今日のブルー
ALL INDEXINDEXBACKNEXT                          ※ゲバラ漫画出版しました※


 
2007年09月30日(日) シッコ見て来たよ



マイケル・ムーアの新作です。
彼の華氏911は批判も多く見られたけど
私はひとつもまだ批判として納得させられる文や言葉にあったことがありません。
だってブッシュが今世界中からどう見られてる?
マリリン・マンソンを持ち上げ過ぎてしまったミスはあったと思うけれど。
(マリリン・マンソンの言動は逃げにしか見えない。
ロックはとことん死んだ、という発言もあなたが逃げただけでしょう、って思う。
親分はずっと残って闘ってるわけだから)

そんでシッコは医療問題を扱っているのでこれは誰にとっても切実。
アメリカ人じゃなくとももし、何も考えずアメリカへ旅行してケガをしたとします。
数日の入院で数百万ぶんどられるかお金がないと治療拒否されて
最悪見殺し!なんて国なんだか。
日本もそうなりつつあるのでこわいです。
人間扱いされないのですから。
赤ん坊が死にかけてても重傷でも保険会社の許可がなきゃ門前払い。
保険会社指定の病院へたどり着いた頃患者は亡くなっている。
そんなケースが日常茶飯事になっている。
フランスもイギリスもキューバもカナダもそんなことはしない。
五月のNINツアー中トレント・レズナーの言った
「ブッシュは悪魔だ」
がおおげさでもなんでもないと思わされます。

そういえばブッシュが数日前キューバのカストロ議長を独裁者と罵った。
私は最近仕事でカストロとチェ・ゲバラに関わって彼等を可能な限り調べまくりました。
そして思った。



『ブッシュ、おまえが言うなあああああ!』



キューバ危機やキューバ革命の当時、たくさんの国がキューバを翻弄しました。
アメリカ、ロシア、中国、スペイン...
今どこの指導者が当時のまま残って支持されてる?皆消えちゃったよ。
ケネディも毛沢東もフルシチョフも。

マイケル・ムーアはキューバを「僕らを殺そうとした国」と呼んだ。
(つまりアメリカはそう彼等に教え込んだのです)
だけどキューバはかつてスペインに元のキューバ人がほぼ全滅するまで
殺戮されて今のキューバ人は移民がほとんど。
ただでさえ東京の非武装民間人を大量に焼き払ってついでにふたつもヒロシマと
ナガサキに人類史上最悪の兵器を落としたアメリカに
小さな国が抵抗するには核までいかないとまた民族全滅の危機まできてた。
ロシアが「うちが核都合しちゃるけん、任せとき」と弱み利用してすがった、という方が
正しいと思います。



(原爆投下についてはなんぼ真珠湾の仕返しと言ってもひどすぎ。
人間のやる事じゃない。
太平洋戦争の責任だなんて言って民間人をあそこまで殺戮し街を吹き飛ばすのは
絶対に人間として間違っていると思う。戦争はキチガイなもんだけど核まで行ったら
地球規模で激ヤバだからそこまでやってはいけないのです。
ヒロシマ、ナガサキはその間違いのサンプルとして私達を見よ、と
言い続けるべきじゃないでしょうか。
アメリカは原爆落とした後ですらキューバ危機の際、核ミサイルの防御として
子供たちを机の下に潜らせていたくらいだからどれだけ核についてわかってないか
ゾっとします)

で、アメリカ国民を核ミサイルで殺そうとした国の指導者は
ふたりともヒロシマを訪れて、驚いた事に
キューバの人々の多くは原爆投下の日をほとんどが言えるのです。
ゲバラは来日の際、ヒロシマ行きを希望して政府に断られそんならと
勝手に自分らで電車に乗って行っちゃったような人です。
一国の大臣が電車乗り継いで行くんだもの(笑)
そして彼は帰って原爆の事をキューバの教育に組み込み教え続けている。
そんな人々が好き好んで核攻撃をするとは信じ難いのです。
核が人類史上最悪の兵器だとわかってる人々だったと私は考えています。
ちなみにゲバラはヒロシマでこう言いました。

「あなたがたはアメリカにここまでされて、何故なお従うのか」


アメリカ人の多くはお人好しで素直な人達だけど『シッコ』になっちゃうとこまで
付き合うのはやめたがええと私も思う。
マイケル・ムーアも「僕らを殺そうとした国」と呼びつつ
アメリカ人の治療を受けられない人々(911の救助活動をした人々すら!)
をキューバに連れて行きとても安価できちんと治療を施している
キューバの医療機関の姿を撮っています。
薬の値段を聞いたアメリカ人が泣き出してしまったのが切ない。
がんや心臓疾患の医療費の為破産までしてしまった人々ですから。
ゲバラやカストロは敵でも傷ついたものは治療して解放することが多かった。
キューバの医療制度はその精神がそのまま今も維持されています。
正しいのはブッシュなんかじゃ断じてない。
そういうことをきちんとムーアは『シッコ』で語っているので信じていいと思う。
あちこちの国でアメリカの医療制度について笑い者になっている自分達を撮っている。
「治療すればするほど医師は報酬を得るんだ」と語ったのイギリスだったっけ?
アメリカは『治療を拒否して治療費を浮かせる程報酬を得る』

日本も明日はそうなってるかもしれない。
(どこの国も共通の問題として弱者のふりして恩恵を横取りする存在もあるから
一概に平等万歳と言うのも違う気がして難しいわけですが。
皆が勤勉なんてロボットでもない限りあり得ん(^^;)



こわい映画でした。
見るべき映画だなあと思う。その直後同じ劇場で『デス・プルーフ』ってアホ映画見て
拍手喝采しちゃったけど(笑)
アメリカって極端な物が同時に公開されるって良さはまだ残ってるんだなあと
少しホっとしました。
しかし最近キューバニュース、よく耳に入ってきますね...
カストロが亡くなったらどうなっちゃうんだろうか。
きっと若きゲバラが迎えに来るんだろうけど、彼等は何思って
この世界から去って行くんだろう...





そうそう、ムーアが儲かったり映画が当たったりしてる事を批判してる人々に思う。
いい事をして儲かって何故悪いんでしょう?
多くの人にとっていい事をする事で利益が出れば他の人々も続くでしょう。
ひとりじゃ出来る事は小さいです。
だけどいい事で喰っていける前例が生まれればそれって増えて行く。
そうやって少しずつ世界が変わってけば一番いいと思うのですが...
楽しませたり必要な情報をうまく伝えてくってのは
とてもとても大事な事だと思う。
難解で小難しく退屈なものはえらくもなんともないと思うんだけども。
豊かで深いものはまた別だけど。





                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月29日(土) 準備中


ただいま脳内草原戻し中(漫画じゃないけど終わらせニャーあかん)
ブルーもモジャから引っぱり出し。練習とはいえここまでやったら
投げるわけにもいかずあと19本(ーー)

仕事またやっとりますがぽちぽち更新予定です。
LightningHTML 1.7b2が全く使えなくなってしまったので
リニューアルせざるを得なくなってたり(^^;



魔鳥編あたりの絵ですね。デカ首狩りピ....もうええっちゅうに。
ひとコマ目、iPodは付けとりません(笑)
新しいの欲しい...



                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月27日(木) また訃報...



機動武闘伝Gガンダムでキャラクターデザインを手がけた
逢坂浩司さんが亡くなられてしまった...44歳って...
ご冥福をお祈りします。

石川賢さんに続いてショックだ...







                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月21日(金) おかえり再び



ハワイ参戦(つか香港シドニーハワイ(^^;
NIN旅の友ちゃんも帰って来た。おかえりーーー
ちらほら土産とか土産話にウキウキ。
ツアーは終わっちゃったけど来日間違いないだろうな。
あんだけどこ行っても最前列見た覚えのある人ばっかりなんだもの(^^)

シドニーやドイツでうがうが怒ってたけど言うべき事言ってるだけなので
かっこいい。今後の活動は厳しい方へ向きそうな気配ですが
『危険な方へ賭けろ』で生きてる人なんでしょう。
岡本太郎の言動に似てると特に最近思います。
その瞬間で生き切ってるからあのショウはあんなに凄まじいんだろうなあ。
五月のしか体験してないけど素晴らしかった。

メンバー変わってしまうようで最後のハワイ行けた人、良かったね。
私のまわりはジョーデ好きが多ございますから残念だろうけど
自分のバンドやってるし。

ああ、気が付けばデス・プルーフ終わりかけてるやん!!
次のロドリゲスの方のが明日から公開。
チクショオオオオオオオオオオオオオオ!!!!
めちゃおもろかったと家人が話すのです。劇場で見たいっちゅうの。

旅の友sちゃんとは映画、格闘技、食、とこれから楽しみがいっぱい。
もうちっと待っててね。


画像はカッタくん。
彼のアニメは凄い。巨大化してちびっこ乗せて湾岸戦争(当時ね)へ行き
口からビーム吐いて戦車をも破壊するロプロス顔負けペリカン。

あ、水族館にも行きたや....
最近毛がいっぱい抜けてきて年喰ったなあと思いました。





                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月16日(日) Flying in the sky





ヘタるとココに戻ります。(笑)
私の心の師匠。
これがオンエアされた時、大人のアニメ好きはスルーしてた。
そんな時イベントでちびっこたちがこの主題歌一緒に歌ってたのが
とても嬉しかった、と仰ってたのが印象に強く残ってます。
今川泰宏監督。



妙なテンションで仕事ラストスパート。
がんばれじぶん。
前半NIN、後半コレ(笑)



                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月15日(土) 19歳になりました。

実家の犬です。雑種。

ちび風子



風子、6歳の頃、水彩



肉とぶどうパンとじゃがいもしか喰わんそうです。
毎回手から食べさせないと食べない。
でも欲しそうにするらしい。
散歩もいまだに行ってご近所驚愕(笑)
帰り道はよたよた帰って来る。
後ろ足はもうおぼつかない。

冬を越せたらまた会えるかもしれないです。
こないだ最後だと思って会って来たってのに(^^;
生き物万歳。
嬉しい。




踊るインコ。
可愛過ぎ。うちのちびゴンはこんな可愛くない(笑)
ぎじゃああああ、って鳴くし(^^;




親父インコ(笑)







                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月12日(水) Motorcycle Diaries



Motorcycle Diaries

ゲバラ映画で一番素晴らしいと思う。
青年期が描かれてます。
ゲバラの原点押さえてて大好きな映画。
ガエル・ベルナル・ガルシアも
アモーレス・ペロス(デビュー作)の時と
同じくらいいい。






ゲバラの遺髪、オークションにかけた奴
核ミサイルにくくりつけて宇宙に飛ばしてしまえ。
遺族に返してやれっつの。

仕事ぐわああとやってますが
家人がキューバコーヒーとレッドブルどっさり買って来てくれて
すんげえ嬉しかったです。




                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月09日(日) ちびっと加工。




Nine Inch Nails - Me, I'm Not live in Europe Aug 2007
オフィシャルものかな?この動画。




                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月08日(土) すごすぎや、っちうねん



神の手。ゴッドフィンガー(笑)
俺のこの手が真っ赤に燃え....
イヤーゼロ思い出してつい見返してしまった...
あのジャケの青い手、どうするつもりなのか
次作が楽しみです。
さすがにGガンなんか見た事ないとは思うけど
ハンド・ザット・フィーズと
大体意図近いかもと笑ってしまった。
ターゲットの年齢層、アメリカのキッズに下げたのかもですね。
911以降のトレント隊長。
ベテランに突入したクリエイターがやるべき事として
子供に何か伝えるって大事だと思うので大好き。



中国にいる隊長に合わせてチャイナソング版Gガンダム。
機動武鬥傳G Gundam 戰鬥男孩



お馬がガンダムに乗り込んで戦ってます(笑)
風雲再起って名前もすげー(^^;




すんごい好きだったなあ...これ
英語になってますが「オレは香港に行く!!」ってセリフと
取り残されたシャイニングガンダムが私の今の気持ちにビンゴ(ーー)
ほんこんほんこんほんこんげほごほ...
演出、最高。





                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月07日(金) メイキングの嵐...


ちょいらくがき。








これすごく好きです。

We're In This Together (Behind the scenes) (original)




気が付けばメイキングがやたら出回ってて
面白くて仕方ない。
やっぱり昔ももの凄いです。

NIN - The Perfect Drug (Behind The Scenes)



赤ん坊あやしてるトレントなんて初めて見た(笑)
愛犬も出演。








                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月06日(木) 駄文だし。



文章ゴヨーシャー。



The Day The World Went Away
Something I Can Never Have
を聞きながら。



                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月05日(水) てるあびぶとかメイキング


NIN一行の事ばっか仕事の合間に考えてしまう(^^;
イスラエルの次は中国に韓国か....
また来日して下さい。


クロージャーのメイキング。
こんなドツボな悩み方までしてたんですね(^^;↓



ボンテージというよりルチャドール(笑)



メイキングビデオ(一部、解説はマーク・ロマネク)


ものすごく手の込んだプロモビデオだったんだなあ。
特殊メイクやらフィルムの工夫やら
トレント宙吊りぐるぐる(吐いたそうで)マーク・ロマネクってオニ(笑)
気の遠くなるよな作業の連続、ブタの頭や肉の羽はすさまじい匂い...
この完成ビデオ(クローサー)は
数人の音楽プロモビデオ監督の作品を収めたセットの中に入っていますが
『パーフェクト・ドラッグ』
『ハート』(ジョニー・キャッシュがNINをカヴァー)が共に
一番画面の密度が濃くて繰り返し見た記憶があります。
どれもマーク・ロマネクだった。
それで描きたくてたまらなくなった『クローサー』ワンシーン。
テレビの画面に数時間貼り付いて立ったまま描いた。












時はすぎ若い頃もいいけど今のヒゲもかっこええ(^^)











                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月04日(火) 蓄積中


草原長くなったなあ(^^;
もうちょい待っといて下さい。

ドイツで熊隊長怒っておられますなー
プロモーターは天候のせい、ゴネたのはNINだけ言うたそうだけども。

自分らは悪くない言うて怒ってるのと
仕事がきちんと出来んかったと怒ってるのと
まっとうなのはどっちなんでしょかね......
(てか大トリがNIN...客にしてみれば....)

口に出して噛み付くと不利になる事も多いだろに(ーー)
耳触りのいい言葉よりふあっ◯五連発にまともなもの感じる私は
変ですか.....おとなげないけど(笑)
スマートな言動で出来る事なんか大した事ないもんね(^^;
がんばれ熊隊長。
愚直で無様な姿晒すくらい余裕もない、必死でやってるって事だから。
そんな人だから笑った時ズゴンと感動してしまったのかしらん。

きっとこの人は『この石、家まで蹴り通せたら俺不老不死』とか
本気でやってた子供だったんだろうなあ(笑)




わしも数年かかってる草原、なんとかせにゃあ...
とりあえず秋以降目指せー
仕事が終わるまでがまん。






                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月02日(日) 7人の侍



たまたまテレビでやってたので見てたら最後まで見ちゃった。
何度も観てますが(笑)
なんつーか無駄がなにひとつない。
構成、演出がすんばらしくて引き込まれます。
そういえば『ロード・オブ・ザ・リング』の旅の仲間は
完璧に7人の侍。(戦争映画だ、ありゃ)
パーティ組んで行くタイプの原点が7人の侍なんだろうな。
『300』も。


画面のカット割も奥行き感じさせて無駄がない。
音も音楽も無駄がなくて静寂さえ雄弁。
死ぬ時もあっさり、恋愛シーンも過去もろくに喋らないのに
ちゃんとわからせられるって凄い。
痛快だけど最後は苦い一言でスっと締める。


黒沢映画ってロシアのアンドレイ・タルコフスキーにも似てます。
無茶やる監督の言動とか(笑)

チャン・ツイーが菊千代やると聞きました。
彼女『初恋のきた道』で大好きだけどこれはなんぼなんでも
(いや、人選した奴がいかんのだ)
ソラリスといい7人の侍といいすんげえ悲しい。
世界に誇る一本だってのに。

映画はいっそタランティーノみたいに
グラインドハウス(ラス・メイヤーとか)と
開き直ってはなからお色気!ホラー!バイオレンス!お涙!と
やってくれたら腹も立たないのにな。







『300』の「Madness?! This is Sparta !!」 と
使者を蹴り落とすシーンはしびれまする。
男気に血とかっこいいアクションで大満足。
暗い情念も大事(笑)
死ぬだけの話タラタラやって大儲け、と某小説&映画皮肉った
『絶望先生』もいい味で面白いス。
あいだ◯◯を的なものが苦手なもんで(^^;


そうだ!近日『變面、この櫂に手を添えて』という古い(?)
中国映画やるんだ!劇場で!!
チャイナ版赤毛のアンです(笑)すんごく面白かったけどDVDが出ていません。
見たかったんだあ。わーい。
いい映画って案外フィルムが残ってなくて忘れられてるものが多いそうです。
特に邦画。
昔の時代劇すごく面白かった。
破れ傘刀舟の「てめーらニンゲンじゃねえ
タタッキってやらあ!」とか
乳母車ガトリング砲の子連れ狼とかタランティーノが
憧れるのもわかるな(^^)
三池崇がこの路線がんばってて好きです。特に『牛頭』
娯楽映画って楽しいですばい。





                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


 
2007年09月01日(土) モジャモジャモジャ...



いい味出し過ぎです。





                               
←ランキング。よろしくお願いします。                                       


bluemarin|Home ※無断転載等はご遠慮下さい※