空の青の何処か...あお

 

 

ただ、一つわかるのは - 2011年11月07日(月)

どうしてか、あの人の声は心地よくて。


もう、あきらめようとも思ったのに
「家においで」
という言葉が、まず思いもかけない言葉で。

それからじんわり嬉しくて。
そして、とてもあの人が愛しくて。
そして、また情けない気持ちと申し訳ない気持ちと不安とで。


私の心の中はまだぐちゃぐちゃでなんの整理もできていない。

でも、あの人に話せたことで少しはきっと整理がついた部分もある。



話し合おうって言ってくれて、ありがとう。
まだもう少し付き合ってくれるって言ってくれて、ありがとう。

嫌になれば、すぐに言ってほしいと思う。
こんな私のことを。こんな状況におかれていることを。



色んなことが怖かったり不安だったりするけど。


いつか、あのひとと暮らしたい、と思った。

そして、いつか、ちゃんとこの事を話さなければならない人がいる、と。
いつまでも嘘をついたまま、心をだましたまま生きてはいけない。



私は計算ばかりしているから。ずるい人間だから。
ほんとに現実的なことまで考えて、迷っている。


仕事上のことだとか、名前のことだとか、子どものことだとか
親のことだとか、家のことだとか。

まだ何も決められない。


ただ、一つわかるのは、子どもが今いなかったとしたら
私は迷わずにあのひとのもとへ行くだろうこと。
手続きとかややこしい事はともかく、あのひとの家に行ってしまうだろう、ということ。


...



 

 

 

 

INDEX
past  will