテン、駆除で論争 、というニュースを読みました。
ちょっと思う事。

生き物について。

かわいそうとかどの生き物が貴重とかじゃなくって
生き物は全てそこの地域で食べて食べられ死んで土に帰って芽吹いて成り立ってるということ。
ここを一番守らなければなりません。

トキはもう自然で自力繁殖が出来ないという絶望的な真実の中、メモリアル的に保護してるようなもの。もし本当にトキが戻るとしたらその時はその土地すべてが元に戻っていなければ無理です。
私もトキは好きで大切に守ってて欲しい。だけど自然に帰す為にやるべき事が帰化動物であれ駆除と簡単になってしまう事はやめてほしい。

オオカミも多分日本から消えました。シカやイノシシが爆発的に増えていますし。でも今新しい食物連鎖が出来ているかもしれない。そこへ海外からオオカミを連れて来て放そうとかいう人々に憤りを禁じ得ないです。
シカやイノシシが増えたなら狩れ!(^^;

駆除のようで矛盾してますが、理由はあります。日本人はかつて農耕と狩猟で暮らしていました。焼き畑で田畑を開き、猟師は山へ。
農民に取って田畑を荒らすシカ、イノシシを食べにくるオオカミは神のような存在であり、祀りました。(山岳信仰の御眷属様です)
今、ニホンオオカミは姿を消しました。
元の暮らしで狩ってたものは狩って食卓に乗せられないものか。
オオカミが食べてたぶんを人間様が頂くわけです。勿論山に感謝しつつ。

テンは元々いなかったわけで、彼らがどう食物連鎖に絡んでいるかわからない以上、駆除は危機感感じます。

やるならトキのケージの周辺だけ罠をしかけて近づけない、まででしょう。
もしテンがいなくなってもトキは他の肉食動物(タヌキとかイタチとか)に食べられちまいますよ。食べられても一定の数がいて存続できて自然の一部ですから。人間がそこを環境から壊してしまったのなら、その手当は生きているものを絶やす事では断じてありません。

テンが捕食者として増えすぎてバランスが崩れているのなら、人間が取って喰うなり山の恵みとして活用すべき。人間が捕食者の頂点に立つという事はきちんと連鎖の中で役割を果たすという事なので鯨もそうですがテクノロジーで取り尽くす、なんて事さえやらなければその中で絶えて行くものは寂しいながらそのまま見送るしかないです。

鯨もね、一番乱獲していたのはアメリカです。テクノロジーでばんばん取って油だけ絞ってあとは捨ててた。今はもういらないから暢気に鯨様。今こそメルヴィルの『白鯨』読み返してください。
日本人は昔から鯨の船に乗って銛持ってブン投げて取って、鯨一頭全部使って村が一年くらい潤う、って生活をしてきました。
私は子供の頃鯨を食べてたけど鯨は捨てる所が無い、と聞いて育って来た。
それでももう何十年も鯨は滅多に食べていません。
普通の日本人の食卓にすらあがってないものを乱獲なんて言いがかりもいいとこ。マグロだってそんなに食べてない(==;お高いし。
そんなもので日本人が乱獲した、かのように見せる映画増えています。『オーシャンズ』もうっかり観に行ってアジア人が鯨や海産物乱獲し、白人が憂いている、みたいな描写に怒りのあまり席を立つとこでした。
一方的濡れ衣プロバガンダ映画ばっかり。


なればこそ、トキを愛でつつ(なんたってニッポニアニッポンですから)
現在の自然に生きるものはその現状の中で生かして循環する手伝いをする、というかつての日本人の良さであり続けねばと思うのです。
江戸時代の日本人は生き物から万物すべてに神を宿らせ敬い、頂き、くらしてきたのです。
だから絶滅させだしたのは牧畜が盛んになってから。
基本は欧米型食生活の問題から起こってるのにすべて頂いて活用する民族に罪を被せるなんて。
欧米諸国って自分たちが散々牧畜とか自分たちの利益の為に野生動物殺して来たはず。
巨大な鯨解体すれば血の海になります。イルカの解剖見たけど小さくてもド迫力。
あれがうん十倍ですから。でもそれは全部暮らしの糧となる。
牛や鶏だって無惨ですよ。殺して食べるのですから。
食肉文化で生きて来た民族が鯨の殺し方が残酷とかよく言えるなあ。

人は自然の前ではほぼ無力だと思っています。
恐ろしいのはロシアだったか放射能を浴びて捨てられた村が緑に包まれ動物の楽園と化していた事。
イエネコまで野生で生きてた。勿論子孫に渡って今後どんな影響が出るかはわかりませんが、人間がいなくなる事で動物達が繁栄してた。つまり人間がいらん事をしてはいけない。喰うべきぶんだけ喰って出来る限り元々の自然に手を出すな、なんじゃないでしょうか。


漫画への規制といい、鯨、マグロ、こども手当、いろんなところで海外からアンフェアな要求が増えました。
シーシェパードは氷山の一角のように思います…
本当の問題がどこにあるのか常に疑ってかかるのは真面目な姿勢だと思います。
友愛や平等を簡単に口にするよりは遥かに。





                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2010年03月02日(火) 三峯神社のオオカミとジョジョ犬


ずっと神社やオオカミを調べているところです。
画像は秩父山、三峯神社のオオカミ狛犬。
コンコン様とはまた違って顔ががっしりしています。
狛犬に虎やライオンがいるらしいという事も聞いた事があります。
生きたオオカミやニホンオオカミも本の山に嬉しい悲鳴。
コンラート・ローレンツのぶ厚いハードカバー本2冊も欲しいとおろおろ。
もう人が呼べないくらい本が溢れました(笑)
本とフィールドワークで自分なりにまとめあげていきたいと思っています。
絵が描けて良かった〜とほんとに思うのはこんな時。
ニホンオオカミとか、もういなくなってしまったもの達は特に
残して行かなくては。




前垂れが可愛い。
三峯神社や山岳信仰のルポ漫画構成中。







ジョジョのイギー。
後方にいるのと同じ奴なんだけど後半は顔がこんなに変わってる。
なくなってしまったさくらやで買った承太郎フル稼働フィギュアにも
イギーがついてました。かっこいい。





イヌ科の生き物や自然科学はライフワークにしたいくらい
子供の頃から愛してます。
飼った犬が素晴らしかったのは本当に幸運でした。

風子 雑種。
私が世界一愛してると断言出来る私のワンコ(笑)
絵の具は色あせたけど、永遠に彼女は若い。










オマケ

神社探訪 氷川神社

先日川越の氷川神社にも行ったのですが、ここはスサノオノミコトを祀っていて
水の神様らしく、水があちこちで流されていて水音が心地よかった。
中でも戌岩がある小さなせせらぎには紙で作った人形を流して
穢れを落とす、ということをやっていました。
流し雛みたいなもんなのかな。
同行した女の子達が縁結びでいっしょうけんめい拝んでたのもいじらしい(笑)

小江戸川越にはたくさん神社やお寺がありました。

都内沼袋にも同じく氷川神社があります。分祀なのでしょうか。





                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


bluemarin|Home ※無断転載等はご遠慮下さい※