毎天ミーハー哈哈哈日記

2014年03月30日(日) 「楊家将伝記 兄弟たちの乱世 (少年楊家将 )」で胡歌に惚れる

またもや胡歌つながりですが〜

実はこのドラマ、彭于晏ファンの私にとっては、
知っていた存在のドラマだったのですが、
なんとなく古装のエディくんに食指が動かず
放っておいたドラマだったのです。
が、「宮廷女官若曦 (歩歩驚心)」と
同じ製作者・李国立(リー・クォックリー)だったので
もしかして面白いかもと期待大で見たのですが、
はい、期待裏切らず、とても楽しめました

楽しめた理由の1番は、
やっぱり何といってもイケ面勢ぞろい!!
ということです(笑)
それから楊家を通した戦国版ファミリードラマなので、
特に裏切り、冤罪、恨みつらみの逆境にあったとき、
一家一丸となって家族を思いやり支えあっていくところが
とても共感出来ました。

その中で、最初はもしかしてただの変り種??
と思われましたが、
中盤〜後半は大活躍というか、
彼が楊家の跡取りとなっていくのですが、
Soft・Sweet・Smartの素敵なな3Sを兼ね備えた
↓楊六郎役の胡歌↓に惚れてしまいました。





そして、エディくん!!
楊七郎役で、末っ子の役だったせいもありか、
とってもとっても可愛かった〜〜
癒されるわ〜〜このエディくん〜〜
で、で、で、最後ーーーー
泣きましたわ〜〜
というか、エディくん、ドラマを通してだけど
回を追うごとに成長していく楊七郎と
エディくんが重なって、
その楊七郎の最後とか
エディくんの演技に引き込まれて泣けました〜。
エディくんの演技で初めて泣きました〜〜。
エディくんファンとして良い作品に出会えたよん。





あと、耶律斜という仇役の袁弘。
「宮廷女官若曦」で第十三皇子を演じてたけど、
最初同じ俳優さんだと思わなかった。
だって、このドラマの袁弘、
とにかく「目力(めぢから)」が凄いんだよ。
「目」ですべて制す、語るってくらい
「目」が印象的。
第十三皇子の時はこの「目力」は感じなかった。
演技によって「目」を使い分けてるのかな?
だとしたら、すごいよ、袁弘。





そして、楊四郎役のピーターくん!!
私としては四郎役にピーターくんって
勿体無い使い方するなと思ったのですよ。
途中からの出演だし、最後は記憶なくして敵国の婿。
(若曦がかわいそうすぎて、泣ける、非情だな…)
でもでも、よく考えると
親から捨てられたと思って育ち、
復讐のために楊家へ、
そして誤解やわだかまりが解けていく中で、
やっぱりこういう演技力は
ピーターくんならでは!なのですね。
で、私は敵国婿となった四郎のその後のドラマも
ピーターくん主演で見たいな〜〜とも思いました。




そして、若者じゃないですが、
崔応龍役の周浩東。
一瞬、サイモン・ヤムヤムかと思っちゃいました。
おじさんであってもカッコよすぎ〜〜
武術も心意気も若いイケ面に負けず劣らずで、
落ち着いた雰囲気に惹かれました〜。





2014年03月21日(金) 「宮廷女官若曦 (歩歩驚心)」で鄭嘉穎(ケビン・チェン) に惚れる

胡歌つながり〜

私が初めて「胡歌良いなあ〜」って認識したのが、このドラマ。
胡歌はドラマには出ていないのだけど、
オープニング主題歌「一念執著」を歌ってるの。
このドラマを初めて見たときに、
しょっぱなから流れた胡歌の優しくもあま〜〜〜い声、
きゃん、これはこの歌を歌ってる人は誰なの〜〜〜状態でした。
私は胡歌は「お顔」からではなく「声」から惚れたのです。(笑)

で、このドラマ、好きな俳優が出ているわけでもないのに、
なぜ見ることになったかと言うと、
何気に見た予告の
「現代の女性が突然タイムスリップ!?〜
出会ったのは、美しき9人の皇子たち」
この「美しき9人の皇子」のコピーに惹かれてしまったのです。
そして、見始めたら止まらなくなって、
しかもそこで、私は第八皇子を演じた
鄭嘉穎(ケビン・チェン) に惚れてしまったのだよ〜〜

ケビン・チェン演じる第八皇子は、多くの人望を集めながらも
康熙帝に「王位継承に積極的」と思われて、
王位継承からはずされてしまい、
雍正帝にはひどい仕打ちを受けて幽閉、病死という
なんとも悲しい運命の皇子なのだ。
でも若かりし頃のそれこそ本当に多くの人望を集めていた時の
ケビン・チェン演じる第八皇子は、
包容力があって、存在感もあって、大きな懐で
惚れる要素満々のキャラなんです〜。
しかもそんなケビン・チェンに、
私はなんだかチョウ・ユンファと似たオーラも感じたのです。

でも惚れたのにケビン・チェン、
日本で日本語字幕で見れる作品はほぼ無いのだ(涙)。
ケビン・チェンの魅力にもっと触れたいよ〜〜
と、思っていたら「大英雄」というドラマ、
ケンちゃんと共演してるので、
日本でDVD発売になるかも〜〜期待〜〜
と、思っていたら、なんと先に「イップ・マン」が
日本語字幕でお目見えだ!!!!!!
うれしい〜〜〜
で、今視聴中、見終わったら感想書こうっと(わーい)。

あっ、あと、第十四皇子を演じた林更新くんも良かった。
更新くん、なんとこのドラマがデビュー作とか
全然思えないほどの演技力抜群。
若曦の最期、更新くんの腕の中、
花びらが舞い落ちてとても綺麗でした。

ということで、胡歌&阿蘭ちゃんが歌う「一念執著」
ケビン・チェンも堪能してね!




2014年03月10日(月) 胡歌と呉尊が美しすぎる「バタフライ・ラヴァーズ(武侠梁祝/剣蝶)」

胡歌つながりで〜

以前、呉奇隆&楊采妮版を見たのですが、
あまり印象に残らなかったので、
呉尊&蔡卓妍版も
期待はしていなかったんだけど、
胡歌ご出演なので見ました。

なんと、とっても綺麗というか美しいのですよ。
胡歌と呉尊が!!
いや、もともとが出来すぎた顔立ちのお二人ですが
それ以上に綺麗〜〜。
イケ面がよりイケ面に撮られていて、
馬楚成監督の狙い?でしょうか。
おかげで私は見ていて、幸福感アップでした。(笑)

あと、この映画、綺麗といえば
呉尊&蔡卓妍のメイン場面となる「蝶の谷」、
CGだと思うのですが
すごく鮮やかな背景で
色彩豊かな中で描かれる呉尊&蔡卓妍の恋心に
華を添えていました。

と、その中で胡歌は裏と表の顔を持つとびきりの悪役です。
蔡卓妍を思い切りビンタしたシーンには、
私は言葉も無くでした。
あのsweety&tenderな胡歌の面影は微塵もありません。
でも、役者としてはこういう悪役も良いですよ〜。

最後に、この映画で実は気に入ったことがもう1つ。
庾澄慶が出演してました。
演技上手ですね、
コミカルな感じが作品を盛り上げてました。

胡歌↓




2014年03月05日(水) TV版「THE MYTH/神話」 Sweety胡歌 

ジャッキーつながり〜

ジャッキーの映画「THE MYTH 神話」を
TVバージョンにリメイクしたドラマ。
ジャッキープロデュース作品、
でもジャッキー出演しないので
(ドラマの最後でジャッキー映画「神話」が
映画館のシーンで流れるので、
まったく出ていないとは言い切れないけど)
見る気なかったのですが、
「楊家将伝記 兄弟たちの乱世」で
胡歌に惚れた私ゆえ(この感想はまた後日)
見てしまいました〜〜〜。

胡歌ファン、お宝ドラマですな。
甘くて強くて優しくて凛としていて
でも脆くて、でも一本気で。
もう胡歌のすべて堪能してくださいって感じ(ハート)

蒙毅役は変わらないのですが、
映画とはストリーが違うので、
これはこれでまた十二分楽しめました。
しかも、項羽と劉邦と交友しているので、
二人のこともよくわかってグッド。
映画だとやはり戦い部分がメインになるので
なかなかじっくり項羽と劉邦の人生を見ることができないので、
こうしてドラマで見れて
フィクション有りとわかっても良かったです。

それから、もう一人、素敵な方、発見。
秦時代の兄となる蒙恬を演じてる丁子峻(アレン・ティン)。
カッコイイ〜〜。
出演作とか見ると見た映画とかに出演してるけど
印象ない…
中国版ホテリアーでヨンさまが演じた役を
演じたらしいけど、日本語字幕でDVD出ないかな〜

っと、胡歌に話し戻して、
ドラマでは「美麗的神話」を胡歌&白冰ちゃんが歌ってるんだけど
これがまた胡歌の歌声が良いんだわ〜
ドラマ見ている期間、普段でも何気に口ずさんでました。
でも、この胡歌&白冰バージョンの「美麗的神話」って
CD化されていないのよ、
どうして??CDにして〜〜胡歌の声もっと堪能したい〜〜

白冰ちゃん、キム・ヒソンに似てるってことだけど、
私は趙薇もキム・ヒソンに似てるって
ずっと思ってたんだけどね。

ということで、胡歌&白冰の「美麗的神話」
ああ、やっぱ、胡歌の声って心溶かすわ〜














2014年03月02日(日) 「ライジング・ドラゴン(十二生肖)」ジャッキー映画で初めて泣いた私

ということで、
昨年公開時に映画館へ見に行って
別ブログに感想まで書いたのに
間違って消去した(涙)感想の再現

今も続いていますが
昨年の春はもっとすごかった尖閣諸島問題。
多分この島の問題がなければ、
「最後の超大作アクション」と銘打っているくらいだから
日本での舞台挨拶を盛大に行っていたと思うんです。
が、舞台挨拶なかったですね。
仕方ないですね、状況が状況ですから。

でも映画はやはり「最後の〜」というだけあって、
今までの人気のあった見せ場の再現や
新たなアクションなど
冒頭のローラーアクションから始まり、
笑いどころハラハラどころ戦いどころなど満載で
既に映画中盤すぎで
私は満腹状態になっていました(笑)

メインまでいただけるかどうかというところだったのですが、
このメインがあまりにもすごかった。
火山目指してスカイダイビング
そして火山をころげ落ちていくシーン、
体をぶつけながら停止し
よろめきながら立ち上がる。
ジャッキー大丈夫か〜〜〜〜って
映画なんだけどスクリーンの中と同化せずにはいられず、
フラフラと立ち上がり
倒れ立ち上がり、
そしてジャッキーの真っ赤な目を見たら
もう、私は涙があふれて止まりませんでした。
今までジャッキーがどんな危ないシーンを演じても
泣くなんてことはあり得なかった。
でもこのシーンのジャッキーは、
今まで以上の渾身の、
最後のアクションに相応しい
もう多分限界に挑戦したんだろうと感じずにはいられないほどの
ここまでやりぬいた!!!と胸打つシーンでした。
そんなジャッキーのすべてに自然と泣けてしまいました。

メインがそんなこんなで感動してしまい、
デザートはどうなるかと思いましたが、
別腹の楽しみでこれまた大満足でした。
ジャッキーの奥さま&ジェイシーが出ることは知ってましたが、
スーチーちゃんが登場。
私はスーチーちゃんは
中華女優の中でコン・リーと並んで一押しで好きなのです。
そして、エンディング、
華健兄さんと張震獄との「妙手空空」が流れ、
日本の映画館で久しぶりに華健兄さんを見れて
歌聴けて嬉しかったです。

あと、李宗盛哥がイイかげんなディラー役で出ていて、
そのイイかげんさが絶妙に上手くて
楽しかったです。

ということで「妙手空空」(笑)
♪人生啊 〜れんしぇんあ〜♪(ご一緒に)




 < 過去  INDEX  未来 >


美香 [MAIL] [HOMEPAGE]