明日香の日記

2008年05月31日(土) う・ら・な・い

占い…って、
好きか嫌いかドッチ?と聞かれると
多分…嫌い…じゃぁ無いから
好き…なのかなぁと、思う。
けれども、
たとえば朝のテレビ番組の中で、
血液型占いなんかを見ちゃうと、
一日中ずっと、何となく
気にしてしまう自分がそこに居て…(苦笑)。
ラッキーカラーが赤だと言われれば
普段持たない赤色のハンカチを
何気に持ってみたり。
信号が赤ばかり続くと
「仕方ない。今日のB型はツイテ無いのだから」と
ため息をついてみたり。

「全然、気にしてないよ」と言う割に、
心の奥では占いの結果を
無視できずにいるコトを知っている。
だからイヤなの(~_~;)。
…ってコトは結局、嫌いなのか!?
そっか!やっぱりワタシは、
占いが嫌いです。
いや…違う。
占いに振り回される自分が嫌いなのか?
いやいやいや。
自分を振り回す占いが嫌いなのだから…、
つまりは、占いが嫌いなのダ。

…こうやってウダウダ書く。
今日の運勢はきっと
あまり良くないと思う…(笑)。



2008年05月30日(金) 5月30日

地下鉄の切符を買う時、
200円のボタンを押すつもりが
なんでかなぁ〜(~_~メ)。
230円のトコロを押しちゃったヨ。
ピピッピピッ…って機械がワタシに
「早く切符を取れ!」と催促する。
でも…間違えたせいで、
うろたえて固まってしまい、
動作が鈍ってお〜ろおろ(笑)。
あぁ〜まるで
田舎から出てきた年寄りが
切符の自動販売機を前に
固まってる図…だった…。
そろそろアタシも“そっち側”か(苦笑)。

『取り消しボタン』を押せるのは、
金額ボタンを押す前まで。
出ちゃった切符はもう
ピュ…って、
中に戻ってはくれない(~_~)。
いいからさ。
素直に窓口へ行きなさいよ(苦笑)…ハーイ。

ついでに言わせてもらえば…。
出口に設置されてる『自動精算機』。
足りない金額の精算だけじゃなく、
余分に払った金額の
払い戻しもしてくれたら
良いと思うんダ〜♪

コホン…話しは変わって、
先日、吉良上野介ゆかりの
お菓子を頂きました。
『黄金づゝみ』という名前。
ナント!中に本物の『5円玉』が
入っているじゃぁあ〜りませんか!!!!
ス…スゴイ!
吉良公がスゴイのか!?
分かっていても毎回、
包みを開ける度に驚いちゃう!
“現金”にはやはり、
ヒトの心を揺さぶるパワーが
あるのかもネ〜(笑)。
珍しいお土産をありがとうございました。



2008年05月29日(木) 5月29日

むか〜し。
本当に心が純真だった頃―。
…アハハハ(笑)。
こんな風に書き始めると
じゃぁ今のワタシは?
鬼畜か何か…汚れきった
悪魔のように思われそうですが(苦笑)。
今も純粋な気持ちは、変わらない。
…でも…、
【周りの人が幸せになるならば、
 自分はどんなに辛くても耐えよう!】
こんな風に、
ホントニホントに本気で思った時代があって。
その『本気』ぶりが
生半可なモノじゃなかったので、
ソレと比べるとネ。
今はもう少しクールかなぁ…と
思うワケです。

これから先、
もしも助けを求める人が居たとしたら、
ドコまで自己犠牲を払えるか!?
うぅぅぅ…苦しいなぁ…。
子供が生まれたせいもある。
ワタシ1人の単位では
判断しかねる状況もあり―。
むか〜し…のようには
なれないかもしれませんが。

けれど基本は変わらないデス!
そして自分の子供達にも、
もしパンが一つしかなかったら、
みんなで分けあって食べようネ!と
話したりしています!!
誰かの役に立てるコト。
多少の痛みを伴ったとしても
ソレが“役に立つコト”の代償ならば、
頑張れちゃう。
アタシって単純(笑)?
で…結局、
コッチがパンを
分けてもらう立場だったりしてぇ(~_~;)。



2008年05月28日(水) 5月28日

子供の頃は、時間の流れが
とっても緩やかに感じられた。
じれったいくらい(~_~)に、
一日がの〜んびりと過ぎた。

今は全然違う!
ホントに飛ぶように時が過ぎる。

コレに関して、
【寿命を自分の生きた年数で割る】
…という一説を聞いたコトがある。
そうすると、
年配のヒトは、
大きい数字で割るので、ひと目盛が短くなり、
子供達は当然、
小さい数字で割るので長くなる=ゆっくりに感じる。

ナルホドね〜。
どんどん、早く感じるワケだ(笑)。
妙〜にナットク!!
でも納得しながらも
ちと淋しい…(~_~;)。
歳ねぇ…。



2008年05月27日(火) 5月27日

まだまだ怖々で
自転車に乗っている紀クン。
バランスを取りながら、
右!左!ってペダルを漕ぐんだもの。
そりゃ難しいよネ(~_~メ)。

ある日のコト。
お年寄りのオジイチャンが
まるでスローモーションのように
ゆ〜っくりと自転車を漕いでいた。
紀斗の目にはソレが あたかも
サーカスの芸を見ているように、
もの凄〜く高度な技術に映ったらしい(苦笑)。
「スッゴーイッ!!!!!!!!!!」
…と大感動!!
目をパチクリさせていた(笑)。
あんなにゆっくり漕いでるのに…
転ばないなんてねぇ〜(^^ゞ。

同じシーンに行き会っても、
今までは無関心だったケド…。
自分自身の問題として関心を持つと、
そのオジイチャンの自転車姿が、
こんなにも感動的なんだな〜(~o~)!!

でも…。
そのお年寄りはひょっとしたら、
早く漕げないかも〜(~_~;)。



2008年05月26日(月) 5月26日

「肩にチカラが入ってるヨ〜ン!」
自転車に乗る時も、
竹馬に乗る時も、
新しいコトにチャレンジする時、
5才の息子のその肩は、
いつもガチガチに固くなる(苦笑)。

でも、肩のチカラというのは
「抜け」と言われても
そうそう簡単に抜けるモノではなく(~_~;)。

それはライブの時も同じで…。
ウチではちゃんと出来てるコトが
本番になると、
何故かブラックホールにハマると言うか―。
やはり肩にチカラが入ってて
腕や肺機能や声帯の動きを
悪くしちゃってるんだナ〜(~_~;)。

半年くらい前から、
ストレッチポールを使い始めました。
ただ長いポールの上に乗っかって、
リラックスした状態でゴロン♪
肩や股関節や呼吸器が
自然な状態でほくれていくぅ〜(^.^)♪
歌う前にゴロン…って横になると
声もラク〜に出るので
良いカンジ!!

肩の力のコト。
「チカラなんて!はいってないモン!!」
…と反論する紀斗。
うんうん分かる。
ゴメンネ! もう言わないヨ。
でも、コワイ顔して怒っても
超〜カワイイ!!!
ガンバレ〜っ(^。^)♪



2008年05月25日(日) 一年

あれから一年経ちました。
乳がんの手術後、
翌朝まで過ごしたICUでの
やたら長く感じられた時間が
まだ現実味を帯びて
記憶に新しいカンジ(~_~メ)がある。

手術後の痛みや苦しさは、
股関節の時の方が
メッチャ辛くて上回っていたのだケド。
なんとなぁく、
『癌細胞』っていう言葉の響きがネ…。
恐怖心を煽る…って言うか(苦笑)。
ちと重かったのは事実。
でも大丈夫!もう元気で〜す(^。^)♪
やりたいコトだらけ(笑)だしネ。

病院のベッドで寝ていると、
色んな音が聞えます。
看護師さん達はいつも忙しそう。
アッチコッチからナースコールが耐えなくて(~_~)。
緊急の患者さんも居るだろうし、
点滴が終わったヒトや、
トイレに行きたいから手伝ってくれ…とか。
眠剤が欲しいから持って来てくれ…とか
リハビリは何時からだ?とか、
いつから風呂に入れるのか!?とか…

ホントに大変な仕事だと思います。
『たらい回しにされた』ニュース
…だけじゃ無いですよネ!!
現場ではホントに頭の下がるコトばかり。

医療関係の皆さん☆
こんなにも感謝されているコトを
どうぞ忘れないで
これからも頑張って下さいネ(^.^)♪



2008年05月24日(土) 5月24日

今夜は久しぶりに
地元犬山にあるお洒落なお店、
コッツ フィールドで
ミニライブをしてきました♪
決して私のせいではありませんが(苦笑)
雨の中…お越しいただきまして、
本当にありがとうございますm(__)m。

ライブ前までの時間がネ…、
なんか…忙しかったぁ〜(苦笑)。

午前中はいつも通り、
子供達の給食袋や体操服や上靴や…
奈央にも手伝ってもらいながら
せっせと洗う。
ひたすら“お母さん業”をやり続け(~_~)。
奈央が習字を書くのを時々覗いたり、
紀斗も放っておけないので
一緒に遊びながら―。

すぐにお昼御飯の時間になっちゃう。
今日は夕食の準備もしておかなくっちゃ。

午後は奈央のミニバスケ。
そこにテレビ愛知サンの取材が入り、
『明日香』というよりも
『母として』の自分の素顔を撮られるコトに
内心チョット戸惑いを感じつつ(~_~;)。

そしてライブのリハの時。
制作会社の方から
「お母さんしてる時と歌ってる時と、
 全然違いますねぇ」…って言われて苦笑い。
…よく言われます。
歌の世界に入っている時と
歌っていない時のギャップが
大きいですねぇ…と。
無意識のウチに何故か、
そうなってしまいます。

今回のライブでは、
個人的にお世話になった(ている)方も
とても多く来てくださいました。
そのせいでしょうか、
会場全体がまるで家族のように
温かく感じられ。
ホントに…、
ありがとうございました。



2008年05月22日(木) 鵜飼い

犬山市の木曽川河畔では
今のこの季節、
『鵜飼い』が繰り広げられています。
今日はナント…奈央の鵜飼い体験日!
学校からの斡旋で、
思わぬチャンス到来(^.^)♪
貴重な経験となりましたm(__)m。

当然…
紀クンも乗りたそうだったケド(苦笑)。
でも、河原の石積みの斜面や
コンクリートの階段を
子犬のように…いや…それ以上に
落ち付き無くはしゃぎ回って(~_~;)、
充分過ぎるホドに
楽しめた様子でした(苦笑)。

ライトアップされた犬山城が
威風堂々と…私達を見守るような感じで
そこに在る景色。
何度見ても見飽きないナ〜。

夕食はお弁当を持参(~o~)。
奈央のお弁当を作っていたら、
やっぱり〜(笑)! あまりにも紀クンが
羨ましそうにしているので―。
「よ〜し!紀クン!われわれもお弁当持って
 出かけよ〜う!!」と…
結局3人分作る(笑)。
奈央が乗船した後に、
河原の階段で…紀クンと肩を並べて、
そのお弁当を食べました。
以前にも書きましたが、
コレが、
私が幼い頃から勘違いしていた
我が家流の『外食』だったりします(笑)。
美味しかったネ!ハートの形のハンバーグ♪

電車が、ガタン ゴトン!!!
ツインブリッジ(犬山橋)を渡っていく。
子供の頃聞いていた“生活音”を、
今また子供達に届けるコトができて、
なんだか…嬉しかったナ。



2008年05月20日(火) 5月20日

そういえば最近、
「奈央チャ〜ン! Please!!」…と色目を使って
夕食後の食器洗いを頼むコトが多くなった。

受け止め方は色々でしょう。
決して親の“しつけ”として
頼んでいるのでは無く(笑)。
私の要領の悪さから
アレやコレや…時間が足りず(~_~;)
必死の形相で頼んでいるのが現実。

その…私の必死の形相…って。
きっと…絶対に抗えない…何か…
呪縛のようなモノがあるんだろうなぁ〜(苦笑)。
そのせいか、奈央は、
他の用事を頼む時とは打って変わって
とっても爽やかに一つ返事で快く
引き受けてくれるの(~_~)。
ありがとうでありんす…!
ホントに助かるヨ〜♪

不思議とネ―。
こういう時は私も、
馴れ合いで言う“御礼”じゃなくて、
心から本気で娘に“御礼”が言える。
それがまた、
な〜んか気持ち良〜い!
奈央も同じようなコトを
感じてるのかもネ…!?

子供が自立するって、
親が操作するコトじゃなく。
こうしてお互い様で
支え合いながら暮らす中で
自然に育まれるのかもしれないデス。

いやいやいや。
助けてもらう大義名分を
無理矢理こじつけた感じ〜(~_~;)!?

今夜も言ってみる…。
「奈央チャ〜ン!洗い物頼んで良い〜?」
「良いヨ〜!その後でDSやっても良い〜?」
「ナヌ…!!!!!!」
      や
       ら
        れ
         た
          …。



2008年05月18日(日) 5月19日

あれはちょうど母の日だったっけ。
イラン産の白いちじくと
八ヶ岳のチーズ2種と
自家製のイチゴジャムを
クラッカーにのせて…。
それをつまみに
ポルトガル産ワインを飲み…。
あぁ〜
美味しかったな〜(^。^)♪
しかし、なんて贅沢なんだろうネ(^^ゞ。

多国籍な食材をこうやって、
誰もが買って楽しめる。
有り難いやら恐縮するやら…。

だけれども…。
何故か常に不安感がある私。
ん〜悪い癖だね(苦笑)。
幸せな気持ちの最中につい、
『いつまで続くのかなぁ〜』…って
不安を忍ばせてしまう―。
強気に見られるわりには
ホントは臆病者でさ…。

歴史を見る限り日本にも、
歴然とした身分や貧富の差は
存在しているので。
きっとまた廻り廻って、
身分の差が広がる時代は
来ちゃうのかも〜。

その母の日から一週間以上過ぎて。
連日、中国の地震のニュースを
見るにつれ。
ワインを飲んでいたあの瞬間が
やっぱ幻のように思えてしまう。
ホラ…ね。
幸せは、いつなんどき
どんな形で亡くなるか分からない。
つい…こんな風に書いてしまう。
それくらい、
中国の地震の打撃は、
離れているココに居ても
心に重いです。
悲し過ぎる…。

それにしても、先日はある友人が
『東ティモール』のドリップコーヒーを
普通にお店で売ってたと言って
届けてくれました…。

一体全体…どうやって
入手してるんだろう?

…いつまで続くだろう?



2008年05月17日(土) ご ぼ う

ごぼうが好き。
とっても好き!
子供の頃は、そうでも無かったのに。
おでんを選ぶ時も
真っ先にごぼう入りの
はんぺんを探す。

大根は、
ちょうど良い湯加減にして
ゆっくりお風呂に入ったから白―。
人参は、
お湯が熱いのに、
必死に我慢して入ったから赤く―。
ごぼうは、
「アツイ!アツイ!」と飛び出して
キレイに洗わなかったから黒―。
ふ…。
なんてふざけた話しだろう(笑)。
でもチョット好き(~_~)。

土色してるくせに。
意外と日保ちしないごぼう。
根性 無いの。
買ってきて、数日放っておくと
すぐ痛む。
でも好きだからつい買ってしまう。
で、日保ちしないからすぐ調理!
それで私の指先は
いつもごぼうのアクの色。
年中、そんな指先だけど。
だけどやっぱりごぼうが好き。



2008年05月15日(木) 5月15日

母と紀斗が電車に乗って
名古屋へ出かけた時のコト。

ちょうど隣の席に、
白い杖を持った視覚障害の方が
座ったそうな。
母よりもっと年配の男性―。
隣り合わせたコトで話しが弾み。
「いま なんじ?」と
母に訊ねる紀斗の声を聞いて、
その人が、
自分の時計のフタを開け、
指先で針の位置を確認してから
時間を教えてくれたと言う(゚o゚)。
スゴイな…!!

帰宅後も、
「あのオジチャンは、ゆびが
 めの かわりなんだよ!!」と、
興奮気味の紀斗クン(^.^)♪
色んな人と関わるコトで、
優しさや厳しさ…嬉しさや悔しさ…。
こうして…成長していくんですネ。

それにしても…。
隣り合わせた見も知らぬ人と
気軽に会話が始められる母って―(~_~)。
なんか、不思議な人。
決して社交的では無いんだよナ〜。
さりげない内容から切り出して、
ごく自然に普通に会話しちゃう。
それでいて無駄口ではなく…。

他愛ないコトで
思いやり合いながら会話出来る…って。
人間の格の違いを感じるヨ(苦笑)。
アタシにゃ…まだまだ…。



2008年05月14日(水) 5月14日

中国で起きた地震のコト。
倒壊した校舎の下敷きになって
助けたくても救出困難…。
そんな痛ましい光景が次から次へと
ニュースの画面に映し出される。
胸が痛い…。
呆然と立ち尽くす親達の姿。

今のところ、中国は
破竹の勢いで伸びている。
でも…ふと思う。
単純にネ…子供が2人で現状維持だから…。
各家庭に一人しか産めないとなると、
将来的には支える力が確実に減る。
まぁ…私が心配するコトじゃ
無いけれど(苦笑)。

でもそんな背景を知るが故に、
一人の子供を失った親の失望感が
いかに深いか…それを想う。
あ…念の為…、
2人居れば1人くらい亡くしてもいいのか!?
…っていうコトでは決して無いので(~_~;)。

新聞を読む時。
中国の地名にだけは
読み仮名をつけて欲しいと思うのは
私だけだろうか…(~_~メ)。
それと、
サイクロンの被害にあった
ミャンマーに関する情報が
新聞紙面から消えてしまったのは
何故だろう…。



2008年05月13日(火) 5月13日

結婚を意識した時。
まずは自分の親にどう紹介しようか!?
ちゃんと認めてくれるだろうか?
初婚の場合は特にアレコレ悩む。

ところが。
一度“×”が付いた仲間達と、
腹を割って話してみると、
今度はその“親の存在”が
結婚条件としては…何と言うか。
弊害になる…らしい(~_~;)。

何故だろう?
親の年齢が高いのは仕方ない。
近いうちに介護が必要になるだろう。
でも考えてみれば自分達だって
いずれは歳を取るワケで。
同じく介護される側に回るのダ。

だからお互いさまだよネ!
もし逆の立場で、
自分のせいで子供が嫁(婿)探しに
苦労してると知ったら…。
そんなの…切なかぁ〜。

それに…疎ましがられて、
いやいやされる介護なんて!
それも儚いなぁ〜。
姥捨て山に行った方がましか…(~_~)。

不思議だね。
本来、親が死んじゃったら悲しいくせに。
視点が変わって“結婚条件”として見ると、
『居ない方が良い…』になっっちゃったり。
どんなに大変だろうが、
親を邪魔モノ扱いしちゃ
ダメだ…と思うんダ。



2008年05月12日(月) 5月12日

今夜のメニューはハンバーグ。
パンをパン粉にするのを
紀斗に手伝ってもらいました。
大きな塊は、
すりおろし器を使って細かく!
小さ目のパンは手でほぐほぐ…。
そんなのミキサーを使えば良いじゃない!?…と
…思われてるだろうナ…(笑)。
原始的ですが、まず先に
手で出来る方法で教えたかったので。
まぁ…いいじゃ〜ん(^.^)。

その間に私は
野菜を刻んで炒めておく…(^^ゞ!
案の定、
紀斗はすりおろし器で
指先をチョット怪我しちゃいました。
ゴメンね!

次は母と一緒にゴミ出しへ。
やはり紀クン、途中で転んで
膝を怪我して涙目になり(苦笑)。
今日はお手伝いをして怪我をする。
そんな日なのかもしれません。

泣いても可愛い…(苦笑)。



2008年05月11日(日) 5月11日

今日は奈央と一緒に
ミニバスケットの試合を
応援に行ったよん!!
手首の痛みも、もう随分、
軽〜くなったらしくて、
「チョットくらいならバスケ出来るかも」…と(~_~;)、
本人はうずうずしてる。
分かるなぁ〜。だけどサ、
「“急がば回れ”という言葉があって…」と、
まぁ…自分に言い聞かせるように(笑)
奈央を説得(~_~メ)。

逆にこんな機会もなかなか無いので。
一生懸命チームの応援をしよう!
…というコトで行ってきました。

良い経験だったと思う。

夕方、
母の日の贈り物として
子供達が自作の歌を披露してくれました♪
そして、それぞれ母と私に
手紙を書いて朗読をしてくれ…。
もぅ…目の前が…豪雨で
しばらく止まず…(苦笑)。
ありがとうm(__)m。

それにしても
子供と一緒に居ると
一日のウチに
泣いたり笑ったり怒ったり…
感情の起伏が…やたら…忙しい(笑)♪



2008年05月10日(土) 歩く…

野球アニメの『巨人の星』。
オープニングの挿絵の中にも、
“ウサギ跳び”のシーンが出てきますが。
その後“ウサギ跳び”が
成長期の子供には良くないとされ。
因みに私は“ウサギ跳び”、
させられました…(苦笑)。

こうやってその時代や目的ごとに
“良し”とされるコトは変わるモノ。

歩き方の話…ですが、
【‖の内側に重心をかける】か、
それとも【⊃燭鹵罎暴顛瓦鮹屬】か、
【3安Δ離薀ぅ鵑鯤森圓砲靴栃發】か。
皆さんは、どのタイプでしょうか?

今日、ある知人の紹介で
の歩き方を導いてくれる不思議な靴を
試しに履いてみました。

その靴を履くと
重心が安定して肩が横揺れしなくなる。
ビックリ!
今までは『歩く時の重心』を
殆ど気にしないでいたけれど。
裸足でいるよりも良い…って
スゴイです!!
肩が安定するおかげで、
腕も上げ易くなります。

今まではモデルさんをイメージして(ムリムリ)
足をクロスに出す感覚で
歩いていたけれど。
これからは、この靴に導かれるまま
平行にどっかどっかと(笑)
元気に歩きたいで〜す(^.^)/

“歩き”に対する意識が
大きく変わりました。



2008年05月09日(金) 5月9日

奈央の骨折―。
今日またレントゲンを撮ってきたよ〜ん。

大したコト無いの…と言いながらも、
まぁ骨が折れてて…折れてる…っつうか、
亀裂が入ってズレちゃった感じ。
てっきりワタシは、そのズレた骨が
きゅきゅきゅ〜って、
元に戻ってゆくんだと(~o~)
そう思い込んでおりました。
…が…違ってた〜!!

手首の、その、
ほんの少しズレてはみ出た骨に合わせて
腕本体の骨が、
新たに軌道修正されて
作られるんですネ(゚o゚)!

もう、今日のレントゲンには
新しい骨の輪郭がちゃんと、
写し出されていたのでした。

生命の瑞々しさと言うか、
神秘を感じたナ〜!!
恐るべし奈央(笑)。
レントゲンを前に…奈央とワタシの2人が
感動しつつ口あんぐり!!の図。

骨は、
常に身体の中で作られている。
知ってはいても、なかなか実感として
こんな風に目で確認する機会も
まず無いので。
今回は良い経験です(苦笑)。
本当に新鮮な驚きでした。

人間ってスゴイな〜♪

今月一杯はまだ、
シーネという固定器具は外せないようです。
完全に治るまでには、
2ヶ月くらいかかりそうだネ。



2008年05月08日(木) 5月8日

久しぶりにジャズの生演奏を聴いたよ〜ん♪
大口純一郎(pf)/林 栄一(as)のデュオ。
お二人共、それぞれに
東京と大阪からやってきて犬山で合流(笑)。
お疲れさまですm(__)m。

なんか…素晴らしい演奏でした!
時間がとっても短く感じて、
大人…ってカンジ(~_~;)。
勉強になりました(苦笑)。

会場のコッツ フィールドで、
実はワタシも24日に
ミニ ライブをやるんですが…。
考えてみたらココで
お客サンとして椅子に座って
ライブを観たのは初めてかも…!

改めて、良いお店だなぁ〜って、
きょろきょろ(^.^)寛いでおりました♪

24日はね。
入場整理券が必要なの。
まだ、ほとんど告知していないから、
今のところ…ダハハ…空いてるようです。

晴れると良いな☆

整理券を、お忘れなく〜(^。^)/



2008年05月07日(水) 5月7日

先日、子供と一緒に電車に乗って
名古屋へお出かけしてきました!

行く時は、
電車の…一両目の一番前。
運転手さんの動作や線路が見える特等席!
2人共、超〜ゴキゲン(笑)。
実は私もそうだった(^^ゞ。
子供の頃、電車に乗ると、
運転手さんの『確認の合図』に
何故か聞き耳を立てて、
小声で真似して言ってみたり…♪
不気味なヤツ…(苦笑)。

そんな不気味なワタシが他人のコトを
『変なヒト』などと言っては
イケナイのかもしれませんが…。
この日、電車の中で
結構、変なヒトを発見。

あるヒトは、ずっと誰かと
何語か分からない言語で
喋り続けていた―。
どこにも会話の相手はいないのに。
まぁそれだけなら問題無いケド。
そのヒトが、
やたら奈央のスカートの中を
覗こうとするから…(-_-;)
さすがにアタシ、ムッとしてしまい
席を移動。

他にも、やたら話しかけてくる男性。
駅に停まるたびに
その駅に関する専門知識を
一方的に話してくる。
話し方がどことなく“自然”じゃなくって
チョット…緊張…それに、
色々教えてもらえて有り難いケド、
ワタシはもっと自分の息子と
楽しくしゃべりたいのじゃ〜!!!!
…そんなワケで、
やはり席を移動m(__)m。

失礼だったかなぁ〜。
ゴメンナサイ。でもネ、
どちらかと言えばワタシは、
初めて会ったヒトとも
ちゃんとコミュニケーションを取れるタイプだと思う。
でも、
最近、変な事件が多いし―。
“おかしいぞ”…と少しでも感じると
特に子供と一緒にいる時などは、
警戒しちゃうコトが多いです。

それにしても…変なヒト…増えた??



2008年05月06日(火) 5月6日

絵を描く機会…って、
大人になるとなかなか無い。
描くコト自体は、実は結構好きなのだケド(^.^)。
(入院してた時もスケッチブックを持ち込んでいたくらい…)

でもネ〜。
よっぽど暇で身体が動かせない状況でなきゃ、
今の生活リズムじゃ…チョット
絵を描くのは難しいのかなぁ〜(・・;)。

母の日が近いので、
子供達が私の顔を描いてくれます。
『母の日』の企画として
お店屋サンが出している紙にも
進んで似顔絵を描く2人(笑)。
子供がどんな風に親を見ているか、
案外その絵を見ていると、
分かってくるから不思議デス(苦笑)。

そう言えば、奈央が幼児の頃に
「はなはどうやってかくの?」と
訊かれたコトがありました。
「○に穴を二つ描いておけば…あ…
 それじゃぁ、ブタの鼻だネ〜!?」
結局“自由に描けば良いんだよ!”と、
話したのですが―。
しばらくは、
どの絵を見てもブタでした(苦笑)。

油絵を描く知人から
「足が悪いならば絵でも描けば…」と
勧められています(^。^)♪
真っ白なキャンバスまで
揃えて届けてくれたので(感謝)。
チョット真剣に描こうかな!…と
思っているところ(^^ゞ。
ホントはこの連休中に、
下絵を描いておくよう言われましたが。
まだ描いてないデ〜ス(焦)。
ごめんちゃ〜い!

まずは絵の構図から
のんびり教えて下さるとのコト。
ライブが決まるとネ…。
どうも頭の中身が全部
ソッチに行っちゃうので、
難しいんですが―♪

子供の描く絵を見て思いました。
“描いてもらう側”も
“描かれて嬉しい”と感じるような
そんな絵を描きたいなぁ〜って。



2008年05月05日(月) 5月5日

ゴールデンウィークは、
特に大きな旅行の企画も無いけれど…。
それでもまぁ、
毎日充実した時間を
過ごせてる感じです(^。^)!!

先日は友達家族と一緒に
『銀幕版スシ王子』という映画を
観てきたよ〜ん!!
何を観るか!?
結局いつも子供中心に決めるから。
自分なら観ないだろうなぁ〜!
…という映画を観るコトが多いのだけれど。
まぁその結果、
肩の力が抜けてて…。
逆に結構、楽しめたりしてネ…(^.^)。
今回もそう!
楽しかった〜♪
映画を観た後、全員が無性に、
お寿司が食べたくなっていて(笑)。
当然昼食は寿司となり…。

映画の中で、
主人公の司が必死になって
お米を作る場面がある。
アタシ…自分が日本人だからかなぁ〜。
その“米へのこだわり”が
この映画の重要なテーマに思えて仕方ない。

映画の後の昼食で、
お寿司のお米の一粒一粒を
全員がしっかり味わって食べている…。
そんな感じに見えた(^.^)。
続くと良いネ〜(~o~)この気持ち。



2008年05月03日(土) 5月3日

「こんな豊かな時代は
そう長くは続かないだろうなぁ〜」
…と、よく母が口にする。
う〜ん。
まんざらハズれていない気が
してきています(・・;)。

食料が、突然に無くなるコトは
ないかもしれない。
けれど…このガソリンにしても
最終的には底をつくワケだし。
輸入ばかりに頼っていたら
いずれは、
手に入らない物が増えていく。

『自力で頑張る』
そういう…気持ちは立派だネ。
でも(~_~メ)…先日も、
庭の手入れの延長線上で
裏の道路脇の雑草を
エッホエッホ!…ってツルハシ使って
掘り返していたら…こ…壊れた…。
未だに壊れた身体のアッチコッチが
復活できていません(苦笑)。

こんな“使えない人間”が
『自力で頑張る』などと
なんで言えましょうか…(-_-;)。
“姥捨て山”かぁ〜。
あ…ぁ…何故かふと…
呟いてしまいました(笑)。
アハハハ…でも、
生きる最低限のたくましさを
子供達には是非!!
身につけて欲しいです!!
それと、
他人を思いやる優しい気持ちも―。

お隣の中国は、
だんだん国民の生活レベルが
上がってきていて。
それに引き換え今の日本は、
徐々に落ち目かもしれないケド。
でも…。
ギョーザ問題や
化学繊維に含まれた有害物質の件や
大気汚染のコトや
北京オリンピックへの準備段階での
数々のトラブル等々…。
そんな中国を見ていると、
“日本人で良かったなぁ〜!!”って
つい思ってしまうのでした(^。^)/

そういう面は、ハッキリ言って
日本の長所かな…と思える。
ちゃんとした仕事が出来る…と言うか、
安心感が有ると言うか…。
几帳面な日本人。
今のお年寄り達に“ありがとう”だね。
大事にしなきゃバチが当たる。

『生活の知恵』も一杯。
母から教わりたいコトはまだまだ、
山のようにあります。



2008年05月01日(木) 余命…

ある生命保険会社の特約の話。

“余命6ヶ月”と
医者から宣告された場合。
自分の死亡保険を
死ぬ前に本人が受け取れる…。
そんなシステムがあると言う。

実際に…。
その話をしてくれた女性の父上は
余命6ヶ月と言われた時に、
その特約でもらったお金で新車を買い。
それから2年間、
元気に生きてアチコチ旅をし、
そして亡くなったそうです。
なんか…お見事!!

5月10日から全国一斉ロードショウの
『最高の人生の見つけ方』という映画。
ちょっと気になってます…。
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。
この2人の共演だと言うだけでも
絶対に見逃せないんだケド。

病室で知り合った患者同士が
どちらも『余命6ヶ月』と宣告され。
意気投合して病院を抜け出し、
やりたいコトのリストに則って
順番に実行してゆく。
う〜ん!楽しみ…というか
想像するだけで胸がきゅんとする♪
最終的には『死ぬ』のだけれど。
でも、きっと
笑わせてくれるんだと思うし…。

因みに原題は
『THE BUCKET LIST』であります。


 < 過去  INDEX  未来 >


明日香