天使のたまご☆足跡

2006年10月18日(水) 代理出産

代理出産・・・・そんな話題がTVで飛び交っています。
人それぞれ考えは違うけど私としては認めてもいい場合も
あってはいいのではないかと考える。

「出来なければ夫婦だけの生活を。」(子供のいる男性)
「子供が出来ない自分を認めればいい。」(出産経験ありの女性)
「自分で産まなければ愛情は育たない。」

     
         ばからしい!!!

そんな人たちに何がわかるのであろう?
同じ立場でない人が発言するのはおかしいのではないでしょうか?
もちろん危険を伴う事だし誰でもOK というわけにはいかないけれど
全面否定はおかしいと思う。

自分で痛みを伴わなければ愛情が育たないなんてありえない。
お腹で育てたいのに出来ない人にこの言葉はひどすぎる。

女に生まれたのに自分の中で生命を育むことが出来ないかもと
思ったときの気持ちは今でも忘れない。
日本は子供を授かれない人に冷たい国だと感じました。



2006年10月07日(土) スイミングスクール

亮ちゃんは1歳の終わりからベビースイミングに行っています。
私たちの行っているプールでは3歳まではベビークラスにいても
いい事になっています。

しかし!!

最近すっかりプールに慣れっこになった坊っちゃんは
体操のお部屋では横にあるフェンスに登る。
プールでは勝手におもちゃを取ってきて遊ぶ。
先生の言う事を聞かずに勝手にアームをつけて泳ぐ(浮かぶ?)
やりたくない事(潜る)は絶対しない。
もちろん私の言う事なんて全く聞きません。

ε=( ̄。 ̄;A フゥ…

3歳までのベビークラスなのでもちろん3歳11ヶ月までいても
いいはずですが・・・・
かれこれ1ヶ月くらい前から

「亮ちゃん そろそろジュニアクラスでもいいね〜」

と先生に行く度に言われていました。
(ジュニアクラスは3歳から入れる。
 もちろんベビークラスと違いママと離れないといけない。)

ちょっと自由奔放すぎて目を付けられちゃったようです。
もっと大きい子いっぱいいるのに・・・・(〒_〒)ウウウ

何度も言われるし、仕方なく今日はお試しコースで
ジュニアクラスに行ってみる事にしました。

何も知らない坊ちゃんは今日もママと入ると信じてました・・・・
体操が始まりいつもと違うと感じたのかまるでコアラ状態。

「ママといっしょがいいの・・ママがいいの。」

とつぶやいていました。
そして入水時間。

大絶叫の坊ちゃん。
無理やり私からはがそうとする先生。
首につかまられて息の出来ない私。
格闘の末、亮ちゃんは先生に抱っこされてえびぞりになりながら
連れて行かれました。
 
(*_ _)人ゴメンネ ママも泣きそうに辛かったんだよ・・(w_−; ウゥ・・

後はガラスごしの見学席で見るだけ。
最初は大泣き。
ママーと呼んでいるのがわかりました。”(*>ω<)o"クーーッ
ずっと先生に抱っこされていました。

20分後・・・
先生から離れてプールの中で棒立ち。顔は泣きそう。
私を発見して大泣き→急いで隠れる私。

30分後・・・
少し落ち着いた顔でプールの中をウロウロ。

40分後・・・
ピョコン・・・Σ(- -ノ)ノ エェ!? なんか少し楽しそうに跳ねてるよ!
ピョコピョコ・・・先生にまとわり付いて遊んでるよ。
笑っているよ〜〜〜〜♪

何と言ったらいいんだろう?この気持ち。
正直 今日は泣いて終わりだと思ってました。
思ったより彼は強かったようです・・・“o(><)o”くう〜!
なんか温かいものがジワーッと心に広がってきました。
息子の成長に・・・こんなこと位だけど・・・涙が出そうでした。
反面 ちょっと寂しいような不思議な気持ち。

プール終了
みんなで列になってお風呂に行きました。
それが終わると並んで先生と終わりのごあいさつ。
きちんと列に並べたり 先生の顔を見てお話を聞いている姿にまた

”(*>ω<)o"クーーッ 感動!!

そして私の元に帰ってきた彼は
「ぼくね せんせいとおみずでスーっておよいだりじゃんぷしたよ」
と報告してくれました。
ついでに
「ぼく こどもようのかっこいいタオルがおうちにあるんだよって
せんせいにおしえてあげたんだ!」
と自慢していました。
(洗濯中だったため今日は普通のバスタオルを持たせていました。)

子供って どんどん成長していくんですね。
本当に(ノ゜゜)ノびっくり!!

そして彼は帰りの車で私に言ってくれました。
「ぼくね たのしかったけど・・じつはママとはいるのが一ばんすきなんだ」

私は彼に夢中です♪♪♪


 < 過去  INDEX  未来 >


るり [MAIL]

My追加